国会議員トリプルゼロリスト72人の中に広島3区河井衆院議員、宮沢洋一参院議員

週刊朝日が発刊した「国会議員は仕事してるの?72人もいるトリプルゼロとは」について、そのリストに広島3区の自民・河井克行衆院議員と、自民・宮沢洋一参院議員の名前が掲載されていたので取り上げてみたい。記事の内容は、国会で質問などをしていない“ざんねん”な国会議員が72人いるという。トリプルゼロというのは質問0件、議員立法0件、質問主意書0件、の事。

このリストは、独自に議員を評価しているNPO法人「万年野党」(宮内義彦理事長)の協力で、前の通常国会(1~7月)における3項目の回数を整理したものだという。

「質問」については「国会では委員会や本会議で質問をすることができる」。

「議員立法」については「法案の多くは政府(内閣)が提出するが、議員もできる。提出には衆院は20人以上、参院は10人以上の賛成が必要(予算関連法案の場合は衆院50人以上、参院20人以上)。

「質問主意書」については「国政調査権の重要な手段」。

この三つの回数がいずれもゼロという「トリプルゼロ」の議員が衆参合わせて72人もいた。この人数は政府側の大臣や副大臣、委員会を運営する常任・特別委員長、国会対策委員長らは除いたもの。

与党の自民党が9割近くを占め、石破茂らベテランから小泉進次郎ら若手まで幅広く、下仁田ネギの小渕優子も。野党では小沢一郎やモナチューの細野豪志らがいる。

トリプルゼロが続いている回数も調べ、万年野党は2013年から集計しており、9回連続が最多となる。トリプルゼロが続いている議員も目立つ。

ちなみに、前国会における議員1人あたりの最多の質問回数は55、議員立法は23、質問主意書は117だった。回数は議員によって差が大きいという。

万年野党の理事で経済ジャーナリストの磯山友幸氏は「これまで議員の活動を評価する指標は少なく、有権者にとって仕事ぶりが見えてこなかった。質問や議員立法などを数量化することで、それがわかるようにした。有権者一人ひとりが考えるきっかけにしてほしい」と語っている。


【合わせて読みたい記事】

仕事をしない「国会議員トリプルゼロ」は広島6区にもいた


トリプルゼロ 国会議員


参議院トリプルゼロリスト

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ