広島スタイル~時事・犯罪・事件・事故・問題

カテゴリ労働問題 1/4

違法な長時間労働「ムロオ」の社長に是正指導

12月21日、広島労働局は違法な長時間労働を複数の事業所でさせたとして、呉市中央の運送会社「ムロオ」を是正指導し、社名を公表した。厚生労働省が2015年に始めた行政指導をした段階での企業名の公表は全国で3例目で、中国地方では初めてとなる。同労働局によると、17年3月以降、同社の複数の事業所で、計104人が月80時間を超える残業をしていたことを確認。うち80人が「過労死ライン」を超える月100時間以上の残業をしていた。最...

  •  0
  •  0

広島県内の外国人技能実習生失踪者数が327人

企業の人手不足を背景に外国人労働者が増える中、広島県内で18年中に失踪した外国人技能実習生が11月末時点で、過去最多だった2017年と同数の327人に上るという。法務省入国管理局によると、県内に住む実習生は全国で3番目に多い約1万3700人。県警外事課によると、実習生の失踪は年々増え、17年は327人で16年(190人)の1.7倍に上った。国籍別ではベトナムが221人と最も多く、中国68人と続く。警察に届け出がないケースもあり、実...

  •  0
  •  0

広島で働くと休みが無くなる、人間不信になる、「辞めたい」と言うと、冷たくののしられる

会社を辞めたいと言っても、なかなか応じてもらえなかった、という声が、広島市中区の会社員女性(23)から相談が寄せられたという。女性は昨年4月、広島市内の美容サロンで正社員として働き始めたが、社員研修の日も休日扱いになるなど、月5日も休めない環境に失望。半年後、退職の意思を伝えたが、上司は「今、忙しい」の一点張りで、何度伝えようとしてもはぐらかされたという。3カ月がたち、悩んだ女性は広島労働局の相談窓口...

  •  0
  •  0

広島県内の建設業死傷者数が282人、有効求人倍率7.07倍

人手不足が深刻化している広島県内の建設工事現場で労働災害が相次いでいる。広島労働局によると、今年(18年)は10月末現在で、休業4日以上の死傷者が282人に上ったという。この10年のうちで最悪となった。同局は、現場が慌ただしさを増す年末を前に注意を呼び掛けている。全産業での労災死傷者数は2336人。製造業666人、商業322人、運輸・交通業318人。死者数は、製造業が9人で最も多く、次いで建設業が7人。この10年間の建設業...

  •  0
  •  0

広島県内のブラック企業リストが厚労省HPで公表

厚生労働省が11月30日、労働基準関係法令違反の企業リスト(ブラック企業)を公表した。書類送検されて公表された期間は平成29年11月1日~平成30年10月31日分。広島県内では、前回の6月29日公表時には15社が公表されたが、今回は14社となった。馴染みのある会社としては、広島バスが名を連ねた。https://www.mhlw.go.jp/kinkyu/dl/180928.pdf以下、厚生労働省の公表リストから、広島県分だけを抜き出した。・山崎木材(広島県庄原...

  •  1
  •  0

改正入管難民法成立で自治体が通訳や生活ルールなど不安

外国人労働者の受け入れを拡大する改正入管難民法が12月8日未明、参院本会議で可決、成立した。中国地方5県には18年1月1日現在、日系人や技能実習生たち10万1335人の外国人が住んでいるが、外国人の多い市町村の首長たちからは、人手不足などを補えるとして一定の評価をする一方、生活支援で負担が増えるとして国のサポートを求める声が相次いだ。東広島市は、総務省まとめの住民基本台帳に基づく人口で外国人の割合が3.5%と、5県...

  •  0
  •  0

広島市民病院が労使協定で残業100時間にアップ

医師の紹介が無いと5000円を別途徴収する広島市民病院(広島市中区)を運営する市立病院機構が、医師に労使協定の上限の「月80時間」を超える残業をさせたとして労働基準監督署の是正勧告を受けた後、上限を「月100時間」に引き上げて協定を結び直していたという。月80時間でも過労死ラインだが、それを上回る見直しとなったことについて、機構は「労働法違反を回避する苦肉の策」としている。協定は5月1日付。医師に限り年6回まで...

  •  0
  •  0

外国人実習生・広島の雇用先7割が労働法違反、人権侵害も発覚

全国で2番目に外国人技能実習生が多い広島県内で、広島労働局が2017年に労働に関する法令違反を確認した事業場は261カ所と、立ち入り調査した対象の約70%に上ったという。賃金の不払いや長時間にわたる残業が多く、実習生が急増する一方で事業主の理解が乏しい実態が浮かぶ。国会で外国人労働者の受け入れ拡大に向けて改正法案の審議が進む中、労組関係者は「数字は氷山の一角。現実を直視する必要がある」と警鐘を鳴らす。広島労...

  •  0
  •  0

味付けのり「マルタカ」が賃金不払いで書類送検

11月9日、廿日市労働基準監督署は広島市佐伯区五日市町上小深川の味付け海苔メーカー「マルタカ」と同社社長男性(71)を労働基準法違反(賃金不払い)の疑いで書類送検した。書類送検容疑は、同社の従業員6人に対し、2017年6月〜18年5月、毎月の給料日に所定の賃金計約950万円を支払わなかった疑い。賃金の遅配もあったが、実質的な不払い総額は約850万円とみている。同署によると、会社は5月、事実上倒産したという。(中国)...

  •  0
  •  0

醜い広島県内の労働実態、17年度残業月100時間超の165事業場に是正勧告

働き方改革関連法の成立で来春以降、時間外労働(残業)の罰則付き規制の対象となる1カ月100時間を超える違法残業があったとして、広島県内の労働基準監督署が2017年度に是正勧告した事業場が165カ所あったことが広島労働局のまとめで分かった。前年度より28カ所減ったが、労働局は罰則導入を前に監督を強化する。労使協定で定めた上限を超えて100時間超の残業をした労働者がいる165カ所のうち、150時間超は19カ所(前年度比16カ所...

  •  0
  •  0

自殺したテクノ菱和元社員の遺族が損害賠償を求めて提訴

入社1年目に自殺し、労災認定された男性(当時23)の福山市内に住む両親が、長時間労働や休日出勤を抑制する義務を怠ったとして、当時の勤務先に約1億1400万円の損害賠償を求める訴訟を広島地裁福山支部に起こした。11月7日、第1回口頭弁論があり、会社側は請求棄却を求めた。訴状によると、男性は2016年4月、空調設備会社テクノ菱和(東京)に入社。6月に福岡市の九州支店に配属され、工事現場や工場で業務に従事していたが、12月...

  •  0
  •  0

日本製紙岩国工場で作業員男性が車両に挟まれて死亡

11月6日午後4時ごろ、岩国市飯田町2丁目の日本製紙岩国工場で、廿日市市沖塩屋2丁目、会社員福田能文さん(39)が、車両2台の間に挟まれて死亡した。岩国署によると、福田さんは駐車場で停車している高所作業車と、その左側に後退するクレーン車との間に挟まれた。クレーン車の運転席側のドアは開いていたという。(中国)...

  •  0
  •  0

「はっさく大福」の柑橘屋、またしても賃金不払いで書類送検

11月1日、広島中央労働基準監督署は三原市糸崎の和菓子メーカー「柑橘屋」と同社社長男性(60)、経営責任者男性(54)を労働基準法違反(賃金不払い)などの疑いで書類送検した。書類送検容疑は、同社広島営業所(広島市南区)の従業員7人に対し、2016年9月~17年4月、毎月の給料日に所定の賃金計約300万円を支払わなかった疑い。同社と2人は17年1月、本店の従業員18人に県最低賃金以上の賃金を支払わなかったとして三原労基署か...

  •  0
  •  0

広島の労働事情「いじめ・嫌がらせ」など深刻な相談が多い

中国5県の労働局に寄せられた労使間トラブルの相談のうち、最も多い「いじめ・嫌がらせ」が、2017年度は前年度比254件減の4554件で、7年ぶりに微減したが、全国では増加が続いている。(7万2067件)「いじめ・嫌がらせ」の相談は10年度の2174件から年々増え、16年度には2.2倍の4808件となった。減少に転じた17年度は、広島1783件(前年度日43件減)、山口739件(104件減)、島根530件(90件減)、鳥取321件(66件減)、と4県で減っ...

  •  0
  •  0

17年度の広島の雇い止め相談が1.5倍に急増!「いじめ・嫌がらせ」相談最多!

2017年度、広島労働局に寄せられた労使間トラブルの相談のうち、非正規労働者の雇い止めに関する相談は355件で、16年度(240件)の1.5倍に急増したという。13年4月施行の改正労働契約法に基づき、非正規労働者が通算5年を超えて働けば、無期雇用契約に転換できるルールの運用が18年4月に開始。労働局は「勤続年数がカウントされる改正法施行から5年になるのを前に雇い止めが続発した可能性がある」とみている。無期転換ルールは、...

  •  0
  •  0

無許可で被災地に女性を派遣した男が逮捕される

派遣業の許可を受けていないにも関わらず、7月の豪雨災害の被災地に10代の女性を派遣し、土砂の撤去作業にあたらせていたとして福山市の23歳の男が警察に逮捕された。警察によると、男は「間違いありません」と容疑を認めているという。逮捕されたのは福山市草戸町で自営業を営む西山光希容疑者(23)。警察によると、西山容疑者は国から派遣業の許可を受けていないにも関わらず、7月20日頃から5回にわたり、福山市内の会社に経営...

  •  0
  •  0

自動車部品製造業エスキスが1388万円賃金不払いで書類送検

8月1日、広島中央労働基準監督署は広島市西区三篠町の自動車部品製造業エスキスとエスキスプラスチックの2社、両社の社長男性(43)を最低賃金法違反(賃金不払い)の疑いで書類送検した。広島中央労働基準監督署の調べでは、社長男性は両社の従業員計40人に対し、昨年8月〜10月の3カ月分の賃金計1388万円余りを支給日に支払わなかった疑い。両社は昨年10月末に事業を停止し、今年3月末に破産手続きの開始決定を受けた。(中国)...

  •  0
  •  0

外国人技能実習生7割の事業所で労働法違反

広島労働局が県内で外国人技能実習生を雇用する事業所を調べたところ、およそ7割が労働関係の法令に違反していたことが分かった。広島労働局が去年1年間に県内の事業所で調査などを行った結果、378事業所のうちおよそ7割に当たる261の事業所で労働関係の法令に違反していたことが分かった。最も多かったのは労働時間の超過で104件、設備や作業方法による危険の防止をしていない安全基準の違反が87件あった。また、賃金から寮費や...

  •  0
  •  0

婦人服販売代行業フレイムを賃金不払いで書類送検

7月20日、広島中央労働基準監督署は広島市中区白島九軒町の婦人服販売代行業フレイムの社長女性(63)を最低賃金法違反(賃金不払い)の疑いで書類送検した。広島中央労基署の調べでは、広島、松山両市内の3店舗の従業員計4人に対し、昨年4月から11月までの8カ月分の賃金計218万円余りを支払わなかった疑い。同社は昨年11月末に事業を停止しているという。(中国)...

  •  0
  •  0

NTTフィールドテクノ中国支店が24日間の業務停止になる

7月19日、中国総合通信局は電波法違反(点検結果の虚偽通知)があったとして、NTT西日本の子会社で通信設備の保守などを手掛けるNTTフィールドテクノ中国支店(広島市中区)に24日間の業務停止命令を出した。通信局によると、無資格の従業員が2017年10月と11月、島根県の携帯電話の6基地局を点検した。委託を受けた会社へ提出する結果通知書には、資格を持つ別の従業員の名前を記載していた。今年6月の同局の定期的な立ち入り検査...

  •  0
  •  0

「ムロオ」元運転手が長時間労働で脳出血!損害賠償を求めて提訴

長時間労働で脳出血を発症し、後遺症を負ったとして、運送会社「ムロオ」(呉市中央1)の50代の元運転手の男性(高知市)が、同社に約1億1300万円の損害賠償を求めて広島地裁に提訴し、6月26日に第1回口頭弁論があった。男性側は同社が安全に配慮する義務を怠ったと主張したが、同社側は争う姿勢を示した。訴状などによると、男性は2011年に入社し、高知市の配送センターで勤務。缶ビールや冷凍食品の荷積み、スーパーなどへの配...

  •  1
  •  0

「中四国すき家」がアルバイトに3店舗掛け持ち勤務指示

3店舗掛け持ち勤務の睡眠不足で交通事故を起こしたとして、鳥取県湯梨浜町の元アルバイト男性(21)らが中四国地方で牛丼チェーンを運営する「中四国すき家」に慰謝料など計約1240万円の支払いを求めた訴訟の第1回口頭弁論が6月1日、鳥取地裁で開かれた。訴状によると、男性は倉吉市の店舗で勤務していたが、2015年1月ごろ以降、他の店舗を手伝うよう指示された。同年4月19日夜~20日朝、津山市の店舗で12時間半勤務。十分な休息...

  •  0
  •  0

人を信用しない企業体質の両備HDが新規参入を妨害か、国を提訴&労組がスト

岡山の両備の面接には驚愕したことがある。以前、採用面接の時、きっちり履歴書を書いたが、面接が終わった時、採用担当者から「以前、在籍していた全ての会社に電話して、確認を取る」と言われた。今までの転職活動の中で、そんな事を言われた事がなかったから、「どうしてそんなのとをする必要があるんですか?」と聞いた。すると両備の面接担当者は何と、「履歴書は適当に書ける、嘘でも書ける」という回答だった。つまり、面接...

  •  0
  •  0

広島県の女性教育委員長が在籍していた傲慢パワハラリクルート社とは

広島県の教育委員長に就任した平川理恵氏(49)がリクルート出身(91年入社)だという。平川氏のことは分からないが、このパワハラ傲慢体質のリクルート社出身者に、果たしてまともな教育議論が出来るのだろうか。そしてリクルート社の社員とは何なのか。以前、リクルート社出身の人と仕事をした経験から、彼らの奇妙な言動を回想してみたい。リクルート社は、一言でいえば「広告業」。「リクルート」=「江副」=「リクルート事件...

  •  0
  •  0

「長時間労働すれば健康被害が生じることは予見できた」太陽家具百貨店に2800万円の支払い判決

勤務中に倒れて亡くなったのは長時間労働による過労が原因として呉市の男性(当時57)の遺族が、勤務先の太陽家具百貨店(宇部市)に計約5700万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が3月30日、広島地裁呉支部であり、伊藤隆裕裁判官は「長期間にわたる過重な業務によって発症するに至った」と認定、同社に計約2800万円の支払いを命じた。判決によると、男性が死亡する直前半年間の時間外労働時間を月間82~56時間と認定。死亡直前の3カ...

  •  0
  •  0

呉の障害者事業所「アイエスエフネットライフ呉」が事業廃止

呉市で障害者就労継続支援A型事業所を運営する株式会社アイエスエフネットライフ呉(渡辺幸義社長)が、A型事業を3月末で廃止することが分かった。国の補助金制度の見直しで、事業継続が困難になったとしている。利用者8人は解雇される。同社によると利用者はホテル客室清掃などに従事してきたが、最近は軽作業にとどまっていたという。事業収入で給与が払えず、2017年4月に国の自立支援給付金を給与に充てることが原則禁止され...

  •  0
  •  0

福山市民病院が医師残業労使協定超えで是正勧告

福山市民病院(福山市)が、勤務医6人に労使協定の上限を超える残業をさせたとして、福山労働基準監督署から是正勧告を受けていたことが分かった。医師不足で増員が困難な中、救急患者の受け入れなどで長時間労働を解消しにくいとしている。同病院によると、勧告は2016年10月26日付。労使協定で医師の残業時間の上限を月80時間(年6回まで)と定めるが、常勤医師6人が上限を超えた。うち100時間超えは2人で、最長は135.5時間。救急...

  •  0
  •  0

広島市民病院の勤務医38人か労使協定超え残業で是正勧告

広島市民病院(広島市中区)が勤務医38人に労使協定の上限を超える残業をさせたとして、広島中央労働基準監督署から是正勧告を受けていたことが分かった。市内有数の基幹病院として救急患者や手術の必要な患者が集中し、長時間労働が恒常化しているとみられる。勧告は市立4病院を運営する市立病院機構(中区)宛てで、17年11月2日付。労使協定で医師の残業の上限を月80時間(年6回まで)と定めているが、管理職を除く常勤医師270人...

  •  0
  •  0

倉敷の障害者事業者「フィル」が経営破綻で170人が解雇

障害者事業所の破たんで、利用者の解雇が相次いでいる問題で、福山市にも事業所があった岡山県倉敷市の「フィル」が、経営破たんしたという。およそ170人の利用者が給与未払いのまま解雇されることになった。経営破たんしたのは倉敷市真備町に本社を置くフィル。働いていた利用者に対し3月15日、倉敷市の3つの事業所を閉鎖し、16日付けで解雇することが伝えられたという。代理人の弁護士によると、解雇される利用者はおよそ170人...

  •  0
  •  0

「エディオン広島」独禁法違反課徴金40億円 審判再開

公正取引委員会は、納入業者に無報酬で店舗業務を手伝わせたとして、独禁法違反(優越的地位の乱用)と認定した家電量販店のエディオン(広島市中区)に対する審判を再開する。3月5日、公取委が明らかにした。審判は17年5月に結審していた。公取委によるとエディオンから再開を求める申し出があり、適当と認めたという。3月20日に29回目の審判を開く。通常は結審すれば、公取委が審決案をまとめる手続きに入るため、審判の再開は異...

  •  0
  •  0