深夜の国道2号線でタクシーにはねられた熊野町の男性が死亡

9月15日未明、広島市中区の国道2号線で、道路を横断していた男性がタクシーにはねられ死亡した。15日午前1時40分ごろ、広島市中区竹屋町の国道2号線で安芸郡熊野町の松井健太郎さんが交差点を歩いて横断していたところ、71歳の男性が運転するタクシーにはねられた。

松井さんは病院に運ばれたが頭を強く打っており、まもなく死亡が確認された。タクシーは客を乗せておらず運転手にけがはなかった。現場は見通しは良く、事故当時雨が降っていたという。今年に入り県内の交通事故による死者は69人になり、去年の同じ時期より10人増えている。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ