マツダスタジアム近くのマンションで異臭騒ぎ発生、一室から1人の遺体が見つかる

10月12日、広島市のマツダスタジアムの近くで異臭騒ぎがあり、付近が一時騒然となった。12日午前11時ごろ、広島市南区西蟹屋のマンションで「塩素のようなにおいがする」と消防に通報があった。現場はマツダスタジアムの近くで規制線が張られるなど、ものものしい雰囲気に包まれた。

警察や消防が調べたところ、マンションの一室から1人の遺体が見つかったという。同じマンションの住人は「1週間、2週間前後かな、こげたような何かが腐ったような(臭い)がしていたような気がする」と話していた。

普段はカープファンが行き交う地域で、駆けつけた消防車を前に不安そうな表情の住民も見られた。住民は「子どももそばに住んでいるのでちょっと心配ですね」「事件だったら怖いですね」などと話していた。部屋に荒らされた形跡はなく、死後時間がたっていたということで、警察は死因などを調べている。(HOME)



広島市南区 マンション死体

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ