広島スタイル~時事・犯罪・事件・事故・問題

カテゴリマツダ 1/1

デミオの整備不良が原因で死亡したとしてマツダと広島マツダに遺族が2900万円の損害賠償を求めて提訴

広島県大崎上島町で起きた死亡事故は、車の欠陥と整備不良が原因として、死亡した広島県内の男性と妻と息子2人がマツダ(広島県府中町)と広島マツダ(広島市中区)に計約2900万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が4月26日、広島地裁であった。両社は請求棄却を求めた。訴状などによると、2016年3月22日、大崎上島町で男性の妻が「デミオ」を運転中、上り坂でフットブレーキを踏んで停車。男性はハッチから荷物を下ろすため...

  •  0
  •  0

マツダ病院が治療を怠って死亡させたとして遺族が4360万円の損害賠償を求めて提訴

マツダ病院(広島県府中町)で昨年10月、急性心筋梗塞の治療で適切な処置を怠ったため、広島市安芸区の男性(81)が死亡したとして、妻(79)と息子2人が同病院を経営するマツダ(広島県府中町)に約4360万円の損害賠償を求める訴訟を広島地裁に起こした。4月26日、第1回口頭弁論があり、マツダ側は請求棄却を求めた。訴状などによると、男性は18年10月17日午前10時ごろ、自転車で走行中に倒れ、救急車で同病院へ運ばれた。病院に...

  •  0
  •  0

マツダ子会社「倉敷化工」が申告漏れ

マツダ子会社で自動車用ゴム部品製造の倉敷化工(倉敷市)が広島国税局の税務調査を受け、申告漏れが指摘されていたという。同社は修正申告と追加納付を済ませたとする一方、「確認中」として金額や申告漏れの具体的な内容など詳細を明らかにしていない。同社によると、昨夏から昨秋にかけて調査を受け、数年間に及ぶ費用の処理で申告漏れの指摘を受けた。昨年12月末までに取締役2人が退任した。退任の理由について総務部は「上場...

  •  0
  •  0

マツダE&Tの元労組執行委員長の横領に懲役2年6カ月の判決

労働組合の資金を横領したとして、業務上横領罪に問われたマツダの子会社「マツダE&T」の労働組合の元執行委員長竹中衛被告(57)=広島市西区田方1丁目=に対し、広島地裁は11月30日、懲役2年6カ月(求刑懲役3年6カ月)の実刑判決を言い渡した。高森宣裕裁判長は「約5年間にわたり断続的に労働組合から金を横領し続け、遊興費などに散財した。利欲的な犯行で、被害回復もごく一部にとどまり、実刑を免れる事案とは言いがたい」と...

  •  0
  •  0

マツダの社員が坂町北新地の部品管理工場で作業中に死亡ー中国新聞会社名報道せず

10月2日午後5時半ごろ、広島市坂町北新地3丁目の車両部品管理工場で、会社員岩崎光男さん(64)=広島市南区仁保新町2丁目=が、作業中のフォークリフトとパレットこ間に挟まれ、死亡した。海田署によると、パレットは縦211センチ、横130センチ、高さ20センチ。岩崎さんは、パレットの移動作業を確認中だったという。(中国)NHK広島は「マツダ部品管理工場で挟まれ死亡」と報道10月2日、坂町にある自動車メーカー「マツダ」の部品...

  •  2
  •  0

マツダも不適切検査バレた

「日産自動車」や「SUBARU」で相次いで不正が発覚した車の燃費や排ガスの検査で、「マツダ」などでも不適切な処理をしていたことが新たに分かった。車の出荷前の検査をめぐっては、日産自動車とSUBARUで燃費や排ガスなどの検査データを書き換えるなど不正が相次いで発覚し、国土交通省が先月、国内の自動車メーカーなど23社に対して、不正が行われていないか社内調査を求めていた。その結果、マツダでも不適切な処理をしていたとい...

  •  0
  •  0

マツダE&Tの元労組委員長が組合資金1千万円を横領して逮捕

7月19日、労働組合の活動資金約1千万円を横領したとして、広島地検特別刑事部は、マツダの子会社「マツダE&T」(広島市南区)の労働組合の元執行委員長で会社員竹中衛容疑者(56)=広島市西区=を業務上横領の疑いで逮捕した。逮捕容疑は同労組の書記長や執行委員長だった2011年10月14から16年10月21日までの間、計92回にわたり、同労組の口座から計1067万7351円を自身名義の口座に振り込み、横領した疑い。地検は竹中容疑者の認...

  •  0
  •  0

マツダ本社工場の変電所が爆発!周辺住宅一瞬停電!

1月27日午前10時ごろ、広島市南区向洋大原町にあるマツダ本社工場の変電所から「大きな音がして黒い煙が見える」と近くの住民から119番通報が複数あった。火はおよそ20分後に消し止められ、この火事によるケガ人もいなかった。マツダによると、変電所はマツダ施設内の設備に電力を供給するもので、付近の住宅などから一瞬停電したなどという情報も寄せられている。マツダは本社工場内に自社の発電設備を持っており、一部売電もして...

  •  0
  •  0

マツダ社員寮同僚強盗殺人事件で元社員の上川被告に無期懲役の判決

自動車メーカー「マツダ」の広島市の社員寮で、同僚の19歳の男性を殺害し、現金を奪ったとして、強盗殺人の罪に問われた元社員の男に広島地方裁判所は「若くして将来を絶たれた被害者の無念さは計り知れず、身勝手な犯行に酌量の余地はない」などとして、無期懲役の判決を言い渡した。「マツダ」の元社員、上川傑被告(21)は16年9月、広島市南区にある社員寮の非常階段で、同じ寮に住む菅野恭平さん(当時19)の頭を消火器で殴る...

  •  0
  •  0

神戸製鋼所の改ざんアルミ問題 マツダでも使用判明

神戸製鋼所が強度などの性能データを改ざんしていたアルミ製品について、自動車メーカー「マツダ」でも乗用車に使用していた事が明らかになった。神戸製鋼所は、自動車や航空機などに使われる、アルミや銅製品の一部で、強度や寸法が適合していないにもかかわらず、検査証明書のデータを改ざんし、出荷していた。納入先は、およそ200社にのぼり、「マツダ」でも一部の車のボンネットなどに神戸製鋼の製品を使っていたことを明らか...

  •  0
  •  0

マツダがトヨタと資本提携、それは"結婚!"トヨタ社員本音は嫌だろ?

マツダとトヨタが資本提携することで合意した。トヨタ側はマツダのおよそ5%分の株式を500億円で取得。マツダもトヨタに同じ額を出資して株式を持ち合うという。そして、今回の資本提携は"結婚"になるという。良くも悪くも、何かと地元広島で騒がれるマツダと提携しても大丈夫かトヨタ?マツダがトヨタ自動車の出資を受け入れることについて、「カネ・人・技術」が足りないという。自動車業界では、環境規制の強化に対応し、自動運...

  •  0
  •  0

タカタ民事再生法適用でマツダ車800万個がリコール対象

大手エアバッグメーカーのタカタが、民事再生法の適用を申請したが、その影響がマツダを始め、中国地方の部品メーカーに影響が出る可能性があるという。マツダはタカタの製品を使っているが、巨額のリコール(無料の回収・修理)費用を肩代わりし、所有者への和解金の支払いも発生している。車の運転席や助手席に載せていたタカタ製エアバッグ約800万個がリコール対象となったマツダは、リコール費用として2016年3月期に約407億円...

  •  0
  •  0

マツダが処分内容を明らかにしない社員寮強盗殺人犯

16年9月にマツダの社員寮で起きた強盗殺人事件の被告が、別の同僚から現金を盗んだ疑いで再逮捕された。マツダの元社員上川傑被告(20)は15年7月7日、当時同僚だった男性(22)と同区青崎1丁目のコンビニに行った際、男性の車の中から現金5万円を盗んだ疑い。上川被告は16年9月、社員寮で菅野恭平(19)さんの頭を消火器で殴るなどして殺害し現金およそ120万円などを奪った強盗殺人の罪ですでに起訴されている。警察によると強盗...

  •  0
  •  0

マツダ社員寮で300万円の恐喝事件 元期間工逮捕

9月、強盗殺人事件があった自動車メーカー・マツダの社員寮で、今度は、寮に入っていた従業員同士の多額の恐喝事件が明らかになり、元期間工の男が逮捕された。逮捕されたのはマツダの元期間工・香山健一容疑者(35)。警察によると、香山容疑者は16年3月、広島市南区にあるマツダの社員寮で、当時、同僚だった男性(23)に「警察に相談したらさらう。お金を用意しろ!」などと脅し、現金や腕時計・タブレット端末など合わせて13点...

  •  1
  •  0

マツダ金井会長が事故防止の尽力?県警から感謝状

広島県警は10月13日、マツダの金井誠太会長に感謝状を贈ったという。金井氏は16年6月までの4年間、県交通安全協会の会長を務め、高齢者の交通事故防止などに尽力したという。広島市中区の県警本部で贈呈式があり、名和振平本部長から感謝状を受け取った。4月に同協会を一般財団法人から公益財団法人に移行した。金井氏は「今後も車造りを通じ、県民や全国の方々の交通安全に貢献したい。県警や協会とのコミュニケーションも継続し...

  •  0
  •  0

マツダの社員が社員を殺す!採用した責任どうする?

殺害された菅野さんと上川容疑者が住んでいたマツダ大原寮は400人が暮らしている。別の二つの寮と毎年盆踊りを毎年8月に開き、多くの周辺住民も参加した。地元町内会の東会長も「事件後、子どもの通学を心配する声もあった。地場の大企業で起きた事件だけに残念」と話した。2人の出身地菅野さんは岡山県出身。15年4月にマツダに入社。プレス金型製作部門に所属し、勤務態度はまじめだったという。上川容疑者は愛媛県出身。15年4月...

  •  1
  •  0

マツダ社員殺害事件で同寮の男を逮捕

広島市南区のマツダ社員寮「マツダ大原寮」で社員の菅野恭平さん(19)が殺害された事件で、広島県警広島南署捜査本部は9月24日未明、菅野さんを殺害し現金約120万円などを奪ったとして、強盗殺人容疑で同じ寮に住む同僚の上川傑(かみかわ・すぐる)容疑者(20)を逮捕した。逮捕容疑は9月14日午後3時35分ごろ、南区向洋大原町のマツダ大原寮2階非常階段で、菅野さんの頭を消火器で殴るなどして殺害。現金約120万円と携帯電話...

  •  0
  •  0

マツダ社員寮で従業員が殺される

9月14日、広島市南区の自動車メーカー「マツダ」の社員寮の非常階段で19歳の男性従業員が血を流して倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認された。14日午後4時すぎ、広島市南区向洋大原町にある自動車メーカー「マツダ」の社員寮の非常階段2階の踊り場で、この寮に住む従業員の菅野恭平さん(19)が血を流して倒れているのを同僚の男性が見つけて119番通報した。菅野さんは病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。警...

  •  0
  •  0

奨励金ほしさに関西マツダが架空請求

自動車販売会社の「関西マツダ」が、取引先の会社に対し架空請求をしていたという。関西マツダのナンバ店は、15年10月の調査で、リース会社2社に対し、約1100万円の架空請求をしていることが発覚。リース会社から整備の依頼を受けた車について、店の統括役の男性の指示で、請求書を作る担当の男性2人が、架空の修理費用などを請求していた。3人は、車の修理台数の目標を達成した場合に支払われる奨励金などが目的だったという。(...

  •  0
  •  0

マツダのアスベスト工場が中央労働基準監督署から指導を受ける

マツダは広島市の本社工場にある組み立て工場など4つの建物について、健康被害を引き起こすおそれのあるアスベストの飛散を防ぐための対策工事を6月から始めるという。対策工事が行われるのは、広島市南区のマツダの本社工場内にある組み立て工場の建物や、完成車を保管する建物など昭和40年代に建てられたあわせて4棟。これらの建物のはりや天井にはアスベストが使われていて、マツダではこれまで目視による点検や濃度測定を定期...

  •  0
  •  0

マツダがコスモスポーツを復元披露

広島市と府中町にまたがる自動車メーカーマツダの本社の施設が地元の住民に公開される初めての催しが行われたという。この催しは、自動車メーカーのマツダが、日ごろの協力に感謝して、広島市南区と府中町にまたがる本社で地元の住民を対象に初めて行った。かつての名車「コスモスポーツ」が、走ることができる状態に復元されて披露された。 「コスモスポーツ」はマツダが49年前に発売したスポーツカーで、世界で初めてのロータリ...

  •  0
  •  0

マツダのディーゼル車も排ガス許容範囲超過か

英紙デイリー・メールによると、BMW、マツダ、メルセデス・ベンツ、フォードのディーゼル車も、排気ガスが許容範囲を超過していると報じた。英国リーズ大学交通研究所は、英国とスコットランドの道路で、新たな「ユーロ6」(排出ガス規制値を定めた欧州連合の規定)レベルのディーゼル車300台を対象に調査を実施した結果、これら4メーカーのディーゼル車が基準値より5~7倍高い窒素酸化物(NOx)を排出することが分かった。それに...

  •  0
  •  0

マツダの幹部が盗撮目的で黄金山の公衆トイレにカメラを設置

広島市南区の公衆トイレに盗撮目的で侵入したとして、マツダの幹部が建造物侵入の疑いで逮捕された。トイレには小型カメラが設置されていて、警察はカメラの設置に関わっていなかったか調べている。逮捕されたのはマツダのカスタマーサービス本部などの副本部長で、広島市東区中山南の伊藤賢治容疑者(56)。警察によると伊藤副本部長は、5月31日の午後7時半頃、広島市南区の黄金山の山頂にある公衆トイレに盗撮目的で侵入したとし...

  •  0
  •  0

マツダ爆発事故で工場マネージャーを書類送検

2月27日、広島市のマツダ工場で社員3人がやけどを負った爆破事故で、広島中央労働基準監督署は労働安全衛生法違反の疑いで、マツダ(広島県府中町)と、工場マネージャーの男性社員(51)を書類送検した。同監督署によると、男性社員は事故の起きた工場で労働者を指揮監督し、安全を管理していたが、平成24年10月20日、溶かした鉄(溶湯)を製造し、運搬させる際、工場内の溝などに水がないか確認しなかったため、同日...

  •  0
  •  0

マツダ工場暴走男が無期懲役の判決

2010年6月、広島のマツダ工場内でおきた暴走事件の裁判で、殺人の罪などに問われた元期間従業員の引寺利明被告(44)に対し、広島地裁は無期懲役の判決を言い渡した。これまでの裁判で、検察側は、死刑を検討するに値するとしながらも無期懲役を求刑し、一方で弁護側は無罪を主張していた。今日の判決公判で広島地裁の伊名波宏仁裁判長は、争点となっていた責任能力について「妄想性障害が犯行に影響を及ぼしているが著しいも...

  •  4
  •  0

広島マツダ工場でまた死亡事故

1月18日午前7時10分頃、広島市南区のマツダ宇品工場の宇品東駐車場内で、歩いていたマツダ社員、光井京治さん(63)=同市佐伯区利松=が、通路を右折してきた同僚のマツダ社員、中島真さん(46)=同市安芸区矢野南=運転の乗用車にはねられた。光井さんは頭を強く打って間もなく死亡、中島さんにけがはなかった。広島南署によると、光井さんと中島さんはともに出勤途中で、光井さんは駐車場に車を止めた後、歩いて職場に向...

  •  0
  •  0

マツダ工場にマツダ車で突っ込んだ男が起訴される

今年6月にマツダの工場で12人の社員を車で次々とはねて死傷させたとして逮捕された元期間従業員、引寺利明被告(43)=広島市安佐南区=について、広島地方検察庁は専門家による精神鑑定の結果、「責任能力に問題はなく刑事責任は問える」と判断し、29日、殺人や殺人未遂などの罪で起訴したという。広島市南区のマツダの宇品工場と隣接した府中町にある本社工場の敷地内で12人の社員を車で次々とはねて、1人を殺害し、11...

  •  0
  •  0

広島マツダ社員 自殺していた(2007年)

2007年4月 自動車大手マツダの本社(広島県府中町)で勤務していた男性社員(25)が、うつ病になって自殺したのは過労が原因として、広島中央労働基準監督署が労災認定していた。男性の両親の代理人弁護士によると、男性はエンジン用フィルターのバイヤーだったが、07年3月にうつ病を発症し、翌4月に首をつって自殺した。弁護士によると、両親は「労災が認められたことはよかったが(それによって)息子がそれだけつら...

  •  0
  •  0

広島マツダ宇品工場、元派遣社員が車で暴走

平成22年6月22日 マツダ宇品工場(広島市南区)で、自称派遣社員運転の車に従業員らが次々とはねられ、1人が死亡、10人が負傷したという。殺人未遂などの容疑で現行犯逮捕されたのは、広島市安佐南区上安2丁目の引寺(ひきじ)利明容疑者(42)。広島県警によると、引寺利明容疑者は逃走した府中町の山中で、自ら110番し、駆け付けた警察官に逮捕された。引寺利明容疑者は「精神的にむしゃくしゃして人をはねた。殺...

  •  0
  •  0