塩村あやか総支部長のポスターがプリクラから生写真に変わる

国民民主党の塩村文夏広島3区総支部長が、やっと自分のポスターを東京都議時代のプリクラから生顔写真に作り変えたという。9月15日、Facebookで本人が明らかにした。10月からどんどん貼っていくという。

プリクラは東京都世田谷区より東京都議会議員選挙に出馬して当選した2013年6月ごろに制作し、以降、2017年10月の衆院議員総選挙で広島3区から出馬したときも、このプリクラだった。

現在においても広島3区内には、あやか総支部長のプリクラがいたるところに貼ってある。しかし、照りつける太陽の紫外線や雨風などの自然災害にさらされ、色あせてきている。それにプリクラを見せられても、そこには国政を任せられる真実味は薄い。

ここは、ライバルの自民・河井克行衆院議員が昨年からポスターを一新したように、塩村文夏総支部長もイメージチェンジして本気モード突入ということなんだろうか。


塩村 あやか Facebook
9月15日、試作ができました。 来月から貼ります。


プリクラ
塩村 ポスター


本気モードの生顔写真
塩村あやか 新ポスター

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ