8・6広島平和記念式典周辺でのデモ活動について広島市が緊急アンケート

12月6日、広島市は8月6日の平和記念式典の際、会場の平和記念式典(中区)周辺で例年、デモ行進による拡声器の声が響いていることについて、市民が「うるさい」と感じているかどうかを尋ねるアンケートを始めるという。市は対策を尋ねる質問の選択肢に、新たな条例による規制も入れた。デモを規制する場合、憲法が保障する「表現の自由」との兼ね合いが必要になるため、議論を呼ぶことになりそうだ。

アンケートは無作為に抽出した18歳以上の広島市民3千人に郵送で送るという。市はアンケートの中で、デモ行進の拡声器の声について「被爆者や遺族の心情を害するだけでなく、原爆死没者の霊を慰め、恒久平和の実現を祈念する式典の目的を損なう」などと考え方を説明している。

その上で、式典に出席したり、テレビなどで見たりしたことがある人を対象に、式典中に拡声器の声を聞いて「うるさいと感じた」「感じなかった」のどちらだったかを尋ねる。

対策は、「条例を定めた規制」、「従来通り」、「デモをする各団体に音量を下げるように要請することにとどめる」、「その他」、のいずれかを選んでもらう。

注釈で、条例での規制の場合は「表現の自由の保障との調整を十分に行う」と説明している。

市は主催団体に対し、会場付近でのデモや大音量を控えるよう事前に要請している。

アンケートは19年1月末までに集め、結果は3月までに公表する見通し。

市民活動推進課の市岡泰三課長は「条例による規制を前提としているわけではない。市民の多くが何を望んでいるのかを尋ねたい」とする。(中国)


※今回のアンケートの集計結果について、広島市が都合よく改ざんする恐れがあるため、独自に投票を設置した。











8月6日の大音量によるデモ活動の一部

平和記念式典 デモ

平和記念式典 デモ2

オバマ広島訪問反対

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00000001-tssv-l34

松井3選阻止

2018/12/07 (Fri) 15:00 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ