広島県の職員がコンビニで"むすび"3個を盗んで現行犯逮捕

8月22日午前、広島市のコンビニエンスストアで、むすびを盗んだとして、広島県の職員が現行犯逮捕された。窃盗の疑いで現行犯逮捕されたのは、県農林水産局水産課の職員遠藤雅史容疑者。警察によると、遠藤容疑者は午前8時過ぎ、広島市中区の地下街にあるコンビニエンスストアで、むすび3個を盗んだ疑い。遠藤容疑者は、むすび3個を手にしたまま店外に出たところを店員に呼び止められ、警察に引き渡たされた。逮捕時の所持金は9万1301円だったという。取り調べに対し、遠藤容疑者は「盗んだこに間違いない」と容疑を認めているという。(RCC)


スポンサーリンク

広告