CSファイナルS・1位のカープが3位のDeNAに負けて日本シリーズ出場逃す

今季、セ・リーグで優勝した広島カープが唯一負け越した相手チームが横浜DeNA。CSという短期決戦で、もしかしたらと思った人は多いと思うが、それが現実となった。こんなんだと11月に広島市内で行われる優勝パレードは、ひと波乱ありそうだ。

10月24日、マツダスタジアムで行われたセ・リーグCSファイナルS第5戦は、リーグ3位のDeNAが16安打9得点で広島を下し、9-3で勝った。初戦で敗れた後、4連勝で日本シリーズ進出を決めた。

シーズンでは14.5ゲーム差を付けられていたDeNAだが、3位チームの日本シリーズ出場は2010年のロッテ以来7年ぶり2チーム目で、セ・リーグでは初めての快挙だという。14.5ゲーム差からの”下克上”は過去に例がないという。
関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ