寝ていたら建設作業員が部屋に侵入して性交渉を強要

6月6日、広島中央署は広島市中区舟入南5丁目、建設作業員砂原孝慶容疑者(35)を強制性交致傷と住居侵入の疑いで逮捕した。逮捕容疑は5月13日午前0時45分ごろ、市内のアパートの30代の会社員女性方に侵入し、女性に乱暴しようとしてもみ合いになり、腕にけがをさせた疑い。同署によると、女性は就寝中で、2人に面識はないという。女性が抵抗したため、砂原容疑者が逃走し、女性が110番。遺留品から砂原容疑者が浮上した。(中国)
関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  
No title

な、ドカタらしい事件だろ
糞底辺は特区作って仕事以外の時はそこに押し込めとけよ

2018/06/21 (Thu) 12:06 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ