広島スタイル~時事・犯罪・事件・事故・問題

カテゴリ広島リサーチ 1/13

広島高速5号線トンネル工事費87億円増額!不手際契約で公社の石岡理事長が退任

広島高速5号線の二葉山トンネル掘削工事の費用を巡る問題で、広島高速道路公社は、工事費用が87億円近く増えることを明らかにした。県と広島市の負担も増えることになるという。広島高速5号線のうち、全長1.8キロの二葉山トンネルでは、掘削工事が行われているが、この掘削に掛かる事業費について、広島高速道路公社は当初の予定より87億円ほど多い287億円に上ると発表した。 去年10月、広島高速道路公社は当初200億円としていた事...

  •  2
  •  0

13年間風俗店の客引きをした男が足を洗う

広島市中心部で風俗店などに勧誘する客引きを繰り返したとして県迷惑防止条例違反(客引きの常習)の罪に問われた広島市中区光南5丁目、アルバイト田中勇介被告(34)の初公判が10月24日、広島地裁であり、田中被告は13年にわたり客引きをしていたと述べた。田中被告は被告人質問で「東京、九州、広島を転々とし13年間、客引きをしていた」と説明。「捕まっても罰金を払えばいいと考えていたが、20日間勾留されて裁判にもなり、す...

  •  0
  •  0

福山リム「エフピコRiM」が20年8月閉店

福山市が所有する旧福山そごうの大型複合商業施設「エフピコRiM(リム)」が20年8月に閉店するという。市の委託を受け、2013年4月から施設を管理運営する大和情報サービス(東京)が同日、市側に意向を伝えたという。施設の老朽化が深刻で、テナント誘致を含めて事業の継続は困難と判断したとみられるという。市と同社は10年間の賃貸借契約を結んでいるが、7年後から契約を解除できる内容。両者はこの日、来年中の契約解除で大...

  •  0
  •  0

都道府県魅力度ランキング2019「1位北海道」「最下位茨城」「広島15位」

10月17日、民間調査会社のブランド総合研究所が「都道府県魅力度ランキング2019」を発表した。このランキングは、47都道府県と国内1000の市区町村を対象に、認知度や魅力度、イメージなど全84項目からなる「地域ブランド調査2019」によるもので、今年で実施は14回目。全国の消費者3万1369人から有効回答を得た。2019年の都道府県魅力度ランキング1位に選ばれたのは北海道で、11年連続のトップとなった。2位が京都、3位が東京、5位...

  •  0
  •  0

グッドデザイン賞を受賞したばかりのサンキョウハウジングが倒産

住宅メーカーのサンキョウハウジング(福山市、資本金1千万円、中川克之代表)などグループ3社が、破産手続きに入ったという。帝国データバンク福山支店などによると、3社の決算期時点での負債総額は計約32億円。サンキョウハウジングは2000年の設立。広島県東部や岡山県西部で住宅の建築などを手掛けていた。笠岡市の市有地約1万6千平方メートルを購入し、分譲事業も進めていた。18年8月期の売上高は約18億円。同業者との競争激化...

  •  0
  •  0

広島市歓楽街の風俗客引きグループが解散

風俗店などに勧誘する違法な客引きが横行している中四国最大の歓楽街、広島市中区の流川・薬研堀地区で、地区最大の客引きグループが19年7月に解散していたという。風俗店の無料案内所を拠点に20人前後が活動していたが、県警の摘発を受けて案内所が廃業届を出した。県警は、他にも客引きグループが複数あり、風俗店から得る紹介料の一部が暴力団の渡っている可能性があるとみて組織の実態解明に力を入れている。広島中央署による...

  •  2
  •  0

ツルハが広島市、静岡・湖西市で処方箋のない患者に医薬品を販売

ドラッグストア大手ツルハホールディングス(HD、札幌市)のグループの店舗で、処方箋のない患者に医薬品を販売していた問題で、同社は9月26日、新たに広島市と静岡県湖西市の計3店で、処方箋なしで医薬品を販売していたことを確認したと発表した。健康被害は確認していないという。ツルハHDは7月、北海道小樽市の「ツルハドラッグ小樽店」で処方箋のない患者に医薬品を販売していたと発表。医薬品医療機器法(旧薬事法)違反の可...

  •  0
  •  0

土地信託事業の広島クリスタルプラザは失敗

9月20日、広島県の湯崎英彦知事は、県がバブル期に計画し、3月末で73億1300万円の借金が残る土地信託事業について「財政的には失敗した事業」と県の責任を認めたという。「失敗」を教訓とするため、外部の専門家に客観的な総括をしてもらう方針も示した。今後の県の施策で、リスク管理に生かす。事業は県が1988年、89年、県有地を有効活用して収益を生もうと計画。広島市中区の中心部に「広島クリスタルプラザ」、福山市のJR福山駅...

  •  0
  •  0

竹原市の山中に不法投棄を依頼した男を逮捕

解体工事で出た廃材などを竹原市の山中に不法に捨てたとして、廃棄物処理法違反の疑いで男2人が逮捕された事件で、警察は、2人に解体工事を依頼していた会社の役員の男が不法投棄に関わっていたとして9月18日、新たに逮捕した。逮捕されたのは三原市本郷南の会社役員濱田直容疑者(37)。濱田容疑者は、一昨年12月に住宅の解体工事で出た木くずやがれきなどおよそ7.2立方メートルが竹原市新庄町の山中に不法に投棄された事件に関わ...

  •  0
  •  0

「広島県民 婚活大辞典」不妊の原因の半数は男性側?

広島県が、妊娠や出産を望む人に早期の不妊検査や治療を促すためのサイトを新たに設け、情報を広く発信する取り組みを始めたという。広島県によると、去年、県内の既婚者を対象にアンケート調査をしたところ、不妊について夫の当事者意識が低いことや不妊検査や治療についての情報が不足していることなどが分かったという。これを受けて、広島県は妊娠や出産を望む人に早期の不妊検査や治療を促そうと「広島県民 婚活大辞典」と題...

  •  1
  •  0

9月10日から「自殺予防週間」多重債務に苦しむ相談が増加

9月10日から始まった「自殺予防週間」にあわせ、広島市では弁護士や臨床心理士が日常のさまざまな悩みを抱える人の相談に応じる無料相談会が開かれた。国は、毎年9月10日から16日を「自殺予防週間」と定めていて、各地で啓発活動などが行われている。これにあわせて、JR広島駅南口の地下広場では、広島弁護士会が日常のさまざまな悩みを抱える人の相談に応じる無料相談会を開いていて、専用のブースで弁護士や臨床心理士などおよそ...

  •  0
  •  0

メキシコ選手団が広島合宿をキャンセル

2020年の東京オリンピックに向けて、広島県内で事前合宿を予定しているメキシコ選手団が、4つの種目で合宿を見送ったことが分かった。県によると、合宿日程がキャンセルされたのは、柔道、卓球、競泳、飛び込み。県によると、それぞれの競技で8月にアメリカ大陸の競技大会に出場したが、大会で東京オリンピックの出場権を獲得できなかったことなどで、メキシコオリンピック委員会は強化日程を練り直さざるを得なくなり、合宿のキャ...

  •  0
  •  0

福山YMCA国際ビジネス専門学校が少子化で定員割れが続き21年3月末で閉校

福山YMCA国際ビジネス専門学校(福山市西町)は、2020年度から学生の募集を停止し、21年3月末で閉校するという。1980年開校で約4200人が卒業したが、最近は少子化で定員割れ状態が続いていた。学校法人広島YMCA学園(広島市中区)が運営し、医療秘書科、情報ビジネス科、情報ビジネス専攻科、社会体育科、外国人留学生を対象にした日本語科がある。1~2年制で総定員は380人。現在は209人が通っている。同校によると、少子化が進み...

  •  0
  •  0

JR西広島駅前開発「ひろでん会館跡地」3年間は広場

広島市西区にある「ひろでん会館」の跡地について広島電鉄は、最終的な活用策が決まるまでの間、小規模な店舗などを備えた広場として整備し、今年12月にオープンする計画を発表した。広島電鉄によると、「ひろでん会館」跡地に整備される広場は、およそ1200平方メートルの広さにイベントなどが開催できる屋外のコミュニティ施設を設けるほか、テイクアウトをメインとする複数の飲食店などを出店させ、地域に開かれたスペースとして...

  •  0
  •  0

2020年の「宮島水中花火大会」は警備員不足のため中止

厳島神社がある広島県廿日市市の宮島で開かれている毎年恒例の花火大会は、来年(2020年)は東京オリンピック・パラリンピックの時期と重なり、警備員の確保が難しいことなどから中止されることになったという。厳島神社がある宮島の沖合に、花火が打ち上げられる「宮島水中花火大会」は、毎年8月下旬に開かれ、およそ30万人が訪れる瀬戸内有数の夏のイベント。しかし、地元の観光協会などで作る実行委員会によると、来年(2020年...

  •  2
  •  0

「もにまるず」の類似品「ぷにゅぷにゅあにまる」ダイソーが販売中止

100円ショップ「ダイソー」を運営する大創産業(広島県東広島市)が、動物をモチーフにした商品「ぷにゅぷにゅあにまる」の販売を中止し、7月25日までに店舗から撤去したことが30日、分かった。動物フィギュア「もにまるず」の作者渡部学さん(30)らが、「類似品だ」として抗議文を同社に送っていた。抗議文を送っていたのは、渡部さんと販売会社「エムループ」(東京)。「もにまるず」は柔らかな感触が特徴で、デザイナーの個性...

  •  0
  •  0

かき船「かなわ」占有許可取り消し訴訟、二審も却下

原爆ドーム(広島市)近くの川岸に係留した屋形船でカキ料理を提供する「カキ船」は、鎮魂と平和を祈念する場にふさわしくないとして、被爆者や周辺住民ら19人が、国を相手に事業者に出した河川占用許可の取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が7月26日、広島高裁であった。三木昌之裁判長は訴えを退けた一審広島地裁判決を支持し、控訴を棄却した。三木裁判長は一審に続き、周辺住民6人の原告適格を認めた。その上で、事業者に許可を...

  •  0
  •  0

【広島の憲法9条改正】10代が反対最多、20代になると逆転して賛成最多

7月17日、中国新聞社が参院選について広島で実施した電話世論調査の結果をまとめた。憲法9条の改正について広島では反対姿勢が過半数となった。核兵器廃絶に向けた日本政府の取り組みの評価は分かれた。安倍晋三首相が自衛隊明記案を提唱する憲法9条の改正で、広島の反対姿勢は50.6%だった。2016年の前回選の同じ時期は50.2%で、引き続き改正に反対する声が根強いという。【調査の方法】広島県内の有権者を対象に、14~16日の3日...

  •  1
  •  0

中国地方のインバウンドが関東、関西の1割以下、消費額は全国最下位

国が観光立国を掲げて、インバウンド(訪日外国人客)の誘致を目指す中、中国地方は十分な経済効果が出ていないという。外国人の宿泊客数は関東や関西の1割にも届かず、旅行者の消費額は全国最下位。従来の通過型から滞在型の観光エリアに変わるためには、夜のイベントや自然体験を楽しんでもらう工夫が欠かせないという。昼下がりの平和記念公園(広島市中区)は世界中から観光客が集まり、真剣な表情で原爆ドームや原爆の子の像...

  •  0
  •  0

福山の祇園祭「けんか神輿」で8人が重軽傷

7月14日夜、福山市で行われた祭りで男性8人が神輿の下敷きになるなど、骨折などの重軽傷を負った。14日午後10時半ごろ、福山市新市町の「素戔嗚神社」の祇園祭で「けが人が出ている」と男性の声で消防に通報があった。警察や消防によると、救急車5台が出動し30代から60代の男性7人が市内の病院に搬送され、うち2人が骨折などの重傷を負ったという。病院に搬送されなかった1人を含め6人が擦り傷や打撲などの軽いけがをした。事故当...

  •  0
  •  0

江田島の汚染土処理施設裁判、漁協の漁業権に適格ないとして却下

江田島市沖美町の汚染土壌処理施設を巡り、地元の漁協が県を相手に事業者への海域占用許可の取り消しなどを求めた裁判で広島地裁は原告の訴えを却下した。この裁判は、解体プラント業のフルサワが江田島市沖美町に設置した汚染土壌処理施設を巡り、汚染土を搬入するための桟橋の設置に同意はなかったとして地元の4つの漁協が県を相手に桟橋を設置する際に必要な「海域占用許可」の取り消しなどを求めていたもの。 一方、広島県は「...

  •  0
  •  0

災害発生時のBCP(事業継続計画) 広島の半数の企業が策定できない

西日本豪雨から間もなく1年が経過する中で、災害の発生に備えて企業が作るBCP(事業継続計画)を、中国地方の半数近くの企業が策定していないことが民間の調査で分かったという。BCPの策定状況について、帝国データバンク広島支店は、中国地方の企業1222社を対象に5月下旬に調査を行い、525社から回答を得た。それによると、「策定している」か「策定を検討している」などと答えたのは40.6%だった一方、半数近い49.5%が「策定し...

  •  0
  •  0

庄原市で有孔虫が出る、大昔は海だった?

日本列島は、はるか昔は海だったといわれ、中国山地に囲まれた庄原市でも、これまでにクジラの化石がいくつも見つかっているという。この庄原市で化石の採掘をしている高校生は、広島市にある祇園北高校の科学研究部のメンバーたち。当時の海の環境などを調べようと考えたという。庄原市内を流れる西城川で採掘して出てきたのは「有孔虫」(ゆうこうちゅう)という、とても小さな生物の化石。大きさは数ミクロンから数ミリ単位のも...

  •  0
  •  0

広島城天守閣が来客少ない?原因は鯉城通りから見えない存在感の薄さ

広島城はどこにあるんだろう?と思いながら南側の鯉城通りから北上してみる。ところが広島城の天守閣は全く見えない。もしかしたら無いのかも知れない、と思いながら左へ回ると、やっと右手に見えてくる天守閣。「こんなところにあったのか」と落胆。こんな城なら見ても仕方ないと通り過ぎる。そんな寂しい広島城に活路はあるのだろうか。広島城魅力向上策を検討広島市は、観光資源としての広島城の魅力を高めていこうと、周辺での...

  •  0
  •  0

広島市議選で立候補者を当選させるためにうその住民移動届 サコダ車輌社長らを書類送検

4月7日投開票の広島市議選で、特定の立候補者を当選させるため、うその住民移動届を出して選挙区内に転居したと偽り、期日前投票をしたとして、広島県警が広島市佐伯区の中古車販売会社「サコダ車輌」の迫田宏治社長(65)=西区=と従業員3人の計4人を公選法違反(偽計登録、詐偽投票)などの疑いで書類送検していたという。広島区検は同日、4人のうち、迫田社長ら2人を略式起訴し、広島簡裁はそれぞれ罰金40万円の略式命令を出し、...

  •  1
  •  0

広島市の土地に無断でアパートを建設した会社役員を逮捕

広島市の土地に無断でアパートの一部を建設したとして、広島西署は6月3日、広島市西区古江西町、会社役員田川稔容疑者(72)を不動産侵奪の疑いで逮捕した。逮捕容疑は2016年12月20日、西区古江西町の市有地約18平方メートルに、無断で鉄筋3階建てのアパートの一部を建設し、土地を侵奪した疑い。同署によると、アパートの敷地は約84平方メートルで、市有地を除く土地は自身が所有していた。田川容疑者は「やったことに間違いない...

  •  0
  •  0

【広島サッカースタジアム建設資金】「たる募金」参考に「ふるさと納税」で寄付集める

広島市が市中心部へのサッカースタジアム建設に向けた資金として、企業や個人の寄付を集める基金を設置する方針を固めたという。個人の寄付は、「ふるさと納税制度」を活用して目標額を計1億円程度とする見通し。企業にも呼び掛ける予定で、近く「スタジアム募金」がスタートする。市は6月12日開会の市議会定例会に、関連の条例案と補正予算案を提出する。個人の寄付は、5年程度かけて毎年2千万円を目標にする方針。ふるさと納税の...

  •  0
  •  0

米中の関税合戦で広島経済も打撃&給料ダウン

アメリカと中国の貿易摩擦などで中国の景気が減速していることについて、日銀広島支店の濱田秀夫支店長は「広島県内の製造業でも生産を減らす動きが出始めている」と述べ、広島経済にも影響が広がり始めているという認識を示した。アメリカと中国は、互いに輸入品に対して最大で25%の高い関税をかけあう事態に発展し、この影響もあって中国の景気が減速している。これについて、日銀広島支店の濱田秀夫支店長は6月3日の記者会見で...

  •  0
  •  0

2020年東京オリンピック・聖火リレー広島県内のルートを発表

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は6月1日、五輪聖火リレーのルート概要を発表した。3月26日にサッカー施設「Jヴィレッジ」(福島県)を皮切りに、計857市区町村を121日間かけて回るという。日本を代表する文化財や自然豊かな景色を巡るのが特徴で、7月24日に新国立競技場(東京都)で行われる開会式で聖火台に点火される。聖火が滞在するのは、開催地の東京15日間以外、他の道府県は2、3日間ずつとなる。東日本大震災の...

  •  0
  •  0

広島国際学院大学(旧広島電機大学)が定員割れと赤字経営で廃止

広島国際学院大学(広島市安芸区)が定員割れや赤字経営が続いていることから、大学と大学院について来年度以降、学生の募集を停止し、大学は4年後に廃止の手続きをすることを明らかにした。大学を運営する学校法人「広島国際学院」の田中満彦理事長と、大学の李木経孝学長が記者会見で明らかにした。広島国際学院大学は、50年余り前の昭和42年(1967年)に広島電機大学として広島市安芸区に開学した私立大学で、現在は大学に工学...

  •  0
  •  0