広島スタイル~時事・犯罪・事件・事故・問題

月・日別2015年08月 1/2

ついに安倍首相に殺害予告テロ発生!

安全保障関連法案に反対する市民団体が主催した8月30日の国会周辺の集会には、民主党の岡田克也代表ら野党幹部のほか、法政大の山口二郎教授や音楽家の坂本龍一氏、学生団体「SEALDs(シールズ)」のメンバーらが参加し、安倍晋三首相を「安倍」と呼び捨てにしながら、「戦争法案反対」「安倍政権打倒」などと訴えた。特に山口二郎法政大教授の発言に注目したい。憎しみによる殺害などの犯罪は、憎悪に満ちた邪悪な思いが募...

  •  0
  •  0

国会近くのデモ集会で参加者2人を暴行容疑で現行犯逮捕!

8月30日、警視庁は国会近くで開かれた安全保障関連法案に反対する集会で、交通規制中の機動隊員に暴行を加えたとして、公務執行妨害罪の疑いで男2人を現行犯逮捕した。同庁によるた、いずれも集会の参加者で、容疑を否認している。逮捕容疑は、東京都内の60代の男が午後1時45分ごろ、国会近くの歩道上で20代の機動隊員の頭を殴った疑い。神奈川県の60代とみられる男は午後2時半ごろ、別の歩道上で30代の機動隊員の肩を突き飛ばす...

  •  0
  •  0

国会前10万人デモ「国会を包囲」!?暴動?破壊?

8月30日、報道ステーションSUNDAYで、安保関連法案に反対する国会前10万人デモを放送していた。そこには野党である民主党の岡田代表や共産党の志位代表、生活の党の小沢代表などの顔ぶれもあり、著名人も参加していた。しかし、参加者の中には、お行儀の悪い人も多く見受けられた。NHKニュースでも、この安保関連法案に反対のデモが取り上げられていた。その中で広島でもデモが行われたと報道された。デモでは安保法案は反対だとい...

  •  1
  •  0

安保法案賛成派がデモ!「戦争法案のレッテル貼りは見当違い!」

8月29日、政府与党が今国会中の成立を目指す安全保障関連法案に賛成する若者らが、都内でデモ行進を行ったという。「守ろうニッポン 戦争させない大行進」実行委員会が呼びかけたもので、約500人が参加。「集団的自衛権は限定されている。戦争法案というレッテル貼りは見当違いだ」と声をあげた。この日は大阪市、広島市、福岡市、長崎市の全国4カ所でもデモや街頭集会を実施。同委員会は「反対のデモばかりが目立っているが、賛...

  •  0
  •  0

広島で安保法案反対の母親が結集「ママの会・広島」設立? 

安全保障関連法案を巡り、子育て世代の母親らが「安保関連法案に反対するママの会・広島」を結成し、このほど県庁で記者会見を開いたという。8月30日に広島市中心部でデモ行進「戦争法案反対・金座街ジャック」を行うという。「ママの会」は今年7月、京都市の母親らが「誰の子どもも殺させない」として設立。インターネット上で参加を呼び掛け、賛同した人たちが全国に会を作っている。同会・広島は7月28日に発足し、現在10人程度...

  •  0
  •  0

SEALDsの学生メンバーは就職せずにアメリカ留学?

週刊新潮に安保関連法案に反対する学生運動サークル「SEALDs」(シールズ)が掲載されていたので引用してみたい。就職せずにアメリカに留学とは何と裕福なことか。苦学生ならこの時間帯は、勉強がアルバイト、少し余裕がある学生なら将来について仲間と夢を語っているのが相場だ。すると、SEALDsのメンバーたちは来年も国会前で活動するのだろうか。安保関連法案が可決したら、解散するのだろうか。裕福な学生連中は、思い出づくり...

  •  0
  •  0

子供の暴力・深夜外出は親の責任

大阪の寝屋川で中学1年生の2人が殺害された事件で、中学生らが深夜に出歩いていることが報道された。マスコミ報道、特にテレビでは、深夜にタムロしている子供たちに声を掛けなかった「われわれ大人の責任だ」などとしている。犯人が悪いのは当然だし、親は被害者という立場だから、公に批判できないのも仕方がないのか。しかし、深夜に家を外出してタムロしていることが問題だという考えも当たり前のようにある。家庭事情から親の...

  •  0
  •  0

北朝鮮が核兵器使用の兆候で韓国軍が金正恩を暗殺!

8月28日、韓国軍は北部の京畿道抱川の演習場で過去最大規模の統合火力訓練を行い、朴槿恵大統領が観閲した。17日から韓国で続いていた米韓連合軍の指揮所演習「乙支フリーダムガーディアン」は28日に終了したが、韓国は25日の南北合意で緊張緩和に合意した後も北朝鮮への軍事的圧力を緩めない姿勢をアピールしている。統合火力訓練には在韓米軍も参加し、約2千人の将兵と戦闘機やヘリ計80機以上、戦車など約100台が投入された。一...

  •  0
  •  0

広島県信用組合で元支店長が3500万円着服2年以上隠ぺい

広島県信用組合の元支店長が、5年間にわたって顧客から預かった預金3400万円あまりを着服していたことがわかり、信用組合では8月27日付けで懲戒解雇処分にした。広島県信用組合は、この問題を2年以上にわたって公表しておらず、当時の理事長が隠ぺいの判断を行っていたという。これは28日午後、広島県信用組合の西川和彦理事長らが記者会見して明らかにした。それによると、広島県信用組合の因島支店と因島北支店、尾道支店の支店...

  •  0
  •  0

女性活躍推進法という悪法が成立

安倍政権が掲げる「輝く女性の活躍」、そして2020年までに指導的地位に女性が占める割合を30%にするという数値目標の設定などを義務付ける「女性活躍推進法」が8月28日、参院本会議で自民、民主、公明各党などの賛成多数で可決され、成立した。この意味のない法律は、安倍政権の政策の中で、最も悪法だと言える。こんな下らない考えを持っているから小渕優子前経産大臣が政治資金問題で辞任したとき、議員辞職どころか自民党が公...

  •  0
  •  0

スマートフォンで「1・1・0」通信速度が速くなる?というウソの情報が急増

スマートフォンで3日間のデータ通信量が1GBを超えると通信速度が極端に遅くなり、128kbpsになるというエゴイストなシステム。都市部で光回線を引いているなら気にもならないが、ど田舎でインターネットを頻繁に使うとなると、非常に困る。それは、ほとんど使えないに等しい。かといってADSLもいずれ廃止になるらしい。通信事業者は、もっとサービスを向上してもらいたいが、こんなものに飛びついて騙される人が多いということは、...

  •  0
  •  0

サンエーが株式97.6%売却で広島投資ファンド失敗

8月26日、広島県が創設した官民出資の投資ファンドの運営会社、ひろしまイノベーション推進機構(広島市中区)は、約10億円を投資したセンサー製造のサンエー(三次市)の全保有株式を、樹脂資材など製造のクリヤマ(大阪市淀川区)に売却すると発表した。投資先の株式売却は初めて。これによってサンエーはクリヤマの子会社となり、機構の手を離れるという。サンエーは2015年8月期に3年連続の赤字を見込み、業績は伸び悩むが、機...

  •  0
  •  0

三原市立第五中の教諭が児童買春容疑で逮捕

8月26日、三原市の中学校に勤務する28歳の教諭が、女子中学生に現金を渡す約束をしてわいせつな行為をしたとして逮捕された。広島県警少年対策課と府中署は、三原市立第五中教諭、山田卓容疑者(28)=東広島三永、を児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕した。山田容疑者は容疑を否認しているという。府中署などの調べでは、7月13日、福山市内のホテルで、当時14歳の県内の中学3年女子生徒が18歳未満であると知りながら、2万円...

  •  1
  •  0

広島県の土砂災害警戒情報メールがトラブルで配信されず

防災情報を発信する広島県のメールサービスで、広島市への土砂災害警戒情報発表を知らせるメールが、配信されないトラブルがあった。広島市には、8月25日正午前に、土砂災害警戒情報が出されたが、これを知らせるメールが、およそ8000件の登録先に配信されなかったという。県は、およそ1時間後に、お詫びを添えたメールを手動で配信し、システムも復旧させた。県砂防課では「去年の土砂災害後、登録者が急増したため、システムが処...

  •  0
  •  0

山本圭壱を扱わない地元広島のマスコミ

自虐ネタでアピールしてきた広島県も、さすがに山本圭壱を自虐ネタで扱うにはリスクが高いのか。さらに広島のテレビ局が扱うにも、視聴者からのクレームや放送局の倫理規定に違反するのが怖くて出来ないからか。相変わらず冷たい"ひろしま"だ。しかし、それでもそんな人物を見てみたいというごく一部のファンがいるようだ。極楽とんぼ・山本圭壱(47)が、日刊スポーツの単独インタビューに応じ、現在の心境や相方の加藤浩次(46)...

  •  0
  •  0

庄原市「緑の村」の預金口座から3250万円が不正に引き出される

庄原市にある第3セクターのインターネットバンキングのパスワードなどが盗み取られ、預金口座からおよそ3250万円が不正に引き出されたという。被害にあったのは道の駅などを運営する庄原市の第3セクター「緑の村」。庄原市や「緑の村」によると今年3月、広島みどり信用金庫の「緑の村」のインターネットバンキングの2つの預金口座から、およそ3250万円が不正に引き出され、複数の口座に送金されたという。不正なアクセスは2日間で3...

  •  0
  •  0

山本太郎議員が国会質疑で米国の戦争犯罪を指摘「アメリカ嫌い?」

8月25日、参院特別委での安保法制審議のなかで、「生活の党と山本太郎となかまたちの時間がやって参りました!」と、共同代表である山本太郎議員が質問席に立った。安倍総理は「また出たのか」というような嫌な顔をしていた。山本議員の特徴は、出だしはにこやかに質疑をしていくが、徐々に不機嫌になり、最後は怒り出すというパターン。今回はテレビ向け用のパフォーマンスは控え気味だった。山本議員の質疑の中で、2004年に米軍...

  •  0
  •  0

素行の悪いSEALDsを擁護するみっともない大人たち

ついにSEALDsが本性を現し始めたようだ。素行が悪く、暴力的で醜い発言は、今の真面目な日本国民を不快にさせる。そしてそんなSEALDsを擁護している大人たちは本当にみっともないし、同類といえる。その光景はまさにヘイトスピーチのようだ。いや、単にダダをこねる子供がそのまま甘やかされて成人を迎えた、という表現の方が相応しいかもしれない。政治に不満を持って対峙するなら、その活動方法は高尚なものでないと、世間から認...

  •  0
  •  0

「広島の夫婦が激しくののしり合う」2014年度・広島県の児童虐待相談最多1850件

広島県内の3カ所のこども家庭センターに寄せられた2014年度の児童虐待の相談件数は、前年度より291件多い1850件で、6年連続で過去最多を更新した。親が家族を虐げる様子を子供に見せる「面前ドメスティックバイオレンス(DV)」など、心理的虐待の急増が総数を押し上げているという。前年度比で最も増えたのは、言葉による脅しや兄弟姉妹間の差別的扱いなどの心理的虐待で、226件増の620件だった。身体的虐待は39件増の808件、育児...

  •  0
  •  0

安保法制可決で反対派教師にみる偏向教育

今国会で審議されている安保法制の解釈で、反対派が日本は戦争する国になり、自衛隊員や子供たちが徴兵制で戦争に駆り出されて死んでいくと言っているが、安保法制が可決された後、教育現場ではどのように教えていくのだろうか。今回の安保法制については、ほとんどの憲法学者から違憲だと指摘されたが、国防上必要だという正当性もある。そのような解釈改憲について、護憲派による高校教師や大学教授による偏向教育の可能性も心配...

  •  0
  •  0

広島市の被災地の地価が最大5割下落

広島土砂災害は8月20日で発生1年を迎えた。被害が大きかった地域では、1年間で地価が5割も下落した土地があり、地価下落は生活再建の壁になっているという。新たに建設する砂防ダムの用地買収でも、住民の不満が募っている。今年初め、広島市安佐南区八木3丁目の家と土地を相続した60代の男性は、"タダ同然"の価格で手放した。「住む人はおらず、管理するにも更地にするにも費用がかかる。不動産会社にすべてを任せる形で譲るしか...

  •  0
  •  0

朴槿恵大統領、北朝鮮崩壊で南北統一来年にも

韓国の朴槿恵(パククネ)大統領が7月、大統領府での非公式会議で「統一は来年にも起きるかもしれない」と述べ、南北統一への準備を急ぐよう出席者に求めていたと、韓国紙、ハンギョレ新聞が8月18日、複数の出席者の話として報じた。朴氏は「北朝鮮で影響力を持つ人々が亡命してきている」と指摘。出席者は北朝鮮の体制が早期に崩壊する可能性があることを念頭に置いた発言受け止めていたという。北朝鮮は、朴政権が北朝鮮の体制を...

  •  0
  •  0

広島被災者「戻りたくない」増加

75人が亡くなった広島市の土砂災害から8月20日で1年。NHKが被災した人を対象に行ったアンケート調査で、もともと住んでいた場所に戻りたいか聞いたところ「戻りたい」が半年前の調査に比べておよそ10ポイント減ったのに対し、「戻りたくない」は逆におよそ10ポイント増加し、ほぼ同数となった。調査方法は、7月から8月にかけて被災した100人を対象に災害後の生活状況などについてアンケート調査を行った。このなかで現在の住ま...

  •  0
  •  0

大雨による避難情報乱発状態を改善か?

広島市の松井市長は記者会見で、去年8月の土砂災害の被災地で、暫定的に運用している避難情報について、「情報の確度を精緻にできないか工夫する余地がある」と述べ、発令の基準や範囲について、今年秋以降に見直す考えを示した。広島市は、去年8月の土砂災害で大きな被害を受けた安佐南区と安佐北区について暫定的に、気象台が広島市に大雨注意報を出せば避難準備情報を、大雨警報を出せば避難勧告を自動的に発令している。これに...

  •  0
  •  0

中国・天津の大爆発事故で広島県内の企業にも影響

中国・天津で、日本時間の8月13日に起きた爆発事故で、現地に進出している広島県内の企業にも影響が出ているという。爆発で直接の被害を受けたり、危険物の取り扱いができなくなったりと、影響はさまざま。自動車メーカーのマツダによると、事故現場の近くで保管していた「マツダ5」、合わせて55台が、爆発で破損した可能性が出ている。また、現場から8キロの地点にあるマツダ車の販売店は、18日まで自主的に休業していて、19日以...

  •  0
  •  0

安保法案「必要」が増える!少しは勉強したのか

産経新聞社・FNNの世論調査で、集団的自衛権の限定的な行使容認を含む安全保障関連法案を「必要」と答えた人が前回調査(7月18、19両日実施)より約16ポイントも増えた。特に女性は全世代で増加し、5割以上が「必要」と回答した。中でも40代は前回比20.9ポイント増の62.8%。30代(51.3%)と50代(57.5%)、60代以上(55.3%)も約20ポイント増えていた。理由として、民主党など野党による「戦争法案」「徴兵制復活」と...

  •  0
  •  0

猿猴川の浮き桟橋が行政代執行

広島市内を流れる猿猴川の浮き桟橋などの施設が、許可を受けないまま使われているとして広島県は強制的に元の状態に戻す行政代執行を8月18日から行った。広島市南区の猿猴川には昭和43年から係留されたボート用の桟橋として浮き桟橋が設置された。この桟橋について広島県はおととし、所有者に使用を許可しない通知を出し、撤去するよう勧告や命令を行ってきたが改善がみられなかったため18日から強制的に元の状態に戻す行政代執行...

  •  0
  •  0

大学措置法で暴動と化した広島大学(1969年)

安保法制の解釈が割れている中で、法案が成立した暁には反対派(護憲派)による暴動は起きるのだろうか。社会生活における治安維持のための規制や法整備は現代社会では当たり前だとしても、生きる世界が違う人たちにとっては、我慢できない事かもしれない。そう考えると、自由と平和を声高々に叫ぶ人こそ危険なのかも知れない。そんなことから、過去に「大学措置法」という法律が臨時的に作られ、これによって全国の大学で暴動が起...

  •  0
  •  0

塩村都議が産経新聞の記事に憤慨!

産経新聞が塩村文夏都議の政務活動費について書いた記事について、塩村都議が自信のHPで憤慨している模様。記事の内容とは下記のとおり。セクハラやじ被害の塩村都議、議会質問写真の無償提供あるのに撮影依頼セクハラやじ問題で注目を集めた東京都議会の塩村文夏議員(37)=無所属=が、アイドルの撮影などを手がける有名スタジオに、政務活動費から3万4400円を支出し、議場で一般質問する自らの姿を撮影させていたことが8月7日...

  •  0
  •  0

サンデーモーニングで「安保関連法案に反対するママの会」のデモ・煽る週刊誌を放送

安保法制反対デモの様子を、またしてもTBS・サンデーモーニングで放送していた。学生デモの紹介から高校生デモに移り、今度は主婦デモを紹介していた。このママたちの声を聞くと、「誰の子供も殺させない」「子供たちを絶対に戦争に行かせたくない」「いてもたってもいられなくなって来た」「子供の未来が危険にさらされるかもしれない」「自分の子に『戦争に私たち行くの?』と言われたとき本当にショックだった。そんな言葉を二...

  •  0
  •  0