神戸山口組組員と共政会組員が共謀して特殊詐欺

宇部市の高齢女性からキャッシュカードをだまし取り、現金を引き出したとされる特殊詐欺事件で、広署なとの合同捜査本部は1月23日、呉市清水1丁目、指定暴力団神戸山口組英組組員清水浩太郎容疑者(44)を詐欺と窃盗の疑いで逮捕した。

逮捕容疑は、広島市西区、指定暴力団共政会新井秋組組員北橋耕太郎被告(36)=詐欺などの罪で公判中=らと共謀。2016年9月13日から14日までの間、警察官などを装って、宇部市の女性(70)方に電話をかけ、「指紋認証式のキャッシュカードに変更する手続きが必要」などと言ってキャッシュカード3枚をだまし取り、同14日から15日にかけて宇部市と大阪市の現金自動預払機(ATM)で17回にわたり、現金計283万円を引き出した疑い。

同本部は、堺市北区の路上で清水容疑者を逮捕した。同本部によると「全く知らない」と供述しているという。同本部は、昨年8月までに、この特殊詐欺事件で北橋被告たち6人を逮捕していた。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ