広島市南区でミキサー車が6メートル下の川に転落

5月29日午後、広島市南区の市道でミキサー車が橋の欄干を突き破って、およそ6メートル下の川に転落し、運転していた46歳の男性は病院で死亡が確認された。29日午後1時20分ごろ、広島市南区皆実町の市道で「車が川に落ちている」と近くを通りかかった人から警察や消防に通報があった。

警察によると、市道を北に向かっていたミキサー車が御幸橋がかかる交差点で、橋の欄干に衝突して突き破り、およそ6メートル下の川に転落したという。この事故で、運転していた広島市安芸区畑賀の神垣善治さん(46)がおよそ1時間半後に救出され、病院に運ばれたがまもなく死亡が確認された。

ミキサー車は、タンクの部分がはずれて運転席が押しつぶされた状態で川の浅瀬に転落した。現場は市道と県道が交わる交差点でミキサー車は市内の会社から建設現場に向かう途中だったという。 警察が事故の詳しい原因を調べている。(NHK広島)




広島市 ミキサー車 転落


ミキサー車 転落


関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ