広島スタイル~時事・犯罪・事件・事故・問題

カテゴリ詐欺 1/4

持続化給付金詐欺で新たに病院職員の男(33)を逮捕

11月26日、「持続化給付金」をめぐる詐欺事件で新たな逮捕者が出たという。新たに逮捕されたのは、広島市西区横川町の病院職員・小林正尚容疑者(33)。小林容疑者は、すでに起訴されている他の男らと共謀し、「新型コロナ」で経営が悪化した事業者を支援する国の「持続化給付金」合わせて200万円をだまし取った疑いが持たれている。小林容疑者が勤務する病院関係者などから「不正受給に関わった」と警察に複数の相談が寄せられ発...

  •  0
  •  0

広島県内の大学生など100人以上が「持続化給付金」詐欺に加担

新型コロナウイルスで経営が悪化した事業者などを支援する「持続化給付金」をだまし取ったとして男6人が逮捕された事件で、大学生など100人以上が加担し、被害総額は1億円以上に上る可能性があるという。この事件は、広島市の無職・渡邉孝剛容疑者(37)や廿日市市の大学生・川本祥容疑者(21)ら6人が勧誘した大学生などを個人事業主に偽らせて「持続化給付金」を申請し、金をだましとった疑いで逮捕・送検されたもの。この内5人...

  •  0
  •  0

「生活福祉資金特例貸付」で30万円をだまし取った三原市の無職の男を逮捕

11月4日、新型コロナウイルスの影響で収入が減ったなどとうその申請をして、広島県社会福祉協議会から、特例の貸付金あわせておよそ30万円をだまし取ったとして、43歳の男が詐欺などの疑いで逮捕された。逮捕されたのは、三原市宮沖の無職、尾崎廣文容疑者(43)。警察の調べによると、尾崎容疑者は、勤務していない警備会社名義の給与支払いの明細書を偽造して、20年5月から7月にかけて、「緊急事態宣言で、収入が大幅に減った」...

  •  0
  •  0

持続化給付金詐取で広島のメンバーなど5人を再逮捕

11月4日、新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ち込んだ事業者に支給される国の「持続化給付金」をだまし取ったとして逮捕された広島市などに住む男5人が、同様の手口であわせて200万円の給付金をだまし取っていた疑いで再逮捕された。再逮捕されたのは、広島市中区の会社役員、久保剛志容疑者(44)や、東京・足立区の無職、住吉孝平容疑者(28)、廿日市市の大学生、川本祥容疑者(21)ら5人。警察によると、5人は20年6月から...

  •  0
  •  0

「カバンが汚れた!」嘘のクレームで示談金詐取していた2人に執行猶予で社会復帰

日本各地で飲食店のイスにしょうゆなどをこぼして「カバンが汚れた!」などと言って、クリーニング代名目で示談金を詐取していた住所不定、無職の根本弘行容疑者(49)と中村幸穂容疑者(37)の両被告に対し、広島地裁は10月27日、懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)の判決を言い渡したという。判決によると、2人は共謀して2017年12月~20年6月、広島市中区や京都、神戸市など飲食店4店で「席が汚れていてかばんがぬれた」などと...

  •  0
  •  0

収入があるのに生活保護費を受給していた藤井寺市の女を逮捕

収入があるのに生活保護費を受給していた会社員の女が逮捕された。10月21日、廿日市署は大阪府藤井寺市大井、会社員兼元まどか(31)を詐欺の疑いで逮捕した。逮捕容疑は2017年5月2日〜18年6月5日までの間、当時住んでいた廿日市市から生活保護費14回分の計約200万円を騙し取った疑い。廿日市市などによると、兼元容疑者は17年4月、仕事中に腰をけがして働けなくなったと生活保護費受給を申請した。その後の廿日市市の課税調査で、...

  •  0
  •  0

持続化給付金詐欺で5人逮捕、総額1千万円超

10月14日、広島県警は新型コロナウイルス対策で国が個人事業主に最大100万円を支給する持続化給付金をだまし取ったとして、詐欺の疑いで会社役員久保剛志容疑者(43)=広島市=ら男5人を逮捕したと発表した。県警は認否を明らかにしていない。県警によると、8月に広島県内の大学生から「不正受給に関わったかもしれない」と相談があり事件が発覚。他にも大学生やフリーターなど少なくとも十数人が関与しており、1千万円以上を詐取...

  •  0
  •  0

「持続化給付金」詐欺で広島県内の大学生ら4人が逮捕される

新型コロナウイルスの影響で収入が減った事業者が受け取れる「国の持続化給付金」を不正受給した疑いで、広島県警は指南役の男や受給した広島県内の大学生ら4人を逮捕した。県警によると、男らは「バイト」などとして学生らを勧誘。個人事業主などと装わせ、新型コロナの影響で売り上げが減ったといううその書類を作成し、1回最大100万円受け取れる給付金を合わせて200万円をだまし取った疑い。学生らは報酬として受給額の最大4割...

  •  0
  •  0

廃業した店舗の決済端末を不正利用して400万円をだまし取った宮城の男

すでに廃業している店舗の決済端末を不正に操作し、およそ400万円をだまし取ったとして、無職の男が逮捕された。他人が入手した決済端末を不正に操作した詐欺で逮捕されるのは全国初。電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕されたのは、宮城県大崎市の無職・小野寺雅人容疑者(25)。小野寺容疑者は、19年12月から20年1月にかけて、すでに廃業している広島市内の美容関連会社の決済端末を入手し、8回にわたって不正に操作。電子マネーカ...

  •  0
  •  0

車の購入代金を先払いさせて納車しなかった販売業者

車の代金を支払ったが、肝心の車がいつまでたっても納車されないという詐欺事件が発覚した。車を購入するときは、代金の支払いと納車(引き渡し)は同時が原則だと思うが、どうやら上手く騙されたということか。3年間も納車せず9月8日、山県署は広島市西区田方3丁目、タクシー運転手沖川宏容疑者(53)を詐欺の疑いで逮捕した。逮捕容疑は北広島町で自動車販売業を営んでいた2017年11月25日ごろ、山県郡内の会社員女性(61)に「新...

  •  0
  •  0

医師法違反でかいせいクリニックの医師と元市議を逮捕

広島市内でクリニックを開業する50歳の医師が実際には診察していないのに、障害のある人たちのうそのカルテを作成して薬を処方したうえ、診療報酬をだまし取ったとして広島市の元市議会議員とともに、医師法違反などの疑いで逮捕された。逮捕されたのは、広島市中区でクリニックを開業する医師の海生英二郎容疑者(50)と広島市西区の会社役員で元市議会議員の関藤雄姿容疑者(46)。警察の調べによると、2人は一昨年6月から10月に...

  •  0
  •  0

「父親の入院治療費が必要なの」女詐欺師真奈美ちゃん再逮捕

広島市で男性と同居していた女詐欺師が再逮捕された。騙し取られた金は400万円になるという。手口はテレビドラマにあるような父親の入院治療費をせがむというもの。気になるのは、騙された広島市の男性は、入院中の父親の本人確認をしていたのだろうか。7月29日、広島東署は住所不定、無職小川真奈美容疑者(32)=詐欺罪で起訴=を別の詐欺容疑で逮捕した。逮捕容疑は19年6月27日から7月24日までの間、当時同居していた広島市東区...

  •  0
  •  0

偽ブランドのゴルフクラブを販売した元東北楽天イーグルスの元プロ野球選手を逮捕

7月21日、広島県警は東北楽天ゴールデンイーグルスに所属していた元プロ野球選手の阿部俊人容疑者(31)と妻の優希容疑者(25)を詐欺と商標法違反の疑いで逮捕したという。19年12月、オークションサイトにブランドのゴルフクラブを出品する虚偽の内容を掲載し、広島県府中町内の男性に落札させ、約7万8千円をだまし取ったうえ、男性に偽ブランドのゴルフクラブ9本を送り、商標権を侵害した疑いがもたれている。阿部俊人容疑者は調...

  •  0
  •  0

「椅子が汚れている」飲食店でクレーム詐欺 5年前からやっていた

広島市の飲食店で「椅子が汚れている」などと言ってクリーニング代を騙し取ろうとして逮捕された男女2人が6月22日、送検された。2人は同様の手口を「5年前ぐらいからやっていた」と供述しているという。送検されたのは、住所不定、無職の根本弘行容疑者(49)と中村幸穂容疑者(37)。警察によると、根本容疑者らは6月20日、広島市中区の飲食店で従業員の女性に対し「椅子が汚れている」と言ってクリーニング代を請求し、現金をだ...

  •  0
  •  0

「椅子が汚れている!」うそのクリーニング代を請求した2人を現行犯逮捕

全国各地の飲食店でカバンが汚れたなどと言い、弁償金を請求していたとみられる男女2人が、6月20日、広島市内で詐欺未遂により現行犯逮捕された。詐欺未遂で現行犯逮捕されたのは、ともに住所不定・無職の根本弘行容疑者と中村幸穂容疑者。警察によると、根本容疑者らは共謀して6月20日午後1時半ごろ、広島市中区の飲食店で従業員の女性に対し、「椅子が汚れている」と言ってカバンなどのクリーニング代を請求し、現金を騙し取ろう...

  •  0
  •  0

廿日市市の76歳が福山市の女子高生にだまされる

廿日市市に住む76歳の男性が、福岡の女子高生にだまされたという。だまされた金額は300万円だという。女子高生は「受け子」役の福岡県宗像市に住む女子高校生(17)。6月2日、警察になりすました何者かが、廿日市市に住む76歳の男性の自宅に「あなたの口座から不正に出金された履歴があり、口座を止めるためにはキャッシュカードを封筒に入れて封印する必要がある」などと電話。その後、女子高校生は、警察官を装って男性の自宅を...

  •  1
  •  0

新型コロナ助成金詐欺発生、広島県内初

「新型コロナの助成金を振り込む」などとウソの電話を掛け、広島市の高齢女性から現金およそ200万円を騙し取る特殊詐欺が発生したという。新型コロナの給付金を騙る詐欺事件の被害は県内初とみられる。警察によると、5月14日午後1時ごろ、広島市西区に住む80代の女性に区役所の職員を名乗る男から「新型コロナの助成金を振り込むので、銀行を教えて欲しい」などと電話があった。女性が銀行名を教えると数分後に今度はその銀行職員...

  •  0
  •  0

呉市で新型コロナ詐欺、高齢女性の口座から300万円が速攻で引き出される

呉市の80代の女性が、銀行職員を名乗る女から「コロナが出ているため若い者にカードを取りに行かせる」と言われてキャッシュカードをだまし取られ、口座からおよそ300万円が引き出されたという。4月18日午前11時ごろ、呉市の80代の女性の家に銀行職員を名乗る女から電話があり「4月いっぱいで新しいカードに替わる。コロナが出ているため、若い者を行かせるのですべての銀行のカードを用意しておくように」などと言われたという。...

  •  0
  •  0

「いい席あるよ」カープチケット詐欺で無職の男を逮捕

3月25日、広島南署は住所不定、無職川本拓朗容疑者(41)を詐欺の疑いで逮捕した。逮捕容疑は19年10月下旬ごろ、広島市南区松原町の商業施設内で、知人の同市の会社役員女性(64)に、2020年の広島東洋カープ公式戦の入場券の売買を持ちかけ「いい席があるよ」などとうそを言い、現金12万円をだまし取った疑い。同署によると、20年の入場券は当時、発売前だった。その後、不審に思った女性が20年1月に同署に相談して容疑が発覚した...

  •  0
  •  0

広域詐欺事件主犯格の中山和明被告36歳、死亡した脇本譲警部補36歳、殺人犯の鹿嶋学被告36歳

広域詐欺事件の主犯格として、詐欺と組織犯罪処罰法違反(犯罪収益の隠匿)の罪に問われた住所不定、無職中山和明被告(36)に対し、広島地裁は3月4日、懲役5年6月、罰金300万円、追徴金9227万円(求刑懲役8年、罰金300万円、追徴金9227万円)の判決を言い渡した。追徴金は被害回復給付金支給制度に基づき、被害者救済の原資となる。同事件を巡っては、広島県警が2017年2月に中山被告の関係先から約9千万円を押収し広島中央署の金...

  •  0
  •  0

「ブレーカーの交換が必要です」助成金詐欺師が広島で活動中

高齢者宅を狙って、ブレーカーを交換する名目で金をだまし取ろうとする事件が、今、広島市佐伯区や廿日市市で連続発生しているという。被害にあった佐伯区の76歳女性の証言。「不安じゃし、ついついお金出したわけなんよ。あとで『しもうた!』思うてね…」「現金5万円出したんです、『まだないか?』って言うけん、また1万円出した。困ったように言うけんね、結局6万円出したことになる」(被害女性)女性が被害にあったのは「ブレ...

  •  0
  •  0

レンタカーで故意にぶつけた車の修理代詐欺3人組

2月6日、安佐南署は広島市安佐北区口田南1丁目、建設業香川幸輝容疑者(22)を詐欺の疑いで逮捕した。逮捕容疑は南区翠4丁目、自営業高見隼人(26)、安佐北区深川7丁目、会社員加集貴志(22)の両容疑者=詐欺容疑で送検=と共謀。2018年8月、加集容疑者が安佐北区のスーパー駐車場でレンタカーを運転し、香川容疑者の乗用車に故意に衝突させたのに、レンタカー会社の保険会社に香川容疑者の車の修理代などを請求し、計71万8686円...

  •  0
  •  0

政務調査費詐欺の元広島市議熊本憲三被告に懲役2年6カ月執行猶予5年の判決

女性4人を補助職員として雇ったとするうその領収書を提出し、広島市の政務調査費(現在の政務活動費)計371万5千円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた元広島市議の熊本憲三被告(56)=同市安芸区=に対し、広島地裁の冨田敦史裁判長は2月6日、懲役2年6月、執行猶予5年(求刑懲役2年6月)の判決を言い渡した。冨田裁判長は「簡単には発覚しない巧妙な手口で悪質。政務活動費の制度や意義を無視した行為で強い非難に値する」と...

  •  0
  •  0

43歳広島女が1億円の結婚詐欺

結婚していることを隠して、男性から現金をだまし取ったとして、43歳の女が送検された。女は、およそ1億円を受け取っていたとみられているという。詐欺の疑いで送検されたのは、広島市西区楠木町の無職・小河祐子容疑者(43)。警察によると、小河容疑者は、一昨年4月から去年10月にかけて、結婚していることを隠したうえで、婚活サイトで知り合った福岡県の男性に、「借金がなくならないとあなたと結婚できない。私と結婚する気が...

  •  0
  •  0

安芸太田町の大江町議が会見「大坂被告のことは言えない」

1971年の渋谷暴動事件で、殺人罪に問われている中核派の活動家に関連して、詐欺容疑で大阪府警から書類送検された安芸太田町の大江町議が会見を開き「警察から送検された事実も知らされておらず、議員活動は続ける」と話した。「何がどうなのかということが、わたし自身、いまだにつかめていないんですね。内容が被疑事実が何なのか。わたしが何なのか…。」(大江厚子議員)会見を開いたのは、安芸太田町議会の大江厚子議員。大江...

  •  0
  •  0

安芸太田町の町議が渋谷暴動事件の大坂被告潜伏先に関与

昭和46年の渋谷暴動事件で、警察官を殺害したとして殺人罪などで起訴された過激派「中核派」の活動家、大坂正明被告(70)が、平成29年5月に身柄を確保された際に潜伏していた広島市内のマンションについて、家賃の支払いなどに使う銀行口座を不正に開設したとして、大阪府警警備部は1月15日、詐欺容疑で広島県安芸太田町の大江厚子町議(63)ら3人を書類送検した。府警は昨年11月、大江町議宅や中核派の関係先を捜索していた。大...

  •  0
  •  0

公開手配された中国籍の李瑶瑶(ヨウヨウ)が広島市内で逮捕される

高齢女性からキャッシュカードをだまし取ったとして、大阪府警は12月16日、詐欺容疑で中国籍の住所、職業不詳李瑶瑶(ヨウヨウ)容疑者(20)を逮捕した。12月9日に公開手配され、16日に広島市内で確保された。元技能実習生で、カードを受け取る「受け子」を勧誘していたとみられる。府警によると、昨年10月に中国籍の女(23)=詐欺罪で逮捕、起訴=と一緒に佐賀県の実習先の食品加工会社から失踪。女は受け子で、府警は李容疑者...

  •  0
  •  0

7pay詐欺で埼玉県に住む中国人を逮捕

スマホ決済サービス「7pay」を利用していた広島市の男性になりすまして、およそ10万円分の電子マネーのカードをだまし取ったとして、埼玉県に住む中国人の女が逮捕された。逮捕されたのは、中国籍でさいたま市浦和区のアルバイト従業員、李淑維(25)容疑者。警察の調べによると、李容疑者は19年7月、スマホ決済サービス「7pay」を利用していた広島市東区の49歳の男性のIDとパスワードを不正に使って、さいたま市内のコンビニエン...

  •  0
  •  0

「介護施設に入居する費用を支払う必要がある」80代ばあさんが4000万円騙し取られる

広島市に住む80代の女性が「新しく出来る介護福祉施設の入居費用を支払ってもらう必要がある」などと、うその話を持ちかけられ、現金およそ4000万円をだまし取られていたことが警察の調べで分かったという。警察によると、19年7月中旬、広島市安佐北区で1人暮らしをする80代の女性が、サービス業者を名乗る男からの電話を受け「新たにできる介護福祉施設に入居できる権利がある。費用を支払う必要があり、払わないと財産を差し押さ...

  •  0
  •  0

偽装事故で保険詐欺未遂4人組を逮捕

10月9日、佐伯署は広島市南区仁保2丁目、解体工松井昌成容疑者(30)ら4容疑者を詐欺未遂の疑いで逮捕した。他に逮捕されたのは、佐伯区五日市中央1丁目、アルバイトのハワートン正平アレクザンダー(30)、大阪市城東区鴫野西、無職松井龍也(28)、府中町桃山2丁目、会社員伊達智貴(21)の3容疑者。逮捕容疑は、4人は共謀して7月20日、佐伯区内の市道で、松井昌成容疑者の軽乗用車を電柱に衝突させて交通事故を偽装し、同容疑者...

  •  0
  •  0