広島スタイル~時事・犯罪・事件・事故・問題

カテゴリ広島リサーチ 1/19

県税事務所の端末で職員が簡単に個人情報を入手できることが判明

広島県の税事務所に勤務する60歳の主任が、「車をぶつける」などと脅迫する手紙を送ったとして逮捕・起訴された事件で、警察は主任が税事務所の端末を使って不正に氏名や住所の情報を入手していたとして、地方税法違反の疑いで追送検した。調べに対し、「危ない運転の車に恨みを持ち、ナンバーから住所などを調べて手紙を送った」と供述しているという。三次市にある北部県税事務所課税課の菊川浩主任(60)は去年8月、広島市内の...

  •  0
  •  0

USBメモリーで配当勧誘670億円、2人を逮捕

1月24日、「ゲームなどのアプリが入ったUSBメモリーを購入して預ければ配当金を支払う」などと言って、消費者庁の業務禁止命令が出たあとも勧誘を繰り返したとして、広島県警察本部は訪問販売会社の役員ら2人を特定商取引法違反の疑いで逮捕した。消費者庁は役員らが集めた資金は670億円を超えるとしていて、警察は実態解明を進める方針。逮捕されたのは、訪問販売会社の60代の役員ら2人。警察によると、消費者庁から4年前に業...

  •  0
  •  0

三次市のバス停にいた女子中学生に「子猫みたいだね、にゃー」とおっさんが声かけ

広島県三次市で1月7日、バス停にいた女子中学生に男性が近づき、「子猫みたいだね、にゃー」などと声をかける事案が発生したという。付近では別の日にも不審な接触事案が発生していて、警察が警戒しているという。7日正午ごろ、広島県三次市布野町のバス停で、バスを待っていた女子生徒に男性が近づき「可愛いね、どこへ行くの?」「子猫みたいだね、にゃー」などと声をかけた。女子生徒が気持ち悪がり、男性から離れると、車に乗り...

  •  0
  •  0

倉敷市中学3年生行方不明、1カ月半経過

岡山県倉敷市の中学3年生・梶谷恭暉さんの行方が11月に分からなくなって1カ月半が経過。警察が顔写真を公開して情報提供を呼びかけているが、有力な手がかりはないという。岡山県警によると、梶谷さんは11月13日午後2時30分ごろ、自宅で家族が見たのを最後に行方が分からなくなっている。家族の届け出を受け、警察が調べたところ、11月13日、JR倉敷駅付近の商業施設で梶谷さんが乗っていたとみられる自転車が見つかり、防犯カメラ...

  •  0
  •  0

行方不明になった倉敷市の中学3年生が三原、尾道に来ていた

倉敷市の男子中学生の行方が1カ月前から分からなくなっている問題で、警察は12月15日、顔写真を公開した。生徒の母親は、広島の人たちに対しても情報提供を呼びかけているという。岡山県警によると、梶谷さんは、11月13日午後2時30分ごろ、自宅で家族が見たのを最後に行方が分からなくなっているという。家族の届け出を受け、警察が調べたところ、11月13日、JR倉敷駅付近の商業施設で梶谷さんが乗っていたとみられる自転車が見つか...

  •  0
  •  0

コンビニのレジで「こちらのお客さんが先です」と言われて気分が悪くなる

札幌市のコンビニで「こちらのお客さんが先です」と言われて71歳の男が暴行容疑で逮捕されたという。コンビニでレジを待っているとき、突然「先に並んでいたこちらのお客さん、どうぞ」と店員が声を掛けることがよくある。店員が商品陳列作業などでレジカウンターを閉めているが、客が並びだすと日常的に目にする。ところが広島アンポンタン社会では、時に不可解なことが起きる。ある日、コンビニで会計をしようとレジカウンターに...

  •  0
  •  0

乱暴であおり運転をするような人間が好んで乗る高級ミニバン「アルファード」が人気?

11月21日、”くるまのニュース”というサイトが「高級ミニバン『アルファード』が人気の理由は」という記事を出していた。過去に広島市内でアルファードからあおり運転を受けた経験から、この手の車に良い印象はない。記事によると、トヨタの高級ミニバン「アルファード」は、日本の新車市場を代表するミニバンであるとともに、新車販売台数ランキングでも上位に位置するなど高い人気を誇っているらしい。 全体的に高級志向が強めら...

  •  0
  •  0

JR呉線で乗客同士が座席をめぐって口論

11月17日午前6時45分ごろ、広島市安芸区のJR呉線矢野駅に停車中の下り快速列車(広発 梅林行き)で、乗務員から「乗客同士のトラブルが発生している」と広島指令所に連絡があった。警察によると、男女が座席をめぐり口論をしていたということで、男性が座席にかばんを置いていたことをめぐってトラブルになったとみられるという。JRによると、一旦収束し、運転を再開したが、再び走行中にトラブルとなったため、広島駅で運行を取り...

  •  0
  •  0

株取引で元本保証、出資法違反で広島市の税理士など4人を逮捕

株取引に投資する名目で、元本を保証するなどと約束して、広島県内の5人の男女からあわせて6億7000万円を集めたとして、広島市の税理士など4人が出資法違反の疑いで逮捕された。警察は、全国のおよそ240人から40億円ほどを集めていたとみて調べている。逮捕されたのは、福岡市中央区の無職、武田将之容疑者(39)や広島市中区の税理士、安土義和容疑者(74)など4人。警察によると、4人は一昨年5月ごろから去年1月ごろまでの間、株...

  •  0
  •  0

天満屋、三越などのエリアで再開発計画、完成は10年後

9月27日、広島市中心部にある天満屋ビルや広島三越があるエリアで、再開発が計画されているという。再開発を計画しているのは、天満屋八丁堀ビル、広島三越や東洋観光のビル、胡子神社などがあるエリアの地権者。このうち天満屋八丁堀ビルは完成からおよそ70年が経っていて、老朽化や耐震化が課題となり、建て替えが迫られていた。これを受けて同じようにビルの老朽化などの課題を抱える周辺の地権者が22年3月から話し合いを進め、...

  •  1
  •  0

広島市のウェブサイトに旧統一教会の友好団体が掲載されていた

8月19日、広島市が、市内の市民団体の活動情報を集めたウェブサイトに、宗教法人「世界平和統一家庭連合」(旧統一教会)の友好団体を掲載していることが分かったという。友好団体は2017年2月に設立された「世界平和青年学生連合 西広島連合会」(中区)。市が管理・運営する「ひろしま情報a―ネット」に、地域でのボランティア清掃の写真や、会費千~2千円などの入会条件、連絡先を付けて載せている。市や広島平和文化センター(...

  •  0
  •  0

広島県内の学校向けPCの入札で11社が談合、公取委が排除措置命令

7月7日、自治体が発注する学校向けのパソコンなどの入札で談合をしたとして、公正取引委員会は、NTT西日本(大阪市)など11社に対し、独占禁止法違反(不当な取引制限)で再発防止を求める排除措置命令を出す方針を固めた。このうち大半の社について、総額約5千万円の課徴金納付命令も出すという。通知を受けたのは、NTT西のほか、大塚商会(東京都千代田区)、ソルコム(広島市)など。公取委が2020年10月に立ち入り検査を実施し...

  •  1
  •  0

JA広島総合病院の眼科医師が白内障の手術動画を無許可でアメリカの医療機器メーカーに提供

5月17日、廿日市市の総合病院に勤務する眼科医が、白内障の手術動画を患者に無断で医療機器メーカーに提供し、謝礼を受け取っていたという。手術動画を患者や病院の許可なく外部の医療機器メーカーに提供し謝礼を受け取っていたのは、廿日市市にあるJA広島総合病院の男性医師。病院によると、男性医師は2019年3月から複数回にわたり、アメリカの医療機器メーカーと業務委託契約を結び、研究材料として手術動画を提供、謝礼を受け取...

  •  0
  •  0

飛行機マスク着用拒否の呉市議が国や航空会社を提訴

搭乗した航空機でマスクの着用を拒否し、離陸を遅らせた呉市議会の議員が、国や航空会社を相手取り、裁判を起こすという。訴えを起こすのは、呉市議会の谷本誠一議員。谷本議員は22年2月、釧路空港の機内でマスクの着用を拒否。航空機を下ろされ、離陸を1時間以上遅らせた。谷本議員は、「マスクの着用は義務ではない」とした上で、国や航空会社に対して「航空機から降りることを求めた命令の取り消し」や、「20万円の損害賠償」な...

  •  0
  •  0

三原市岡田市長が桜山で10人程度と花見、弁当&お茶&ビール

三原市の岡田吉弘市長が4月3日、およそ10人で飲食しながら花見をしていたことがわかり、岡田市長は「市民に疑念を抱かれかねない行動を取ったことは反省している」と述べた。岡田市長の説明によると、4月3日午後1時すぎから2時間程度、知人などおよそ10人と屋外で飲食をしながら花見をし、市長は弁当とお茶を自分で持参し、知人に勧められて缶ビールも飲んだという。そのうえで岡田市長は、「参加者は複数のテーブルに分散して十分...

  •  0
  •  0

広島ガスがロシアから液化天然ガス(LNG)の調達を継続中

広島ガス(広島市南区)は、都市ガスの原料となる液化天然ガス(LNG)の約5割をロシアのサハリンから調達しているという。4月4日の会見で、今のところ調達に支障は出ていないという。「エネルギー安全保障上の観点から、当社は当面はサハリンからのLNG調達を継続する。お客様の生活、事業活動に支障をきたすことがないよう、安定供給の継続に努める」(広島ガス 松藤社長)万が一、サハリンから調達できない事態となった場合には...

  •  0
  •  0

外壁塗装工事を断っても実行していたジャパンリフォームアップ

高齢者の住宅を訪問し、強引に外壁の塗装を行ったなどとして、広島県は広島市の訪問販売業者に対し、6カ月間の業務停止を命じた。業務停止の処分を受けたのは、広島市東区戸坂大上にある住宅の外壁塗装を行う訪問販売業者「ジャパンリフォームアップ」。広島県によると、この業者は高齢者の住宅を訪問し、外壁の塗装を持ちかけた際、住民から「お金がないから結構です」とか「必要ありません」などと断られたのにも関わらず、強引...

  •  0
  •  0

故石原慎太郎氏の妻、典子さん84歳で死去

2月1日に89歳で亡くなった石原慎太郎元東京都知事の妻・典子さんが、3月8日に死去していたという。84歳だったという。死因などは明らかになっていない。広島市出身の典子さんは1955年、神奈川県に住んでいた時に幼なじみだった慎太郎氏と17歳で結婚。元衆院議員の伸晃氏(64)、タレントの良純(60)、衆院議員の宏高氏(57)、画家の延啓氏(55)の4男をもうけた。主婦業の傍ら、72年には慶大に入学。「妻がシルクロードを夢見る...

  •  0
  •  0

廿日市市吉和の十方山で60代の夫婦が遭難

2月7日、広島県警廿日市署は、廿日市市吉和の十方(じっぽう)山(標高1319メートル)で、市内に住む団体職員の男性(62)と妻(61)が遭難したと発表した。6日に山に入ったとみられるという。廿日市署によると、7日午前に男性の勤務先から「出勤していない」と娘に連絡があり、娘が2人に電話するなどしたがつながらなかったため県警に届けた。同署員が携帯電話の位置情報などを元に周辺の捜索を始め、登山口の駐車場で夫妻の車を...

  •  0
  •  0

2021年の転出超過7159人で全国ワーストの広島は魅力ない?経営者が乱暴で悪い?

総務省が1月28日発表した2021年の住民基本台帳人口移動報告によると、中国5県はいずれも転出者数が転入者数を上回る「転出超過」が続いたという。転出超過数は山口県、島根県を除く3県で拡大した。広島県は7159人と前年比1889人増え、全国で最大となった。転入は鳥取県を除く4県で減った。岡山県は減少率が1.6%と中国5県で最も大きい。一方転出は鳥取、広島、岡山の3県で増え、山口、島根の2県は減った。この結果、転出超過数は広...

  •  1
  •  0

広島市「流川・薬研堀」のスタンド・バーなど21年に152店が廃業

新型コロナウイルス感染拡大を受け、流川・薬研堀地区を中心に広島市中区で2021年に廃業したスナックやスタンドなどの「深夜酒類提供飲食店」は152店に上ることが、広島県警のまとめで分かったという。17年以降では新型コロナが流行した20年(234店)に次いで多く、その前年の3倍以上となった。22年も年初から県内全域で「まん延防止等重点措置」が適用され、2月1日、20日間の延長期間に入った。収束が見通せない中、今後も廃業が...

  •  0
  •  0

社会福祉法人サンフェニックスを買収&乗っ取った公認会計士は税金逃れと投資の指南役

社会福祉法人「サンフェニックス」(広島県福山市、民事再生手続き中)の資金流出問題で、2016年に理事長に就いた男性公認会計士(58)(21年10月に業務廃止)が流出資金の「受け皿」として、香港法人を自ら設立した模様。香港法人の代表にはその後、サンフェニックスを設立した元理事長の男性医師(72)が就き、資金のほとんどが不動産投資などに充てられたという。不透明な経営、負債総額は約60億円社会福祉法人サンフェニックス...

  •  0
  •  0

コンビニのレジで「先に並んでいた人、どうぞ!」と客の会計を拒否するのは正しい接客か

コンビニエンスストアのレジで会計をしようとしたとき、おかしな対応をする店員がいる。それは「先に並んでいた人、どうぞ!」というやつだ。これは意外と多い奇妙な接客方法だ。コンビニ側は順番を優先しないと、後で客から「順番を飛ばされた」とクレームを言われるからだろう。レジで誰も並んでいないから会計をしようと後から行った客が「先に並んでいた人、どうぞ!」と店員から突然言われて会計を拒否されてしまうのは、正し...

  •  2
  •  0

広島市安佐北区の住宅街にイノシシ2頭出現、警官4人、猟友会2人けが

12月23日、広島市の住宅地に2頭のイノシシが現れ、捕獲しようとした警察官と猟友会のメンバーあわせて6人がかまれるなどしてけがをした。23日午前11時すぎ、広島市安佐北区口田で「イノシシがいる」と付近の住民から区役所に通報があった。警察官や猟友会のメンバーが駆けつけたところ、住宅地の中で大型のイノシシ2頭が見つかった。警察官4人と猟友会のメンバー2人のあわせて6人が捕獲しようとしてイノシシにかまれたり、逃げる時...

  •  0
  •  0

県立広島病院で患者700人分のデータが入ったパソコンが持ち出された

広島市にある県立広島病院に勤務していた医師が、およそ700人の患者のデータを私用のパソコンに保存して持ち出し、そのパソコンが盗まれた疑いがあることが分かったという。21年3月まで県立広島病院に勤務していた女性医師は、患者のデータを研究目的で私用のパソコンに保存し、持ち出していたという。現在、この医師は広島大学病院に勤務しているが、11月15日、研究室に置いていたパソコンがなくなっていることに気づいたという。...

  •  0
  •  0

新型コロナワクチン、嘘ついて3回接種した男は父親が病院の院長

医療従事者ではない広島市内の40代の男性が医療従事者向けの優先接種券などを使い、新型コロナウイルスのワクチン接種を3回受けていたという。広島市が12月7日発表した。県内の病院で院長を務める父親が、男性の分まで優先接種券を入手したという。市によると、男性は父親が申請した接種券を使い、医療従事者の優先接種期間中だった4〜5月に2回接種を受けた。さらに、自らに届いた一般向け接種券で11月に3回目の接種を受け、その際...

  •  0
  •  0

上田市から広島に未成年の少女を連れ出した男を逮捕

10月8日、長野県警は県内に住む少女を未成年と知りながら、保護者に無断で広島県内に連れ出したとして、広島市の20代の男を未成年者誘拐容疑で逮捕した。逮捕されたのは、広島市の会社員・五刀聖基容疑者(25)。警察によると、五刀容疑者は、東信地方に住む少女を未成年と知りながら、10月6日から7日までの間、保護者に無断で上田市内から広島県内に連れ出し、誘拐した疑いがもたれている。五刀容疑者は広島市内で逮捕されたとい...

  •  0
  •  0

東広島市の医療法人「好緑会」が新型コロナ対策貸付金を投資運用

東広島市の医療法人が、新型コロナウイルス対策として厚生労働省が所管する独立行政法人が貸し付けたおよそ4億円を使い、資産運用のための投資を行っていたという。資金を貸し付けた独立行政法人は「目的外の投資であれば返還を求めることもある」としている。東広島市の医療法人「好縁会」は20年6月、運営する医療機関や介護施設など11の施設の運営資金として厚生労働省が所管する独立行政法人「福祉医療機構」から、あわせて6億...

  •  1
  •  0

岸田文雄総裁の「令和版所得倍増計画」はワンマンボンクラ社長には通用しない

去年1年間(2020年)に民間企業で働く会社員などが受け取った平均給与は約433万円で、2年連続で減少したことが分かったという。国税庁の調査によると、去年1年間の民間企業の平均給与は、一昨年に比べて3万円余り減り、約433万円だった。2年連続の減少だという。ボーナスの平均額も一昨年より8%減り、約65万円で、リーマンショック以来の大幅な減少となった。平均給与を雇用形態別で見ると、正社員は約496万円、非正規社員は約176...

  •  0
  •  0

新型コロナによる広島県内の倒産件数が46社

9月7日、民間の調査会社東京商工リサーチによると、8月、県内で1000万円以上の負債を抱えた倒産件数は9社で、前の月より6社増えたという。産業別では建設業が3社と最も多く、原因は「販売不振」が5社と最多。倒産した9社のうち、新型コロナウイルスが関連したのは2社で、県内のコロナによる倒産は合計で46社になった。東京商工リサーチ広島支社は、今後について「新型コロナの影響を受けて疲弊した企業を中心に、倒産が増える可能...

  •  0
  •  0