広島スタイル~時事・犯罪・事件・事故・問題

カテゴリ不正アクセス・スマホ 1/1

パズドラ有利にする「チートツール」不正プログラム公開で広島の大学生逮捕

6月15日、オンラインゲームを有利に進めるための不正プログラム「チートツール」を作成し、インターネットで公開したとして神奈川県警は、著作権法違反(技術的保護手段を回避するプログラムの公衆送信)の疑いで、広島市佐伯区の大学3年、若園佳大容疑者(21)を逮捕した。サイバー犯罪対策課によると、若園容疑者は平成25年から27年にかけ、人気ゲーム「パズル&ドラゴンズ」(パズドラ)のチートツールを無料でネット上に公開。...

  •  0
  •  0

岡山大学大学院元助教によるスマホ・遠隔操作アプリ事件は懲役7年の判決

16歳の女子高校生を脅し、暴行した罪などに問われた岡山大学の元助教に対し、広島地方裁判所は、「卑劣かつ執拗な犯行で被害者が受けた苦痛は計り知れない」として、懲役7年を言い渡した。岡山大学大学院の元助教、渡邊寛被告(31)は去年12月、広島市のホテルで16歳の女子高校生を2回にわたって暴行した罪や、神戸市で13歳の少女にわいせつな行為をした罪などに問われた。これまでの裁判で弁護側は起訴内容を認めた上で、謝罪の意...

  •  0
  •  0

スマートフォンで「1・1・0」通信速度が速くなる?というウソの情報が急増

スマートフォンで3日間のデータ通信量が1GBを超えると通信速度が極端に遅くなり、128kbpsになるというエゴイストなシステム。都市部で光回線を引いているなら気にもならないが、ど田舎でインターネットを頻繁に使うとなると、非常に困る。それは、ほとんど使えないに等しい。かといってADSLもいずれ廃止になるらしい。通信事業者は、もっとサービスを向上してもらいたいが、こんなものに飛びついて騙される人が多いということは、...

  •  0
  •  0

庄原市「緑の村」の預金口座から3250万円が不正に引き出される

庄原市にある第3セクターのインターネットバンキングのパスワードなどが盗み取られ、預金口座からおよそ3250万円が不正に引き出されたという。被害にあったのは道の駅などを運営する庄原市の第3セクター「緑の村」。庄原市や「緑の村」によると今年3月、広島みどり信用金庫の「緑の村」のインターネットバンキングの2つの預金口座から、およそ3250万円が不正に引き出され、複数の口座に送金されたという。不正なアクセスは2日間で3...

  •  0
  •  0

三原市職員が職員1500人分の個人情報を不正アクセス

6月15日、個人情報へ不正アクセスした疑いで逮捕された三原市職員の男が、ほかにも職員など約1500人分の住所などを不正にパソコンに保存したとして告訴された。三原市・下水道整備課の熊谷成則容疑者(47)は逮捕容疑とは別に、市の職員やOBなど約1500人の住所などの個人情報を市から貸与されたパソコンにコピーしていたことが警察と市の調査で分かったという。以前、所属していた部署で知ったシステム管理をする業者のIDを使った...

  •  0
  •  0