安芸区の経営コンサルタント会社社長が税理士法違反で逮捕される

12月5日、海田署などは広島市安芸区矢野東2丁目、経営コンサルタント会社社長鴨池光春容疑者(69)を税理士法違反(無資格税理士業)の疑いで逮捕した。逮捕容疑は、2016年10月1日から18年4月26日までの間、税理士資格がないのに広島市中区と坂町、府中町、下関市内の法人4社から依頼を受け、法人税や消費税の確定申告書など計8通を作成した疑い。

同署によると、15年3月、海田税務署長から無資格で税理士業務をしたとして厳重注意を受けていた。今回の逮捕容疑については広島国税局が18年10月、海田署に告発。鴨池容疑者は容疑を認めているという。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ