広島スタイル~時事・犯罪・事件・事故・問題

月・日別2012年06月 1/1

広島大学のキャンパス内に監視カメラが138台

広島大学は、東広島キャンパスの防犯カメラを従来の2.8倍の138台に増やしたという。2009年浜田女子学生遺棄事件を受けた防犯強化策の一環で、キャンパス内の全9研究科の建物にカメラを設置。これまでは大学院の文学、教育学など5研究科が独自に計49台を設置、管理していた。今回は総合科学、工学など残り4研究科の出入り口を中心に、同大本部の総務グループが5月に89台追加した。新設したカメラは同グループが一括管理する。24...

  •  1
  •  0

世羅町の田中池改修工事で補助金不正受給

6月7日、世羅町は昨年度予定していた「田中池改修工事」(世羅町寺町の県補助事業)で補助金の不正受給が判明し、広島県の命令に基づき補助金288万円を返還したという。世羅町によると、担当した産業観光課の30代の男性職員が年度末の2012年3月、随意契約した町内の建設会社が工事を実施していないのを知りながら、完成を偽装した書類などを作成し県に提出。町から同社に補助分を含む代金約390万円を支払わさせてい...

  •  0
  •  0

知人男性をナイフで殺害した男の判決は懲役12年

平成22年、府中市で知人の男性(当時49)をナイフで刺殺したとして殺人罪に問われた福山市加茂町の無職、江村智被告(53)の裁判員裁判の判決公判が6月1日、広島地裁であり、伊名波宏仁裁判長は「極めて危険な行為」として懲役12年(求刑懲役15年)を言い渡した。公判で江村被告は一貫して起訴内容を否認。伊名波裁判長は、現場に駆けつけた警察官に一度は否認したものの「わしが刺した」と供述したことに触れ、「事件から...

  •  4
  •  0