「原爆落ちろ、カープ!」マツダスタジアムの広島戦で中日ファンが野次

中日ドラゴンズの一部ファンが、広島カープとの試合中に「原爆落ちろ!」などと不適切な野次をスタンドから飛ばしていたという。本人がツイッターで、その音声を収録した動画を自ら公開していた。問題の野次は、2018年3月31日にマツダスタジアム(広島市)で行われた試合中に、ビジター応援席にいた男性が発したもの。カープ球団の担当者は「現時点では(球団として)当事者の特定ができていないため、具体的な対応を取ることは難しいと考えている」と話したという。

問題の男性ファンは、中日が6-2で敗れた31日の試合後に更新したツイッターで、自らが飛ばした野次を紹介する動画を公開した。その映像を見ると、中日の攻撃開始時のファンファーレに合いの手を入れる形で、数人の男性ファンが、「かっとばせ!死んじまえ!原爆落ちろ、カープ!!」と大声で叫んでいる様子が確認できる。

また、この男性ファンは同日のツイッターで、上記の野次を自らが飛ばしたことを認めつつ、「外野席なんか野次飛ばしてなんぼやぞおい!暴言吐いてなんぼやぞ!それが不快に思うなら外野で応援するな」などと主張していたという。

こうした一部ファンの不適切な野次について、中日ドラゴンズ応援団事務局は4月2日、「該当の野次に関して、当団体が主導で行ったものではございません。また、当団体ではこのような応援を先導したことは一度もございません」と説明。そもそも、問題の野次が飛ばされたファンファーレには、応援団が定めた歌詞や合いの手は存在しないという。

また、中日応援団によれば、試合当日に球場にいた団員は、今回のような不適切な野次が飛ばされていることには気付いていなかったという。(J-cast)


カープ応援野次

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントをどうぞ