JAF調べ広島県全国ワースト2、横断歩道で車が一時停止しない

JAFが、信号機のない横断歩道を歩行者が渡ろうとしているときに車が一時停止した割合を調べた結果、広島県が全国ワースト2の1.0%だったという。他の中国地方4県では、6.7%の山口県が全国平均の8.6%を下回り、岡山10.8%、鳥取25.6%、島根25.6%だった。

調査方法は、中央線のある片側1車線の道路を対象に、各都道府県2カ所で8月15日〜9月13日の平日1日の日中に実施。JAF職員が1カ所につき、50回ずつ横断歩道の手前に立った際に一時停止した車の割合を調べた。

一時停止した割合は、長野の58.6%が最も高く、栃木の0.9%が全国最低だった。

調査は2016年から続けており、3回目の今回、初めて都道府県ごとの数値を公表した。

道交法は、車は横断歩道を渡ったり、渡ろうとしていたりする歩行者がいるときは一時停止し、その通行を妨げてはならないと定める。

JAFが17年6月にしたインターネット調査では「ドライバーが一時停止しない(できない)と考えられる理由」については「停止しても対向車が停止せず危ない」「後続車がおらず通り過ぎれば歩行者は渡れると思う」が目立った。

警察庁は、運転手は横断歩道での歩行者優先を徹底し、歩行者は横断歩道を渡るよう広報啓発や指導の強化を図ることを全国の警察本部に指示。

11月下旬には横断歩道での歩行者優先の周知に絞った初の全国一斉の広報強化期間を設ける。

広島県内では昨年、信号機のない横断歩道で歩行者がはねられ死亡する事故が3件あった。(中国)


自転車道路逆走問題

歩行者優先も大事だと思うが、それよりも自転車の道路逆走を何とかしてほしい。明らかに道交法違反だが、もし、そんな横暴な自転車に低速で車が接触した場合でも、9対1で車側に非があるのだ。日本の道交法や自賠責のシステムは変なところがあるが、これこそもっと大きく周知させてほしい。


一方通行問題

あと、広島市内には一方通行が多すぎる。道路幅が4メートルあるから車両の離合は問題なくできるのだが、それでも一方通行にしているし、一通の標識はあっても侵入禁止の標識が無い所が多い。これは、広島住民と広島県警のエゴなのか。

余談だが、こんな場所に迷い込んだときは、対向車がクラクションなどで一方通行であることを知らせてくれるが、ある日、とんでもない行動に出た車がいた。

場所は東雲だったが、対向車のバスが何とわざとハンドルをこっちに切り、危うく衝突するところだった。本当にびっくりした。運転手は年配の人だったが、これも広島流の告知方法なんだろうか。

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ