広島スタイル~時事・犯罪・事件・事故・問題

カテゴリ陸上・海上自衛隊 1/2

護衛艦「さみだれ」の20代海士長が同僚の金をを盗んで懲戒免職

9月3日、複数の同僚から現金やバッグを盗んだなどとして、海上自衛隊は呉基地を母港とする護衛艦の20代の海上自衛官を懲戒免職の処分にした。懲戒免職となったのは、海上自衛隊呉基地を母港とする護衛艦「さみだれ」の20代の男性の海士長。海上自衛隊によると、この海士長は、今年1月から3月にかけて艦内で複数の同僚から、現金あわせて2万5000円やバッグを盗んだという。同僚が被害を届け出て、自衛隊で調べたところ海士長は盗み...

  •  0
  •  0

呉海上自衛官の男が岩国市と廿日市市でわいせつ行為に及んで逮捕される

山口県内の路上で、女性にわいせつな行為をしたとして逮捕・起訴されていた海上自衛隊呉基地に所属する自衛官の33歳の男が、6年前に廿日市市の路上でも女子高校生の上半身を触るなどしていたとして5月11日、警察に逮捕された。逮捕されたのは、海上自衛隊呉基地に所属する3等海曹の永浦真貴容疑者(33)。警察によると、永浦容疑者は、6年前の平成26年1月、廿日市市の路上で帰宅途中の女子高校生に対し、背後から抱きついて上半身...

  •  0
  •  0

モーホー海自職員が少年に裸の画像を送らせる

江田島市の海上自衛隊第1術科学校の職員が、SNSで知り合った少年に裸の画像を送らせたなどとして、児童ポルノ禁止法違反などの疑いで警察に逮捕された。逮捕されたのは、江田島市の海上自衛隊第1術科学校の職員、兼清雅弘容疑者(26)。警察によると、兼清容疑者は19年12月、SNSで知り合った16歳の少年に、裸の画像をSNSで送らせたり、深夜に自分の車に乗せてみだらな行為をしたなどとして、児童ポルノ禁止法違反や県の青少年健全...

  •  0
  •  0

現実逃避のため行方不明になった陸自2等陸尉を懲戒処分

4月10日、陸上自衛隊第13旅団(海田町)は、正式な理由なく15日間欠席したとして、第46普通科連隊の30代の2等陸尉男性を停職15日の懲戒処分にした。同旅団によると、2等陸尉は2019年9月9日の課業開始時刻になっても出勤せず、行方不明となった。その後、捜索していた隊員が同24日午後1時ごろ、広島市内の飲食店にいた2等陸尉を発見した。2等陸尉は「自分の業務の遅れから、部隊に迷惑を掛けていると思い、逃亡したいと思った」と話...

  •  0
  •  0

副業でデリヘル営業の海自1佐が懲戒免職になる

3月10日、海上自衛隊は自衛隊法で禁じられている兼業と情報漏えいをしたとして、護衛艦隊司令部付の森田哲哉1等海佐(55)を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。海自警務隊が自衛隊法と売春防止法に違反した疑いで捜査している。海自によると、森田1佐は2010年ごろから10年間、女性向けの無店舗型風俗店(デリバリーヘルス)を実質的に経営し、年100万~150万円程度、04年ごろからはインターネット上で性的な技法の解説書を販...

  •  0
  •  0

下半身を露出して歩いていた海上保安部係長が現行犯逮捕される

2月5日夜、第6管区海上保安本部の係長の男が、広島市西区の路上で下半身を露出して歩いていたとして公然わいせつで現行犯逮捕された。現行犯逮捕されたのは、第6管区海上保安本部船舶技術部管理課管理係長の菅哲也容疑者(46)。警察によると、5日午後10時5分ごろ、広島市西区草津新町の路上で「下半身に何もはかずに歩いている人がいる」と目撃者から通報があった。警察が現場に駆け付けたところ、下半身を露出して歩いていた菅容...

  •  0
  •  0

女性向け風俗店フレオナの海自経営者は広島から横浜へ営業拠点を移していた

海上自衛隊の男性幹部が、長年にわたって女性向けの風俗店を経営し、顧客に対して訓練内容の情報などを漏洩していたという。週刊文春が報じた。そして、この風俗店である「フレオナ」のマスターを名乗る「煌(あきら)ゆう」は、昨年まで広島で活動していたことがフレオナのHP(現在は閉鎖されている)から分かった。本人のブログからプロフィールを見ると(現在は閉鎖されている)、出身は北海道札幌市で神奈川育ち。身長171セン...

  •  0
  •  0

海上自衛官が知人の通帳と印鑑持って50万円を引き出して逮捕される

知人の通帳と印鑑を使って現金を引き出した疑いで、海上自衛官の男が逮捕された。海上自衛隊の3等海曹菊地浩(33)容疑者は19年10月、呉市内の金融機関で知人の通帳と印鑑を使って現金50万円を引き出した有印私文書偽造などの疑いがもたれている。被害者が身に覚えのない現金の引き出しを不審に思い警察に相談。防犯カメラなどから容疑者を特定したという。調べに対し「間違いありません」と容疑を認めている。菊地容疑者は輸送艦...

  •  0
  •  0

陸自2等陸曹が酒飲んで部下の女性の体を触って懲戒処分

1月21日、陸上自衛隊第13旅団(海田町)は、部下の女性隊員の体を触るなどわいせつな行為をしたとして、第46普通科連隊の30代の2等陸曹男性を停職4カ月の懲戒処分にした。2等陸曹は同日、依願退職した。同旅団によると、19年7月14日、岡山県内の演習場で訓練終了後、飲酒の上、同じ隊の部下の女性隊員の体を触るなどしたという。女性隊員が上司に報告し、警務隊が捜査。2等陸曹は行為を認めたという。警務隊は強制わいせつ容疑で書...

  •  0
  •  0

呉海上自衛隊員が岩国の路上で女性の体をさわって逮捕される

19年6月、岩国市の路上で20代の女性の体を触るなどした強制わいせつの疑いで、海上自衛隊の男が逮捕された。逮捕されたのは、海上自衛隊呉衛生隊の3等海曹・永浦真貴容疑者(33)。警察によると、永浦容疑者は19年6月1日午前2時ごろ、岩国市の路上で、歩いて帰宅していた20代の女性を路上に引き倒し、体を触るなどした強制わいせつの疑いが持たれている。被害者からの通報を受け警察が捜査したところ、防犯カメラの映像などから永...

  •  0
  •  0

呉の海上自衛官が車を盗む

海上自衛隊呉基地に所属する25歳の自衛官の男が、広島県呉市で軽乗用車を盗んだとして窃盗の疑いで逮捕された。逮捕されたのは、海上自衛隊呉基地を母港とする潜水艦「いそしお」の乗組員で、海士長の鳥川修平容疑者(25)。鳥川容疑者は、11月29日夜から30日朝にかけて、呉市郷原学びの丘の駐車場に止めていた軽乗用車1台などを盗んだとして、窃盗の疑いが持たれている。警察によると、駐車場では鳥川容疑者の持ち物が見つかって...

  •  0
  •  0

海上自衛隊呉警備隊の男が知人のタブレット端末を盗んで逮捕される

海上自衛隊呉地方総監部の20歳の男が7月、知人のアパートに侵入しタブレット端末を盗んだとして、窃盗などの疑いで逮捕された。逮捕されたのは、海上自衛隊呉地方総監部の呉警備隊に所属する流田虎汰容疑者(20)。警察によると、流田容疑者は19年7月中旬、呉市内の知人のアパートに侵入し2万円相当のタブレット端末などを盗んだとして、窃盗と住居侵入の疑いが持たれている。タブレット端末などが無くなっていることに気付いたア...

  •  0
  •  0

海上自衛隊員8人が熱中症で病院に搬送され2人が一時意識不明の重体

8月2日午前、江田島市で海上自衛隊の10代から20代の男性隊員8人が熱中症の疑いで病院に搬送され、このうち2人が、一時意識不明の重体となった。8人は海上でボートの訓練をしていたという。2日午前11時すぎ、江田島市で「隊員の1人に脱水症状があり、意識がない」と海上自衛隊から消防に通報があった。海上自衛隊によると、現場で熱中症の症状を訴えた10代から20代までの男性隊員8人が病院に搬送され、このうち2人が一時意識不明の...

  •  0
  •  0

副業で無断でバーテンダーとして働いた陸自3等陸曹男性を懲戒処分

7月19日、陸上自衛隊第13旅団(海田町)は申請をしないで副業をし、職務上の義務に違反したとして、同旅団第13後方支援隊の3等陸曹男性(23)を停職5日の懲戒処分とした。陸曹は依願退職するという。同旅団によると、2015年4月から17年3月までの間、広島市内の飲食店数店舗でバーテンダーなどとして約200日間働き、約630万円の報酬を受け取っていたという。18年に上司との面談で発覚し、同旅団が調査を進めていた。(中国)...

  •  0
  •  0

輸送艦くにさきがオーストラリア・ブリスベン港で岸壁にぶつかる

海上自衛隊呉基地(呉市)を母港とする輸送艦くにさき(8900トン)が、オーストラリアで岸壁にぶつかる事故を起こしていたという。海自によると、くにさきは日本時間の6月18日朝、寄港先のオーストラリア・ブリスベン港(Port of Brisbane)で、岸壁間を移動するためタグボートにえい航されて向きを変えようとした際、右艦尾が岸壁に接触した。右艦尾にへこみができたが、陸上自衛隊員を含む乗員約360人にけがはなかった。くにさき...

  •  0
  •  0

海上自衛隊呉教育隊員3人がトランプゲームで詐欺賭博オール懲戒免職

海上自衛隊呉教育隊に所属する隊員3人が、去年、現金を賭けてトランプゲームを行い、複数回にわたって同僚の隊員から現金をだまし取ったとして懲戒免職の処分を受けた。懲戒免職の処分を受けたのは、海上自衛隊呉教育隊に所属するいずれも2等海士の21歳と23歳、それに24歳の隊員あわせて3人。海上自衛隊によると、3人は去年4月から7月ごろにかけて、隊員が暮らす宿舎の中で現金を賭けたトランプゲームを行った際、事前に示し合わせ...

  •  0
  •  0

飲酒運転を繰り返した21歳の陸上自衛隊員を懲戒処分

飲酒運転を繰り返したとして、陸上自衛隊第13旅団(海田町)は6月14日、第46普通科連隊の陸士長男性(21)を停職7カ月の懲戒処分にした。陸士長は依願退職するという。同旅団によると、陸士長は18年9月23日午前4時35分ごろ、広島市安芸区の県道で、酒を飲んで乗用車を運転して民家外壁に衝突する事故を起こし、海田署に道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕された。同年12月21日に広島簡裁から罰金50万円の略式命令を受け...

  •  0
  •  0

財布泥棒と飲酒運転の海上自衛隊員2人を懲戒処分

海上自衛隊呉地方総監部(呉市)は6月10日、部隊内で財布を盗んだとして、呉警備隊陸警隊の20代の海士長男性を免職の懲戒処分にしたと発表した。同総監部によると、海士長は勤務中だった4月28日、同総監部の警衛所内で、4万8千円が入った同僚隊員の財布を盗んだ。「借金を抱えており、飲食費や遊興費に困窮していた」と話しているという。同総監部はこの日、飲酒運転をしたとして、潜水艦教育訓練隊の50代の2等海尉男性を停職3カ月...

  •  0
  •  0

呉の自衛官が神奈川の自宅で子供を8年間殴る蹴る

海上自衛隊呉基地の40代の幹部自衛官の男が、自分の子供に日常的に暴力をふるっていたとして、2月18日付けで停職6カ月の懲戒処分を受けた。呉地方総監部によると、呉基地の潜水艦教育訓練隊幹部の40代の男は、2017年7月、神奈川県の自宅で子どもの髪の毛を掴み、引きずり倒して顔面をベッドに打ちつけ、全治3週間のけがを負わせるなど2009年から8年余りの間、3人の子供に対し、しつけと称して日常的に殴る蹴るの暴力を繰り返して...

  •  0
  •  0

「殺してもいいんだぞ」首絞め&足蹴り逆ギレ呉海上自衛官を懲戒免職処分

「殺してもいいんだぞ」と上司の首を両手で絞めるなどして逃走した男性海上自衛隊員が懲戒免職になった。海上自衛隊呉基地の訓練支援艦「くろべ」に所属する20代の男性海士長は18年10月、外出中で上司から指導を受けていたときに、殺意を持って両手で首を絞めたあと逃走。翌日、広島市内で発見された。海上自衛隊によると、海士長は元隊員に借金をしていることについて指導を受けて激高し、「殺してもいいんだぞ」と言いながら、首...

  •  0
  •  0

酒が抜けずにバイクを運転した尾道の海上保安官を停職4カ月

18年10月、尾道海上保安部の海上保安官が酒気帯び運転の疑いで警察に検挙され、2月8日に停職4カ月の懲戒処分を受けた。処分を受けたのは、尾道海上保安部の33歳の男性海上保安官。尾道海上保安部によると、この海上保安官は18年10月中旬、尾道市内の国道でオートバイを運転していて、酒気帯び運転の疑いで警察に検挙された。この海上保安官は検挙される前の日の午後6時半ごろから検挙された日の午前2時ごろまで同僚らと市内の飲食...

  •  0
  •  0

会社員女性が帰宅したら部屋に海上自衛隊員が侵入していた

12月28日、呉署は呉市三和町、海上自衛隊呉基地所属の2等海曹田守祐司容疑者(34)を住居侵入と窃盗未遂の疑いで逮捕した。逮捕容疑は12月25日午後11時25分ごろ、呉市の会社員女性(23)方の無施錠の掃き出し窓から侵入し、室内を物色した疑い。呉署によると、女性と面識はなく、帰宅した女性に見つかり、逃げていた。「窃盗目的ではない」と供述しているという。(中国)...

  •  0
  •  0

三次の海上自衛官が妻の首を絞める

12月17日夜、三次市の住宅で妻の首を両手で絞めたとして39歳の海上自衛官の男が逮捕された。海上自衛官の萩原洋平容疑者(39)は17日午後10時35分ごろ、三次市三良坂町の自宅で妻(28)の首を両手で絞めた暴行の疑いが持たれている。妻からの通報を受けて現場に駆け付けた警察官がその場で現行犯逮捕した。妻にケガはなかった。調べに対して萩原容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。当時、萩原容疑者は酒などを...

  •  0
  •  0

呉のカラオケ店で自衛官が別の部屋に「まぜてくれ」断られて殴る

9月28日未明、呉市内のカラオケ店で17歳の男性を殴ったなどとして、海上自衛官の男が現行犯逮捕された。現行犯逮捕されたのは海上自衛隊呉基地の練習艦「せとゆき」所属で3等海曹の山崎たける容疑者(25)。警察によると、山崎容疑者は28日午前3時半ごろ、呉市内のカラオケ店で別の利用客の部屋に「まぜてくれ」と言って押し入り、それを断った17歳の男性の顔を殴った。山崎容疑者と男性に面識はなく、男性は口の中を出血するケガ...

  •  0
  •  0

海自射撃場で銃弾破裂1人けが 気温が高いと破裂する

8月1日午前、江田島市の海上自衛隊の射撃場で、射撃訓練中に機関銃の不具合で銃弾が破裂する事故があり、隊員1人が顔に軽いけがをした。1日午前11時ごろ、江田島市にある海上自衛隊の長浜射撃場で、特殊部隊の特別警備隊に所属する30代の隊員が実弾を使った射撃訓練中に機関銃の一部を開いたところ、突然弾が破裂した。この隊員は顔に軽いけがをして病院で治療を受けたという。訓練中に機関銃から弾が発射されない状態になったため...

  •  0
  •  0

アリスガーデンで拾ったスマホを海田駐屯地に持ち帰った3等陸曹などを懲役処分

6月25日、陸上自衛隊第13旅団(海田市)は、第46普通科連隊の藤井郁成3等陸曹(26)を停職10日、太田恵三3等陸曹(38)を停職3日の懲戒処分にした。同旅団によると、藤井3等陸曹は17年6月3日夜、広島市中区のアリスガーデンで落ちていたスマートフォンを海田市駐屯地に持ち帰って横領。太田3等陸曹は17年8月28日深夜、酒に酔って坂町内の民家や会社の敷地に侵入したという。広島県警が、藤井3等陸曹を遺失物横領の疑いで、太田3等...

  •  1
  •  0

呉の飲食店で大暴れした海上自衛官を逮捕

6月14日夜、広島県呉市の飲食店で、店員の腹を蹴ったなどとして、海上自衛隊の45歳の1等海曹が暴行などの疑いで警察に逮捕された。1等海曹は「暴力など振るっていない」などと容疑を否認しているという。逮捕されたのは、海上自衛隊の呉システム通信隊に所属する1等海曹で、東広島市黒瀬町の城川博雪容疑者(45)。警察の調べによると、城川1等海曹は14日午後8時45分頃、呉市内の飲食店に入った直後店員の腹をひざ蹴りにしたほか、...

  •  0
  •  0

「自宅まで送る」拒否された19歳自衛官を懲戒免職

5月18日、陸上自衛隊第13旅団(広島県海田町)は、女性に性的暴行を加えたとして、今年3月に住居侵入と強制性交の疑いで逮捕された第13通信隊所属の男性陸士長(19)を懲戒免職処分にした。同旅団によると、陸士長は昨年12月23日早朝、広島市中区の20代の女性宅に侵入、乱暴したとして、今年3月に逮捕され、4月に家裁送致された。県警によると、帰宅中の女性に「自宅まで送る」と声を掛け、拒否されたのに女性宅に上がり込んだ。新...

  •  0
  •  0

陸上自衛官の少年が女性のあとつけ暴行か

19歳の陸上自衛官の少年が去年、広島市で女性の住宅に侵入し暴行を加えたなどとして逮捕された。逮捕されたのは陸上自衛隊海田市駐屯地に所属する19歳の陸上自衛官。警察によると、この自衛官は去年12月、広島市中区の路上で酒に酔っていた女性に声をかけ、自宅に侵入し、女性を押し倒して暴行するなどした疑いがもたれている。調べに対し「被害者の女性から誘われてしたことだ」などと容疑を否認している。(TSS)...

  •  0
  •  0

呉海上自衛隊で同僚に暴行など7人を懲戒処分

海上自衛隊は、呉基地を拠点に活動する艦船で、同僚の隊員に対して殴ったり蹴ったりする暴行を加えたなどとして、あわせて5人の隊員を停職や減給の懲戒処分にしたほか、正当な理由なく欠勤した2人の隊員も停職の懲戒処分にした。海上自衛隊によると、このうち、呉基地を拠点に活動する練習艦「かしま」に所属する1等海曹は16年10月、後輩の隊員に生活面での指導をしていたところ、反省の態度が見られないとして、頭を殴ったり腕や...

  •  0
  •  0