広島スタイル~時事・犯罪・事件・事故・問題

カテゴリ広島リサーチ 1/14

地震で近隣民家直撃の危険な「旧陸軍被服支廠」 解体反対論者はよそ者

1月17日、広島県は広島市内最大級の被爆建物「旧陸軍被服支廠」(南区)で実施した意見公募に、延べ2232人が応じたという。県が「2棟解体、1棟の外観保存」とした安全対策の原案への賛否は、反対60%、賛成34%、その他6%だった。県議会総務委員会で1カ月間の意見公募の最終日だった1月16日午後5時現在の集計として報告した。その後に電子メールや郵送で届いた分があるという。速報によると、県の原案に対する賛否の延べ人数の内...

  •  0
  •  0

外国人住民とトラブル多発の基町アパート第17号棟がいよいよ解体

広島市は、中区にある市営基町アパート中層棟の全17棟のうち、老朽化した最大の第17号棟について、2024年までに建て替え工事に着手する方針を決めたという。サッカースタジアム建設予定地の中央公園自由・芝生広場(中区)そばにある基町地区を対象にした活性化計画の素案で示した。素案は若者定住の数値目標など計39項目を掲げており、1月7日夜に地区の住民代表に説明したという。市営基町アパート中層棟は1956~67年度に建設し、...

  •  0
  •  0

福山市の水路転落死亡事故が10年間で31件 負傷者643人

福山市内で水路への転落事故が後を絶たないという。19年度、市が把握する市道から転落する負傷者は38人。市はふたや柵の設置など安全対策を進めているが、対象は地元の要望箇所に限られる。地域の意見を調整し、事故防止につなげる難しさがあるという。転落事故が起きる水路には、一部にしか鉄製のふたがなく、街灯も少ない。夜間に歩道と思って歩いていると、突然「落とし穴」に出くわす感覚だという。市の集計によると、2009年度...

  •  0
  •  0

「広島怪速5号線」二葉山トンネル工事は止められない

12月26日、広島県と広島市が出資する広島高速道路公社(東区)は、広島高速5号二葉山トンネル(東区)の工事契約を巡る不適切な対応で、県民の信頼を損なった責任を取り、石岡輝久理事長が12月31日付で辞任すると発表した。今回の問題で生じた事業費の大幅増額が県と市の両議会で認められ、「事業継続の見込みがついた」と判断した。後任は当面不在とし、職務は向井隆一副理事長が代行するという。県出身の石岡理事長と市出身の向...

  •  0
  •  0

創業1号店の「ポプラ流川店」が建物の老朽化で解体

コンビニのポプラ(広島市安佐北区)は、創業1号店の流川店(中区)があった建物の解体を決めたという。中国地方に約3千あるコンビニの最初の店とされている。耐震性に懸念があり、9月に閉店した。建て替えを前提に活用を検討しているという。中国地方で最大の繁華街にあった流川店は、1974年12月にオープン。創業者の目黒俊治社長が父から継いだ酒販店を転換して開いた。スーパーと似た商品を深夜も扱い、当時は「ナイトショップ...

  •  0
  •  0

公営ギャンブルがV字回復 パチンコ業界は苦境

かつて売り上げ不振で廃止が相次いだ公営ギャンブルの業績がV字回復しているという。中国地方のボートレースと競輪、オートレースの8場すべてが2018年度決算で黒字を確保。リーマン・ショック後の10年度は約8割の6場が赤字だったが、インターネットで手軽に投票できる環境が追い風になっているという。地方財政に貢献する公営ギャンブル全8場の18年度の純利益は合計で100億2900万円、前年度より9.1%増え4年連続のプラス。利益の一...

  •  0
  •  0

広島市の財源不足が4年間で38億円

広島市は2020~23年度の4年間の財政運営方針の素案を公表した。それによると、社会保障費の増加などで4年間の合計で38億円の財源不足が見込まれると推計した。広島市は計画している大規模プロジェクトの施工時期の平準化や、新たな歳出削減に取り組み、不足分を解消するという。20年2月に成案をまとめる。財源不足は20年度が13億円、21年度が17億円、22年度が1億円、23年度が7億円と見込む。主な原因は、高齢化に伴う介護保険事業...

  •  0
  •  0

令和元年版・広島のブラック企業10社

厚生労働省がホームページで令和元年版の労働基準関係法令違反、いわゆる「ブラック企業」を令和元年11月29日に公表していたので、そのリストの中から広島県分の企業を抜粋しておきたい。期間は平成30年11月1日~令和元年10月31日公表分。①企業・事業場名称②所在地③公表日 ④違反法条 ⑤事案概要 ⑥その他参考事項①(株)中電工②広島県広島市中区③R1.9.5④労働安全衛生法第31条、労働安全衛生規則第653条⑤高さ2m以上の作業床の端...

  •  0
  •  0

旧陸軍被服支廠は全棟保存、でも金は出さない 松井知事がうつ病の兆し

広島市にある被爆建物の旧陸軍被服支廠のうち、県が一部を解体する方針を示したことについて、広島市の松井市長は「全棟保存を望んでいる」と話した。広島市南区の被爆建物旧陸軍被服支廠について、県は、所有する3棟のうち、2棟を解体し、1棟を保存・活用する案を示している。広島市の松井市長は12月18日の会見で、「被爆した当時の状況を語る貴重な財産で、失われると二度と取り戻せない」として、県に全棟保存を要望していると...

  •  0
  •  0

「松籟荘」入所者行方不明後に死亡した女性の遺族が提訴

北広島町のグループホームに入所していた高齢の女性が死亡したのは施設側が安全管理を怠ったためだとして、女性の遺族が施設を運営する地元の社会福祉協議会に対し、損害賠償を求める訴えを起こした。広島地裁に訴えを起こしたのは、死亡した80代の女性の遺族。訴状によると、女性は認知症を患い、北広島町にあるグループホーム「松籟荘」に入所していたが、9月20日の夕食後に行方不明となり、翌日、近くの川で死亡しているのが見...

  •  0
  •  0

「旧陸軍被服支廠」保存にネット著名1万人は保存費用は他人の金という気楽さ

広島県が一部を解体する案を示した被爆建物の旧陸軍被服支廠について、建物の全棟保存を求める1万人以上のネット署名が県に提出されたという。署名を提出したのは「被服支廠の保存・活用キャンペーンチーム」のメンバー。被爆建物の旧陸軍被服支廠を巡っては、県が、所有する3棟のうち1棟を保存し、残る2棟を解体する案を示している。全棟保存を求める署名活動は、議論のきっかけにしたいと元非核ユース大使の福岡奈織さんが発起人...

  •  0
  •  0

中国地方の日銀短観4四半期連続悪化

日銀広島支店が12月13日に発表した中国地方の12月の短観によると、全産業DIはプラス8で、9月の前回調査から3ポイント下がり、4四半期連続で悪化した。消費税増税の影響で、百貨店、スーパーなど幅広い業態で販売が減り、マイナス幅が広がった。対事業所サービスは人手不足で人件費が上がり、収益を圧迫した。【地域別】広島 プラス10で1ポイント下がり、3四半期連続の悪化。科学、鉄鋼、小売りなどが低下。山口 プラス6で3ポイ...

  •  0
  •  0

フマキラーがシロアリ防除子会社で不適切な支払い

12月9日、殺虫剤製造のフマキラー(広島県廿日市市)は、シロアリ防除子会社で調べてきた不適切な支払額を約3300万円と発表した。当初の11月8日の発表時から増えなかった。子会社の元取締役が施工業者と共謀し、2011年から15年に施工の終了を証明する報告書がなくても業者に支払いをしていた。社内チームが調べた。他の子会社に同様の事案はなかった。調査のため19年9月中間決算の発表を延期している。(中国)...

  •  0
  •  0

「ひろしまトリエンナーレ」開催に批判&展示中止を求める声が寄せられる

尾道市で開催中の芸術作品?の展示会で、昭和天皇をコラージュした作品が展示されていることについて、実行委員会の事務局を担う広島県に対し、批判や展示の中止を求める声が寄せられているという。この展示会は、尾道市百島町の施設で、19年10月から開かれている。県が実行委員会の事務局を担い「ひろしまトリエンナーレ」などと称して来年秋に開催を予定する国際芸術祭のプレイベントに位置づけられ、愛知県で開かれていた「あい...

  •  0
  •  0

呉で謎の金属片が落下

11月30日昼、呉市広多賀谷3丁目の鉄工所工場で、重さ数キロの金属片が屋根を突き破って落下していたという。当時、工場は無人でけが人はなかった。30日昼は民間機の飛行は報告されておらず、社長男性(60)は「人がいれば命に関わっていた。いったい何が起きたのか」と不安がっている。金属片はグレーに塗装されているように見え、長さ約45センチ、幅約10センチ、厚さ約1センチ。鉄並みの重さで一部に亀裂があったという。社長男性...

  •  1
  •  0

「みかじめ料」店が暴力団組員に渡すと罰則

暴力団が飲食店などに不当に金銭を要求する「みかじめ料」を巡り、広島県が2020年度、暴力団と店側の双方に罰則を科す規定を新設する方針を決めたという。広島、福山、尾道3市の歓楽街の一部を適用対象地域とし、暴力団の有力な資金源とみられる歓楽街での金銭授受を厳しく取り締まり、資金の流れを断つのが狙い。12月5日開会の県議会定例会に県暴力団排除条例の改正案を提出する。関係者によると、改正案では、いずれも指定暴力団...

  •  0
  •  0

消費税10%の影響で広島県内のデパートの売り上げが15%減少

広島県内の主なデパートの10月の売り上げは、消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動で、貴金属など高額品の販売が落ち込んだことなどから、去年の同じ月を15%余り下回る大幅な減少となったという。中国四国百貨店協会のまとめによると、広島県内にある8つのデパートの10月の売り上げは82億1199万円で、去年の同じ月を15.7%下回る大幅な落ち込みとなった。売り上げが前の年の同じ月を下回ったのは3カ月ぶり。品目別では、消費...

  •  1
  •  0

「八丁堀公衆便所」が特定都市再生緊急整備地域指定でどうなる?

紙屋町・八丁堀地区と広島駅周辺地区の国際競争力を高める取り組みが始まるという。いつの時代から存在していたのか不明だが、「八丁堀公衆便所」の行方が心配だ。そもそも、広島市の中心地の交差点に「公衆便所」が必要なのか、景観上、存在していいのか、それともいざという時のための「市民の公衆便所」であるべきか。この「八丁堀公衆便所」とは、いったいどんな存在意義があるのだろうか。中四国では初めてとなる「特定都市再...

  •  0
  •  0

神戸市立本山第三小学校の児童が作った千羽鶴が中国新聞社の前に捨てられる

11月25日、広島市中区で袋に入った千羽鶴の束が捨てられているのが見つかった。この千羽鶴は、神戸市の小学生が作って広島市の平和公園にささげられたものだということで、広島市は何者かが持ち去って廃棄した可能性があるとみている。25日午前7時半ごろ、広島市中区の中国新聞社の建物の前に、袋に入った千羽鶴の束が捨てられているのを、清掃の作業員が見つけた。この千羽鶴には、神戸市の小学校の名前が書かれていたことから、...

  •  0
  •  0

福山市でため池700カ所管理者不明

災害リスクが指摘される農業用ため池を巡り、福山市の約2200カ所の3割超に上る約700カ所で管理者が不明だという。福山市は適正管理ができていないという実態が浮き彫りになった。同市では、18年7月の西日本豪雨で決壊などが相次ぎ、早急な補強や廃止工事などが求められている。福山市には広島県内で3番目に多い2198カ所のため池があり、西日本豪雨では駅家町向永谷で決壊するなどし、土石流にのまれた下流の女児(当時3歳)が犠牲...

  •  0
  •  0

「仁義なき戦い」写真に書き込み掲示した海田市駅長が解任される

JR海田市駅(広島県海田町)の男性駅長が、JR福知山線脱線事故の追悼施設「祈りの杜」(兵庫県尼崎市)へ向かう途中に撮影した写真に「仁義なき戦い」などと書き込んだ問題で、JR西日本は11月22日、この駅長を解任し1週間の出勤停止処分としたほか、経営責任を問い、来島達夫社長を役員報酬3割返上(1カ月)、北野真・広島支社長を役員報酬1割返上(1カ月)としたと発表した。JR西によると、駅長は10月下旬に脱線事故の犠牲者を追...

  •  0
  •  0

海田市駅長「仁義なき戦い 祈りの杜へ」任侠映画の見すぎ

JR海田市駅(広島県海田町)で、男性駅長(60)がJR宝塚線(福知山線)脱線事故の現場に整備された慰霊施設「祈りの杜」を揶揄していると受け取られるような写真を、駅事務室内に貼り出していたという。JR西日本によると、駅長は10月25~30日、「仁義なき戦い 祈りの杜へ」と書いた紙を印刷し、複数のJR西日本の社員が祈りの杜に献花に向かう様子を撮った写真に貼り付けて掲示したという。11月18日に同社に「不適切ではないか」と...

  •  0
  •  0

広島・廿日市沖で珍しくクロマグロが水揚げされる

広島の廿日市沖でクロマグロの幼魚3匹が水揚げされたという。「海のダイヤ」とも言われるクロマグロは、主に太平洋の熱帯・温帯海域に生息する。瀬戸内海で取れるのは珍しく、市場関係者や専門家も驚いているという。広島市中央卸市場(西区)の荷受け広島魚市場(同)によると、11月10日に県内の漁業者が廿日市沖で流し網漁をしていたところ3匹がかかり、その後、クロマグロの幼魚ヨコワマグロと確認された。大きさ60~80センチで...

  •  0
  •  0

湯来町「恵下埋め立て地」建設に調停申し立て

11月18日、広島市佐伯区湯来町で建設中の最終処分場について、地元の住民たちが「太田川の水質を汚染する恐れがある」として県の公害審査会に市との調停を申し立てた。申し立てをしたのは最終処分場の周辺住民や広島市の水道の利用者ら202人。 広島市は、佐伯区湯来町に一般廃棄物の最終処分場、恵下埋め立て地を建設しているが、申し立てでは埋めたゴミに触れた雨水を処理場に運ぶ送水管が長さ13キロに及び、途中で雨水が漏れ、太...

  •  0
  •  0

尾道市・百島で「百代の過客」反政府炎上まんが図画工作展示中

尾道市の離島、百島で開催中の現代アート展「百代の過客」の出品作家たちによる対話イベントが11月17日、旧市百島支所(百島町)であった。「表現の不自由を超えて」をテーマに意見を交わした。美術家で映画監督の大浦信行氏は、「あいちトリエンナーレ2019」に出店した映像作品「遠近を抱えてPart2」について「自分の内なる天皇をみつめたもの。天皇への批判でも肯定でもない」と説明。映像作家の小泉明郎氏は「不快な表現の作品...

  •  0
  •  0

広島高速5号線トンネル工事費87億円増額!不手際契約で公社の石岡理事長が退任

広島高速5号線の二葉山トンネル掘削工事の費用を巡る問題で、広島高速道路公社は、工事費用が87億円近く増えることを明らかにした。県と広島市の負担も増えることになるという。広島高速5号線のうち、全長1.8キロの二葉山トンネルでは、掘削工事が行われているが、この掘削に掛かる事業費について、広島高速道路公社は当初の予定より87億円ほど多い287億円に上ると発表した。 去年10月、広島高速道路公社は当初200億円としていた事...

  •  2
  •  0

13年間風俗店の客引きをした男が足を洗う

広島市中心部で風俗店などに勧誘する客引きを繰り返したとして県迷惑防止条例違反(客引きの常習)の罪に問われた広島市中区光南5丁目、アルバイト田中勇介被告(34)の初公判が10月24日、広島地裁であり、田中被告は13年にわたり客引きをしていたと述べた。田中被告は被告人質問で「東京、九州、広島を転々とし13年間、客引きをしていた」と説明。「捕まっても罰金を払えばいいと考えていたが、20日間勾留されて裁判にもなり、す...

  •  0
  •  0

福山リム「エフピコRiM」が20年8月閉店

福山市が所有する旧福山そごうの大型複合商業施設「エフピコRiM(リム)」が20年8月に閉店するという。市の委託を受け、2013年4月から施設を管理運営する大和情報サービス(東京)が同日、市側に意向を伝えたという。施設の老朽化が深刻で、テナント誘致を含めて事業の継続は困難と判断したとみられるという。市と同社は10年間の賃貸借契約を結んでいるが、7年後から契約を解除できる内容。両者はこの日、来年中の契約解除で大...

  •  0
  •  0

都道府県魅力度ランキング2019「1位北海道」「最下位茨城」「広島15位」

10月17日、民間調査会社のブランド総合研究所が「都道府県魅力度ランキング2019」を発表した。このランキングは、47都道府県と国内1000の市区町村を対象に、認知度や魅力度、イメージなど全84項目からなる「地域ブランド調査2019」によるもので、今年で実施は14回目。全国の消費者3万1369人から有効回答を得た。2019年の都道府県魅力度ランキング1位に選ばれたのは北海道で、11年連続のトップとなった。2位が京都、3位が東京、5位...

  •  0
  •  0

グッドデザイン賞を受賞したばかりのサンキョウハウジングが倒産

住宅メーカーのサンキョウハウジング(福山市、資本金1千万円、中川克之代表)などグループ3社が、破産手続きに入ったという。帝国データバンク福山支店などによると、3社の決算期時点での負債総額は計約32億円。サンキョウハウジングは2000年の設立。広島県東部や岡山県西部で住宅の建築などを手掛けていた。笠岡市の市有地約1万6千平方メートルを購入し、分譲事業も進めていた。18年8月期の売上高は約18億円。同業者との競争激化...

  •  0
  •  0