被災地視察した石井大臣・松井市長が住民とボランティアに詰め寄られる

今回の豪雨で大きな被害を受けた広島県内の被災地を石井国土交通大臣が7月14日に視察し、被害の状況を確認した。広島市内の視察の際、被災者などが石井大臣に同行した松井市長らに詰め寄り、支援が行き届いていない現状を訴える一幕もあった。

石井国土交通大臣は14日午前、広島県に入り、広島市安芸区や呉市、それに東広島市などの6カ所の被災現場のほか、熊野町の避難所などを視察した。

このうち、5人が死亡し、1人の安否が分からなくなっている安芸区矢野東7丁目では、豪雨であふれた矢野川の被害の状況について、広島市の松井市長や自治体の担当者から説明を受けていた。

一方、視察の際、被災した住民や復旧を手伝っているボランティアの人たちが松井市長らに詰め寄り、支援が行き届いていない被災地の現状を訴える一幕もあった。

住民らは、地域につながる道路の渋滞がなかなか解消されず、復旧の妨げになっているとか、水やスコップといった必要な物資が不足しているなどと伝え、行政の支援の強化を求めていた。(NHK広島)





被災ボランティア  石井大臣 松井市長に詰め寄る

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ