広島スタイル~時事・犯罪・事件・事故・問題

月・日別2015年03月 1/2

廿日市市女子高生殺害事件で事件直後に黒い服の男が目撃されていた

11年前、廿日市市で当時17歳の女子高校生が殺害された事件で、事件直後、現場の自宅前で犯人と特徴のよく似た男が目撃されていたという。男の服の腹の部分には、しみが付いていたということで、警察は男が生徒を襲った際の血が付いた状態で逃げたとみて、逃走経路などについて捜査している。11年前、廿日市市上平良で高校2年生だった北口聡美さん(当時17歳)が自宅で男に刃物で刺されて殺害され、祖母も大けがをした。警...

  •  0
  •  0

広島駅前ピストル乱射事件(1952年)

1952年(昭和27年)11月、広島駅前で、ヤクザによるピストル乱射事件があった。1950年代は、第一次広島抗争と呼ばれているが、東映の「仁義なき戦い」が公開されたのが1973年(昭和48年)だから、広島ヤクザ抗争を映画でしか知らない人にとっては生々しいかもしれない。当時の現場では、どのような報道だったのか、抗争の経緯なども交えて紹介してみたい。以下、朝日から引用。当時の広島駅前の様子原爆で二十余万の生命を一瞬に奪...

  •  0
  •  0

歴史問題にたかる中国・韓国

3月21日、日本、韓国、中国の3カ国外相が、ソウルで会談し、3カ国首脳会談の早期開催に向け努力していくことで一致したという。防災や環境分野での連携強化も確認した。これに先立つ日中、日韓の個別外相会談では、中韓両国が安倍晋三首相による今夏の戦後70年談話の内容に懸念を表明した。日中韓外相会談は平成24年4月に中国で開いて以来約3年ぶり。就任以来初めて訪韓した岸田文雄外相(広島1区)が中国の王毅外相、韓国の...

  •  0
  •  0

元極楽とんぼ・山本圭壱が地元広島でライブ開催を発表!

ついに本格始動か?スポーツ報知によると、2006年に淫行騒動を起こし、活動休止していた元極楽とんぼの山本圭壱(本名・圭一=47)が3月20日夜、今月31日に故郷の広島、4月6日に宮崎でお笑いライブを開催することを自身の公式ホームページで発表した。告知によると、広島は「HIROSHIMA BACK BEAT」、宮崎は「MIYAZAKI SR-BOX」が会場で、ともに午後7時開演。1月19日に東京・下...

  •  0
  •  0

保険屋「農協」が縮小

農協改革をめぐり、JA広島中央会が組織の効率化を目指して、広島県内に13ある農協を1つに合併することも含めた、新たな改革プランをまとめたことが分かった。JA広島中央会では、去年7月から、農家の所得の向上や生産の増加などを目指して改革プランの策定を進めていて、3月3日の理事会で新たな改革プランをまとめたという。この中では、平成23年にJA広島中央会が示した、県内の13の農協を3つから4つに集約する構...

  •  0
  •  0

エノラ・ゲイ副操縦士の手記「おれたちゃ何をやったんだ」・被爆70年記念シリーズ第9弾

広島に原爆を投下したB29「エノラ・ゲイ」(Enola Gay)の乗員たちは、広島市街地の約7割を破壊し尽くす地獄の閃光を眼下に、思わず「おれたちゃ、いったい何をやらかしたんだ」と、機内で叫んでいたという手記の話。この手記は、エノラ・ゲイの副操縦士、ロバート・ルイス大尉(Robert A. Lewis)が飛行中、ひざの上で書いたメモを、飛行後間もなく報告書をまとめる中でタイプし、まとめたものを広島市の被爆者の一人が、アイルラ...

  •  0
  •  0

「広島弁は冷たくて汚い?」週刊ダイヤモンドまでもが本当の事を書いた

週刊ダイヤモンドが特集した「ライバル県はここだ!、県民1万人調査で判明」の中で、気になる記事があった。「広島弁は冷たくて汚いが、岡山弁は温かい」(41歳女性)と岡山県民が言えば、広島県民が「岡山は広島と比べ人間性が悪い」(61歳男性)と言い返す始末だという。しかし、全国紙である週刊ダイヤモンドまでもが、本当の事を書いて出版している。アンケートは、2月下旬にクロス・マーケティングの協力を得て47都道...

  •  0
  •  0

ウクライナ危機で核兵器の準備をしていたロシア・プーチン大統領

プーチン大統領は、ロシアのクリミア編入から1年となるのに合わせて放送された特別番組に出演した。そのなかで、去年2月にウクライナでロシア寄りのヤヌコビッチ政権が崩壊し、親欧米派が政権を掌握した際、「核兵器の準備をせざるを得なかった」と述べ、欧米との全面対決という事態に備えていたことを明らかにした。そのうえで、ウクライナの政変は「アメリカが操っていた」と指摘した。また、「クリミアは歴史的にもロシアの領土...

  •  0
  •  0

流星ワゴン「ガラの悪い広島弁」本当のことを言うな!

日曜劇場「流星ワゴン」とかいうドラマを、ボーッと見ていたら、上野で出会ってどうのこうの、福山から出てきてどうのこうの、ガラの悪い広島弁でどうのこうの、シャツをまくしたててどうのこうのと言っていたので、つい反応してしまった。ガラの悪い広島弁?なんで本当の事を言うんだ?公共の電波を使って全国に本当の事を言うな!とアピールしたい。...

  •  0
  •  0

原爆投下したB29を撃墜し損ねた日本軍戦闘機?・被爆70年記念シリーズ第8弾

広島、長崎に原子爆弾を積んできたB29に対して、日本軍の戦闘機があわや撃墜一歩手前だったという記事を取り上げたい。この話を打ち明けた人物というのは、B29の一乗組員で操縦士の第五空軍・ウイリアム・ヘインズ曹長。当時、広島市上空に飛来したB29は3機とも4機とも言われているが、不思議なのは、この人物を調べてみたが、広島・長崎に飛来したB29の乗組員の中に名前が見当たらない。当時の記者が、誤って記事にした可能...

  •  0
  •  0

広島マタハラやり直し裁判が始まる

去年、最高裁判所が「妊娠や出産を理由とした降格は原則、違法で無効だ」との初めての判断を示し、審理のやり直しを命じた裁判が広島高等裁判所で3月13日に始まり、原告の女性側は改めて法律違反だと主張したのに対し、被告の病院側は訴えを退けるよう求めた。 広島市の病院で働いていた管理職の女性は、妊娠した際に負担の軽い部署への異動を希望したところ、管理職から外されたため、法律で禁じられている妊娠を理由とした不...

  •  0
  •  0

本当の事が言えない広島に移り住んだ悩める震災避難者たち

東日本大震災後、広島県内に移り住んだ避難者の中で、県内への定住を希望する人と、今後の予定を決めていない人がそれぞれ4割いることが市民団体のアンケートで分かったという。3月11日で地震発生から4年。団体では「時間の経過とともに、子どもの進路や介護などの悩みに直面している家庭が増えた」と分析している。ひろしま避難者の会「アスチカ」が、2月に会員118世帯(338人)に生活の予定や課題、必要だと考える支...

  •  0
  •  0

塩村都議が知事から「しもむらあやこ」と呼ばれる

塩村都議のHPによると、平成27年第1回定例会、都議会一般質問で、塩村文夏都議の名前が知事から間違えて呼ばれたらしい。まあ、どうでもいいんだが。以下、一部引用。「知事に、苗字も下の名前も間違われました(笑) しもむらあやこ、ではありません。わたしは、塩村あやかです。 言い直して欲しかったです。」http://shiomura-ayaka.com/2015/03/05/report-1041.html...

  •  0
  •  0

広島原爆と福島原発事故の被爆(被曝)放射線量と健康への影響

2011年3月の福島第一原発事故が起きた後、放出された放射線量が気になっていた時期があった。放出された放射線量は広島原爆による放射線量と、どのくらい違うものなのか。下の表は、当時、いくつかのサイトやニュースからまとめていたもので、「放射線による健康への影響」という内容で、2011年6月時点のものである。その後、変更になったものがあるかも知れないが、参考程度ということで理解してほしい。単位は、とりあえず比較し...

  •  0
  •  0

消防士17人が焼死した呉市山林大火災(1971年)

昭和46年4月27日白昼、火災警報発令中の呉市で山火事が発生し、消防士や海上自衛隊員ら約600人が出動して消火作業中、17人が焼死し、1人が重傷という大惨事があった。現場は深い谷底で、風向きが急変して火が谷間から頂上に吹き上げる形になったため、火に囲まれて逃げ遅れた。火事は民有林300ヘクタール以上を焼いた。出火の原因は、道路整備作業員のたき火が枯草に燃え移ったというもの。山火事による焼死事件としては史上最大...

  •  0
  •  0

広島県内の出生数が30年間で3割減少

読売新聞によると、広島県内の2013年の出生数は2万4713人で、30年前に比べ、30%減(全国平均は32%減)だったという。30年間で人口が2%増えた県内でも出生減が浮き彫りとなった。出生数は1983年と13年のデータを比べ、人口は85年の国勢調査と14年1月の住民基本台帳に基づいて比較。出生数は、県内23市町のうち、21市町で減少し、増えたのは東広島市と坂町のみだった。出生数の減少率が最も高か...

  •  0
  •  0

日本への原爆投下第三弾が決定的だったという極秘文書・被爆70年記念シリーズ第7弾

「ポツダム宣言受諾がなければ、日本への第三弾(3発目)の原爆投下が決定的だった」という極秘文書が過去に見つかっていた。1975年(昭和50年)、広島市が原爆関係資料の複写を依頼していた米国立ワシントン公文書館(NARA)のジョン・E・テーラー(John E Taylor )近代軍事部門責任者から、マンハッタン計画(米国の原爆開発計画)をめぐる極秘メモ、電文など10通の写しが、広島市に届いている。その中に広島、長崎に次ぐ対...

  •  0
  •  0

恐怖の「ズンズン運動」広島出身のNPO法人代表が逮捕される

恐怖の「ズンズン運動」の発案者であるNPO法人理事長・姫川尚美容疑者(57)が逮捕された。その様子は見るに堪えない恐ろしい幼児虐待そのものだ。よくこんなマッサージ師に、かわいいわが子を預けられるものだ。姫川尚美容疑者は広島市出身。高校卒業後、呉服店で働く。1982年に結婚し、子供が5人いるが2001年離婚。姫川容疑者は、1992年ごろから上越市で幼児教室を開いていたが、2000年ごろから「障害のあ...

  •  0
  •  0

今読んでみる「原爆の子」で地獄の果てを見る・被爆70年記念シリーズ第6弾

今さら、誰もこんな本は読みたくないだろう。この本を読んだところで原爆孤児たちの話題など、仲間内で出来るはずもない。恐らく全国でもこの本を読んだ人はごく一部かも知れない。この本の存在は10代の頃から知っていたが、読む気にはなれなかった。本のタイトルからして内容が推測できる上に、被爆者のことは多くの写真を見ることで十分だったからだ。しかし、この本は、原爆の惨状を知るうえでのバイブル的な本だから一度は読...

  •  0
  •  0

帝釈峡遊覧船転覆事故(1934年)を扱った紙芝居が披露される

1934年3月末に、児童ら14人が犠牲になった帝釈峡(神石高原町、庄原市)の神龍湖での遊覧船転覆事故を扱った紙芝居の読み聞かせが3月2日、庄原市東城町の市立粟田小で開かれたという。この転覆事故は、前身の粟田尋常高等小の児童が卒業遠足で事故に遭ったというもの。【広島・昭和の事件史~脱線・転覆・落下死亡事故関連】 事故に関するスライドなどを基に、紙芝居を制作した福山市駅家町の水田安夫さん(68)が披露...

  •  0
  •  0