広島スタイル~時事・犯罪・事件・事故・問題

カテゴリ国会・政治 1/9

公明党員が卒業生を名乗ってしつこく訪問中

公明党員が、支持者獲得や投票を促すために頻繁に動きまわっているらしい。縁戚の話によると、それが何度も来てしつこいという。また、そのやり口が巧妙らしい。突然やってくる招かれざる客「政党支持者獲得員」は、チラシを持って直接訪問するのが一般的のようだが、今回は面白い話が聞けた。その公明党員は、高校の卒業生を名乗って来たという。なるほど、これなら無下に断りにくい。そこで昔の思い出話などをするらしい。その時...

  •  0
  •  0

河井克行被告の元秘書が広島県議補選に立候補

広島県議の辞職に伴う広島市安佐南区の県議会補欠選挙に、河井克行被告の元公設秘書が、立候補を表明したという。立候補したのは伊藤守氏。安佐南区在住の45歳。建築会社の社員で、島根県邑智郡の川本町の職員などを経て、2014年から3年間、河井克行被告の秘書を務めていた。伊藤氏は、7年前の広島土砂災害をきっかけに政治に関心を持ったという。大規模買収事件については、「秘書を辞めた後のことで一切関与していない」としたう...

  •  1
  •  0

灰岡香奈氏が国政から広島県議に挑戦

広島県議(自民党会派)の辞職に伴う広島市安佐南区の県議会補欠選挙に、元山口県和木町議の灰岡香奈氏(38)=広島市安佐南区=が立候補すると言う。現在は会社員で近々自民党に入党するという。ところで、会社は退職するのだろうか。灰岡氏は「これからの明るい未来を築いていくためには、やはり政治の力が必要だと、わたしは感じました。」「広島県議会には女性が3人しかいない」と語った。灰岡氏は、災害に強い街づくりや子育...

  •  0
  •  0

岸田内閣支持率、共同55.7%、毎日49%

共同通信社が岸田内閣の発足を受けて4、5両日実施した全国緊急電話世論調査で、内閣支持率は55.7%となった。不支持率は23.7%だった。岸田文雄首相が安倍晋三元首相、菅義偉前首相の政権の路線を「転換するべきだ」との回答が69.7%を占めた。継承するべきだ」は24.1%だった。岸田内閣が最優先で取り組むべき課題は、新型コロナウイルス対策と経済政策がともに27.9%で最多となった。調査手法が異なるが、昨年9月の菅内閣が66.4...

  •  0
  •  0

自民総裁選「菅総理に手ごわい相手が出てきた」田崎史郎氏が岸田文雄議員を称賛

8月26日、自民党の次の総裁を決める選挙に、キッシーこと、広島1区選出の岸田文雄衆議院議員が立候補するという。去年に続いて2度目の挑戦。キッシーは、「今、国民の間には政治が自分たちの声、現場の声に応えてくれない。国民政党であったはずの自民党に声が届いていないと国民が感じている。政治の根幹である国民の信頼が崩れている。わが国の民主主義を守るために自民党総裁選挙に立候補いたします。」と力説した。さらに驚く...

  •  0
  •  0

【激震!】社民党広島県連が広島1区に候補者擁立で福島瑞穂代表のポスターで埋め尽くされる?

6月26日、社民党広島県連は次の衆議院総選挙に向けて、広島1区の候補者として党県連副代表の女性を擁立することを決めたという。26日午後に広島市内で開かれた社民党県連の定期大会で、衆院選広島1区に党県連副代表で新人の有田優子氏(50)の擁立を決定した。有田氏は広島市南区在住で、鈴峯女子短期大学を卒業、広島市内で会社員やアルバイトをした後、2011年に非正規職員として社民党県連に採用された。有田氏は今後、党内の手...

  •  0
  •  0

参院選広島参院選は野党連合の宮口氏が当選、投票率33.61%、自民・岸田氏ピンチ

広島県選挙管理委員会によると、参議院広島選挙区の再選挙の投票率は33.61%で、一昨年の選挙と比べて11.06ポイント下回ったという。これまでの通常の参議院選挙では平成7年の41.87%が過去最低で、今回はこれより8.26ポイント低くなった。与野党対決の構図となった参議院広島選挙区の再選挙は立憲民主党などが推したフリーアナウンサーの宮口治子氏が、自民党の候補者らを抑えて、初めての当選を果た。【投票結果】宮口治子、諸派・...

  •  0
  •  0

参院選広島再選挙、野党連合の宮口治子氏が当選確実

4月25日、河井案里氏の当選無効に伴う参院広島選挙区の再選挙の投開票が行われ、野党系で諸派新顔の宮口治子氏(45)=立憲、国民、社民推薦=が、自民新顔の西田英範氏(39)=公明推薦=らを破って初当選を確実にした。案里氏や夫の克行被告による買収事件に端を発した選挙で、「政治とカネ」が最大の争点だった。宮口氏は、事件による自民への批判票を取り込もうと党派色を薄めた選挙戦を展開。街頭演説では「金権政治を認めない意...

  •  1
  •  0

参院選広島、野党に蓮舫氏、辻元氏、与党自民に丸川氏が応援演説

4月24日、参院選広島の再選挙の投開票(4月25日)を目前に、与野党の候補者の訴えを聞いてみた。まず、「結集ひろしま」の新人で立憲民主党・国民民主党などが推薦する宮口治子候補が安佐北区で街頭演説を行った。そこには蓮舫参院議員や辻元衆院議員が応援に駆け付けた。蓮舫氏は、相変わらずの絶叫演説で、自民党の政治とカネの問題を訴えていた。宮口治子候補は、3人の子どもがいて、そのうち2人は双子で育児が大変だったという...

  •  3
  •  0

参院選広島新聞広告、NHK党の立花氏の上を行く玉田氏

4月24日、参院選広島再選挙の投開票まであと1日となった。24日の地元紙には、候補者らによる選挙広告が掲載されていた。その中で特に目を引いたのが、医師の玉田のりたか候補だ。そのキャッチフレーズは「おバカな有権者に告ぐ 君たちは、絶滅まで 愚民であり続けるのか」と言うものだ。左端には、話題を振りまいているNHK党の代表・立花孝志氏が掲載されているが、玉田氏の言葉はそれよりも上を行っている。「おバカな有権者」...

  •  0
  •  0

参院選広島再選挙投開票直前に野党・シングルマザー宮口氏に経歴詐称疑惑?

参院選広島再選挙の投開票まであと2日となったが、いまいち盛り上がりにかける四面楚歌の広島。選挙情勢は与野党が激戦で、やや野党が有利だとの報道もある。そこに何と週刊新潮が野党候補者のスキャンダルを報じた。野党統一候補の、あらぬ写真が出回っているという。「与党の危機感はすごい」とは、さる政治部デスク。「やはり自民党の河井案里議員の辞職に伴う選挙ということから、逆風が吹いています。与党候補が官僚OBなのに...

  •  2
  •  0

参院選広島再選挙期日前投票10日間、2年前と比較して4万2000人減少

4月8日に告示された参議院広島選挙区の再選挙で、18日までの10日間に県内で期日前投票をした人は7万9000人余りで、有権者全体に占める割合は3.42%となっている。期日前投票は、投票日に仕事や旅行などで投票できない有権者が事前に投票できる制度で、参議院広島選挙区の再選挙では告示日翌日の4月9日から県内各地で始まっている。県選挙管理委員会のまとめによると、18日までの10日間に県内で期日前投票をした人は有権者全体の3.4...

  •  0
  •  0

21年参院選広島再選挙1週間前、与党対野党は激戦

21年4月の参院選広島再選挙は「与党」対「野党」の構図となっている。つまり「決めすぎる金権政治・与党自民」対「決められない政治反日売国野党連合」ということだ。言えることは、どっちが勝っても高い県民税は半分にならないし、くだらない自動車税は無くならないし、消費税も半分にならない。消費税については、3000万円の家・マンションを買うと、単純計算で300万円だ。控除があると言うが、この税金の取り方がおかしいのだ。...

  •  0
  •  0

参院選政見放送、玉田氏「30年後に人類は滅亡」、山本氏「NHK広島放送局と一緒にNHKをブッ壊わーす!」

参院選広島の再選挙で、政見放送がNHKで見れるが、一部の候補者(玉田氏と山本氏)のアピールが気になった。今回の6人の候補者はすべて新人で、以下、諸派のフリーアナウンサー、宮口治子氏(45)無所属の介護職員、佐藤周一氏(45)無所属の元会社員、大山宏氏(72)無所属で医療法人理事長の玉田憲勲氏(63)自民党の元経済産業省課長補佐、西田英範氏(39)NHK受信料を支払わない方法を教える党の職員、山本貴平氏(46)の6人。...

  •  0
  •  0

21年参院選広島再選挙は野党がリード、キッシーピンチ

現在、参院選広島の再選挙が行われているが、時折りすれ違う選挙カーが2人の候補者しか見ていない。さらに、選挙ポスターもほとんどこの2人しか貼れていない。県北はもちろん、中区の平和大通りにおいてもほとんど同じだ。この2人しか立候補していないのかと思ってしまうほど、冷めた参院選広島の再選挙戦。確かにこんな選挙はどうでもいいし、投票に行くのもめんどくさい。「金権政治の自民党」対「反日売国の野党」という構図に...

  •  0
  •  0

参院再選挙広島3日目、期日前投票が低調

4月8日に告示された参議院広島選挙区の再選挙で、4月11日までの3日間に県内で期日前投票をした人は1万5900人余りで、有権者全体に占める割合は0.68%だという。県選挙管理委員会のまとめによると、11日までの3日間に県内で期日前投票をした人は、有権者全体の0.68%にあたる1万5923人だった。19年の参議院選挙の同じ時期と比べると、期日前投票をした人は1万2000人余り減っているという。県選挙管理委員会は、「感染予防にもなるの...

  •  0
  •  0

21年参院選広島再選挙は6人が立候補

河井案里氏の当選無効に伴う参議院広島選挙区の再選挙が4月8日告示され、これまでに新人6人が立候補した。投開票は4月25日。参議院広島選挙区の再選挙にこれまでに立候補したのは届け出順に、諸派の新人で立憲民主党、国民民主党、社民党が推薦するフリーアナウンサーの宮口治子氏(45)無所属の新人で介護職員の佐藤周一氏(45)無所属の新人で元会社員の大山宏氏(72)無所属の新人で医療法人理事長の玉田憲勲氏(63)自民党の新...

  •  0
  •  0

安芸太田町議会選挙、現金受領の矢立元議長が当選、県北頭おかしい

3月28日、任期満了に伴う安芸太田町の町議会選挙の投開票が行われた。安芸太田町の町議会議員選挙は12人の定員に対し16人が立候補し、開票の結果、現職9人、元議員1人、新人2人が当選した。安芸太田町選挙管理委員会によると、投票率は76.99%で前回の4年前と比べて0.27ポイント高くなった。安芸太田町議会議員選挙には河井克行被告から現金を受け取った現職の矢立孝彦元議長が立候補し、当選した。(NHK広島)河井克行マネーを受け...

  •  0
  •  0

廿日市市議会選挙、現金受領の仁井田元議長が落選

3月28日、任期満了に伴う廿日市市の市議会選挙の投開票が行われた。廿日市市議会議員選挙は、28人の定員に対し34人が立候補し、開票の結果、現職20人、元議員1人、新人7人が当選した。廿日市市選挙管理委員会によると、投票率は46.71%で現在の廿日市市になってから過去最低となった。今回の選挙には、19年の参議院選挙をめぐって公職選挙法違反の罪に問われている河井克行元法務大臣から現金を受け取ったものの返したと証言してい...

  •  0
  •  0

廿日市市議会選挙、現金を受領した仁井田氏も立候補

任期満了に伴う廿日市市の市議会議員選挙が3月21日告示され、28人の定員に対し、34人が立候補した。新旧別では、現職が22人、元議員が1人、新人が11人となっている。党派別では、公明党が3人、共産党が1人、諸派が1人、無所属が29人となっている。廿日市市は県西部に位置し、人口が11万6000人あまり。投票は3月28日に行われ即日開票される。(NHK広島)さらに、2019年4月に自宅兼事務所で河井克行被告から現金20万円を受領した仁井...

  •  0
  •  0

安芸太田町議選挙で辞職した元議長が立候補

3月23日、任期満了に伴う安芸太田町議選(定数12名、28日に投開票)が告示された。現職12人、元職1人、新人3人の計16人が立候補。ところが、20年7月の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、元法相の河井克行被告から現金20万円入りの封筒を受け取って20年9月に議員辞職した矢立孝彦元議長(67)が、また立候補した。辞職した元議長では、北広島町の元議長が無投票で当選している。※3月27日、訂正矢立氏は議長を辞職したが議員...

  •  0
  •  0

NHK党からジャックケイパーの矢島氏が広島3区に立候補

3月15日、5人組ビジュアル系バンド、ジャックケイパーのYG(やじ)こと矢島秀平氏(36)が「NHK受信料を支払わない方法を教える党(NHK党)」から次期衆院選広島3区に立候補するという。同党の立花孝志党首(53)が発表した。同区は公職選挙法違反で公判中の河井克行元法相(58)の地盤。すでに公明党の斉藤鉄夫副代表(69)や立憲民主党のライアン真由美氏(57)が立候補を表明している。NHK党は当初、党広報室長の“ゆづか姫”こと...

  •  0
  •  0

立憲広島が誰も知らない福山のフリーアナを擁立

河井案里氏の当選無効に伴う参院広島選挙区の再選挙(4月8日告示、25日投開票)で、立憲民主党広島県連は3月14日、候補者としてフリーアナウンサーの宮口治子氏(45)=広島県福山市在住=の擁立を決めたという。宮口氏は幅広い支持を得るため無所属で立候補する予定で、県連は15日にも党本部に推薦を申請するという。この日開かれた県連の幹事会で決定した。16日の党本部の臨時常任幹事会で宮口氏の推薦が認められる見通しという。...

  •  0
  •  0

防災の立憲・野村功次郎氏が広島県民性を暴く

広島5区に立憲民主党の野村功次郎という人のSNS(ツイッター)が目に留まった。1970年生まれで呉市出身。防災スペシャリストで日本テレビの「世界一受けたい授業」防災の先生だという。本人のツイッターを見ると、働きながら学校に行き、高校生の時に、小学6年生や中学校のドリルをしていたという。字も読めなく、職場や社会で、馬鹿にされ笑われていたという。呉市消防局では、コネと身内の汚い役所にうんざりしたという。一つ階...

  •  0
  •  0

自民党広島県連が次期参院選広島で経済産業省課長補佐39歳を擁立予定

河井案里氏の当選無効に伴って、21年4月に行われる予定の参議院広島選挙区の再選挙の候補者について、自民党広島県連は地元出身で経済産業省に勤務する30代の男性官僚を軸に調整を進め、2月16日、決定するという。県連会長の宮沢・参議院議員らが2月14日、広島市内などで経済産業省課長補佐の西田英範氏(39)と会談し、再選挙に立候補するよう要請した。関係者によると、西田氏も立候補に前向きな意向を示したということで、県連...

  •  1
  •  0

台風の目!?れいわ新選組が参院広島選挙区立候補者公募、山本代表の出馬もあり?

2月11日、れいわ新選組の山本太郎代表(46)は、広島市内で会見し、河井案里氏の議員辞職に伴う参院・広島選挙区の再選挙(4月8日告示、25日投開票)で、立候補者を公募すると発表したという。適任者が見当たらない場合は、自身の出馬の可能性も示唆したという。山本氏は「自民党は参院長野(補選)はおそらく勝ちをあきらめているが、一方で広島だけは勝ち抜くというつもりで進めている。1勝1敗になれば菅政権はこの先も継続す...

  •  0
  •  0

衆院広島3区に公明党が当選したら、創価学会加入と聖教新聞購読がやってくる?

創価学会を母体とする公明党支持者が、さっそく衆院選に向けて候補者のチラシを持って個別訪問を初めているという。知人が言っていた。公明党は広島3区に候補者を擁立したが、バックに潤沢な資金力を持つ学会があることから、選挙戦に投入される資金は、元自民党の河井夫妻の1億5千万円どころじゃないかもしれない。さらに公明党は、小選挙区制が導入された1996年以降、広島県を含む中国地方5県の小選挙区に候補者を立てた経験がな...

  •  0
  •  0

公明党の斉藤鉄夫氏が広島3区の与党候補決定、センチュリー中本議長激怒

広島3区内では現在、圧倒的な数で占めている宗教政党の公明党・斉藤鉄夫副代表のポスター。その仕事の速さには驚愕&目が点。前自民党の河内克行氏が独占していた場所までも、斉藤鉄夫氏に貼り替えられている。もはやポスターを貼る場所も限られているが、その隙間をかいくぐって、茶番劇で自民党の広島3区支部長になった石橋林太郎県議のポスターが、虚しくポツンと貼り出され始めた。そんな状況の中で、自民、公明両党が次の衆院...

  •  0
  •  0

次期衆院選静岡5区、岸田派吉川たける氏、また細野氏に負けるのか

政治ジャーナリストの野上忠興氏と角谷浩一氏が、衆院選全国289選挙区の当落予測を行った件で、今回は富士山が見える静岡5区。この選挙区には、岸田派のエースと言われる吉川たける議員と、旧姓・山本モナとの関係が噂された細野豪志議員がいる。週刊朝日が報じた。静岡5区は自民党二階派入りした元民主党の細野豪志氏が無所属で出馬。自民現職で岸田派の吉川赳氏との保守分裂選挙となる。地元の自民関係者は「これは二階派と岸田...

  •  0
  •  0

次期衆院選広島、キッシー岸田氏決断力なし?重婚中川善戦?

政治ジャーナリストの野上忠興氏と角谷浩一氏が、衆院選全国289選挙区の当落予測を行い、今回は近畿、中国の議席について予想したという。その中で、広島選挙区でまさかの展開が予想されるという。週刊朝日が報じた。中国地方で全国の話題を集めるのは広島3区。公職選挙法違反の罪で公判中の河井克行元法相の選挙区だ。自民県連は石橋林太郎氏を立てたいが、公明は斉藤鉄夫副代表を比例区から転じて出馬させる方向で調整が難航。岸...

  •  0
  •  0