広島スタイル~時事・犯罪・事件・事故・問題

カテゴリ国会・政治 1/8

「秋田県民に怒り?」元農水相・吉川貴盛被告とアキタフーズ元代表・秋田善祺被告を贈収賄罪で在宅起訴

秋田県とは縁もゆかりもないアキタフーズの元代表が、贈収賄罪で在宅起訴された。ただ、その代表の名前が”秋田”だったのだ。秋田県民としては、いい迷惑じゃないだろうか。残念ながらアキタフーズは当分、広島県民らの手によって、全国制覇を目指すだろう。吉川貴盛元農水大臣が、福山市にある鶏卵生産会社、アキタフーズの元代表から現金を受け取ったとされる事件で、東京地検特捜部と広島地検は、吉川元大臣と元代表を贈賄や収賄...

  •  0
  •  0

NHK党の新藤加菜氏は岸田文雄氏の大学の後輩で干支も酉年

「NHKから自国民を守る党」から衆院広島3区に立候補する新藤加菜氏(振動かな?じゃないよ)が早稲田大学の法学部卒となっているが、橋本琴絵(広島県呉市出身)という政治家か活動家か分からないが、自身のツイッターで、岸田文雄氏の大学の後輩になると投稿した。学部も法学部だから確かにその通りなんだが、ものすごい関連付けだなーと感心した。だったらもう少し調べてみた。岸田文雄氏は1957年生まれで、干支は酉年。(トリ年...

  •  0
  •  0

新藤加菜氏と塩村文夏氏の違いと比較

2021年の衆院選広島3区は、また何か波乱ありそうな女性候補者が立候補する。今回、NHKから自国民を守る党の新藤加菜氏(27)が立候補を表明しているが、新藤氏は20年7月の東京・北区都議補選に出馬し、「アベノマスクブラ・ポスター」で話題になった。さらに新藤氏は、「衝撃のGカップ裸身を見せた!」と双葉社から写真集が発売されるとか。広島3区は、河井克行被告(現在)が地盤の選挙区だが、前回の衆院選でも立憲の塩村文夏氏...

  •  0
  •  0

西川公也元農水相にもアキタフーズ前代表から1500万円超受領

1月3日、鶏卵生産・販売大手「アキタフーズ」(広島県福山市)の前代表(87)が、自民党衆院議員だった吉川貴盛・元農林水産相(70)=北海道2区、議員辞職=に6年間で計1800万円を渡した疑いがある問題で、前代表が東京地検特捜部の任意聴取に対し、西川公也・元農水相(78)にも2014〜20年の7年間で1500万円超を渡したと供述していることが分かった。自民党の「農水族」議員に長年現金を提供し、関係を深めていたとみられる。西川...

  •  0
  •  0

令和3年元日、疑惑の吉川農水&河井夫妻が新年のごあいさつ?

令和3年元日、新年早々の記事は、自民党衆院議員だった吉川貴盛・元農林水産相(70)=北海道2区、議員辞職=が大臣在任中、鶏卵生産・販売大手「アキタフーズ」(広島県福山市)の前代表(87)から合計1800万円を受け取っていたというもので朝日が報じた。計500万円を受領した疑いがある事件で、前代表が東京地検特捜部の任意聴取に、大臣在任の前後にも計1300万円を渡したと供述していることがわかった。特捜部は出金記録や前代表...

  •  0
  •  0

新型コロナの注意喚起にSNSを使わない県知事、市長

新型コロナウイルスの感染拡大がまったく止まる状況にないが、経済活動を続けながら感染を抑え込む方法なんかあるのだろうか。そこで少し気になったのが、政治家や県知事、市長のSNS・ツイッター(Twitter)などの使い方だ。こういうときこそ自分のSNSを使って注意喚起をしていくことが大事なはずだ。彼らは記者会見などの公の場で注意喚起をしているから、わざわざ自分のアカウントを作成したSNSでは、ウイルス感染などの投稿はし...

  •  0
  •  0

菅内閣支持率がもう23%?実は、

年末の掃除をゴソゴソとしていたら、奥の方から古い新聞が出てきた。よく見ると、一面に菅内閣支持率が23%とズバッと書かれていたので、一瞬、目を疑った。もうそんなに下がったのかと混乱したが、良く目を通すと、ちょうど10年前の2010年12月27日の記事だ。内閣支持率といっても民主党政権時代の支持率となっている。最後の方に、民主党支持率が20.6%で自民党支持率が24.6%という驚異的な数字を叩き出しているが、いったいどん...

  •  0
  •  0

N自民党の新藤加菜広報室長が広島県庁で記者会見

12月21日、次の衆議院選挙の広島3区に、NHKから自国民を守る党の広報室長を務める新藤加菜氏が立候補することを表明した。新藤氏は21日、広島県庁で記者会見し「票をお金で買うことは、民主主義を揺るがすことで、許せないことだと思う。おかしいと思ったことをおかしいと言える、この姿勢を皆さんに応援して頂ければ幸いだ」と述べた。そして次の衆議院選挙で、去年の参議院選挙をめぐって公職選挙法違反の買収の罪に問われている...

  •  0
  •  0

自民党本部が次期衆院選広島3区に公明党副代表の斉藤鉄夫氏を支援する動き

12月16日、自民党は河井克行被告に代わる次の衆院選・広島3区の候補者に、公明党公認の斉藤鉄夫副代表を支援する方向で調整に入ったという。関係者によると、自民党は16日、次期衆院選で自民・公明両党の候補者調整が難航している広島3区の候補者に、すでに立候補を表明している公明党副代表の斉藤鉄夫衆議院議員を支援する方向で調整に入ったという。広島3区を巡っては、河井夫妻による大規模買収事件で政治不信が漂う中、公明党...

  •  0
  •  0

広島3区でポスター総攻撃中の斉藤鉄夫副代表が寄付金未記載

公明党の斉藤鉄夫副代表が代表を務める資金管理団体「斉藤鉄夫後援会」が、2018年と19年に政治団体から受け取った計100万円の寄付を政治資金収支報告書に記載していなかったことが15日、分かったという。事務所の担当者は「事務的ミスによる記載漏れだった」と説明。広島県選挙管理委員会に提出済みの報告書を11月末に訂正した。斉藤鉄夫後援会は18年11月と19年12月、政治団体「全国宅建政治連盟」(東京)から50万円ずつ寄付を受...

  •  0
  •  0

アキタフーズ秋田元代表と西川元農相が会食、政界交渉か

自民党衆院議員の吉川貴盛元農相(70)=北海道2区=に現金を提供したとされる大手鶏卵生産会社「アキタフーズ」(広島県福山市)グループの元代表・秋田善祺氏(87)が、内閣官房参与を辞職した西川公也元農相(77)を交え、吉川氏ら複数の農水族議員と会食していたことが判明したという。元代表は西川氏に現金を渡したと周囲に説明しており、農水族の重鎮とされる西川氏を政界交渉の足がかりにしようとした可能性があるという。...

  •  0
  •  0

茶番劇発生!自民党広島県連が広島3区に県議の石橋林太郎氏

12月8日、自民党広島県連は、県議会議員の石橋林太郎氏を次の衆議院選挙で広島3区に擁立する方針を決定したという。これは完全なる出来レース&茶番劇か。自民党広島県連は8日、広島市内のホテルで候補者を決める選考委員会を開いた。協議の結果、県議会議員の石橋林太郎氏を次の衆議院選挙で広島3区に擁立する方針を決定した。石橋氏は安佐南区出身の42歳。平成27年の県議会議員選挙で初当選し、現在は2期目。(NHK広島)最初から...

  •  0
  •  0

N国党が次期衆院選広島3区に"ゆづか姫"こと進藤加奈広報室長(27)を擁立

NHKから国民を守る党が、次期衆院選広島3区に“ゆづか姫”こと新藤加奈広報室長(27)の擁立を内定したという。広島3区では、河井克行元法相(57)=現在は被告人=の地盤だったが、公選法違反容疑で自民党を離党。自民党は公認候補を現在模索中だが、公明党が隙間を縫って、斉藤鉄夫副代表(68)の擁立を発表した。自民党関係者は「もう地元は大変です。一度、選挙区を公明党に譲ると、もう戻ってこない。県連会長の岸田文雄前政調...

  •  0
  •  0

アキタフーズが元農林水産省の議員に現金提供

12月1日、鶏卵生産大手「アキタフーズグループ」(広島県福山市)の元代表(87)が、鶏卵業界に便宜を図ってもらう目的で、元農林水産相の吉川貴盛衆院議員(70)=自民、北海道2区=に対し、現金を提供した疑いのあることが分かったという。東京地検特捜部も把握しており、アキタ社の関係者を任意聴取するなどして、捜査を進めている模様。元代表は業界団体「日本養鶏協会」で副会長や特別顧問を務めるなど、長年に渡り業界のリー...

  •  0
  •  0

自民党広島県連広島3区選考、あっけなく維新の男2人を落とす

11月28日、自民党広島県連が次の衆院選広島3区の立候補予定者となる党支部長候補者の公募で、12月6日の最終選考に進む20~40代の5人を決めたという。党県連幹部や広島3区内の地方議員、経済界代表でつくる選考委員会が、1次選考を通過した7人と広島市中区のホテルで個別に面接。立候補に向けた意欲や支援態勢を尋ね、絞り込んだという。その結果、元維新の会系の2人はあっけなく最終選考に進めず不選考となった。不選考の理由につ...

  •  0
  •  0

自民党広島3区支部長公募に10人、支部長は自民か元維新か

11月25日、自民党広島県連は、広島3区の支部長候補の公募に対し、10人の応募があったことを明らかにした。公募の理由は、広島3区の現職・河井克行衆院議員がすでに自民党を離党しており、空席となっているためだ。公募に対しては、自民党の県議・石橋林太郎氏、元衆院議員の中丸啓氏、前回の衆院選で日本維新の会から広島2区に出馬した灰岡香奈氏、同じく広島3区に出馬した今枝仁氏のほか、男女6人の応募があったという。県連は今...

  •  0
  •  0

安倍晋三前首相のポスターが何者かに引き裂かれる

11月24日、「桜を見る会」の前夜祭を巡り、安倍晋三前首相側が会場となったホテル側に少なくとも2015~19年の5年間で、参加者から徴収した会費では足りなかった総額800万円余を支払っていた疑いがあるという。11月25日、安倍晋三前首相の後援会が「桜を見る会」前夜に東京都内のホテルで開催した夕食会で、安倍氏周辺が費用の一部を補填したことを認めていることが分かったという。告発状の提出を受け、捜査している東京地検特捜部...

  •  0
  •  0

広島3区に公明党副代表の斉藤鉄夫議員が出馬

11月18日、公判中の河井克行元法務大臣が選出されている衆議院広島3区に、公明党副代表の斉藤鉄夫議員が出馬する意向を固めたという。斉藤議員は、現在衆院比例代表中国ブロック選出、島根県邑南町出身で広島市育ちだという。これ、全く知らなかった。広島3区の現職は河井克行被告だが、公明党関係者から連立を組む自民党へ反発があるという。公明党 中国地方で初の議席獲得へ公明党は中国地方5県にある衆院の全20小選挙区で現職...

  •  0
  •  0

広島県「政治資金収支報告書」ネット全面公開拒否

透明性が求められている政治資金だが、全国と比べて広島県では未だに透明性が保たれていないようだ。これも広島県民性から来るものなんだろうか。6県ネット全面公開拒否全国で20年11月末までに公表される2019年分の政治資金収支報告書について、広島、新潟、石川、福井、兵庫、福岡の6県がインターネット上で全面公開せず、寄付先などが書かれていない「要旨」のみの公開にとどまることが分かったという。山口県は19年まで要旨だ...

  •  0
  •  0

センチュリー中本議長が保釈された河井案里被告を批判

黒塗りのトヨタ・センチュリーを乗り回す広島県議の中本隆志議長が、河井案里被告が保釈されたことを受けて、改めてあんり被告を批判した。中本議長はセンチュリーのことには触れなかった模様。河井案里被告(47)が10月27日夜に保釈され、約4カ月間にわたり勾留されていた東京拘置所を後にした。案里被告はマスクを外して報道陣に向かって一礼し、迎えの車に乗り込んだ。関係者によると、保釈中は都内の指定された場所で親族と一...

  •  0
  •  0

自民党広島県連が次期衆院選広島3区の擁立急ぐ

次期衆院選広島3区の擁立に向けて、自民党広島県連が慌ただしく動いている模様だ。人選を急ぐ理由は、二階派の動きに神経をとがらせており、二階氏に手を突っ込まれないうちに候補者を決めて結束したいからだという。二階氏は19年の参院選で、自民党本部が広島県連の意向に反して、新人の河井案里を擁立した。自民党広島県連の候補者には、現在2人が名乗りを上げている。1人は10月7日に広島県議の石橋林太郎(42)が立候補の意欲を...

  •  0
  •  0

既得権益の宝庫&インチキ学問の日本学術会議の会員に広島大学も

菅義偉総理が、日本学術会議の6人を拒否したことで、懸案になっている新型コロナ問題を吹き飛ばす勢いだ。数々の大学教授などが束になって政府を批判しているが、その中でも任命されなかった1人の立命館大学の松宮孝明教授はすごいことを言っている。「とんでもないところに手を出してきたなこの政権は」とか、「任命に手を出したら内閣が倒れる危険がある」、という。つまり、日本学術会議の既得権益に手を出したらとんでもない事...

  •  1
  •  0

「麻生副総理に5千万円の疑惑献金と8億円の補助金」広島の会社と実業家とは

週刊朝日が「麻生副総理に5千万円の疑惑献金 8億円の補助金“還流”の疑いも」と題して、広島の会社と実業家を報じている。記事の中で広島県のA社や広島県議会議長の親族Bが出てくるが、この記事では分かりにくいので、調べて補足してみた。A社:寿工業株式会社(広島県呉市)B氏:奥原征一郎(株式会社グローカル社長)C社:アジア特殊製鋼株式会社(北九州市若松区向洋町)自民党福岡県第8選挙区支部の2012~13年度の報告書をみる...

  •  0
  •  0

日本学術会議任命拒否で是枝監督らが抗議声明「表現の自由への挑戦?」バカの集団か

日本学術会議の新会員候補6人の任命を菅義偉首相が拒否した問題で、映画監督の是枝裕和や古舘寛治ら映画人22人が10月5日、「学問の自由への侵害のみならず、表現の自由、言論の自由への挑戦だ」と抗議する声明を発表したという。22人は他に、映画監督の塚本晋也、森達也、瀬々敬久、想田和弘ら。声明は「今回の任命除外を放置すれば、政権による表現や言論への介入はさらに露骨になる。もちろん映画も例外ではない」と危機感を訴え...

  •  1
  •  0

立憲民主党広島県連が設立大会、街頭演説は盛り上がりに欠ける

10月4日、新しい立憲民主党の広島県連が広島市内で設立大会を開いたという。「立憲民主党が日本の政治の一翼を担うんだと。しっかりと菅政権と対峙すると想いを込めて、スタートしていただければ」と立憲民主党の福山哲郎幹事長。新党広島県連の設立大会には、現職の国会議員や県議を始め、次期衆院選の立候補予定者などおよそ30人が出席した。大会では幹事会の選任などが行われ、県連代表には佐藤公治衆議院議員が選出された。「...

  •  0
  •  0

国民民主党広島の柳田稔参院議員が立憲に合流せず

9月8日、現在、代表選挙が行われている国民民主党と立憲民主党の合流を巡って、元法務大臣で国民民主党の柳田稔参議院議員(広島県参議院選挙区第1総支部長、党両院議員総会長、党広島県総支部連合会代表)は、新党に加わらない意向を示したという。広島県内の国会議員では、国民民主党の森本真治参議院議員と無所属の佐藤公治衆議院議員が9月3日に入党届を提出している。しばらくの間は無所属で活動の予定らしい。共産党とはムリ...

  •  0
  •  0

安倍首相辞任で「ポスト安倍」ネットの反応は?

8月28日、安倍晋三首相(65)が突然、辞意を表明した。持病の潰瘍性大腸炎の悪化が理由だという。7年8カ月の長期政権だったが体調に不安を抱えたままでは、安定した政権運営は困難だと判断したという。首相は記者会見で、8月上旬に潰瘍性大腸炎の症状が再発したとして、「国民の負託に自信をもって応えられる状態でなくなった以上、首相の地位にあり続けるべきでない」と説明した。「病気と治療を抱え、体力が万全でない中、大切な...

  •  0
  •  0

国民民主党広島県連、立憲に合流か

8月23日、国民民主党と立憲民主党の合流協議を巡って、国民民主党広島県連は幹事会を開き、党本部の方針に従って対応していくことを確認したという。幹事会には、参議院議員の柳田稔議員や森本真治議員のほか、所属の県議や広島市議ら幹事10人全員が出席した。幹事会は、8月19日、国民民主党の両院議員総会で、立憲民主党と合流して新党を作る方針が決まったことを受けて開催されたもので、新党へ合流するかはそれぞれの議員が判断...

  •  0
  •  0

三原市長選挙、35歳新人が初当選、溝手氏が後押しか

去年の参議院選挙の選挙違反事件をめぐって、前の三原市長が河井克行前法務大臣から現金を受け取ったことを認めて辞職したのに伴い、8月9日、投票が行われた三原市の市長選挙は、自民党が推薦した新人の岡田吉弘氏(35)が初めての当選を果たした。開票結果岡田吉弘 無所属・新 当選 2万1194票荒井静彦 無所属・新     1万1339票角広寛   無所属・新       3549票藤岡輝久 無所属・新        641票 岡田...

  •  0
  •  0

次期衆院選広島3区候補者擁立で立憲、国民負けたら大恥

次期衆院選広島3区の候補者擁立を巡って、野党の立憲民主党と国民民主党がまとまりを見せていない模様。次期衆院選広島3区で野党が落選して議席を取れなかったら大恥をかくことだろう。元自民党の河井夫妻被告が、自民党のイメージを落としたと言っても、韓国の徴用工問題や、中国の尖閣諸島侵入問題、いわゆる外交、防衛は、売国政党と揶揄されていた旧民主党を受け継いでいる野党では厳しすぎる。その結果、組織票が強みの自民党...

  •  1
  •  0