広島スタイル~時事・犯罪・事件・事故・問題

月・日別2015年09月 1/3

「総合福祉サービススマイル」が介護報酬不正請求で指定取り消し

広島市で訪問介護などを行う事業者が、実際にはサービスを行っていないにも関わらず、1800件あまりの介護報酬を不正に請求していたという。広島市はこの事業者におよそ650万円の返還を求めるとともに、介護の事業者としての指定を取り消した。指定取り消しの処分を受けたのは広島市西区にある、「有限会社スマイル」が運営する「総合福祉サービススマイル」。広島市によると、この事業者は去年10月までの2年あまりの間に、実際には...

  •  4
  •  0

広島土石流「警戒区域」の85%以上が「特別警戒区域」になる模様

2014年8月の広島市の土砂災害を受けて、広島県が基準を見直して土石流の警戒が必要な区域について再検討を行ったところ、従来の基準で指定した「警戒区域」の85パーセント以上で、より危険性が高い「特別警戒区域」に該当するおそれがあるという。土石流の警戒が必要な区域については、都道府県が「警戒区域」や危険性が著しく高い「特別警戒区域」に指定しており、去年8月の広島市の土砂災害では、「特別警戒区域」だけでなく、広...

  •  0
  •  0

元日歯連副理事長が2013年参院選で石井みどり氏陣営を手伝う職員に250万円渡す

政治団体「日本歯科医師連盟」(日歯連)をめぐる政治資金規正法違反事件に絡み、2013年7月の参院選前後に自民党の石井みどり参院議員陣営の出納責任者だった元日歯連副理事長が、選挙運動を手伝った日歯連職員1人に少なくとも250万円を渡していたという。公選法は、選挙運動員への報酬の支払いを原則として禁じている。東京地検特捜部もこうした支出を確認しており、公選法違反(買収)の疑いもあるとして捜査しているとみられる...

  •  0
  •  0

広島弁護士会館で落選運動を画策

9月26日、安全保障関連法について廃止を求める市民団体が中区の広島弁護士会館で集会を開いた。約100人が参加し、廃止に向けて意見を出し合ったという。集会は市民団体「ストップ!戦争法 ヒロシマ実行委員会」が主催。実行委はこれまでデモなどを実施してきたが、同法の成立を受けて今後の活動内容を考えるため集会を開いた。集会では参加者たちが次々とマイクを握り、法案に賛成した議員に対する「落選運動」や、デモ行進のあり...

  •  0
  •  0

NHK受信料を全世帯から徴収義務化を自民党が提言

自民党がまた、つまらない悪法を作ろうとしている。それはテレビを所有していなくても、受信料を強制的に徴収しようとするもので、マイナンバー制度と絡めて税金を吸い上げようというのだ。自民党情報通信戦略調査会放送法の改正に関する小委員会(委員長=佐藤勉・衆院国対委員長)は9月24日、NHKや総務省に対し、NHKの受信契約の有無に関わらず受信料を徴収する「支払い義務化」を求める提言をまとめた。委員会は、不払い...

  •  0
  •  0

「朝まで生テレビ」SEALDsが来年の参院選で解散

9月26日、SEALDsのメンバー2人が「朝まで生テレビ」に出演していたが、印象としてはいい子を演じていたようだった。そして来年(2016年)の参院選で解散すると、SEALDs創設メンバーの奥田愛基と諏訪原健が語った。番組内では、民主主義や安保関連法制について相変わらず入り乱れて議論していたが、面白い発言もあった。一つは、ケントギルバート氏が「憲法で日本は平和と安全を守り保持する、と言いながら、憲法9条で戦力を保持し...

  •  0
  •  0

川島なお美さんが許せなかった広島ドッグパーク問題

9月24日、胆管がんを公表して治療を続けていた女優の川島なお美さんが東京都内の病院で亡くなり、54歳の生涯を閉じた。川島さんはペット愛好家だったようで、広島ドッグパークが2005年に閉園したが、翌年の2006年に3度、ボランティアとして広島ドッグパークを訪れていた。そしてそこには、あの大阪のアークエンジェルズの林代表もいた。川島さんの当時のブログの中で、「前の悪徳業者が、ここに餓死していった犬たちを埋めました」...

  •  0
  •  0

整備不良の車を貸し出して男性が死亡

広島市東区の自動車整備などを行う会社から貸し出された代車に乗っていた、当時30歳の男性が2014年9月に一酸化炭素中毒により死亡したのは、代車が整備不良の状態にあることを知りながら貸し出したことが原因だとして、警察は会社の専務や販売部長らを業務上過失致死の疑いで書類送検した。2014年9月24日、広島市安佐北区の中国自動車道のサービスエリアで、当時30歳の男性が軽乗用車の車内で休憩中、一酸化炭素中毒により死亡した...

  •  0
  •  0

安保関連法成立後のマスコミ各社の世論調査の疑問

安全保障関連法が9月19日未明に成立したことを受けて、新聞各社やテレビ局が早速、19日から20日にかけて世論調査を行った。マスコミ各社の質問の仕方には微妙な違いがあるが、その数値を下記の表にまとめてみた。質問内容については、各社とも似たような数値になっているが、質問の仕方で数値が大きく変わっている。安全保障関連法で理解度が極端に低い理由について、「十分説明してきましたか」とか、「十分理解できましたか」と...

  •  0
  •  0

広島で就活していた山口組系元組員

広島県警や暴力追放県民会議などでつくる県暴力団離脱者社会復帰対策協議会には、離脱や就職を望む組員を保護し、企業を紹介する制度がある。県対策協が企業紹介を強化する背景には、近年、組員の離脱者が目立っていることや、離脱後に職に就けず、犯罪に走りがちな実情もあるという。広島市内の住宅解体現場で、かつて指定暴力団山口組系の組織に属していた男性(33)がヘルメット姿で作業に汗を流す。週4~6日の勤務を始めて約1...

  •  0
  •  0

安全保障関連法の強硬裁決が原爆投下に?

9月21日の報道ステーションでは、冒頭から安保関連法案に反対するデモ集団や脳科学者の茂木が出ていた。茂木はデモについて「一つの成功体験として持っているのでこれは大きいです」「半年後には全然、今想像できないような姿が見えてくるかもしれない」などと言っていた。また、高校生のデモも紹介していた。高校生は「僕は戦後100年を迎えたとき、自分の子供に日本は100年間戦争をしなかったんだって自慢したい」「民主主義とは...

  •  0
  •  0

呉基地の自衛隊員の胸中「命を失う覚悟はできている、犠牲を担うのが自衛官だ!」

安全保障関連法案の質疑の中でリスクが下がるとか上がるとか答弁をしていたが、与野党ともに結局ほとんど噛み合わない状態だったように思う。本来は、こんな質疑を延々と続けるのもおかしな話で時間ももったいない。リスクについては与党もはっきりと示すべきだった。安全保障関連法で集団的自衛権によってリスクが低くなるという考え方は、抑止力として機能している状態だと思うが、これが駆けつけ警護や後方支援となると、自衛隊...

  •  0
  •  0

憲法でメシを食う憲法学者は安全保障を理解できない

報道特集で、安保関連法案について、過去にさまざまな人の話を聞いてきたと説明があり、その中で、広島出身の憲法学者である長谷部恭男氏の意見を紹介していた。長谷部氏は自民党推薦だったが、憲法審査会で、安全保障関連法案は違憲の立場をとった人だ。憲法学者・長谷部早大教授の参考人招致は失敗だった 長谷部氏は、「選挙の時に多くの人が気付かなかった論点があり、議会に選ばれた多数派と有権者の間には意見の隔たりがある...

  •  0
  •  0

安全保障関連法案可決で広島県内の各党の反応は?

安全保障関連法が成立したことについて、広島県内の各党の幹部は次のように話しているという。自民党広島県連の宇田伸幹事長は「現在の国際状況などを考えると安全保障関連法の成立はきわめて時宜を得たものだ。ただ、今後の具体的な運用などについては国民を不安にさせないよう、国民の意見を真摯に聞いて、理解を得て行う必要がある」としている。民主党広島県連の福知基弘幹事長は、「明らかに憲法違反の法律で立憲主義や民主主...

  •  0
  •  0

安保法案可決で広島の自衛隊員「命令なら行くだけ」

安全保障関連法案が参院で可決したが、広島の陸海自衛隊員は、どう考えているのだろうか。中国新聞ではタイトルを「基地の街、不安・懸念『命令なら行くだけ』」としているが、本当は「基地の街、自衛隊員『余計なお世話』」と言いたいところだ。自衛隊について言うと、実は何人もの知人が数年で辞めていった。自衛隊の活動内容に共感して入隊した人もいれば、大学進学のための学費が払えない理由や家計の事情で入隊した人もいたの...

  •  0
  •  0

鳥取と島根で「ローソン・ポプラ」新店舗展開

コンビニチェーン大手の「ローソン」と、広島市に本社のある中堅の「ポプラ」は、鳥取県と島根県で「ローソン・ポプラ」の名称で、両社の特徴をあわせ持つ新しい形の店を展開し、地方での営業戦略で連携を強化するという。これは、「ローソン」の玉塚元一社長と、「ポプラ」の目黒真司社長が9月18日、都内で記者会見して発表した。それによると、今年11月に、鳥取県と島根県にあるポプラの直営店、数店舗を「ローソン・ポプラ」と...

  •  0
  •  0

山本太郎議員が参院本会議で牛歩・焼香のパフォーマンス

9月18日、生活の党と山本太郎となかまたちの山本太郎共同代表は参院本会議で、安倍晋三首相の問責決議案の記名投票に際し、議場をゆっくり歩く「牛歩」戦術で議事進行を遅らせた。投票直前には焼香のしぐさを見せるパフォーマンスを行った。山本議員は17日の参院平和安全法制特別委員会で、安全保障関連法案の採決時に「自民党が死んだ日」と書かれたプラカードを掲示した。18日の参院本会議では喪服に身を包み審議に臨んだ。山本...

  •  0
  •  0

山本太郎議員が鴻池委員長席に猛突進

9月17日に行われた参院平和安全法制特別委員会で、民主党の小西洋之参院議員が鴻池祥肇委員長めがけてダイビング攻撃を仕掛けたが、生活の党と山本太郎となかまたちの共同代表である山本太郎議員が、鴻池委員長の席に猛突進し、与野党の議員から静止され、咎められる場面が印象的だった。報道ステーションで報道された一場面だったが、山本太郎議員は何を奪おうとしたのかは不明だが、その動きは素早かった。しかし、モノを奪う場...

  •  0
  •  0

安保関連法案可決で大荒れ、自民・佐藤議員が民主・小西議員をブロック!

9月17日、集団的自衛権の限定的な行使容認を含む安全保障関連法案は、参院平和安全法制特別委員会で与党などの賛成多数で可決された。怒号が飛び交う中で、民主党の小西洋之参院議員が鴻池祥肇委員長めがけてダイビング攻撃を仕掛けるなど、与野党が肉弾戦を繰り広げる大荒れの展開となった。民主党の小西氏が委員会室後方の窓枠に足をかけ、鴻池氏めがけてダイビング攻撃を仕掛けようとしたが、自民党の佐藤正久筆頭理事が小西氏...

  •  0
  •  0

奥田愛基がリクルートスーツで国会前デモ&3人逮捕

カープの野球帽をかぶらなかった奥田愛基だったが、この日はリクルートスーツで「就職!就職!」いや、「安保法案反対!」を叫んだ。ただ、あんまり根詰めて大声を張り上げると、脳溢血になる恐れもあるから、気を付けた方がいい。9月15日、東京・永田町の国会議事堂周辺では、公聴会で意見を表明した法案に反対する学生グループ「SEALDs(シールズ)」の中心メンバーで明治学院大4年、奥田愛基らがマイクを持ち主張を訴える中、...

  •  0
  •  0