広島スタイル~時事・犯罪・事件・事故・問題

カテゴリ殺人・殺人未遂 1/4

府中市の長女殺害嘱託殺人で母親に執行猶予判決

府中市の自宅で、長女を殺害した嘱託殺人の罪に問われている母親の裁判で、広島地裁福山支部は執行猶予付きの有罪判決を言い渡した。上田亜矢被告(49)は19年6月、府中市中須町の自宅アパートで、自殺を図った長女の佳奈さん(当時21)の求めに応じ、腹や首などを包丁で突き刺し殺害した嘱託殺人の罪に問われている。これまでの裁判で、被告側は日頃から佳奈さんが自殺の意思を示していたなどとして葛藤の中、嘱託に応じたと執行...

  •  0
  •  0

「自分を殺してくれ」安佐SA妻殺害事件は老々介護の終焉

広島市安佐北区安佐町鈴張の中国自動車道下り線の安佐サービスエリア(SA)の駐車場で、9月3日午後8時半ごろから4日午前5時50分ごろまでの間、止めた車内で、妻ヨシ子さん(72)の首を圧迫するなどして殺した事件で、殺人容疑で逮捕された夫のタクシー運転手細井潤一容疑者(70)=安佐南区八木5丁目=が「妻から殺してほしいと口癖のように言われ、当日も殺害を頼まれた」という趣旨の供述をしているという。安佐南署によると、細...

  •  0
  •  0

中国自動車道安佐SAの車内で妻の首を締めて殺害した男を逮捕

中国自動車道のサービスエリアに止めた車の中で、妻の首を絞めて殺害したとして70歳の男が警察に逮捕された。殺人の疑いで逮捕されたのは、広島市安佐南区のタクシー運転者細井潤一容疑者。警察によると、細井容疑者は、9月3日夜から4日早朝にかけて、中国自動車道下りの安佐サービスエリアに駐車した車の中で、妻のヨシ子さんの首を絞めて殺害した疑いがもたれている。3日、親族から2人の行方不明届けが出され、警察が捜していた...

  •  0
  •  0

中国自動車道安佐SAの車内から女性の遺体

9月4日朝、広島市の中国自動車道のサービスエリア(SA)に止まっていた乗用車の中で、高齢と見られる女性の遺体が見つかった。4日午前6時前、広島市安佐北区にある中国自動車道の安佐サービスエリアで、行方不明の届け出が出されていた夫婦の乗用車が止まっているのを警察官が見つけた。運転席には70代の男性が乗っていて、近くの料金所に車を移動させて車内を調べたところ、助手席に座っていた高齢とみられる女性が死亡していたと...

  •  0
  •  0

コンクリート片で人を殴った中国籍の女が不起訴になる

広島市南区の住宅街で、通りすがりの60歳の会社員をコンクリート片で殴って殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いで逮捕された52歳の女性について、広島地方検察庁は不起訴にした。7月26日、広島市南区皆実町の住宅街で、通りすがりにコンクリート片で60歳の会社員の女性を数回殴って殺害しようとしたとして、52歳の女性が逮捕された。警察の調べに対し、黙秘していたという。広島地方検察庁が捜査した結果、8月15日に女性を不起...

  •  0
  •  0

安佐北区可部通り魔事件の犯人に懲役27年の判決

18年1月、広島市の路上で、バス停にいた面識のない男性2人を包丁で刺して75歳の男性を殺害したとして、殺人などの罪に問われた被告に対し、広島地方裁判所は「通り魔的犯行により社会に与えた不安は大きい」として、懲役27年の判決を言い渡した。広島市安佐北区の無職、高橋豪被告(35)は、18年1月、市内の路上でバスを待っていた座山則男さん(75)の腹を包丁で刺して殺害し、男子大学生の背中などを刺してけがをさせたとして殺...

  •  0
  •  0

中国人の女がいきなりコンクリート片で人を殴る

7月26日朝、広島市南区の路上で女性の頭をいきなりコンクリート片で殴ったとして、中国国籍の52歳の女が殺人未遂の疑いで逮捕された。警察によると、住居・職業不詳の中国国籍、リュウ・フェンジュン容疑者(52)は、26日午前6時過ぎ、南区皆実町の路上で前から歩いてきた60歳の女性の頭を20センチほどのコンクリート片で数回殴り、殺害しようとした疑いが持たれている。女性は頭を切る軽いケガをした。リュウ容疑者は黙秘している...

  •  1
  •  0

無職の長男をバットで殴った親が逮捕される

7月23日、広島南署は広島市南区南蟹屋1丁目、無職砂田正美容疑者(72)を殺人未遂の疑いで逮捕した。逮捕容疑は、23日午前4時半ごろ、自宅で無職の長男(45)の頭を数回、木製バットで殴り、殺害しようとした疑い。同署によると、長男は額や側頭部にけがをしたが命に別状はないという。砂田容疑者は長男と妻との3人暮らし。自分の部屋で横になっていた長男を殴ったという。砂田容疑者が事件後に荒神交番(南区)を訪れたが署員が不...

  •  0
  •  0

呉で同居している兄とけんかして背中をナイフで刺した弟を現行犯逮捕

呉署は7月21日午後7時半ごろ、呉市寺本町、自称アルバイト森伸二容疑者(53)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は、自宅で同居している兄(55)の背中など数カ所を果物ナイフで刺した疑い。呉署によると、森容疑者が自分で119番した。兄は市内の病院に搬送されたが、命に別状はないという。森容疑者は母と兄と3人暮らし。「けんかをしていて気付いたら刺していた」と供述しているという。現場は市役所から東に約800メー...

  •  0
  •  0

1歳の息子をベランダから落とした母親を逮捕

7月12日朝、東広島市のアパートで1歳の息子を2階のベランダから落として殺害しようとしたとして、31歳の母親が殺人未遂の疑いで警察に逮捕された。逮捕されたのは、東広島市西条町助実の自称、飲食店店員金田典子容疑者(31)。警察によると、金田容疑者は12日午前7時ごろ、アパートの2階にある自宅の部屋のベランダから1歳の息子を落とし、殺害しようとしたとして殺人未遂の疑いが持たれている。息子を落とすところを目撃していた...

  •  0
  •  0

自宅で看病していた78歳の妻を殺害した夫に懲役4年6カ月の実刑判決

18年12月、広島市の自宅で看病をしていた78歳の妻の首を絞めて殺害したとして、殺人の罪に問われた男に対し、広島地方裁判所は懲役4年6カ月の判決を言い渡した。広島市安佐南区の無職、松岡邦夫被告(72)は18年12月、脳の病気を患い自宅で看病をしていた妻の千勢子さん(78)の首をしめて殺害したとして、殺人の罪に問われた。これまでの裁判で、検察側が「周りに頼れる環境があったにも関わらず、犯行に及んでいて短絡的だ」など...

  •  0
  •  0

長女を包丁で刺して殺した府中市の母親を嘱託殺人で起訴

府中市の住宅で同居する21歳の長女を包丁で刺すなどして殺害したとして、殺人の疑いで逮捕された49歳の母親について、広島地方検察庁福山支部は長女から繰り返し殺害を依頼されていたとして、嘱託殺人の罪で起訴した。起訴されたのは府中市中須町の上田亜矢被告(49)。起訴状などによると、上田被告は6月11日、自宅で同居する長女の佳奈さん(21)から頼まれて首などを包丁で刺すなどして殺害したとして嘱託殺人の罪に問われてい...

  •  0
  •  0

東広島包丁切り付け男に懲役6年の判決

東広島市の路上で、面識のない男性を刃物で切り付けたとして、殺人未遂などの罪に問われた東広島市西条町寺家、無職吉井優志被告(24)の裁判員裁判で広島地裁は6月27日、懲役6年(求刑懲役8年)の判決を言い渡した。冨田敦史裁判長は「自動車部品製造会社で働き始めたが、強いストレスを感じ人を殺していらだちを解消したいと考えた」と動機を指摘。「包丁を後頭部めがけて振り下ろし、危険性の高い通り魔、無差別的な犯行」と述...

  •  0
  •  0

府中市で母親が21歳の娘を出刃包丁で殺害

6月11日、広島県府中市の自宅で21歳の娘を殺害したとして、49歳の母親が逮捕された。殺人の疑いで逮捕されたのは、広島県府中市中須町の上田亜矢容疑者(49)。上田容疑者は11日午後2時頃、府中市の自宅アパートで娘の無職・上田佳奈さん(21)の首や腹などを刃物で切りつけ、殺害した疑いが持たれている。事件は上田容疑者が午後5時半頃、会社員の夫とともに警察に自首して発覚。警察が駆けつけたとき、娘は自宅の2階であおむけの...

  •  0
  •  0

職務質問を受けた際に車を発進させて警官2人を引きずった男に懲役4年の判決

職務質問を受けた際に車を発進させ、警察官2人を引きずったなどとして殺人未遂などの罪に問われた広島市佐伯区三筋1丁目、飲食店従業員岸本聖次被告(32)の裁判員裁判で広島地裁は6月6日、懲役4年(求刑懲役10年)を言い渡した。冨田敦史裁判長は「飲酒運転が発覚して免許が取り消されることを避けたいなどと逃走を図り、動機は身勝手」と指摘。量刑に対し「人を振り落とそうとしたり、意図的に蛇行させたりしたものでなく、死亡...

  •  0
  •  0

鑑定留置釈放後に32歳の母親が死亡

東広島市高屋町白市で18年11月に男児2人が刺殺された事件で、広島地検は4月5日、殺人容疑で送検され、鑑定留置後に処分保留で釈放されていた母親(32)が死亡したと明らかにした。同日、容疑者死亡を理由に母親を不起訴処分とした。母親は18年11月、自宅で長男(5)と次男(3)を果物ナイフで刺すなどしたとして逮捕、送検されていた。地検が本格的な精神鑑定のため、18年12月から鑑定留置を実施し、満了日の4月1日に処分保留で釈...

  •  0
  •  0

庄原市の帝釈峡の川沿いにある漁業協同組合の敷地で職員が殺される

3月27日朝、庄原市の国定公園・帝釈峡の川沿いにある漁業協同組合の敷地で、職員の74歳の男性が首から血を流して倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認された。近くに血の付いた包丁が落ちていたという。27日午前7時半ごろ、庄原市東城町帝釈宇山にある帝釈峡漁業協同組合の敷地で、職員の74歳の男性が首から血を流して倒れているのを漁協の関係者が見つけて警察に通報した。男性は庄原市内の病院に搬送されたが、その後、死...

  •  0
  •  0

広島市佐伯区の用水池で身元不明の男性遺体が見つかる

3月15日、佐伯署は広島市佐伯区美鈴が丘緑3丁目の用水池で2月に見つかった身元不明の男性遺体の情報を公開した。身元に関する情報提供を呼び掛けている。同署によると、2月26日午後3時25分ごろ、犬の散歩をしていた男性が、フェンスに囲まれた用水池の護岸の上に倒れている遺体を見つけた。死因は脳挫滅で、死後3~6週間がたっていた。年齢は30~50代とみられ、黒い短髪で身長166センチの痩せ形。えんじ色のニットコートと茶色のジ...

  •  0
  •  0

安佐北区の住宅で「おじ」を殺害し現金奪った男に無期懲役の判決

2017年、広島市安佐北区の住宅で、おじを殺害し現金を奪った罪などに問われている男に対し、広島地裁は3月15日、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。この事件は住所不定・無職の笹井政輝被告(37)が17年5月、広島市安佐北区の住宅で、おじの笹井徹さん(当時67)を殺害し財布や車などを奪ったとして強盗殺人などの罪に問われているもの。 前回の公判で検察側は「計画的で悪質な犯行」だと指摘して無期懲役を求刑し、弁護側は「...

  •  0
  •  0

安佐北区のホテル女性殺害事件で被告に懲役19年の判決

広島市安佐北区のホテルで、知人の無職女性(48)を刺殺したとして、殺人などの罪に問われた住所不定、無職吹上圭被告(45)の裁判員裁判で広島地裁は3月8日、懲役19年(求刑懲役20年)の判決を言い渡した。安藤範樹裁判長は「被害者に冷たくされたことに一方的に憎しみを募らせて及んだ残虐な犯行。被害者を2回しか刺した記憶がないと述べるなど、容易に信じがたい供述に終始し、反省の態度はみられない」と述べた。判決などによ...

  •  0
  •  0

小太り冨田容疑者、逮捕時に果物ナイフとカッターナイフを所持していた

広島市で起きた強盗殺人事件で指名手配され、2月27日に滋賀県で逮捕された冨田幸誠容疑者は「被害者の家にあった包丁で刺した」、逮捕時に持っていた2つのナイフについては「護身用だった」と供述しているという。取り調べに対して、これまで「家の人に気づかれて刺したことに間違いない。お金を盗むために家に入った、包丁は取ったが、お金は取っていない」と供述していることが分かっている。捜査関係者によると「被害者の家にあ...

  •  0
  •  0

指名手配中の呉の小太り冨田容疑者を滋賀県大津市で逮捕

2月27日未明、広島市の住宅で高齢の男性が死亡しているのが見つかった強盗殺人事件で、指名手配されていた冨田幸誠容疑者(34)を、滋賀県大津市の路上で身柄を確保され、逮捕された。この事件は2月20日、広島市中区銀山町の住宅で、この家に住む植松一広さんが刃物のようなもので殺害され、死亡しているのが見つかったもの。警察は、現場付近に残された血痕のDNAの型が呉市焼山本庄の無職・冨田幸誠容疑者のものと一致したことか...

  •  0
  •  0

指名手配中の冨田容疑者が大阪から東京べ逃走中

広島市の住宅で高齢男性を殺害したなどとして指名手配された男が、自転車に乗って東京など関東方面に向かっている可能性があるという。冨田容疑者は2月25日午前5時頃、大阪市福島区のコンビニエンスストアの防犯カメラに写っていたことが分かっているが、その後の調べで、同じ日の午前7時半頃、大阪市城東区のコンビニエンスストアに来店し、「東京へ行くにはどうしたらいいか?」と訪ねていたことが新たに分かった。冨田容疑者は...

  •  0
  •  0

呉の小太り冨田幸誠容疑者の生い立ちと逃走の足取り

広島市中区銀山町の廃業旅館兼住宅で男性が殺害された強盗殺人事件で、指名手配された冨田幸誠容疑者(34)に似た人物が大阪市内のコンビニでも確認されたという。逃走を続ける冨田容疑者は身長160センチくらいの「小太り」だそうで、もしかしたらすばしっこい小デブなのかもしれない。冨田容疑者の生い立ちと足取り捜査関係者などによると、冨田容疑者は呉市で生まれ育ち、地元の小中学校、近隣の高校を卒業後、自衛隊に入隊した...

  •  0
  •  0

銀山町廃業旅館殺人事件で冨田幸誠容疑者(34)を全国指名手配

広島市中区にある廃業した旅館の住居部分で、86歳の男性が刃物で刺され殺害された事件で、現場に残されていたDNAの型が30代の男のものと一致したことが分かったという。2月20日、広島市中区銀山町にある廃業した旅館の住居部分で、植松一廣さん(86)が刃物で首などを刺され殺害されているのが見つかり、警察は、財布の現金などが奪われたとみて、強盗殺人事件として捜査している。これまでの調べで、現場の建物から隣接する公園に...

  •  0
  •  0

銀山町の廃業旅館「千龍荘」で住人男性が刃物で首を切られ死亡

2月20日朝、広島市中区にある廃業した旅館の住居部分で、86歳の男性が首から血を流して死亡しているのが見つかった。20日午前6時半ごろ、広島市中区銀山町にある廃業した旅館の住居部分に住む植松一廣さん(86)が、首から血を流して倒れているのを88歳の妻が発見し、消防に通報した。警察と消防が駆けつけたところ、植松さんは寝巻き姿で1階の廊下に倒れていて、すでに死亡していたという。警察によると、首に刃物で切られたよう...

  •  0
  •  0

呉市阿賀中央殺人事件で、自殺した親戚の男を書類送検

17年6月、呉市の住宅で高齢男性が殺害された事件で、警察は既に死亡している親戚の男が事件に関わった疑いが強まったとして、この男を書類送検した。殺人と窃盗の疑いで書類送検されたのは呉市阿賀中央の当時48歳だった無職の男。この事件は17年6月、呉市阿賀中央の住宅でこの家に住む無職・藤下正己さん(73)が衣服を身に着けた状態で浴室の洗い場で死亡しているのが見つかった。藤下さんの胸などに刃物で複数個所刺された痕があ...

  •  0
  •  0

安佐北強盗殺人事件で被害者のおいに懲役12年の判決

広島市安佐北区落合南1丁目の民家で2017年5月、アルバイト作業員笹井徹さん(67)が殺害された事件で、強盗致傷罪に問われた住所不定、無職藤本康弘被告(37)の裁判員裁判の判決公判が1月22日、広島地裁であり、冨田敦史裁判長は懲役12年(求刑懲役15年)を言い渡した。冨田裁判長は、笹井さんのおいで住所不定、無職笹井正輝被告(37)=強盗殺人罪で起訴=がハンマーで頭などを殴り、藤本被告が両手足を結束バンドで縛るなどし...

  •  0
  •  0

安佐南で妻の首を締めて殺害した夫を逮捕

12月30日、広島市の住宅で78歳の妻の首をしめて殺害しようとしたとして、72歳の夫が警察に逮捕された。妻はその後、死亡が確認された。事件があったのは広島市安佐南区高取北の住宅。警察によると30日午前5時半ごろ、「妻を殺した」と夫から通報があった。警察がかけつけたところ、この家に夫と2人で住む松岡千勢子さんが救急車の中で意識のない状態となっていて、夫が首を絞めたことを認めたため、警察は夫の邦夫容疑者を殺人未遂...

  •  0
  •  0

東広島市の「スポーツ交流センターおりづる」で知人の頭に石を投げ落とした男を逮捕

12月16日、東広島市の障害者向けスポーツ施設で知人男性の頭に石を投げ落とし、殺害しようとした疑いで25歳の男が逮捕された。堀本晃希容疑者(25)は16日正午すぎ、東広島市西条町の障害者向けスポーツ施設「スポーツ交流センターおりづる」で、知人男性(34)の頭に石を投げ落とし、殺害しようとした疑いが持たれている。男性は後頭部に切り傷を負った。調べに対し堀本容疑者は容疑を認めていて、凶器の石(直径約17センチ)は事...

  •  0
  •  0