車内で酒飲んでタクシーを運転した男を現行犯逮捕

広島東署は9月23日午後1時20分ごろ、広島市東区牛田早稲田2丁目、タクシー運転手の村田昇容疑者(66)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は同区牛田中2丁目の市道で、酒を飲んでタクシーを運転した疑い。同署によると、駐車場に自らの個人タクシーを止め、車内で飲酒しているところを近くの住人が見つけて110番。駆け付けた署員が車を走らせていた村田容疑者を発見した。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ