広島スタイル~時事・犯罪・事件・事故・問題

カテゴリ道路交通法違反・飲酒運転 1/4

尾道の松永バイパスで女性教師の車が逆走して別の車と正面衝突

7月13日夜、尾道市の自動車専用道路で女性教師の運転する車が逆走し、別の車と正面衝突する事故があった。13日午後11時前、尾道市高須町の松永バイパス高須トンネルで、福山市内に住む女性教師の運転する軽自動車が逆走し、追い越し車線を走っていた別の軽自動車と正面衝突した。この事故で女性教師は腰や胸を骨折する重傷を負ったほか、衝突された車を運転していた会社員の男性も軽いけがをした。警察によると、女性教師の呼気か...

  •  0
  •  0

福山市加茂町で飲酒運転の10トントラックが電柱や生け垣に激突

7月11日朝早く、福山市で大型トラックが住宅の生け垣などに突っ込む事故があり、トラック運転手が酒気帯び運転で逮捕された。11日午前5時40分ころ、福山市加茂町下加茂で10トントラックが道路わきにある電柱にぶつかり、対向車線側にある住宅の生け垣に突っ込んだ。トラックを運転していた井上忠之容疑者(51)は酒気帯び運転で警察に現行犯逮捕され、呼気からは、1リットル当たり基準値の3倍近い0.4ミリグラムのアルコールが検出さ...

  •  0
  •  0

安佐北の大学生が飲酒運転で現行犯逮捕される

安佐南署は6月30日午前7時55分ごろ、広島市安佐北区安佐町飯室、大学生新田裕輝容疑者(21)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は、安佐南区中筋1丁目の国道54号で酒を飲んで軽乗用車を運転した疑い。同署によると、信号待ちの車に追突する事故を起こし、駆け付けた署員の呼気検査で基準値の2倍となる1リットル当たり0.3ミリグラムのアルコールが検出された。追突された車に乗っていた50代の夫婦が首と...

  •  0
  •  0

パトカーを見て逃走して住宅の塀に衝突した飲酒運転の男を現行犯逮捕

広島南署は6月26日午後10時20分ごろ、広島市南区向洋新町2丁目、無職伏岡拓司容疑者(51)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は、南区東本浦町の市道で酒を飲んで軽乗用車を運転した疑い。同署によると、パトカーを見て逃走し、住宅の塀に衝突する単独事故を起こした。呼気検査で1リットル当たり0.3ミリグラムと基準値の2倍のアルコールを検出した。(中国)...

  •  0
  •  0

家族の車を無免許で運転して追突して逃走した男を逮捕

安佐北署は6月12日、住所不定、無職尾畑大助容疑者(36)を自動車運転処罰法違反(無免許過失運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ、事故不申告)の疑いで逮捕した。逮捕容疑は3月11日午後10時ごろ、広島市安佐北区三入1丁目の国道183号で、同居の家族が所有する軽乗用車を無免許で運転し、交差点で信号待ちをしていた同区の団体職員女性(33)の軽乗用車に追突。首などにけがをさせ、そのまま逃げた疑い。(中国)...

  •  0
  •  0

無免許であおり運転&追突事故を起こした男に懲役2年6カ月の実刑判決

無免許であおり運転をし、追突事故を起こして相手にけがをさせたなどとして、自動車運転処罰法違反(無免許過失傷害)罪などに問われた住所不定、無職和田翔介被告(20)に対し、広島地裁は6月11日、懲役2年6カ月(求刑懲役3年6カ月)の実刑判決を言い渡した。水越壮夫裁判官は「意図的に行った危険な運転行為の中で生じた事故で、過失は重大」などと述べた。判決などによると、和田被告は18年11月27日、坂町の広島呉道路で前方の...

  •  0
  •  0

美容師が飲酒運転で自転車に乗った女子高生をはねる

5月30日午前8時15分ごろ、広島市安佐南区古市の横断歩道で、自転車を運転していた女子高校生(17)が右折してきた軽自動車にはねられ軽いケガをした。軽自動車を運転していた安佐南区の美容師中本二椰容疑者(58)からは、基準値の倍のアルコールが検出され、警察は酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕した。警察によると、中本容疑者は午前4時半ごろまで自宅で酒を飲み出勤していたという。調べに対し「お酒が入った状態で運転したこ...

  •  0
  •  0

福山で信号無視を繰り返していた軽トラが車や信号機に衝突

5月29日、福山市で軽トラックが信号を無視して交差点に入り車や信号機と衝突した。29日午前1時40分ごろ、福山市王子町の国道2号の交差点で、信号無視を繰り返していた軽トラックが赤信号を無視をして交差点に入り軽自動車と衝突。そのまま信号機やガードレールにぶつかった。この事故で衝突された軽自動車に乗っていた男性2人がケガをした。警察は軽トラックを運転していた福山市の会社員大西秀坪容疑者(32)を信号無視の疑いで逮...

  •  0
  •  0

運転免許証をカラーコピーしてバイクを運転していた安佐北区の男を逮捕

5月27日、安佐南署は広島市安佐北区可部南1丁目、アルバイト竹安律雄容疑者(69)を偽造有印公文書行使と道交法違反(無免許運転)の疑いで逮捕した。逮捕容疑は、5月14日午後10時45分ごろ、安佐南区緑井6丁目の県道で、無免許でバイクを運転し、職務質問した同署員に偽造した運転免許証を提出した疑い。同署によると、巡回中の署員が片側1車線の県道で中央線をはみ出して走るのを見つけて職務質問し、提示された免許証の質感に違...

  •  0
  •  0

春の全国交通安全運動で広島県内で254人が検挙される

子どもたちが巻き込まれる事故が全国で相次ぐなか、登校時間にあわせて県内各地の通学路で交通違反の取締りが5月16日に行われた。これは春の全国交通安全運動にあわせて、警察が県内の小中学校の通学路など104カ所で一斉に行ったもの。このうち海田町堀川町では、海田警察署の警察官およそ30人が近くの小学校の登校時間にあたる午前7時から8時半までの間、交通ルールに違反している車両を取り締まった。警察官たちは、横断歩道に歩...

  •  0
  •  0

11年前に飲酒運転で免許証を取り上げられた男がまた飲酒運転&道路逆走で現行犯逮捕

広島東署は5月7日午後5時40分ごろ、広島市東区温品2丁目、配管工植松修一容疑者(71)を道交法違反(酒気帯び運転、通行禁止違反)の疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は、府中町大須1丁目の県道で酒を飲んで乗用車を運転し、逆走した疑い。同署によると、巡回中の署員が逆走する植松容疑者を確認。呼気検査で基準値の2.7倍に当たる1リットル当たり0.4ミリグラムのアルコールを検出した。植松容疑者は2008年に酒気帯び運転で運転免許...

  •  0
  •  0

福山の社会福祉職員が飲酒運転で対向車と接触事故

福山西署は4月28日午後6時45分ごろ、福山市沼隈町草深、社会福祉法人職員青山留美子容疑者(46)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は同町中山南の市道で、酒を飲んで軽乗用車を運転した疑い。対向車とすれ違う際に接触事故を起こして発覚した。呼気検査で基準値の2倍以上の呼気1リットル当たり0.35ミリグラムのアルコールを検出した。「午前中に酒を飲んだが、抜けていると思った」と供述していると...

  •  0
  •  0

安佐南のタクシー運転手が飲酒運転でバスに追突

安佐南署は4月29日午後0時40分ごろ、広島市安佐南区山本新町2丁目、タクシー運転手大亀芳夫容疑者(68)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は、同区山本新町1丁目の市道で、酒を飲んで軽乗用車を運転した疑い。同署によると、バス停に停車していた広島交通(西区)の路線バスに追突する事故を起こして発覚した。乗客7人のうち男女2人が首に軽いけがをし、同署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑い...

  •  0
  •  0

酒飲んで車でコンビニに突っ込んだ福山の電気工事屋

福山東署は3月17日午前3時25分ごろ、福山市南手城町1丁目、電気工事業藤井誠治容疑者(59)を、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は自宅近くの市道で、酒を飲んで乗用車を運転した疑い。コンビニに突っ込む自損事故を起こし発覚した。(中国)...

  •  0
  •  0

18年の中国地方「あおり運転摘発」203件、車内からレーザーで走行中の車間距離を計測

中国地方の高速道路と自動車専用道路で2018年に道交法違反(車間距離不保持)容疑で警察に摘発されたのは203件で、75件だった前年の2.7倍に増えたという。前の車に著しく接近するなどの危険な「あおり運転」が社会問題化する中、各県警は取り締まり強化や通報の増加が摘発の急増につながったとみている。18年の各県警の摘発件数の内訳は、広島60件(前年比35件増)、山口9件(同8件増)、岡山133件(同84件増)、島根1件(同1件増...

  •  0
  •  0

東区中山西の県道で車でタクシーに追突して逃走した会社員を逮捕

広島市東区の県道で、停車しているタクシーに車で追突し、そのまま逃げた疑いで21歳の男が逮捕された。会社員・平川公弥(21)容疑者は1月30日午前6時40分ごろ、広島市東区中山西の県道で車を運転中に、渋滞で停車していたタクシーに追突し、そのまま逃走した疑いなどがもたれている。タクシーの運転手(49)と乗客の女性2人は首を捻挫するなどの軽傷。警察によると、タクシーの運転手らが車のナンバーや車種を覚えていたことなど...

  •  0
  •  0

女子中学生を同乗させていたカーチェイス男を淫行容疑で再逮捕

1月30日、広島中央署は住所不定、無職和田翔介被告(20)=傷害などの罪で起訴、公務執行妨害容疑などで処分保留=を県青少年健全育成条例違反(淫行)の疑いで再逮捕した。再逮捕容疑は、18年11月23日、呉市内の民家で県内の女子中学生(13)が18歳未満と知りながら、いかがわしい行為をした疑い。同署によると、和田容疑者は11月27日、坂町で追突事故を起こして逃走。パトカーに追跡され、暴走を繰り返して公務執行妨害容疑など...

  •  0
  •  0

福山の山陽道で追い越し時に車に衝突して逃走した男を逮捕

1月30日、県警高速道警察隊は福山市新涯町5丁目、自称無職末平一司容疑者(55)を自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。逮捕容疑は、2018年9月7日午後11時45分ごろ、福山市神村町の山陽道下り線で、大阪府内の男性会社員(35)の乗用車を追い越す際に衝突、男性と同乗していた女性(44)の計2人に軽傷を負わせたが、車を乗り捨てて、そのまま逃げた疑い。同隊によると、末平容疑者は直後に...

  •  0
  •  0

佐伯区で車で事故起こして逃げた男を逮捕

1月16日、佐伯署は広島市佐伯区八幡1丁目、建築業福田隆志容疑者(39)を自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。逮捕容疑は16日午前6時40分ごろ、自宅近くの市道交差点でライトバンを運転中、南区の会社員男性(39)の乗用車に衝突。顔面骨折を負わせ、そのまま逃げた疑い。佐伯署によると、現場に信号はなく、ライトバンは西進し、乗用車は北進していたという。(中国)...

  •  0
  •  0

神石高原町の職員が無免許運転で2カ月停職処分

12月27日、神石高原町は無免許運転をし、さらに通勤方法を町に虚偽報告していたとして、同町の事務職の主任男性(48)を2カ月の停職処分とした。町総務課などによると、男性は12月14日午後6時ごろ、神石高原町と庄原市の境付近の国道182号で、自家用車を無免許で運転。検問中の庄原署に交通反則切符を切られた。男性は運転免許の更新をしておらず、12月1日に免許を失効していた。また、同町の調査で、男性は免許の失効を上司に伝え...

  •  0
  •  0

飲酒運転&ひき逃げ&道路逆走会社員を再逮捕

12月18日、広島中央署は広島市南区宇品東3丁目、会社員平岡遼容疑者(27)=道交法違反(酒気帯び運転)容疑で処分保留=を同法違反(ひき逃げ)の疑いで再逮捕した。再逮捕容疑は、12月13日午前5時45分ごろ、中区鶴見町の市道を乗用車で逆走し、同市の自営業女性(69)の軽貨物車に衝突。女性の首にけがをさせ、逃げた疑い。同署によると、「事故の記憶はない」と供述しているという。平岡容疑者は13日午前6時10分ごろ、南区翠3丁...

  •  0
  •  0

三次で信号機のない横断歩道を渡っていた老人が車にはねられ死亡

12月7日午後6時40分ごろ、三次市三次町の国道375号で、同町のたばこ店経営亀岡妙子さん(81)が軽乗用車にはねられ死亡した。三次署は、三次市三良坂町三良坂の介護職員高場修治容疑者(57)を自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで現行犯逮捕した。容疑を同法違反(過失致死)に切り替えて調べる。同署によると、現場は見通しのよい片側1車線の直線。亀岡さんは、信号のない横断歩道を渡っていた際、高場容疑者の車にはねられ...

  •  0
  •  0

安佐北の高校生が無免許でバイクを運転して逮捕される

12月6日、広島東署は広島市安佐北区の高校生男子(18)を道交法違反(無免許運転)の疑いで逮捕した。逮捕容疑は6日午前11時45分ごろ、東区牛田新町2丁目の国道54号で、無免許でバイクを運転した疑い。同署によると、40代女性の軽自動車に追突し、バイクを置いて逃走。安佐北区内にいるのを安佐北署員が見つけた。(中国)...

  •  0
  •  0

府中市職員が飲酒運転で書類送検され自宅謹慎中

府中市の50歳代の市職員男性が飲酒運転したとして、府中署に書類送検されていたという。市は内部の審査会で処分を決める見通し。市などによると、職員は10月28日昼、府中市府中町の市道で酒を飲んで乗用車を運転。街灯にぶつかる単独事故を起こして発覚したという。府中署が11月下旬に道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで書類送検した。当日は休日で自宅で飲酒した後に運転したという。事故後、職員は上司に報告。11月に入り、自宅...

  •  0
  •  0

広島市内でカーチェイス 20歳の男を現行犯逮捕

車に衝突して逃げ、パトカーなどが追跡していた軽乗用車が広島市内で道路を逆走するなどしたあと、複数の車に衝突し、警察は、運転していた20歳の男を公務執行妨害などの疑いで逮捕した。27日午前、広島と呉を結ぶ高速道路で、軽乗用車が普通乗用車に追突したあと逃走し、警察が行方を追っていたところ、巡回中の白バイが広島市内で軽乗用車を発見した。 白バイやパトカーが停車するよう促したが、軽乗用車は道路を逆走するなどし...

  •  0
  •  0

男性を車ではねた呉の地方公務員を現行犯逮捕

11月23日午後5時25分ごろ、呉市阿賀南4丁目の県道で、横断していた同市の清掃業男性(70)が乗用車はねられ、意識不明の重体。広署は、乗用車を運転していた呉市阿賀南6丁目、地方公務員佐々木良子容疑者(60)を自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで現行犯逮捕した。同署は、男性は横断歩道を渡っていたとみている。(中国)...

  •  0
  •  0

JAF調べ広島県全国ワースト2、横断歩道で車が一時停止しない

JAFが、信号機のない横断歩道を歩行者が渡ろうとしているときに車が一時停止した割合を調べた結果、広島県が全国ワースト2の1.0%だったという。他の中国地方4県では、6.7%の山口県が全国平均の8.6%を下回り、岡山10.8%、鳥取25.6%、島根25.6%だった。調査方法は、中央線のある片側1車線の道路を対象に、各都道府県2カ所で8月15日〜9月13日の平日1日の日中に実施。JAF職員が1カ所につき、50回ずつ横断歩道の手前に立った際に一時停...

  •  0
  •  0

浜田道で前輪が取れて停止した男を飲酒運転で逮捕

11月6日、浜田自動車道で酒気帯び運転をしたとして、広島県警高速道警察隊は広島市安佐北区落合2丁目、職業不詳矢形涼容疑者(25)=公務執行妨害容疑で処分保留=を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで再逮捕した。再逮捕容疑は11月4日午後8時10分ごろ、広島県北広島町中山の浜田自動車道下り線で、酒を飲んで軽乗用車を運転した疑い。同隊によると、矢形容疑者は車の右前輪が取れたりバンパーが壊れたりした状態で走行不能になり...

  •  0
  •  0

6年間無免許運転をしていた会社員を逮捕

10月23日、呉署は自称広島市安佐南区伴東8丁目、会社員田森洋平容疑者(31)を自動車運転処罰法違反(無免許過失傷害)の疑いで逮捕した。逮捕容疑は10月13日午後7時半ごろ、呉市中通3丁目の市道で軽乗用車を無免許運転し、安芸郡の塾講師男性(64)をはねて右脚などに約1週間のけがを負わせた疑い。呉署によると、2012年5月以降、無免許状態だったという。(中国)...

  •  0
  •  0

飲酒運転で三原でダブル事故を起こした男を逮捕

10月13日、三原署は広島市東区光町1丁目、会社員大出達也容疑者(30)を自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。逮捕容疑は13日午前2時15分ごろ、三原市本郷南5丁目の国道2号でライトバンを運転中、信号待ちをしていた山陽小野田市の会社員男性(35)の乗用車に追突。首を捻挫するけがをさせ、そのまま逃げた疑い。同署によると、大出容疑者は約1時間後に三原市内で単独事故を起こし、容疑が...

  •  0
  •  0