広島スタイル~時事・犯罪・事件・事故・問題

カテゴリ国会・政治 1/10

岸田総理が大石あきこ議員に写真解説付きで「鬼!」「財務省の犬!」と罵られる

6月1日の衆議院予算委員会の集中審議で、れいわ新選組の大石晃子議員が岸田総理を「鬼」「財務省の犬」などと罵り、委員長に注意される場面があったという。大石晃子議員は「もう一度言わせていただきます。この鬼。もう一つ名前を差し上げます。資本家の犬、財務省の犬」と罵声を浴びせた。これは、衆議院予算委員会で「消費税の減税は考えていない」と答弁した岸田総理に対し、大石あきこ議員が「この鬼」「財務省の犬」などと不...

  •  0
  •  0

夏の参院選広島選挙区に元テレビ新広島のアナウンサー三上絵里氏が浮上

夏の参院選広島選挙区で、立憲民主党広島県連は、新人候補として元民放アナウンサーの三上絵里氏(51)が浮上しているという。野党系の「結集ひろしま」の候補として立てる予定だという。三上絵里氏は広島市出身。テレビ新広島(TSS=広島市南区)でアナウンサーや記者を務め、3月31日までに退職した。立憲民主党県連が22年1〜2月に実施した参院選広島選挙区の候補者公募に応じていた。(中国)...

  •  0
  •  0

岸田文雄首相が非核三原則を堅持、松井市長「核の傘」はイリュージョン

岸田文雄首相が改めて非核三原則を堅持したようだ。キッシーはウクライナに侵攻したロシアが核兵器の使用を示唆したことなどを受け、プーチン大統領の言動を厳しく批判した。日本領土内に米国の核兵器を置いて共同運用する「核共有」政策についても、安倍晋三元首相らの提起を退けた。非核三原則を堅持し、国際社会に核軍縮を改めて訴えていく考えを示した。核兵器を運用するロシア部隊が警戒態勢を高めたことを「言語道断」と非難...

  •  0
  •  0

高市政調会長、キッシーの核兵器議論封殺に旧民主党の岡田外相の答弁を持ち出し反論

岸田文雄首相が核保有議論なんか危なっかしいと言わんばかりに議論を封殺した。核廃絶をステータスとしているキッシーだから、日本が核兵器で脅され、さらには本土にブチ込まれようと、非核三原則があるから、日本国民は我慢しなければならない。そこでさっそく、自民党の高市早苗政調会長が、酒豪キッシーや野党にチクりと自身のツイッターで核兵器について投稿した。2022年3月1日「民主党政権時の岡田克也外相が、核兵器を搭載し...

  •  0
  •  0

菅直人議員の「ヒトラー」発言はヘイトか?プーチンもゼレンスキーになぞらえていた

立憲民主党の菅直人衆院議員による「ヒトラー発言」はヘイトスピーチなのか。ヒトラーと言えば大量虐殺をすぐに連想するが、その投稿は2022年1月21日、以下のように自身のツイッターに投稿した。「橋下氏をはじめ弁舌は極めて歯切れが良く、直接話を聞くと非常に魅力的。しかし『維新』という政党が新自由主義的政党なのか、それとも福祉国家的政党なのか、基本的政治スタンスは曖昧。主張は別として弁舌の巧みさでは第一次大戦後...

  •  0
  •  0

マスク着用の強制は人権侵害!飛行機搭乗拒否されたのは憲法違反!呉の谷本議員が吠える

2月6日、広島県呉市議会の谷本誠一議員が旅客機に搭乗した際、マスクの着用を拒み、離陸前に降ろされていた件で、谷本議員の主張が面白い。谷本議員は2月5日に釧路市内で講演し、翌6日に飛行機で呉市に帰る予定だったという。事件は6日午前、釧路発羽田行きの旅客機に搭乗した際、乗務員から複数回マスクの着用を求めらたが、これを拒否し、航空会社は運送規約に基づき搭乗を断り、離陸が1時間以上遅れたというもの。谷本議員は「...

  •  0
  •  0

パワハラ&へんてこ体質呉の市議が北海道の釧路空港でエア・ドゥに降ろされる

広島県呉市の谷本誠一市議(65)が、北海道の釧路空港でAIRDO(エア・ドゥ、札幌市)の旅客機に搭乗した際、マスクの着用を拒み、離陸前に降ろされていたという。このトラブルで、離陸は約1時間15分遅れたという。※呉といえば、ガマガエルみたいな社長のいる中通の会社がある。ガマガエル社長は面接のとき、総務が対応を間違えると平気で怒鳴るパワハラ社長。そしてここには嫌味なへんてこFラン大卒の女もいて社員教育が全く出来...

  •  0
  •  0

検察審査会から起訴相当の広島の議員らに戸惑い、早速、呉市議が初辞職

河井克行元法務大臣と案里氏による大規模買収事件で、検察審査会から「起訴相当」と議決された呉市議会の土井正純市議が、2月1日付けで辞職願を出し、議長から許可された。20年7月には市議会で辞職勧告決議案が可決されていたが、議員を続けていた。克行元大臣の確定判決では、土井市議は30万円を受け取っていた。検察審査会は先週、受け取った金額や現金を返した時期、辞職したかどうかなどを考慮し、被買収100人のうち、35人を「...

  •  0
  •  0

東広島市長選、高垣氏が再選、投票率は過去最低の25.52%

1月30日に投開票が行われた東広島市長選挙は、現職の高垣広徳氏が新人候補を破り、2回目の当選を果たした。任期満了に伴う東広島市長選挙が30日に投開票が行われ、現職の高垣広徳氏が3万1822票を獲得し、2回目の当選を果たした。大山宏氏は5606票)高垣氏は選挙戦で、西日本豪雨からの復興や新型コロナウイルス対策など4年間の実績を強調し、「誰ひとり取り残さない持続可能な環境都市」の構築を掲げ支持を訴えた。投票率は25.52%...

  •  1
  •  0

中国地方の女性議員70人が「議員より愛人になれ」などのハラスメントを受けた

中国地方の地方議会の女性議員へのハラスメント(嫌がらせ)について、アンケートに回答した女性議員の4割強に当たる70人にハラスメントを受けた経験があったという。同僚の男性議員や支援者からのセクハラが目立つといい、さらには首長からも受けたという。2015年にもそんな記事があったので参考にしてもらいたい。「うるさいおばさんよのー!」「かわいくないから質問させちゃらん!」ハラスメントの背景には女性議員の少なさも...

  •  0
  •  0

湯崎知事が政治資金規正法の上限を超える300万円を受領

広島県の湯崎英彦知事の後援会が2013年と14年、支援者から実質的に政治資金規正法の上限を超える300万円の寄付を受けていたことが12月22日、政治資金収支報告書の記載で明らかになったという。規正法では、政党と政治資金団体を除く政治団体は個人から年150万円を超える寄付を受けられないとされている。報告書によると、「ゆざき英彦後援会」は両年、食品会社元役員の男性から150万円ずつ寄付を受けたほか、別の政治団体を介して...

  •  0
  •  0

「庶民の味方」のはずが、夫婦で財テク、公明党・斉藤鉄夫国交相

「庶民の味方」である公明党、その公明党の斉藤鉄夫国交大臣の株式投資が、夫婦合わせて時価総額5990万円(11月21日時点)であることが分かったという。証券投資信託などが1億8161万円となっていることから、2億4151万円の株(金融)投資をしていることになるという。<※株の時価総額は、公開された資産(銘柄と株数)から筆者が計算>以下、ゲンダイから一部抜粋。斉藤大臣は、11月5日に姉からの遺産相続で1億円超の記載漏れを訂...

  •  0
  •  0

【激震!】公明党の斉藤鉄夫国交相に公選法違反容疑(買収)か?

21年10月31日投開票の衆院選を巡り、広島3区から当選した公明党の斉藤鉄夫国交相(69)を支援した団体が旅費名目で現金を配布し、公職選挙法違反(有権者買収)の疑いがあるという。支援団体の責任者が旅費の支払いを認めたという。週刊文春が報じた。以下、一部抜粋。この支援団体は、茨城6区から当選した自民党の国光文乃衆院議員(42)の選挙活動に際し、岸田文雄首相の応援演説に参加した有権者に日当5000円を支払っていた団体...

  •  0
  •  0

岸田首相の介護・保育士の賃金引き上げはスーパーでまとめ買いできる金額

岸田文雄首相が「公的価格評価検討委員会」の初会合で、介護職や保育士、看護師らの賃金引き上げについて「最優先課題だ。春闘に向けた議論に先んじ、経済対策で必要な措置を行い前倒しで実施する」と述べ、来年初頭の春闘が本格化する前の実現に意欲を示したという。早ければ22年2月から、月給で5000円~1万円程度引き上げる方針らしい。所得倍増計画を地道にゆっくり進めているが、5000円から1万円というのは、スーパーでまとめ...

  •  1
  •  0

【広島県知事選】投票したい候補者がいない?信任投票で2位を10倍離して湯崎英彦氏が4選

選挙権を持つ住民には、票を入れたい候補者がいない!有権者には選ぶ権利はないのか?そんな信任投票を受け入れざるを得ない傍観選挙が11月14日に投開票が行われた広島県知事選挙で明るみになった。当然、こんな選挙などアホらしくて投票には行かなかった。真面目にやらない選挙が増えているが、選べないのなら投票する必要なんかない。そう言えば、2週間ほど前、サンデーモーニングで青木理が衆院選で投票を呼び掛けたのはいいが...

  •  0
  •  0

岸田文雄総理の所得倍増計画スタート、月給の3%の9000円アップ

ついに岸田文雄総理が所得倍増計画に着手した。なんとなんと、思い切って月給の3%で9000円だそうだ。さすがキッシー、戦略的な考えだ。所得倍増計画は1日で行うものではなく、多分毎年3%上げるのだろう。すると、所得が2倍になるには30年はかかりそうだ。問題は、その頃にはみんな退職していると思うが、それでいいのだろうか。政府が11月19日に決定する経済対策の主要項目が判明した。他業種に比べ処遇改善が遅れている保育士と介...

  •  0
  •  0

広島県議立候補・灰岡香奈氏が自民・公明安定支援で当選目前

広島県議の辞職に伴う広島市安佐南区の県議会議員補欠選挙が11月5日、告示され、新人3が立候補した。今回の県議補欠選挙は、衆議院選挙に立候補した石橋林太郎氏の辞職に伴って実施されるもの。石橋氏については、衆院比例中国ブロックで当選した。その中でやや注目を集めているのが、日本維新の会を離党した灰岡香奈氏(38)がいる。今までは衆院広島2区で選挙戦を戦っていたが、維新にいたのでは広島で勝てないと判断したようだ...

  •  0
  •  0

21年衆院選広島3区、野党第一党が17年よりも得票数を減らす

19年の参院選広島選挙区をめぐる大規模買収事件で実刑判決が確定した元法相、河井克行氏の地盤だった広島3区では、当初、与党は「政治とカネ」で逆境に立っていたが、岸田文雄首相誕生で“異変”が起きていたらしい。岸田氏は公示翌日の20日に早々と斉藤氏の応援に入り、事件に触れて謝罪した。28日には、広島市安佐南区にあるJR緑井駅前での斉藤氏の街頭演説に小泉進次郎前環境相が登場するなど、公明党のベテランに自民党の有力者...

  •  0
  •  0

日本維新の会初、広島の空本誠喜氏が比例当選

10月31日に投票が行われた衆議院選挙で、日本維新の会の空本誠喜氏(57)が、比例中国ブロックで当選した。広島4区では自民党・前職の新谷正義氏(46)が当選したが、比例中国ブロックで日本維新の会・元職、空本誠喜氏が復活当選となった。日本維新の会は広島ではなかなか勝てず、広島2区では灰岡氏が離党してしまうといったことが起きたが、今回の衆院選で比例で当選した。広島からの当選者は初となる。...

  •  0
  •  0

衆院選静岡5区、自民・宏池会の吉川たける氏が無所属・細野豪志氏に敗れて4連敗

衆院選広島の選挙がつまらないから、静岡5区を注目していた。静岡5区には宏池会会長の岸田文雄総理が推す宏池会の隠れエースこと、吉川たける氏がいる。ライバル?には、山本モナと関係が噂された細野豪志氏だ。吉川氏は過去小選挙区で細野氏に3連敗してるという強者。負けても負けても宏池会の隠れエースは起き上がるのだ。そんな吉川たける氏に悲報が訪れた。衆院選静岡5区、無所属の前議員、細野豪志氏が8選を確実静岡5区では自...

  •  0
  •  0

大規模買収事件の衆院選広島3区、野党が破れ自民共闘の公明党・斉藤氏が当確

10月31日、第49回衆院選の出口調査が行われ、「政治とカネ」問題で全国の注目を集めた広島3区は、比例中国から転じた公明党前職の斉藤鉄夫氏(69)が当選を確実とした。斉藤氏は「与党代表」の現職閣僚として小選挙区に初挑戦。10選を果たした。広島3区を巡っては、19年の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で懲役3年の実刑判決が確定した河井克行・元自民党衆院議員(58)の地盤である。支持者の強い政治不信を感じ取った公明...

  •  0
  •  0

日本共産党広島・大西理氏の選挙ポスターが燃やされる

10月25日、衆議院選挙に立候補している日本共産党の候補者のポスターが、燃やされているのが見つかったという。25日午前10時45分ごろ、広島市中区西白島町にある共産党・広島市議の事務所で「事務所前に掲示してあるポスターの一部がライターで燃やされているようだ」と、通報があった。警察などによると、燃やされたのは、10月末に投開票予定の衆院選に立候補している共産党の候補者の選挙運動用ポスターなど合わせて4枚。ポスタ...

  •  0
  •  0

公明党員が卒業生を名乗ってしつこく訪問中

公明党員が、支持者獲得や投票を促すために頻繁に動きまわっているらしい。縁戚の話によると、それが何度も来てしつこいという。また、そのやり口が巧妙らしい。突然やってくる招かれざる客「政党支持者獲得員」は、チラシを持って直接訪問するのが一般的のようだが、今回は面白い話が聞けた。その公明党員は、高校の卒業生を名乗って来たという。なるほど、これなら無下に断りにくい。そこで昔の思い出話などをするらしい。その時...

  •  0
  •  0

河井克行被告の元秘書が広島県議補選に立候補

広島県議の辞職に伴う広島市安佐南区の県議会補欠選挙に、河井克行被告の元公設秘書が、立候補を表明したという。立候補したのは伊藤守氏。安佐南区在住の45歳。建築会社の社員で、島根県邑智郡の川本町の職員などを経て、2014年から3年間、河井克行被告の秘書を務めていた。伊藤氏は、7年前の広島土砂災害をきっかけに政治に関心を持ったという。大規模買収事件については、「秘書を辞めた後のことで一切関与していない」としたう...

  •  1
  •  0

灰岡香奈氏が国政から広島県議に挑戦

広島県議(自民党会派)の辞職に伴う広島市安佐南区の県議会補欠選挙に、元山口県和木町議の灰岡香奈氏(38)=広島市安佐南区=が立候補すると言う。現在は会社員で近々自民党に入党するという。ところで、会社は退職するのだろうか。灰岡氏は「これからの明るい未来を築いていくためには、やはり政治の力が必要だと、わたしは感じました。」「広島県議会には女性が3人しかいない」と語った。灰岡氏は、災害に強い街づくりや子育...

  •  0
  •  0

岸田内閣支持率、共同55.7%、毎日49%

共同通信社が岸田内閣の発足を受けて4、5両日実施した全国緊急電話世論調査で、内閣支持率は55.7%となった。不支持率は23.7%だった。岸田文雄首相が安倍晋三元首相、菅義偉前首相の政権の路線を「転換するべきだ」との回答が69.7%を占めた。継承するべきだ」は24.1%だった。岸田内閣が最優先で取り組むべき課題は、新型コロナウイルス対策と経済政策がともに27.9%で最多となった。調査手法が異なるが、昨年9月の菅内閣が66.4...

  •  0
  •  0

自民総裁選「菅総理に手ごわい相手が出てきた」田崎史郎氏が岸田文雄議員を称賛

8月26日、自民党の次の総裁を決める選挙に、キッシーこと、広島1区選出の岸田文雄衆議院議員が立候補するという。去年に続いて2度目の挑戦。キッシーは、「今、国民の間には政治が自分たちの声、現場の声に応えてくれない。国民政党であったはずの自民党に声が届いていないと国民が感じている。政治の根幹である国民の信頼が崩れている。わが国の民主主義を守るために自民党総裁選挙に立候補いたします。」と力説した。さらに驚く...

  •  0
  •  0

【激震!】社民党広島県連が広島1区に候補者擁立で福島瑞穂代表のポスターで埋め尽くされる?

6月26日、社民党広島県連は次の衆議院総選挙に向けて、広島1区の候補者として党県連副代表の女性を擁立することを決めたという。26日午後に広島市内で開かれた社民党県連の定期大会で、衆院選広島1区に党県連副代表で新人の有田優子氏(50)の擁立を決定した。有田氏は広島市南区在住で、鈴峯女子短期大学を卒業、広島市内で会社員やアルバイトをした後、2011年に非正規職員として社民党県連に採用された。有田氏は今後、党内の手...

  •  0
  •  0

参院選広島参院選は野党連合の宮口氏が当選、投票率33.61%、自民・岸田氏ピンチ

広島県選挙管理委員会によると、参議院広島選挙区の再選挙の投票率は33.61%で、一昨年の選挙と比べて11.06ポイント下回ったという。これまでの通常の参議院選挙では平成7年の41.87%が過去最低で、今回はこれより8.26ポイント低くなった。与野党対決の構図となった参議院広島選挙区の再選挙は立憲民主党などが推したフリーアナウンサーの宮口治子氏が、自民党の候補者らを抑えて、初めての当選を果た。【投票結果】宮口治子、諸派・...

  •  0
  •  0

参院選広島再選挙、野党連合の宮口治子氏が当選確実

4月25日、河井案里氏の当選無効に伴う参院広島選挙区の再選挙の投開票が行われ、野党系で諸派新顔の宮口治子氏(45)=立憲、国民、社民推薦=が、自民新顔の西田英範氏(39)=公明推薦=らを破って初当選を確実にした。案里氏や夫の克行被告による買収事件に端を発した選挙で、「政治とカネ」が最大の争点だった。宮口氏は、事件による自民への批判票を取り込もうと党派色を薄めた選挙戦を展開。街頭演説では「金権政治を認めない意...

  •  1
  •  0