草津港で車が海に転落 男性運転手死亡

11月28日夜、広島市で港の岸壁から車が転落し、運転手とみられる70代の男性が死亡した。28日午後7時45分頃、広島市西区の草津港で「車が海に沈んでいった」と、近くにいた人から110番通報があった。警察や消防などが捜索にあたり、およそ1時間20分後に海に沈んでいた車から、運転手とみられる70代の男性が、心肺停止の状態で見つかった。男性は、その後病院で死亡が確認された。警察は、車が転落した当時の状況ついて、詳しく調べている。(RCC)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ