広島スタイル~時事・犯罪・事件・事故・問題

カテゴリ広島リサーチ 1/11

とんど祭りの煙を火事と勘違い SNSで相次ぐ

1月13日、神崎小(広島市中区舟入中町)であった「神崎学区とんどまつり」で、立ち上がる煙を見た人から「火事ではないか」という投稿が会員制交流サイト(SNS)上に相次いだという。市消防局に火事かどうかの問い合わせもあった。主催した神崎地区青少年健全育成連絡協議会によると、約100本の竹で組んだやぐらは高さ約10メートルで、午前10時ごろ点火した。その直後から「火事っぽい」「気を付けて」などのコメントとともに、写...

  •  0
  •  0

外国人観光客「英語が通じない」~痛い広島

広島県を訪れた外国人観光客100人に広島の満足度などをアンケートしたところ、「改善すべき点がある」とした人が4割に上ったという。また、経済効果に直結する宿泊日数については、「ゼロ」と答えた人は3割いた。訪日外国人客(インバウンド)が急増する一方で、「観光都市・広島」としての対策の不十分さが浮き彫りになった。調査は11月上旬~12月上旬、広島市中区の平和記念公園内と廿日市市の宮島で実施。「改善すべき点がある...

  •  0
  •  0

「紙屋町・八丁堀」地域の都市再生緊急整備地域指定に逆行する広島県庁舎耐震化

広島市中心部の「紙屋町・八丁堀」地域が18年10月に「都市再生緊急整備地域」に指定され、いよいよ老朽化広島地方都市が本格的に開発されて再生していくのかと期待していたが、どうやら口先だけの掛け声で終わりそうな気配だ。思い切った改革が出来ない相変わらずの中途半端な広島だが、この狭い広島三角洲の発展を本気で考えているのだろうか。県本庁舎は新築せず耐震化するだけ広島県庁本庁舎(広島市中区)の耐震化工事が現実的...

  •  0
  •  0

「スキーパーク寒曳」運営会社が破産

帝国データバンクによると、広島県北部にあるスキー場の運営会社が破産したという。運営会社は大朝観光開発㈱(代表古本弘子氏)で、11月12日に広島地裁より破産手続き開始決定を受けた。大朝観光開発は、1969年(昭和44年)9月に設立されたスキー場運営業者。広島県北部と島根県浜田市を結ぶ浜田自動車道の大朝IC近くで、スキー場「スキーパーク寒曳」を運営していた。車で広島市内から1時間ほどでアクセスでき、初心者やファミリ...

  •  0
  •  0

福山の花園保育園が永雲寺に土地の明け渡しを命じる判決

12月20日、福山市住吉町の永雲寺が、園庭として花園保育園が使用する土地などの明け渡しを求めた訴訟の判決が広島地裁福山支部であった。金光秀明裁判官は、「(土地の)使用賃貸借契約は認められない」などとし、園側に明け渡しを命じた。寺の敷地で保育園や幼稚園を法人が運営するケースは各地であるがトラブルとなった場合、通う子どもたちに影響が出る懸念がある。同園の園児数は177人(5月時点)。園庭を明け渡せば、福山市の...

  •  0
  •  0

東京・大阪・九州から集まる「客引き」広島は儲かる?

広島市中区の歓楽街、流川・薬研堀地区で、広島中央署が風俗店に勧誘する違法な「客引き」の摘発に力を入れているという。そして「客引き」は県外から広島へ稼ぎに来ているケースが増えているという。県迷惑防止条例違反(客引き)容疑などで今年(18年)摘発したのは12月17日までに32人と、昨年1年間の8人の4倍に上る。風俗店の無料案内所などが組織的に客引きをしているとみられ、他県からの「出稼ぎ」や再犯者が後を絶たないと...

  •  0
  •  0

JR福山駅前ビルのテナント立ち退き交渉難航で明け渡しを求めて提訴

JR福山駅前のビルで、店舗の立ち退き交渉が難航しているという。ビルというのは福山市三之丸町1-1にある「 福山とーぶビル」で、そのテナントというのは、つい先日、札幌でガス大爆発を起こしたアパマンショップのようだ。アパマンショップ福山駅前店のホームページをみると、まだ営業していることが確認できる。店舗運営業者とすれば、立ち退きをするならガッツリと補償してもらいたいものだが、あまりにも高額になるとビル建設事...

  •  0
  •  0

「女子はコミュ能力高い」順天堂大代田医学部長の両親は広島市で開業医だった

順天堂大学(東京)で、医学部入試を巡って女子や浪人回数の多い受験生を不利に扱っていた問題で、「女子はコミュニケーション能力が高いため、補正する必要がある」として点数を一律に下げていたと発表したのが、同大学の新井一学長と、広島市出身の代田浩之医学部長。なかなか面白いことを言う人がいるんだな、と思って調べていたら広島出身だった・・・・。女子がコミュ力が高いと思うのは、東京圏だからそう感じたんだろう。中...

  •  0
  •  0

「昨日と言った事が違うのも認知症?」広島の認知症高齢者3万3千人

広島市だけで認知症の高齢者が3万人以上いるという。痴呆都市広島では、大幅な増加が見込まれ対策が急がれているという。認知症の症状としては、「物忘れ」、「理解力の低下」、「判断速度の低下」、「集中力の低下」、「作業能率の低下」などがあるが、その予備軍となると、相当な人数になるのだろうか。会社で悩まされる昨日言った指示と、今日言った指示が違うのも認知症の兆候があるのかもしれない。 県警と広島市は、それそれ...

  •  0
  •  0

「ふるさと納税」偽サイトに注意、値引きはしない制度

自治体に寄付をすると、所得税や住民税が控除される「ふるさと納税」制度を巡り、寄付金詐欺とみられる偽サイトに、全国46道府県の自治体の返礼品が掲載されているという。福岡県嘉麻かま市のふるさと納税を装ったサイトでは金銭被害が出ており、県警が詐欺容疑で捜査している。駆け込みの寄付が増える年末を迎え、総務省は注意を呼びかけている。その他には、北海道厚真あつま町のコメ、青森県鰺ヶ沢あじがさわ町のリンゴジュース...

  •  0
  •  0

レジオネラ菌で経営悪化、ついに「みはらし温泉」閉館、94人を解雇

12月12日、広島県三原市の「みはらし温泉」がついに閉館するという。去年3月にレジオネラ菌の集団感染がおきた「みはらし温泉」を運営する森川観光グループは、施設の営業を中止し温泉事業から完全撤退することを明らかにした。森川観光グループによると、三原市の入浴施設「みはらし温泉」と併設する飲食店、宿泊施設の営業を中止し温泉事業からの完全撤退を決めた。みはらし温泉では去年3月に、利用客58人がレジオネラ菌に集団感...

  •  0
  •  0

広島市の繁華街でイノシシが出没

12月5日夜、広島市中心部の繁華街にイノシシが現れ、およそ2時間半後に捕獲された。通行人などにけがはなかったが、夜の街は一時騒然となった。5日午後9時20分ごろ、「広島市中心部の本通商店街付近でイノシシを目撃した」という通報が相次いで寄せられた。警察と消防が探したところ、広島市中区立町の立体駐車場の敷地で、体長1メートルほどのイノシシが見つかった。網で捕まえようとしたが暴れたため、午後11時50分ごろ、猟友...

  •  0
  •  0

安芸区の経営コンサルタント会社社長が税理士法違反で逮捕される

12月5日、海田署などは広島市安芸区矢野東2丁目、経営コンサルタント会社社長鴨池光春容疑者(69)を税理士法違反(無資格税理士業)の疑いで逮捕した。逮捕容疑は、2016年10月1日から18年4月26日までの間、税理士資格がないのに広島市中区と坂町、府中町、下関市内の法人4社から依頼を受け、法人税や消費税の確定申告書など計8通を作成した疑い。同署によると、15年3月、海田税務署長から無資格で税理士業務をしたとして厳重注意...

  •  0
  •  0

「矢野おりづる園」で不適切介護「食べ物こぼしたら廃棄して与えない」

原爆の被爆者が入居する広島市の原爆養護ホームで、不適切な介護が行われていた可能性があるとして、市が調査していることが分かった。関係者によると、100人の被爆者が入居する広島市の「矢野おりづる園」で、入居者が食べ物をこぼすなどした場合、一部の職員が食事を廃棄して再び与えていなかったという。施設の関係者から市に相談があったという。「(食事の)代わりがそんなにないから、新たにまた用意して食事をあげるという...

  •  0
  •  0

広島で多額の現金を引き出す場合は警官の立ち合いが必要

「銀行でまとまったお金を下ろそうとしたら、警察官の立ち合いを求められた。やりすぎじゃないの」。広島市内で不動産業を営む男性(76)は怒っていたという。現場は広島市南区の広島銀行仮本店。通帳と顔写真入りのマイナンバーカードを持って、男性は不動産購入のため普通預金から2800万円を引き出そうとした。すると銀行は、使い道などを詳しく聞いてきた。さらに警察を呼んだことに男性は驚いた。警察の立ち合いの下、根掘り葉...

  •  0
  •  0

保育所で幼児が離乳食をのどに詰まらせ1カ月以上意識不明

10月、福山市の市立保育所で、離乳食をのどに詰まらせたとみられる1歳の幼児が病院に搬送され、1カ月以上たった今も、意識不明の状態が続いているという。市は保護者との調整に時間がかかり公表が遅れたとしている。11月14日、福山市が会見して明らかにした。それによると、10月11日、福山市の市立保育所で昼食の離乳食を食べていた1歳の幼児が、いすにすわったまま眠りかけたため、そばにいた保育士が抱きかかえたところ、突然...

  •  0
  •  0

相手が拒否していないのにストーカー規制法違反で男が逮捕される

11月6日、広島県警人身安全対策課と佐伯署は広島市佐伯区三宅2丁目、パート西橋秀雄容疑者(67)をストーカー規制法違反の疑いで逮捕した。逮捕容疑は9月3日ごろから10月17日ごろまでの間、飲食店の50代の店員女性の携帯電話にメールや会員制交流サイト(SNS)で約60回にわたり、「連絡ください」「2時間以内に返信よろしく。会いたい」などとメッセージを送った疑い。同署によると西橋容疑者は同店の客だったといい、「返信がない...

  •  0
  •  0

「共栄マリンテクノロジ福山営業所」が整備改ざんで改善指示

国の認定を受けて「救命いかだ」など船舶の救命設備の整備を行う広島県の事業所が、15年以上にわたって整備結果を改ざんするなどの不正を続けていたことがわかり、国土交通省が業務改善指示を出した。不正を行っていたのは広島県福山市の「協栄マリンテクノロジ福山営業所」。国土交通省によるとこの営業所は、国の認定を受けて5年に1度法律で義務づけられている船舶の「救命いかだ」や、いかだに乗るための「降下装置」の整備を行...

  •  0
  •  0

交通事故の示談交渉を行政書士が代行 非弁行為で懲戒請求

10月30日、広島弁護士会は弁護士資格がないのに報酬を得る目的で交通事故の被害者の示談交渉を代行したのは弁護士法違反(非弁行為)に当たるとして、広島県に広島市内の男性行政書士を懲戒請求した。同会によると、事故は2016年3月に広島市内で発生。けがをした市内の男性は保険会社との間で慰謝料と休業損害金の交渉がまとまらず、翌月、男性行政書士に交渉を依頼した。行政書士は着手金と報酬の支払いを盛り込んだ契約を結び、...

  •  0
  •  0

竜王山「緑陽公園」に勝手に神社を設置した代表者を提訴

広島県福山市が管理する柳津町の森林公園に勝手に神社が設置されているとして、市と土地を所有する柳津町財産区が同神社と代表者に設置物の撤去や土地の明け渡しなどを求めた訴訟を起こした。10月29日に地裁福山支部(金光秀明裁判官)で第1回口頭弁論があり、被告側は請求棄却を求め争う姿勢を示した。竜王山にある「緑陽公園」の一角に約1100平方メートルが整地され、建屋やこま犬、石灯籠などが設置されている。建屋内には小さ...

  •  0
  •  0

江田島の汚染土処理施設、反対住民が提訴

江田島市へ汚染土壌の処理施設を建設する計画に反対する住民や漁業関係者などが、処理業を行う許可の差し止めなどを求める訴えを広島地裁に起こした。訴えを起こしたのは、江田島市に住む住民や地元の漁協の代表者などで、処理施設の建設を計画するフルサワの操業禁止の仮処分や汚染土壌の処理業を行うための県の許可を差し止めるよう求めている。江田島市沖美町に汚染土壌の処理施設を建設する計画をめぐっては、「汚染された土が...

  •  0
  •  0

呉市役所本庁舎のガラスが突然割れる?997枚交換

呉市は、市役所庁舎の強化ガラス997枚を交換すると発表した。呉市によると、市役所の庁舎の建設を受注した五洋建設から、「強化ガラスの一部に不純物を選別する処理をしていない製品が納入されていた」と連絡があったからだという。2016年に完成した庁舎では、去年からガラスが割れる事態が3件続いたため、呉市が五洋建設に問い合わせていた。不純物の入った製品の選別処理をしていなかったのはセントラル硝子の製品で、6月には別...

  •  0
  •  0

道路でのビラ配りに「道路使用許可」必要?不要?(広島市HP)

広島市がホームページ(HP)で、「道路でのビラ配りには警察の道路使用許可が必要」と市民に説明しているという。弁護士団体や市民グループは「法律上、一般的なビラ配りに許可は不要」と反論。「憲法が保障する市民の表現の自由を抑制させる」とし、10月16日、市に質問状を提出した。市のHPで、「よくある質問」の一つとしてQ&A方式で取り上げている。「歩道でビラ配りをしたいが、許可が必要ですか」という質問文に対し、「警察...

  •  0
  •  0

品川美容外科広島院のプチ整形失敗訴訟が和解

広島市の美容外科で、顔のたるみを取る手術を受けた15人の女性が、事前の説明よりも強い痛みや腫れが出たなどとして損害賠償を求めていた裁判で、医療法人側が患者が必要とする説明を十分に行うことなどを条件に和解が成立したという。訴えを起こしていたのは、広島県や岡山県に住む36歳から83歳までの女性15人で、平成24年から26年にかけて広島市の当時の「品川美容外科広島院」で顔のたるみを取る手術を受けたが、事前の説明より...

  •  0
  •  0

マツダスタジアム近くのマンションで異臭騒ぎ発生、一室から1人の遺体が見つかる

10月12日、広島市のマツダスタジアムの近くで異臭騒ぎがあり、付近が一時騒然となった。12日午前11時ごろ、広島市南区西蟹屋のマンションで「塩素のようなにおいがする」と消防に通報があった。現場はマツダスタジアムの近くで規制線が張られるなど、ものものしい雰囲気に包まれた。警察や消防が調べたところ、マンションの一室から1人の遺体が見つかったという。同じマンションの住人は「1週間、2週間前後かな、こげたような何...

  •  0
  •  0

広島市内の電線から火花40件

広島市内で10月10日から11日の明け方にかけ、「電線から火花が出ている」などとの連絡が約40件、中国電力に相次いだ。中電によると、中国地方に10月6日接近した台風25号による塩害の可能性があるという。約40件の内訳は、佐伯区が約30件、安佐南、安佐北両区が計約10件。いずれも中電の社員が現場に出勤。電線が焼けた箇所では電線を張り替えたり、補修したりした。一部では119番もあり、市消防局も対応に追われた。(中国)...

  •  0
  •  0

司法修習生の給付金制度廃止は憲法違反?広島の弁護士の出来が悪い理由が判明

司法試験に合格したあと、実務を学ぶ司法修習生に給付金を支給する制度を廃止したのは憲法に違反するとして、広島県などの弁護士が国を訴えていた裁判で、広島高等裁判所は「司法修習生に対する給費制が憲法上の要請であるとは言えない」などとして1審に続き訴えを退ける判決を言い渡した。司法試験に合格したあと1年間実務を学ぶ司法修習生には国から毎月およそ20万円の給付金が支給されていたが、法曹人口の増加による財源不足な...

  •  0
  •  0

庄原の登山者が北アルプス上高地・涸沢で倒れて死亡する

10月9日午後3時25分ごろ、長野県松本市の北アルプス涸沢の標高2千メートル付近で、庄原市中本町、無職藤原敏弘さん(74)が倒れて呼吸をしていないと110番があった。藤原さんは長野県警のヘリで松本市内の病院に搬送されたが、死亡が確認された。外傷はなく病死とみられる。松本署によると、藤原さんは9日朝、同市の上高地から妻や友人らと1泊2日で入山。登山道を遅れて登ってきた妻が倒れている藤原さんを発見し、別の登山者を通...

  •  0
  •  0

イズミ広島本社なぜ道路から斜めに建設?

ショッピングモールやスーパーマーケットなどを展開する、地元流通大手のイズミ(広島市東区二葉の里)が、中間決算を発表し、18年7月豪雨災害や台風の影響などで「減収減益」となったことを明らかにした。イズミグループの今年度上期の売上高は、3586億円で9期ぶりの減収となり、経常利益も前年を0.9%下回る168億円で減益となったという。7月の豪雨災害や度重なる台風の接近などで不要不急の消費を控える動きが強まり、既存店の...

  •  1
  •  0

50年間脱走ゼロの広島県内唯一の「塀のない刑務所」有井作業場(尾道)

広島県内に唯一の「塀のない刑務所」が開設50周年を迎えたという。そして半世紀にわたって脱走者は1人もいないという。県内唯一の「塀のない刑務所」有井作業場は、偶然にも脱走受刑者が潜伏した島、尾道市向島にある。ここには現在も7人の受刑者が塀のない寮に暮らし、近くにある船の部品を作る工場で働いている。10月4日に行われた開設50周年の式典。関係者によると、この50年間、受刑者による犯罪や事故などは一度も起きていな...

  •  0
  •  0