安芸高田市で老夫婦の車が道路脇の側溝に転落、夫が死亡

7月17日午後6時45分ごろ、安芸高田市甲田町上小原の県道で、広島市安佐北区白木町井原、三苫明子さん(82)が運転する乗用車が道路脇の側溝に転落した。助手席に乗っていた三苫さんの夫の昇さん(87)が体を強く打つなどして死亡、三苫さんも肋骨を骨折した。安芸高田署の調べでは、現場は見通しの良い片側1車線。
関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ