広島スタイル~時事・犯罪・事件・事故・問題

カテゴリ広島リサーチ 1/12

18年の全国シティーホテル客室稼働率ランキング 広島県が過去最高の85%で1位

観光庁がまとめた2018年の宿泊旅行統計調査で、広島県内のシティーホテルの年間の客室稼働率(速報値)は85.0%と全国で最高になった。現行の調査方法で比べられる11年以降で初めてだという。広島県内の稼働率は11年に67.0%で11位だったが、13年に80%を突破。17年は85.0%で大阪に次いで2位だった。18年は横ばいだったものの、ホテルが増えた大阪が下がり、広島が最も高くなった。ひろぎん経済研究所(広島市中区)の河野晋理事...

  •  0
  •  0

広島城にトイレットペーパーがないトイレがある

広島城(広島市中区)に行った際、公衆トイレにトイレットペーパーがないという。広島城は本年度、旧広島藩主の浅野長晟入城から400年を迎え、広島市もPRに力を入れている名所。観光地として問題があるという。5月1日、観光客が広島城の企画展を見に行った際、公衆トイレを利用したがトイレットペーパーがない上、ごみが散乱していて便器も汚れていたという。広島城天守閣の周辺には4カ所のトイレがある。その中の二の丸に渡る御門...

  •  0
  •  0

広島市中心部上空でオスプレイが目撃される

5月15日、広島市中心部などの上空で、アメリカ軍の輸送機オスプレイとみられる機体が相次いで目撃された。15日午後7時ごろ、2つの機体が南東から北西の方向に上空を飛行していた。アメリカ軍の輸送機オスプレイとみられる。県によると、この日、オスプレイとみられる機体の目撃情報は、広島市の平和公園近辺から4件、北広島町から3件寄せられた。また、これとは別に、広島市に対して、安佐南区や安佐北区から同じような目撃情報が7...

  •  0
  •  0

2018年の全国の外国人宿泊者数は8859万人 1位東京、2位大阪、3位北海道

中国運輸局は、2018年に中国地方のホテルや旅館に泊まった外国人観光客が前年より21.6%増えて203万3560人となり、過去最多を更新したと発表した。過去最多の更新は5年連続だという。県別にみると、広島121万2420人(前年比30.7%増)、岡山46万5420人(同6.0%増)、島根6万2090人(同29.7%増)、鳥取18万3630人(同30.7%増)。一方、山口は11万30人で、前年より6.2%減った。出身国・地域別では、欧米とオーストラリアからの宿...

  •  0
  •  0

5月31日「世界禁煙デー」からJR駅構内が全面禁煙になる

JR西日本は、広島近郊の61の駅について「世界禁煙デー」の5月31日から、在来線の駅の構内を全面禁煙にするという。JR西日本広島支社はこれまで、駅の在来線のホームの端に灰皿を置くなどして喫煙できる区域を設ける一方、それ以外の区域は禁煙とする「分煙」で対応してきた。しかし、利用者から「風が吹くと、たばこの煙が流れ受動喫煙につながる」といった声が多く寄せられていることを受け「世界禁煙デー」の5月31日から、広島駅...

  •  0
  •  0

福山駅北口広場にホテル建設、北口愛称は「福山城口」、南口は「ばら公園口」

広島県福山市は、JR西日本(大阪市)による再開発を盛り込んだ福山駅北口広場の整備基本方針をまとめた。昨秋のJR側の提案に基づき、市と同社それぞれが所有する駅南北の土地を交換し、同社が北口広場にホテルなどの建設を始めるという。同社は、北口そばの福山城が築城400年を迎える2022年までに完成させたい意向で、市も同時期に“城のある文化ゾーンの玄関口”の整備完了を目指す。 市によると、北口広場(約6千平方メートル)は...

  •  0
  •  0

「1カ月は35日ある」ホシザキ販売子会社のおもしろいノルマ説法

5月7日、ホシザキは販売子会社の不適切取引について第三者委員会の調査報告書を公表した。これまで判明していた販売子会社のホシザキ東海(名古屋市)に加え、ホシザキ北海道(札幌市)、ホシザキ北関東(さいたま市)、ホシザキ阪神(大阪市)、ホシザキ中国(広島市)の4社でも不適切取引があった。報告書は営業目標ありきの子会社の実態や、本社のリスク管理体制の甘さを指摘した。営業目標を達成するために売り上げを先行計上...

  •  0
  •  0

ひろしまフラワーフェスティバル 観客数(来場者数)ランキング

2019ひろしまフラワーフェスティバル(FF)は「令和」になって初めての開催となり、10連休と好天にも恵まれて3日間の総観客数(来場者数)は昨年より11万9千人多い計170万3千人(歴代4番目)となった。報道では例年160万人以上の来場者があるとしているが、昔はどうだったのだろうか。そして気になったのが、歴代1位はいつだったのだろうか、そしてワーストはいつだったのだろうか。それは、天候やゲストによって違うものなんだろ...

  •  0
  •  0

「立ち入り禁止」看板の立つ音戸町の港の防波堤で釣りをする人

呉市音戸町の漁業者が、ルールを守らない釣り客への対応に頭を悩ませているという。漁業権がないと認められていない魚介類を取ったり、港内にごみを捨てたりするケースが相次ぐ。「危険」と書かれ、関係者以外の立ち入りを規制する看板が立つ呉市音戸町坪井の港。防波堤から釣り糸を垂らす姿が並ぶ。防波堤は経年劣化で段差や隙間ができているため、港を管理する県が看板などで注意を促すが、一顧だにしない様子。周囲には空き缶や...

  •  0
  •  0

アスベスト(石綿)が露出した大規模民間建物が全国で3408棟、広島で107棟

肺がんや中皮腫の原因となるアスベスト(石綿)が露出したままの大規模な民間建物が、少なくとも全国で3408棟、中国地方には171棟残っていることが国土交通省の2018年の調査で分かった。調査を始めた05年との比較で全国は74%減、中国地方は77%減。同省は引き続き、都道府県を通じて所有者に対策を求める。調査は1956年から89年までに建てられた、延べ床面積千平方メートル以上の建物が対象。マンションや商業施設の駐車場、機械...

  •  0
  •  0

19年度の加入者1人当たりの年額健康保険料49万円(12年連続上昇)、介護保険料10万円

4月22日、健康保険組合連合会(健保連)は全国の健康保険組合の2019年度予算を集計した結果、全組合の62%が赤字で、赤字総額は986億円に上るとの見通しを発表した。75歳以上が加入する後期高齢者医療制度への拠出金負担が財政を圧迫している。平均保険料率は9.218%と12年連続で上昇。加入者1人当たりの年額保険料は49万5732円で、前年度から9401円増えた。介護保険料も上昇し、平均料率は1.573%と過去最高を更新。1人当たりの年...

  •  0
  •  0

三原の沼田川で遊んでいた中学生が頭蓋骨を見つける

4月20日午後5時半ごろ、三原市円一町1丁目の沼田川河口で、砂に半分埋まった人の頭の骨が見つかった。干潮時の河口で遊んでいた市内の中学生数人が発見し、保護者が同日夜、三原署に通報した。同署は他の部分の骨や遺留品がないか付近を捜索し、身元を調べている。(中国)...

  •  0
  •  0

ごみステーションから資源ごみを無断で持ち去った男を逮捕

府中町のごみステーションから資源ごみを無断で持ち去ったとして広島東署は4月18日、広島市東区中山西1丁目、無職引地淳治容疑者(75)を町廃棄物処理条例違反(資源ごみの持ち去り禁止命令違反)の疑いで逮捕した。資源ごみの持ち去りを禁じる条例違反容疑での逮捕は、広島県内で初めてだという。逮捕容疑は、2018年12月10日午前6時25分ごろ、府中町浜田2丁目のごみステーションで資源ごみを集めているのを巡回中の町職員に見つか...

  •  0
  •  0

パソコンを使って拘置所で接見中止は違法に賠償命令

平成25年、広島拘置所に勾留されていた被告の弁護士が、接見中にノートパソコンを使用したことを理由に接見を中止させられたのは違法だと訴えた裁判で、2審の広島高等裁判所は拘置所の対応の一部を違法と認め、1審の判決を変更し、国に賠償を命じた。平成25年に広島拘置所に勾留されていた被告の弁護活動をしていた足立修一弁護士は、接見中に裁判の証拠資料の音声をノートパソコンで確認しようとしたところ、拘置所の職員に接見を...

  •  0
  •  0

18年の広島県総観光客数が西日本豪雨の影響で前年比632万人(9%)減少

3月25日、広島県は2018年の総観光客数が6357万人となり、17年の6989万人と比べて632万人(9.0%)減ったとの推計を明らかにした。18年7月の西日本豪雨の影響が大きく、7年ぶりの減少となった。西日本豪雨で、JR西日本の在来線の運転見合わせや道路の通行止めなどが相次いだうえ、自粛ムードの広まりによる宿泊施設の予約キャンセルも続出したことなどが影響したとみている。このため推進会議では、19~22年の4年間の総観光客数の目...

  •  0
  •  0

19年の広島県内の地価・商業地4年連続上昇、呉の被災地は大幅下落

3月19日、国土交通省は、19年1月1日時点の全国の地価を公示した。西日本豪雨の影響で呉市や坂町など被災地では地価が大幅に下落した。「地価公示」は国土交通省が1月1日時点での土地の価格を調べて公表するもので、広島県内では今回639地点が対象になった。それによると、県内の商業地の地価の平均は去年に比べてプラス2.7%と4年連続で上昇した。このうち広島市では、中区八丁堀のビルで1平方メートルあたり328万円と去年より13.9...

  •  0
  •  0

広島高速5号トンネル工事契約金額問題で第三者委が報告書を公表

広島高速道路公社のトンネル整備事業(広島高速5号)をめぐって、公社と受注業者(JV)の間で契約金額への認識に食い違いが生じている問題で、第三者委員会の報告書が3月18日、公表された。業者側の主張に沿う形で契約金額の見直しの必要性を指摘する内容となっているという。広島高速道路公社がおよそ200億円で発注した広島高速5号線のトンネル整備事業では、契約金額を巡って全ての工事費が含まれるとする公社側と、一部の工事費...

  •  0
  •  0

JR広島駅南口再整備計画発表 路面電車がビルの2階に乗り入れる計画

広島市とJR西日本、それに広島電鉄は、JR広島駅南口の再整備に向けての方針を取りまとめ、路面電車が高架で直接、駅の2階に乗り入れるルートや、ホテルや商業施設が入る新しい駅ビルの建設計画が示された。広島市とJR西日本、それに広島電鉄は、JR広島駅の南口について、それぞれの公共交通機関の利便性の向上や駅周辺のにぎわいづくりのため、平成26年から検討を進めてきた再整備の方針を3月15日、発表した。それによると、路面電...

  •  0
  •  0

水に濡れた備蓄米を検査偽装した日本通運広島支店元社員4人を逮捕

物流大手の日本通運広島支店の元社員ら4人が、保管していた国の備蓄米が水に濡れるなどしたのに、新しい袋に詰め直し、検査証明書を偽造していたとして農産物検査法違反などの疑いで逮捕された。逮捕されたのは日本通運広島支店の元社員で廿日市市の伊多倉登志雄容疑者(57)と同じく元社員で、広島市安佐南区の高橋宏通容疑者(48)ら4人。警察によると、日本通運が国から委託を受け安芸高田市の倉庫で保管していた非常時用の備蓄...

  •  0
  •  0

福山市の芦田川はごみの不法投棄が年間70~160トン

福山市の芦田川河口から数キロ、草戸大橋から水呑大橋にかけての左岸河川敷には、瓶、缶、ペットボトル、たばこの吸い殻など、いたるところにゴミがある。近くには「ごみを捨てないで」との看板が目立つ。国土交通省福山河川国道事務所が、不法投棄の多い場所として2009年度から「特別重点監視区間」とする2カ所のうちの一つ。季節によってはバーベキューのごみも放置され、不法投棄は減っていないという。「川がごみ捨て場のよう...

  •  0
  •  0

2018年地方移住ランキング 1位長野、2位静岡、3位北海道、広島は6位に下落

地方移住を希望する都市住民と全国の地方自治体とのマッチングを行うNPO法人「ふるさと回帰支援センター」(東京都千代田区)が、来場者を対象に地方移住のアンケート調査を毎年、実施しているが、同法人が2018年(1月~12月)の調査を行い、移住相談傾向と移住希望地ランキングを2月20日に発表した。回答数は9776件。調査結果では、長野県が安定の1位、北海道が3位に大幅上昇、岡山県が21位以下とランキングから姿を消した。広島...

  •  0
  •  0

都道府県庁の女性管理職、広島がワースト!反抗的でキレやすい態度が原因か?

都道府県庁の女性管理職の登用は、重要な意思決定に関わる上位の役職ほど割合が低くなることが3月8日、内閣府の調査で分かったという。「課長級以上」で見ても1割未満と、2020年までに「指導的地位に占める女性割合を3割にする」との政府目標にはほど遠い現状で、地域差も大きい。生活に身近な政策に女性の視点が反映されにくい要因となっているという。登用の実績は地域によって差が大きく、課長級以上の女性割合が20.0%で最も高...

  •  0
  •  0

神石高原町が住宅地を坪8円で分譲

少子高齢化に悩む神石高原町は子育て世代に町に定住してもらおうと、住宅地を坪8円という破格の安値で分譲する政策を打ち出したという。町が坪8円で分譲する住宅地は、神石高原町上豊松にある町有地で、もともとは町営住宅の建設用地だった。分譲するのは5区画で、72坪が3区画、125坪が2区画。坪8円なので価格は72坪の分譲価格が576円、125坪の分譲価格が1000円だという。町によると、近隣の住宅地は坪1万1千円程度だという。町が...

  •  0
  •  0

精神障害者の急増が短気で反抗的・情緒不安定な新卒社員を生む?

最近、広島の新卒間もない女子社員どもが、なぜ反抗的で短気・わがままなんだろうか。怒れば泣きじゃくるといった幼稚で甘ったれた情緒不安的精神は、いったいどこからくるのだろうか。実は、その答えがあった。広島県では精神障害者が急増しているという。広島で仕事をするということは、いろいろなリスクが伴う事を知っておかなければならない。2月28日、広島県は精神障害者向けに通院医療費を助成する制度の創設を検討するとい...

  •  0
  •  0

原因不明で不可解な広島高速5号トンネル工事中断は二葉山の祟りか

広島高速5号二葉山トンネル建設工事(広島市東区1.8キロ)で、18年12月19日に採掘機(シールドマシン)の先端が壊れて工事が中断してから2カ月余りが経過したが、事業主体の広島高速道路公社(東区)によると、破損した原因は今なお特定できず、再開のめどが立っていないという。トンネル工事は、直径13.6メートルのシールドマシンの先端に付いた特殊鋼製のカッターを回転させ、少しずつ地盤を掘って掘り進む。地番沈下を押える効...

  •  0
  •  0

「福山市」首都圏民へのアンケートで60%が知らない

広島県福山市がインターネット上で首都圏民(東京、神奈川、千葉、埼玉県の492人)へ、福山市に関して知っているものについてアンケートを行った。観光名所や国内有数の繊維産業、「ばらのまち」などが目立った一方、60.0%が「知っているものはない」と回答したという。市は「より一層の知名度アップに尽力したい」と力を込めた。調査は18年9月の1週間、20代~70代の10歳代ごとに男女各41人ずつ計492人に以下3問を実施。(1)福山市...

  •  0
  •  0

2018年の広島県内の児童虐待通告件数は1757人過去最多

広島県内で、警察が虐待の疑いがあるとして児童相談所に通告した子どもは、去年(18年)は1757人と、これまでで最も多くなったことが警察のまとめでわかった。警察によると、去年1年間に県内で虐待の疑いがあるとして、警察が児童相談所に通告した18歳未満の子どもは1757人となり、一昨年より218人増えて統計を取り始めた2005年以降、最も多くなった。このうち、親から暴言を受けたり、親どうしの暴力を見たりして、心に傷を受ける...

  •  0
  •  0

牛生レバーを出した飲食店「鯉城」が食品衛生法違反

広島市の飲食店で牛の生レバーを客に提供したとして、店の経営者と店長が逮捕された。食品衛生法違反の疑いで逮捕されたのは、飲食店経営の自称・岡安人容疑者と、店長の東和昌容疑者。警察によると、2人は18年12月、広島市中区薬研堀の飲食店で牛の生レバーを十分に焼くなどの情報を伝えずに、客に提供した疑いがもたれている。牛の生レバーを巡っては、2011年に焼き肉チェーン店で発生した、ユッケなどの生肉による集団食中毒を...

  •  0
  •  0

広島市営駐車場使用料を20年4月から値上げ 市営のメリットなし

広島市は指定管理者が定める市営駐車場の使用料の上限を改定するという。路上駐車場の料金上限を30分170円から200円にするなどの内容で、近隣の民間駐車場の料金との均衡を図る目的。次の指定期間が始まる2020年4月から適用するという。市営駐車場は、市内に26カ所あり、収容台数は計約1600台。このうち路上駐車場は20カ所ある。屋内駐車場は、定期利用の1カ所を除き5カ所で、基町(中区)、鷹野橋(中区)、西広島駅南(西区)の3...

  •  0
  •  0

呉の「三和ストアー」が全店舗を閉店 従業員全員解雇

呉市にスーパーを展開をしている「三和ストアー」が、市内のすべての店舗を閉店することになったという。中には去年7月の西日本豪雨で大きな被害を受けた天応地区で唯一営業してるスーパーもあり、地域の復興に影響が出ることが懸念される。呉市のスーパー「三和ストアー」によると、2月末から3月15日にかけて、市内に展開する7つの店舗全てを閉店するという。スーパー側は、閉店の理由や他の事業者に店舗を引き継ぐかどうかについ...

  •  0
  •  0