広島スタイル~時事・犯罪・事件・事故・問題

カテゴリ器物損壊 1/1

福山市の御船町交番をぶっ壊した会社員を現行犯逮捕

福山東署は5月19日午前3時50分ごろ、いずれも自称の福山市熊野町、会社員大原由之容疑者(43)を建造物損壊などの疑いで現行犯逮捕した。福山東署の調べでは、同市御船町の同署御船町交番出入り口ドア1枚と壁掛け時計1個を壊し、窓ガラス4枚を蹴るなどして割った疑い。酒を飲んでいたという。交番2階の休憩室にいた署員が気付いて取り押さえた。(中国)...

  •  0
  •  0

「DHOLC」平和大橋などに落書きした19歳少年を逮捕

広島市で、平和公園近くの平和大橋の欄干やビルの外壁など、およそ30カ所で同様の落書きが見つかった事件で、警察はこのうちマンションの壁に落書きをしたとして市内に住む19歳の少年を建造物損壊の疑いで逮捕した。少年は平和大橋などの落書きについても認めているという。広島市内では、先月末から今月にかけて平和公園近くにある平和大橋の欄干や、ビルの外壁などおよそ30カ所でいずれもアルファベットのようなもの(DHOLIC)が...

  •  0
  •  0

10連休中に広島市中区・西区で落書きが20件以上見つかる

広島市中区の平和大橋の欄干で落書きが見つかった事件で、同様の落書きの被害が、同じ中区などで20件以上に上っていることが分かった。警察は同一人物による犯行とみて器物損壊の疑いで捜査している。 5月4日の朝、広島市中区の平和公園の近くにある平和大橋の欄干に、黒いスプレーでアルファベットのようなものが落書きされているのが見つかり、この日、警察が調べたところ、周辺でも同様の落書きが見つかった。 警察によると、平...

  •  0
  •  0

新天地交番のドアガラスが酔っ払いに割られる

広島中央署は3月31日午前0時半ごろ、いずれも自称の広島市中区東白島町、アルバイト寺川勝治容疑者(54)を器物損壊の疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は、中区新天地の同署新天地交番で、出入り口のドアのガラス(縦約1メートル、横約0.3メートル)を肘で割って壊した疑い。同署によると、当時、酒を飲んでおり、落とし物を捜すために交番を訪れたという。(中国)...

  •  0
  •  0

ハロウィンで福山駅前の銅像壊される

11月1日未明、JR福山駅南口の「五浦釣人像」の竹ざおが何者かに折られているのが見つかった。午前0時25分頃、JR福山駅南口で「像の竿が折られている」と通行人から警察に通報があった。被害にあったのは「五浦釣人像」で、全長3メートル30センチほどある竹の竿が根元から折られ、ハロウィーンの仮装に使ったとみられるオレンジ色のおもちゃの武器のようなものが置かれていたほか、像の頭の部分には黒のカツラがかけられていたとい...

  •  0
  •  0

NHK広島の技術部長が車のドアミラーを蹴って壊して逮捕される

10月30日夜、広島市で駐車場に止めてあった乗用車のドアミラーを足で蹴って壊した疑いで、NHK広島放送局の52歳の職員が逮捕された。逮捕されたのは、NHK広島放送局の技術部専任部長・古都茂樹容疑者。警察によると古都容疑者は、30日午後9時半ころ、広島市中区鶴見町のマンションの駐車場に止めてあった乗用車のドアミラーを、足で蹴って壊した疑いが持たれている。通報を受けて駆け付けた警察官が、目撃情報に服装や人相が似た古...

  •  0
  •  0

クレーンをトンネルの天井にぶつけて逃走したトラック運転手を逮捕

トラックに制限を超える高さの機材を積んで走行し、呉市内で3つのトンネルの天井部に次々に衝突させ、そのまま走り去ったとして、トラックの運転手と物流会社の社員など、あわせて3人が道路交通法違反の疑いで逮捕された。物流会社の社員ら2人は、容疑を否認しているという。逮捕されたのは、廿日市市に住むトラック運転手の二田真容疑者(57)と物流会社「山九」の広島支店の社員、縄手勝彦容疑者(58)ら3人。警察による...

  •  0
  •  0

放送受信料の契約を頼みに訪問したら包丁で脅され携帯電話をヘシ折らた

12月24日、広島東署は広島市南区西霞町、職業不詳梅崎道夫容疑者(43)を暴力行為法違反と器物損壊の疑いで逮捕した。調べでは、24日午後2時30分から3時45分ごろまでの間、放送受信契約のため梅崎容疑者の自宅を訪ねた会社員男性(21)に包丁を示し「逃げたら後ろから刺すぞ」などと脅した上、男性の携帯電話1台を折り曲げて壊した疑い。同署によると、梅崎容疑者は容疑を否認しているという。(中国)...

  •  0
  •  0

知人の自転車に悪さをした呉の大学生に停学処分揺るがず

広島国際大学薬学部(呉市)3年の男子学生(22)が器物損壊容疑で逮捕されたことなどを理由に受けた停学3カ月の処分について、男子学生と父親が「処分の理由には事実誤認がある」などとして大学を運営する学校法人常翔学園(大阪市)に、処分の無効確認と約1千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が10月12日、広島地裁であった。末永裁判長は、大学が設置した調査委員会の聞き取りで男子学生が事件への関与を認めたと指摘。「(逮捕...

  •  0
  •  0