広島スタイル~時事・犯罪・事件・事故・問題

カテゴリ広島刑務所・拘置所 1/1

手紙拒否で広島拘置所に賠償命令

広島拘置所に勾留されていた被告に対し、母親からの手紙を渡すよう担当弁護士が求めたものの、拘置所の職員が拒否したのは違法だとして、弁護士が国に対し慰謝料などを求めた裁判で11月28日、広島高等裁判所は訴えを認め、国に11万円の支払いを命じた。この裁判は5年前、広島拘置所に勾留されていた被告に対して、担当弁護士が情状酌量を求める際の証拠となる母親からの手紙を手渡すよう、拘置所の職員に依頼した際「郵便でなけれ...

  •  1
  •  0

広島拘置所で起きたパワハラ判決

広島拘置所の職員だった男性が、上司からパワーハラスメントを受けてPTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症し、治療中に免職となったのは違法だなどと訴えていた裁判で、広島地方裁判所は処分の取り消しなどの請求を退けた一方、「上司の暴行は行き過ぎと言わざるを得ない」などとして、国におよそ22万円の支払いを命じた。この裁判は、広島拘置所の職員だった20代の男性が上司から指導として胸ぐらをつかまれ、激しい口調で詰問さ...

  •  0
  •  0

広島刑務所で受刑者が机を窓ガラスに投げつける

11月10日、広島刑務所は40代の男性受刑者を器物損壊の疑いで書類送検した。調べでは5月30日午後5時30分ごろ、同刑務所内の単独室で備え付けの机(縦約45センチ 横約60センチ 高さ約30センチ)を投げつけ、約50センチ四方の窓ガラス2枚(計約7千円相当)を割った疑い。男性は「いらだった気持ちを抑えきれなかった)と供述しているという。(中国)...

  •  0
  •  0

広島刑務所で受刑者が首つり自殺

11月11日、広島市中区の広島刑務所で、40代の男性受刑者が首をつっているのが見つかり、その後、死亡が確認された。広島刑務所によると、11日午前6時半ごろ、40代の男性受刑者が、6人が共同で生活していた部屋のトイレの配管にタオルを巻きつけて首をつっているのを、トイレに入ろうとした別の受刑者が見つけた。受刑者は病院に搬送されたが、およそ1時間後に死亡が確認された。広島刑務所では30分以内に1回のペー...

  •  1
  •  0

広島刑務所の実態

広島刑務所は広島市のほぼ中心部に位置しており、刑務所が市街地にあることについて近隣の住民の思いは様々だという。広島刑務所に隣接する町内会の会長は、市街地にある刑務所そのものの存在に疑問を投げかけている。「刑務所は市街地の中になければならないのか。山間部でもいいのではないかという声が出ていた」(町内会会長)一方、正門前に住む町内会の区長は、刑務所は明治時代からあり、自分たちは後から住み着いたので仕方...

  •  0
  •  0

広島刑務所から懲役23年の実刑判決を受けた中国人が脱走

1月11日午前、広島刑務所から殺人未遂などの罪で服役中の中国人の40歳の男が脱走し、警察は逮捕状を取って全国に指名手配し行方を捜査しているという。男は工事のため、刑務所の塀に組まれていた足場を使って脱走したと見られ、刑務所は、記者会見で管理態勢に問題があったことを認め、陳謝した。脱走したのは、殺人未遂などの罪で平成20年から広島刑務所に服役していた中国人の李国林容疑者(40)。刑務所によると、11日...

  •  0
  •  0

広島刑務所でキレた受刑者が看守の首絞める

看守の首を絞め殺害しようとしたとして、広島刑務所は4月3日、殺人未遂と公務執行妨害の疑いで、受刑者の山崎明容疑者(22)を逮捕した。逮捕容疑は、昨年8月30日午前9時頃、入浴を終えて収容されていた単独室に戻る際、部屋の鍵を開けようとした男性看守の首を、背後からひも状の布で絞めて殺害しようとし、看守は首に軽傷を負った。 同刑務所によると、山崎容疑者はズボンに縫い付けられていたベルト代わりの布をはがし、...

  •  0
  •  0