側溝に落ち続ける福山市民

10月9日朝早く、福山市の市道で自転車に乗っていた高齢の男性が道路脇の側溝に転落し、その後死亡した。警察によると、午前6時半ごろ、福山市駅家町の市道で高齢男性が道路脇の側溝に転落しているのを付近の住民が発見し、通報した。

男性は、うつぶせの状態で倒れていて上に自転車が乗っかっていて、顔は浸かっていた状態だという。男性は近所に住む89歳の男性で病院に運ばれたが、死亡が確認された。死因は溺死だという。

転落した側溝の深さは1メートルほどで、警察は現場の状況から男性が自転車で走行中、バランスを崩して側溝に転落したものとみて、調べている。

福山市では、側溝への転落事故が相次いでいて今年5月にも、福山市新涯町の側溝に自転車の男性が転落する死亡事故が起きている。(TSS)



福山市 溝転落死

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ