広島スタイル~時事・犯罪・事件・事故・問題

カテゴリ暴力団関係 1/3

みかじめ料月額5千円要求した福山市の侠道会二代目佐藤組事務所が家宅捜索される

6月16日、福山市の暴力団組員が恐喝未遂の疑いで逮捕された。県警は福山市の事務所を家宅捜索した。家宅捜索を受けたのは、福山市柳津町にある侠道会二代目佐藤組事務所。捜索はおよそ20人態勢で行われたという。この事件は、指定暴力団三代目侠道会・二代目佐藤組組員大宮俊英容疑者(49)が21年3月、福山市の店舗で経営する30代の男性に対し「月々5000円でどうか。代貸しをしとるもんじゃ」などと言って、現金を脅し取ろうとした...

  •  0
  •  0

共政会本部を2年ぶりに家宅捜索

4月23日、指定暴力団・共政会傘下の組長の男が恐喝の疑いで逮捕された事件を受け、県警は、広島市にある共政会本部を家宅捜索した。家宅捜索を受けたのは、広島市南区にある共政会の本部事務所で、捜索は50人態勢で行われた。この事件は共政会傘下・二代目流川の組長・上瀧靖治容疑者が3月25日、広島市中区の路上に駐車した車の中で30代の知人男性に対し「なんぼあるんや。早う出せや」などと言って、現金16万3千円を脅し取った疑...

  •  0
  •  0

指定暴力団共政会二代目流川事務所が家宅捜索される

4月22日、指定暴力団共政会二代目流川事務所が家宅捜索されたという。知人の男性から現金およそ16万円を脅し取った疑いで、指定暴力団共政会傘下の組長の男が逮捕され、県警は22日、広島市中区流川町8の暴力団事務所を家宅捜索した。警察によると、逮捕された二代目流川組長の上瀧靖治容疑者(49)は、3月25日、広島市中区の路上に駐車した車の中で、30代の知人男性に対し、「なんぼあるんや。早う出せや」などと言って、現金16万3...

  •  1
  •  0

「大悪党」拡声器で街宣活動した福山市の暴力団組員を逮捕

1月18日、福山市の指定暴力団が街宣車で会社役員男性の自宅周辺を拡声器で街宣して組員が逮捕された。男性の素性が気になるところだが不明となっている。18日、県警捜査4課と福山西署などの合同捜査本部は、福山市瀬戸町地頭分、指定暴力団俠道会樋口組組長樋口薫(70)、同市沼隈町常石、自営業神原幸男(62)の両容疑者を名誉毀損と暴力行為処罰法違反の疑いで逮捕した。逮捕容疑は他の1人と共謀し、20年12月10日から23日までの...

  •  0
  •  0

指定暴力団「侠道会」本部事務所を家宅捜索

1月13日に暴力団組員とみられる男が覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕された事件で、県警は1月18日、指定暴力団「侠道会」の本部を家宅捜索した。覚醒剤取締法違反の疑いで1月13日に逮捕されたのは、尾道市高須町の無職川口洋嘉容疑者。警察によると、川口容疑者は指定暴力団「三代目侠道会」との関係があり、組員だったとみられていて、20年10月から11月にかけて覚醒剤を使用した疑いがもたれている。これを受け、警察は18日、尾道市...

  •  0
  •  0

竹原市の狭道会・長江組事務所が家宅捜索される

10月27日、竹原市に拠点を置く暴力団事務所が家宅捜索された。広島県警は覚醒剤取締法違反の疑いで竹原市本町にある指定暴力団狭道会・長江組の事務所を家宅捜索した。これは10月23日、長江組の組員・原田剛容疑者が竹原市の自宅で覚せい剤を所持していたとして、現行犯逮捕された事件を受けた関連捜査で、警察は長江組事務所を12人態勢で捜索し、原田容疑者と組織との関連や入手ルートなどを調べる方針。これまでの警察の取り調べ...

  •  0
  •  0

枕元に拳銃を隠し持っていた男に懲役6年の実刑判決

自宅に拳銃と実弾を隠し持っていた男が逮捕された事件で、広島市西区の暴力団関係の男が懲役6年の実刑判決を言い渡された。10月14日、広島市西区小河内町2丁目の無職松本知之被告(54)に対し、広島地方裁判所は懲役6年(求刑懲役7年)の判決を言い渡した。実弾4発が装填された拳銃を自宅の枕元に保管していたとし、「容易に取り出せる場所で、人の生命や身体に危険を及ぼす事態に発展し得る悪質な犯行」と述べた。広島県内での拳...

  •  0
  •  0

暴力団組員が他人名義でマンションの賃貸借契約を結んで入居していた

暴力団組員が、自らが住むことを隠して他人名義でマンションの賃貸借契約を結び、入居していたという。9月29日、広島南署と県警捜査4課は、広島市中区西平塚町、指定暴力団共政会正木組組員の中山大介容疑者(51)を詐欺の疑いで逮捕した。逮捕容疑は知人の男と共謀して19年8月27日ごろ、中区の不動産会社で、県暴力団排除条例などに基づき、暴力団組員の入居を拒む中区宝町のマンションの一室の賃貸契約を結ぶ際、中山容疑者が住...

  •  0
  •  0

呉市のアパートで暴力団関係者の男が拳銃自殺

7月12日午前、広島県呉市中心部のアパートの一室で、暴力団関係者の男性が頭から血を流して死亡しているのが見つかった。12日午前10時10分ごろ、広島県呉市本通1丁目の自宅アパートの一室で、70歳の無職の男性が頭から血を流して倒れているのを男性の親族が見つけた。警察によると、男性は、あお向けの状態で倒れていて、そばには拳銃があり、すでに死亡していたという。男性は暴力団の関係者で、警察は男性が自ら拳銃を発砲し、自...

  •  0
  •  0

拳銃を所持していた暴力団関係者の男を現行犯逮捕

6月5日、回転式拳銃と実弾を所持していたとして暴力団関係者の男が現行犯逮捕された。銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕されたのは、広島市西区小河内町の暴力団関係者・松本知之容疑者(53)。警察によると、松本容疑者は自宅で回転式拳銃と実弾4発を所持していた疑いが持たれている。警察が「拳銃を所持している可能性がある」という情報を入手し、6月4日、松本容疑者の自宅を捜索したところ、拳銃が見つかったため、その場で松本容...

  •  0
  •  0

ナマコ密魚で指定暴力団中岡組組員を逮捕

5月27日、福山沖などでナマコを密漁していたグループの中心人物が逮捕されたという。指定暴力団浅野組3代目中岡組組員の真鍋吉郎容疑者(44)は、ナマコを採るために無許可で潜水器漁業を営んだ漁業法違反と水産資源保護法違反の疑いがもたれている。調べに対し容疑を否認しているが、警察は3月に男8人を逮捕した密漁グループ「首魁」の中心人物とみている。加工されたナマコの売上金は約2200万円にのぼるとみられ、警察はその一部...

  •  0
  •  0

共政会組員に覚醒剤を売った山口組系兼一会組員に懲役6年

指定暴力団共政会の傘下組員に営利目的で覚醒剤を譲り渡したとして、覚せい剤取締法違反(営利目的譲渡)の罪に問われた東京都台東区浅草、指定暴力団山口組系兼一会の組員上田進被告(71)の判決公判で広島地裁は12月3日、懲役6年、罰金150万円、追徴金110万円(求刑懲役8年、罰金150万円、追徴金110万円)を言い渡した。冨田敦史裁判長は「犯行は計画的で組織的な背景がうかがわれる。暴力団に譲渡した覚醒剤が社会に拡散すれば...

  •  0
  •  0

覚せい剤取締法違反の疑いで組員逮捕&侠道会本部を家宅捜索

指定暴力団・侠道会傘下の組員が、覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されたことを受け、警察は尾道市にある侠道会本部を家宅捜索した。覚せい剤取締法違反の疑いで指定暴力団侠道会弘田組・組員の土居修容疑者(47)が逮捕されたことを受け、警察は10月8日午前、35人態勢で侠道会本部を家宅捜索した。土井容疑者は10月1日、三原市長谷町の路上で、覚せい剤が入った袋を営利目的で所持していた疑いがあるとして現行犯逮捕された。警察...

  •  0
  •  0

横須賀の稲川会系組員が広島のホテルで代金支払わず詐欺容疑で逮捕

9月11日、広島南署は神奈川県横須賀市追浜東町、指定暴力団稲川会鈴木組組員後藤清次(50)、札幌市白石区東札幌五条、無職木村浩望(43)の両容疑者=いずれも詐欺容疑で処分保留=を別の詐欺の疑いで再逮捕した。再逮捕容疑は、2人は共謀して2月18日から20日までの間、広島市東区内のホテルに宿泊し、飲食やマッサージのサービスも受けたのに、宿泊費を含む代金計12万7585円を支払わず、だまし取った疑い。同署によると、後藤容...

  •  0
  •  0

共政会が山口組と組織的に覚せい剤を取引か

指定暴力団共政会の傘下組織に営利目的で覚醒剤を譲り渡したとして、広島県警薬物銃器対策課や中国四国厚生局麻薬取締部などの合同捜査本部は8月1日、東京都台東区浅草、指定暴力団山口組系兼一会の組員上田進(71)、足立区谷中、無職永島修一(29)の両容疑者を覚せい剤取締法違反(営利目的譲渡)の疑いで逮捕した。同本部は、山口組と共政会が覚醒剤の取引を組織的に繰り返していた可能性があるとみて調べる。逮捕容疑は、2人...

  •  0
  •  0

共政会上田組組員が積み荷作業中の運転手と口論

7月25日、広島西署は広島市西区田方3丁目、指定暴力団共政会上田組組員、船本義彦被告(55)=脅迫罪で起訴=を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで再逮捕した。逮捕容疑は、5月26日午後4時45分ごろ、西区古江西町の市道で酒を飲んで乗用車を運転した疑い。同署によると、積み荷作業で路上に駐車していた貨物車の運転手と駐車方法を巡って口論になり、運転手が110番。駆け付けた警察官が船本容疑者から酒の臭いがしたため呼気検査を...

  •  0
  •  0

共政会和田組組長、前崎組組長らを覚せい剤取締法違反容疑で逮捕

営利目的で覚醒剤を譲り受けたとして、広島県警薬物銃器対策課や中国四国厚生局麻薬取締部などの合同捜査本部は7月24日までに、広島市西区福島町2丁目、指定暴力団共政会和田組組長和田努(51)、中区西平塚町、共政会前崎組組長前崎修(69)ら4容疑者を覚せい剤取締法違反(営利目的譲り受け)の疑いで逮捕した。他に逮捕したのは、西区庚午中4丁目、和田組組員和田孝幸(52)、西区鈴が峰町、パート森本優子(50)の両容疑者。逮...

  •  0
  •  0

「広島におれんようにしてやるぞ」共政会上田組組員が脅迫容疑で逮捕

6月24日、大竹署は住所不定、指定暴力団共政会上田組組員船本義彦容疑者(55)を脅迫の疑いで逮捕した。逮捕容疑は1月23日午後0時50分ごろ、広島市西区田方3丁目のマンションから大竹市内の会社に電話して従業員男性に「お前を壊してわしも壊れるよ」などと脅した疑い。さらに50分後、マンションを訪れた同僚男性を「なめとんのか。広島におれんようにしてやるぞ」などと脅した疑い。同署によると、船本容疑者は会社に商品の修理を...

  •  0
  •  0

暴力団員の身分を隠して島根で露店を出した呉の吉田組組長に有罪判決

暴力団組員の関与がないと、うその誓約をして島根県内の祭りに露店を出したとして詐欺罪などに問われた指定暴力団共政会吉田組組長吉田明則被告(65)=呉市広本町=に対し、広島地裁は6月14日、懲役1年6カ月、執行猶予3年、罰金35万円(求刑懲役1年6カ月、罰金35万円)の判決を言い渡した。杉本正則裁判官は吉田被告が自らの関与を隠し、不正に出店許可を得たとした上で「社会的に厳しく非難されるべきだ」と指摘した。判決による...

  •  0
  •  0

深夜にマンションのドアを開けようとした暴力団組員を現行犯逮捕

佐伯署は5月22日午前4時半ごろ、竹原市本町3丁目、指定暴力団俠道会長江組組員佐々木勝哉容疑者(55)を建造物侵入の疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は、広島市佐伯区内のマンション敷地内に正当な理由がないのに侵入した疑い。同署によると、3階の部屋の前でドアを開けようとしたり、インターホンを鳴らしたりするのを不審に思った部屋の住人男性が110番。マンションから走り去るのを駆け付けた署員が見つけて取り押さえた。佐々...

  •  0
  •  0

佐伯区利松の駐車場で共政会沖本組組員らが会社員男性を殴り監禁

佐伯署は4月13日までに、広島市佐伯区利松2丁目、指定暴力団共政会沖本組組員井田祐一(33)と住所不定、同組員福永隼士(30)の両容疑者、佐伯区の無職少年(19)を、いずれも傷害と監禁の疑いで逮捕した。逮捕容疑は3人は共謀して4月2日午後9時35分ごろ、佐伯区利松2丁目の駐車場で、知人の会社員男性(30)の顔を殴るなどして約10日間のけがをさせ、手足を布テープで縛るなどして3日午前8時25分ごろまで乗用車のトランク内と駐...

  •  0
  •  0

共政会守屋輯総裁が病気療養を理由に引退

広島市に拠点を置く指定暴力団共政会の実質トップとみられていた守屋輯総裁(76)が、病気療養を理由に引退していたという。総裁ポストはなくなり、荒瀬進会長(58)が継承したとみられる。トップの交代は15年ぶり。広島県警は、資金集めなどに変化が生じる恐れもあるとみて警戒を強めている。関係者によると、3月に南区の共政会本部で継承式があり、式の後には指定暴力団俠道会(本拠・尾道市)など他団体の関係者が集まり、襲名...

  •  0
  •  0

上田組組員が病院内の通路で患者を突き飛ばす

4月9日、広島南署は住所不定、指定暴力団共政会上田組組員船本義彦容疑者(55)を暴行の疑いで逮捕した。逮捕容疑は4月8日正午ごろ、広島市南区の病院内の通路で、診察に来ていた無職男性(24)の上半身を出て突き飛ばした疑い。同署によると、船本容疑者と男性は面識はなく、現場を目撃した病院職員が同署に通報した。船本容疑者は「容疑の事実はない」と否認しているという。(中国)...

  •  0
  •  0

みかじめ料裁判で共政会守屋総裁らに1580万円の損害賠償確定

広島市を拠点とする指定暴力団共政会傘下の組員らが、市内の派遣型性風俗営業のデリバリーヘルス業者からみかじめ料を脅し取った事件で、被害に遭った経営者たちが当時共政会会長だった守屋輯総裁(76)ら4人に損害賠償を求めた訴訟で、守屋総裁らに約1580万円の支払いを命じた広島高裁判決が確定した。上告期限の3月7日までに守屋総裁側と経営者側の双方が上告しなかったため。昨年5月の広島地裁判決は、守屋総裁に組長らの使用者...

  •  0
  •  0

共政会本部の家宅捜索たったの15分で終了

2月28日、広島、島根両県警は暴力団組員の関与が無いとうその誓約をして島根県内の祭りに露店を出したとして、広島市中区弥生町、指定暴力団共政会吉田組組長吉田明則(65)と同、露天商松尾和彦(37)の両容疑者を詐欺容疑で逮捕した事件に絡み、広島市南区の共政会本部を家宅捜索した。家宅捜索は65人態勢で午後1時40分ごろから始まり、約15分で終了した。広島県警によると、共政会本部の家宅捜索は18年5月以降、9カ月ぶり。(中...

  •  0
  •  0

島根の祭りで暴力団組員を隠して露天を出店した共政会吉田組組長と露天商

2月27日、広島・島根両県警は、広島市中区弥生町、指定暴力団共政会吉田組組長吉田明則(65)と同露天商松尾和彦(37)の両容疑者を詐欺の疑いで逮捕した。逮捕容疑は2人は共謀して18年夏、島根県内で開かれた祭りの実行委員会に暴力団組員の関与がないとうその誓約をして、露天の出店を申し込み、焼き鳥などを販売した疑い。広島県警によると、吉田容疑者が露天を営業しているのを捜査員が見たという。吉田容疑者は「すべて間違っ...

  •  0
  •  0

広島デリバリーヘルス業者みかじめ料恐喝事件で被害者側の精神的苦痛を認める

広島市を拠点とする指定暴力団共政会傘下の組員らが、市内の派遣型性風俗営業のデリバリーヘルス業者からみかじめ料を脅し取った事件で、被害者たちが当時共政会会長だった守屋輯総裁(76)ら4人に約2200万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が2月20日、広島高裁であった。金村俊彦裁判長は、一審広島地裁判決を支持して守屋総裁の使用者責任を認めた上で、賠償額を約220万円減額した。金村裁判長は、共政会が傘下組織にみかじ...

  •  0
  •  0

「暴力団組員になる前に口座開設したんです」共政会引野組組員を詐欺容疑で逮捕

1月16日、呉署は広島市安芸区矢野町、指定暴力団共政会引野組組員林裕二容疑者(46)を詐欺の疑いで逮捕した。逮捕容疑は2012年2月27日、呉市内の金融機関で、暴力団組員ではないと装って口座開設を申し込み、通帳1通とキャッシュカード1枚をだまし取った疑い。呉署によると、林容疑者は反社会勢力ではないことなどを表明、確約する内容が盛り込まれた新規申込書に押印して金融機関に提出し、口座を開設した。「暴力団組員になる前...

  •  0
  •  0

共政会沖田組組員が女性飲食店店長を殴る蹴る

1月14日、広島中央署は広島市中区吉島町、指定暴力団共政会沖田組組員三宅祐輔容疑者(52)を傷害の疑いで逮捕した。逮捕容疑は1月12日午前1時45分ごろ、自宅で飲食店店長女性(49)の腹を蹴ったり、頭を殴ったりして約4週間のけがを負わせた疑い。「頭部は殴ったが、足蹴りはしていない」と一部否認しているという。(中国)...

  •  0
  •  0

共政会播真組の男が深夜、飲食店で酒飲んで大暴れ

大竹署は12月22日午後11時50分ごろ、大竹市油見2丁目、指定暴力団共政会播真組組員清水昇容疑者(50)を傷害と暴行の疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は、竹原市新町1丁目の飲食店で、30代の店長男性の顏を数回殴ってけがを負わせ、同店の30代の従業員男性の顏も数回殴った疑い。同署によると、清水容疑者は客として来店し酒を飲んでいた。「一切やっていない。何のことか分からない」と否認しているという。(中国)...

  •  0
  •  0