岩国基地へ艦載機移転完了、広島の目と鼻の先が極東・東アジア最大規模の米軍基地になる

神奈川県の厚木基地から山口県の岩国基地への空母艦載機部隊の移転について、国は3月31日、アメリカ側から「艦載機の移転が完了した」と連絡があったと発表した。岩国基地は配備される軍用機がおよそ120機と、数では東アジア最大規模のアメリカ軍の航空基地となった。中国四国防衛局(広島市)によると、3月31日になってアメリカ側から「艦載機の移転は昨日完了した」という連絡が入ったという。

アメリカ軍の空母艦載機部隊は、在日アメリカ軍の再編計画に基づき、去年8月以降、段階的に厚木基地から岩国基地に移転を進めてきた。29日から30日にかけては、主力の戦闘攻撃機、FA18スーパーホーネット合わせて12機が岩国基地に到着した。

これで、岩国基地は、配備される軍用機がこれまでの2倍のおよそ120機と、数では東アジア最大規模のアメリカ軍の航空基地となった。アメリカ軍では今後、厚木基地にある部隊の司令部を岩国基地に移すことにしている。(NHK)




米軍岩国基地と軍都広島

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ