広島スタイル~時事・犯罪・事件・事故・問題

カテゴリ安芸高田市 1/2

【女の意地がさく裂!】安芸高田市の山根温子市議が県庁でどう喝否定会見

3月29日、安芸高田市の石丸市長が、市議から“どう喝”ともとれる発言を受けたと主張している問題で、”温ちゃん”こと、山根温子市議が、広島県庁まで出向いて会見を開き、改めて否定したという。安芸高田市の山根温子市議は、「音声記録による実際の現場の雰囲気と山根の発言内容を確認いただくことが必須」と訴えたという。温ちゃんの女の意地がさく裂した。まさにブチギレ状態!発端は20年9月、石丸市長が「議会中に市議が居眠りを...

  •  1
  •  0

安芸高田市民が副市長内定者の四登氏の転入拒否!よそ者来るな!

安芸高田市の2人目の副市長候補、四登夏希氏(34)が内定され、あとは3月10日の市議会の承認を残すだけとなったが、8対7で否決された。もう少し議会の内容を詳しく知りたいと思い、3月10日の安芸高田市議会の様子をyoutubeで見た。そこには新たな事実が判明したのだ。石丸市長によると、四登さんは今、東京在住のため、議会の同意が得られた後に、移住の準備を始めていただくという。これは当たり前のことだが、びっくりしたのは、...

  •  0
  •  0

安芸高田市議会が副市長内定者の四登氏の選任を否決

安芸高田市の副市長に内定していた四登氏が、市議会で選任されるかどうかが注目されていたが、安芸高田市議会は、3月10日、本会議を開き、公募した2人目の副市長に一般社団法人RCF(東京都)職員の四登(しのぼり)夏希氏(34)を充てる選任同意案を賛成少数で否決したという。市議は、石丸市長との陰湿な対立関係(居眠り&大いびき&どう喝)から「市長の言うことなんか聞いちゃらん!」という強固な態度に出た模様。副市長公募は...

  •  0
  •  0

安芸高田市の石丸市長が一転して議員らの一般質問に答える

3月5日、市長と議会側との対立が表面化している安芸高田市の定例市議会は本会議が再開し、一般質問で市長が4日とは一転して議員らの質問に答えたという。安芸高田市の定例市議会は4日、本会議の一般質問での市長の答弁に議員らが反発し、本会議が途中で散会となり、5日に延期された。再開した5日の本会議の一般質問では、自らと対話する意思を示した議員にのみ答弁する考えを明らかにしていた石丸伸二市長が、一転してすべての議員...

  •  0
  •  0

安芸高田市議会で一般質問に答えない市長に市民が文句を言う

市長と議会側との対立が表面化している安芸高田市で、3月4日、定例市議会の本会議で一般質問が行われた。しかし、市長と議員らとのやりとりがかみ合わず、審議はたびたび中断し、最終的に4日の本会議は5日に延期された。安芸高田市では去年、市議会の本会議で居眠りしていた議員がいたと自らのツイッターに投稿して、一部の議員からどう喝されたと主張する石丸伸二市長と、威圧的な発言はなかったと返答した議会側との間で対立が表...

  •  0
  •  0

安芸高田市副市長に大阪府出身の34歳女性

3月1日、安芸高田市の副市長の公募に4千人以上の応募があったが、内定者に総合商社双日の元社員で大阪府出身の四登夏希さん(34)を選んだという。市議会の同意を得て就任するという。石丸伸二市長が記者会見で発表し、四登さんは出席しなかったという。昨年8月に初当選した石丸市長が市政改革の一環として公募。任期4年、年収約1200万円を提示し、今年1月4~31日に人材サービス会社のサイトで募集した。国内外から市の想定を超え...

  •  0
  •  0

SNSで公益通報する石丸市長がナアナア村社会の絆をぶっ壊わして村八分?

2月26日、安芸高田市の石丸伸二市長は、3月4、5日にある市議会一般質問について、現状では質問を予定する11人のうち6人に対してのみ答弁するとの考えを示したという。宍戸邦夫議長はこの日の記者会見後に石丸市長と面会し、居眠りやどう喝に関する報告を今後も受けないと伝えた。宍戸議長は「議員によって対応に差をつけるのはあり得ない。市民のために誠意を持って答弁してほしい」と述べたという。(中国)事の発端は、20年9月に...

  •  0
  •  0

「ツールドひろしま 話題の安芸高田市議宅?」4年ぶりに開催、サイクリスト募集

安芸高田市の石丸市長が、「ツールドひろしま安芸高田」を4年ぶりに開催するため、サイクリスト(自転車に乗る人)の参加者を募集している。開催日時は2021年9月12日(日)で、朝8時から夕方5時までだという。スタート地点は安芸高田市内の郷野小学校だという。で、問題は自転車に乗って走る距離だが、100〜110kmを予定しているという。自転車で100kmという距離を走ったことがないと、大変そうだ。コースの発表については計画がで...

  •  0
  •  0

石丸市長率いる安芸高田市が婚活事業廃止

石丸市長率いる安芸高田市が、男女の結婚を後押しする婚活事業を本年度限りで中止するという。人口減少対策の一環で10年余り続けてきたが、性的少数者(LGBTなど)への配慮などを理由に石丸伸二市長が打ち切りを決めたという。世論は多様性を認めようという動きから、LGBTを批判することはもはや言論弾圧になってきている。子どもを産めないLGBTが増えるのも困りものだが、行政による男女の婚活事業を中止とは、いったいどういう事...

  •  1
  •  0

居眠り&大いびき安芸高田市議が提出した診断書は黒塗りだった?

2月17日、安芸高田市議会での居眠り&大いびき問題が、まだまだ解決しないようだ。市議会中に居眠り&大いびきで時の人となったのは、武岡隆文市議。さらに、武岡議員が議会に提出した診断書は、病院名と医師名が黒塗りになっていたという。いったいどういうことなんだろうか。石丸伸二市長が2月17日、自身のツイッターに投稿した。武岡議員は「一過性の脳梗塞で意識を喪失していた。居眠りではない」と主張していた。しかし、宍戸...

  •  0
  •  0

安芸高田市副市長の二次選考通過者は13名

2月16日、安芸高田市の石丸市長が、現在公募している副市長の職について、二次選考が終わったという。通過者は13名だという。本人のツイッターで明かした。石丸伸二本日、二次選考の通過者が確定しました。職員による面接の結果、13名が最終選考に進まれています。職員からは「すごい方々ばかりで、選ぶのが難しかった」という感想を聞きました。最終面接がとても楽しみです!二次選考は4日間で実施安芸高田市のホームページによる...

  •  0
  •  0

【激震!】安芸高田市副市長に4115人が応募

2月1日、安芸高田市の副市長に、何と4115人が応募したという。石丸市長が自身のツイッターで明かした。安芸高田市にいったい何が起ころうとしているのだろうか。これだけ全国的に注目されたのは、24年前(干支で2周り)、1997年のNHK大河ドラマ「毛利元就」以来か。当時は、主演の中村橋之助や富田靖子らが地元に駆け付けた。居眠りいびき市議やドーカツ市議で全国区となってしまった安芸高田市。安芸高田市はこれからいったいどー...

  •  0
  •  0

安芸高田市副市長に2週間で1000人が応募

「ドーカツ温カレー」の名産地安芸高田市、もとい。安芸高田市の副市長を転職サイトで公募したら、1000人の応募があったという。募集は1月4日から1月31日までだが、1月17日までに1000人の応募があったと石丸市長が自身のツイッターに投稿した。そんなにやる気があるなら皆んな引っ越してくればいいのに。1月17日 石丸伸二応募数が1,000件を超えました!締切まで残り2週間。まだまだ間に合います。「まちの発展」と「自身の成長」が...

  •  0
  •  0

安芸高田市議会全協で石丸市長と議会側が対立

昨年に引き続き、今年、2021年も安芸高田市議会は揺れている。「ドーカツ温カレー」、もとい。安芸高田市の選挙で居眠り市議やどう喝市議が選挙で復活したことで、石丸市長とにらみ合いが続いている。いつまで続くのだろうか。安芸高田市議会が1月19日に開いた全員協議会で、石丸伸二市長は、議会側から市長報告の一部を認められず、途中退席した。石丸市長は、昨年秋に市議の居眠りをツイッターで指摘したのを巡って市議から「ど...

  •  0
  •  0

安芸高田市副市長を転職サイトで「攻め」の人を月給70万円で募集

1月4日、副市長の公募方針を表明していた広島県安芸高田市の石丸伸二市長は、人材総合サービス会社「エン・ジャパン」(東京)の運営サイトを使った公募を同日始めたと発表した。全国から優秀な人材を募るとしている。募集期間は1月31日までで、「エン転職」などの転職支援サイトから申し込む。応募資格は日本国籍があり、民間や官公庁で正社員、正職員などとして5年以上の経験がある人。書類選考の後、課長以下の職員7人がインタ...

  •  0
  •  0

安芸高田市議会の恫喝のその後と八千代湖「土師のどごえ公園」の紹介

昨年の令和2年(20年)は、安芸高田市議会で思わぬハプニングがあり、市議による「いびき」と「恫喝」で新市長との軋轢が発生した。「恫喝」の首謀者とされた温ちゃんは、市長から、自分のホームページに書いた内容を削除するようにと言われているが、「言いがかりだ」としている温ちゃんは「女の意地」としてスイッチが入り、新年を迎えても削除しない姿勢を貫いている。それどころか、20年12月30日に、自身のfacebook「やまね温...

  •  0
  •  0

安芸高田市が第三セクターの決算書類を8年間にわたり市議会への提出を怠る

12月10日、安芸高田市は市が出資する第三セクター「安芸高田アグリフーズ」(安芸高田市八千代町)の決算書類について、地方自治法で定められている年1回の市議会への提出を、2013年から8年間にわたって怠っていたことを明らかにした。市は、職員が提出の必要性を認識していなかったことが原因だとしている。「安芸高田アグリフーズ」は、安芸高田市が1130万円、JA広島北部(安芸高田市)が400万円、広島駅弁当(広島市東区)が147...

  •  0
  •  0

安芸高田市の石丸市長に誹謗中傷のFAXが届く&山根温子市議との闘い

河井マネーを受け取って辞職した市議が再選したり、いねむり市議を新市長がSNSで公益通報したら、市議の一部から恫喝されたと泥沼化の安芸高田市議会が11月の選挙を経て、新たなメンバーでスタートした。11月の市議会選挙で当選した16人が臨んだ安芸高田市議会臨時会では、12月定例会を前に、正副議長の選出や常任委員の選任が行われ、新しい議長には、投票で5期目の宍戸邦夫議員が選ばれた。議長選には3人、副議長選には2人が立候...

  •  0
  •  0

汚点?笑点?目が点?安芸高田市の偉業

市議会中、議員が居眠りして大いびきをかいた様子を石丸市長がSNSに書き込んだら、あっと言う間に全国区になってしまった安芸高田市。さらに河井マネーを受け取った元議員が当選してしまうという“安芸高田マジック''が披露された。それは''汚点''なのか''笑点''なのか、それとも''目が点"で終わらせるのか。しかし、安芸高田市では選挙買収はOKだったのだ。だったら辞職した児玉前市長が立候補していたら、当選していたかもしれな...

  •  0
  •  0

再選された元安芸高田市議長の先川氏がマスコミの攻勢に激怒して庁舎内で大暴れ

安芸高田市議会選挙で現職12人が全員再選され、さらに河井マネーを受け取って辞職した前議長も当選した。これを受けて地元のマスコミの取材攻勢がものすごい。ますます面白くなった安芸高田市議会だが、こんなところに住みたい人は居るのだろうか。再選された先川氏は、報道陣の取材攻勢に激怒して、庁舎内で暴れていた。19年の参院選をめぐる大規模買収事件で河井克行被告から現金を受け取った前議長の先川和幸氏は、11月16日午前...

  •  2
  •  0

安芸高田市議会選挙、現職12人全員当選、いびき議員や恫喝議員も

11月15日、任期満了に伴う安芸高田市議会議員選挙の投開票が行われた。定数が2つ減り、16の議席をめぐって争われる市議会選挙には、現職12人、元職1人、新人5人の合わせて18人が立候補した。その結果、何と現職12人が全員当選した。つまり、いびき議員や恫喝議員が再選されたのだ。※先川和幸前議長は現金20万円を受け取って7月に辞職。これは議員が多少の問題を起こしたとしても、地域とのつながりが長くあったため、応援してくれ...

  •  0
  •  0

安芸高田市議会がホームページで「いびき」対応策を公表

「いびき」問題で混乱中の安芸高田市議会だが、ついに市のホームページで議員の「いびき」の対応策を公表した。タイトルは「議会運営に関するお詫びと今後の対応について」。民間企業でいびきをかいて居眠りをしてしまうと、降格や給料を減らされてしまうのであり得ない光景だが、しかし、こんなことまでしないといけない「安芸高田市」とはいったい何だろう。安芸高田市のいびき対応「この度は、本会議中に生じた居眠りの対応と、...

  •  0
  •  0

安芸高田市議会、女性議員も恫喝していた

安芸高田市の石丸市長が自身のツイッターで2人目の恫喝議員を追加した。その議員とは"温ちゃん''こと、山根温子議員だという。本人はSNSで恫喝を否定していたが、その実態は違っていたようだ。11月8日「9月30日の全員協議会で私が恫喝と感じる発言を行った山根議員には、昨日、画像の通り伝えました。最大の問題は「議会を敵に回すと政策が通らなくなりますよ」という山根議員の発言です。塚本議員らの発言や呼び出しという環境は...

  •  0
  •  0

安芸高田市議選18人が立候補 話題の人も勢ぞろい

11月8日、任期満了に伴う安芸高田市議会議員選挙が告示された。定数が2つ減り、16の議席をめぐって争われる市議会選挙には、現職12人、元職1人、新人5人の合わせて18人が立候補した。立候補者の中には、全国的に知名度を上げた議長や大いびき議員もしっかりと立候補。現在の安芸高田市は、石丸伸二市長がロートル田舎議会運営を民間上場企業ごとく、ばっさばっさとやり始め、安芸高田市議会の汚点をSNSで公益通報。じわじわと世代...

  •  0
  •  0

安芸高田市”大いびき議員”脳梗塞だった

議会中の大いびきで全国的に知名度を上げた功労者の第一人者で安芸高田市の武岡隆文議員。しかし本人曰く、いびきをかいて寝ていたのではなく、「一過性の脳梗塞で意識を喪失していた。居眠りではない」と反論しているという。武岡議員は現在64歳で農業を営み、自宅は国道54号から離れた安芸高田市内のポツンと一軒家。60代で早くも脳梗塞を発症しているという事は、武岡議員は酒をよく飲んだりタバコを吸うのだろうか。そして議員...

  •  0
  •  0

ついに安芸高田市長が大いびき居眠り議員の名前を明らかにして宣戦布告モード

安芸高田市議会で居眠り議員のことが全国ネットで放送されてしまい、広島県の中山間地が何かと騒がしくなっている中、とうとう石丸市長が居眠り議員の名前を自身のツイッターで公開した。議会中に大いびきで居眠りをしていたのは、武岡隆文議員(64)だという。石丸市長は11月5日のツイッターで「自浄作用を期待し、10月8日時点では問題とされる議員の名前を公表しませんでした。しかし1カ月を経ても、議会・議員から適切な対応は...

  •  0
  •  0

安芸高田市長VSいねむり仲間市議会”分裂”

10月30日、安芸高田市長のSNS(ツイッター)の投稿が論争となっている問題で、市議会は今後の議会運営に関する回答書を市長に提出した。10月30日、安芸高田市議会では、全員協議会が開かれた。9月、石丸伸二市長は、市議会の一般質問で「居眠りをする議員がいた」とSNSに投稿。その後、「議会から呼び出しを受け、『議会の批判をするな。敵に回すなら政策に反対するぞ』など恫喝ともとれる発言があったと投稿した。協議会は、10月2...

  •  0
  •  0

安芸高田市の石丸市長が何者かのクレーム文を公開

安芸高田市の居眠り市議を内部告発してしまった石丸市長だが、その騒動はまだまだ冷めやまない。10月23日、石丸市長は、市長宛てのクレーム文(手紙か何か)をツイッターで公開した。内容は、「石丸さま 市長さんは安芸高田市をぶっこわしに来られたんですか?この良き町に石丸さんは必要ない様にさえ思えて来ました意見箱や騒動の苦情などは 全て市民に公開して下さい。」というもの。内容から推測すると、市議会の人かまたはそ...

  •  0
  •  0

議会中の大事な居眠り時間を石丸市長に邪魔された市議がご機嫌斜め

安芸高田市の議会中に、議員が居眠りをしていたという問題で、再び全員協議会が開かれ、山本議長が謝罪したという。ところが、謝罪した相手は石丸市長ではなかったという。市議連中は議会中の大事な居眠り時間を石丸市長に公に晒されて邪魔されて、機嫌が悪いようだ。安芸高田市の石丸市長は、9月25日、定例議会で居眠りする議員がいたとツイートし、その後、非公開で行われた全員協議会で議員から「恫喝」ともとれる発言を受けた...

  •  0
  •  0

20年の安芸高田市議選は居眠り市議たちの独壇場か

安芸高田市の石丸伸二市長が自身のツイッターで「議会中に居眠りをする議員がいた」と投稿したところ、数名から、「議会の批判をするな、敵に回すなら政策に反対するぞ」と恫喝された問題で衝撃を受けているという。「(全員協議会で)いろいろな議論があって象徴してたのが、敵に回すならあなたの政策全部反対しますよという発言だったんですね。もう足引っ張るというのを明言されてしまうと、なかなか私もこみ上げるものがありま...

  •  0
  •  0