「下着が見えている」庄原市職員が同僚女性に性的な発言で再逮捕

広島県警庄原署は11月21日、同僚女性に付きまとったなどとして、ストーカー規制法違反の疑いで庄原市役所東城支所職員の竹内逸史容疑者(53=庄原市東城町)を再逮捕した。署によると「被害者が虚偽の事実を申告した」と容疑を否認している。再逮捕容疑は4月27日~10月29日に複数回、女性の自宅周辺をうろついたり、勤務先で本人に「下着が見えている」と性的羞恥心を抱かせるような発言をしたりして、ストーカー行為をした疑い。竹内容疑者は11月5日、この女性を中傷したとして、名誉毀損の疑いで庄原署に逮捕されていた。(共同)

庄原市役所職員の男が同僚女性を「ふしだらな女」と発言して名誉棄損で逮捕される

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ