なたを所持していた男が宗教施設内で放火

8月26日、広島西署は広島市西区己斐本町2丁目、無職向井義博容疑者(61)を現住建造物等放火未遂の疑いで再逮捕した。再逮捕容疑は8月23日午後4時15分ごろ、西区己斐中の宗教施設兼住居で、ライターで紙に火を付け芝生に放った疑い。火は芝生や周辺の木を一部焼いた。

同署によると、目撃者が119番し、消防からの通報で発覚した。向井容疑者は8月24日、刃渡り約17センチのなた等を所持していたとして、銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕され、26日に釈放された。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ