広島に戻りたくなかった大分子供4人焼死事件の自衛官の初公判

昨年7月に大分県杵築(きつき)市の民家が全焼し、子供4人が焼死した火災で、重過失失火と重過失致死傷の両罪に問われた父親で海上自衛隊1尉(起訴休職中)の末棟(すえむね)憲一郎被告(41)=広島県江田島市=は1月26日、大分地裁・今泉裕登裁判長の初公判で起訴内容を大筋で認めた。ただ、灯油をまきライターに点火したとされる経緯については「覚えていない」と述べた。

末棟被告は杵築市の自宅から単身赴任先の広島県江田島市へ戻ろうとした際、妻(43=当時、その後離婚)が見送りに出て来なかったことに立腹して灯油をまいた、とする起訴内容について「『立腹』ではなく不安やおびえと表現した方が合っている」と主張した。その後、声を震わせ「灯油をまいてライターに点火したことは覚えていない。自分でやったとも、やっていないとも覚えていない」と述べた。

起訴状によると、末棟被告は昨年7月5日夜、玄関に灯油をまきライターを点火させたところ引火し、当時5〜14歳の4人を焼死させるなどしたとされる。検察側は冒頭陳述で、末棟被告が元妻に対し、自分をかまわないことを責め、さらにその後、うとうとしていた元妻に腹を立て、気をひこうとして玄関に灯油をまいた、と主張。さらに「職場に対する不満から広島に戻りたくないのに戻らなければならない、という葛藤があった」とも述べた。(毎日)



大分子供焼死



この事件を振り返ってみると、2015年7月5日深夜0時、大分県杵築市の住宅が全焼し、子供4人が遺体で見つかった。現住建造物等放火の容疑で逮捕されたのは、一家の父親である末棟憲一郎容疑者(40才=当時)。遺体は、長女・悠佳梨さん(14才=当時)、四男・雅祐くん(9才=当時)、次女・真由美さん(7才=当時)、五男・滋くん(5才=当時)と判明した。父親は警察の取り調べで「私が油をまいて火をつけました」と容疑を認めている。海上自衛隊に勤める末棟容疑者は、妻と8人の子供を持つ10人家族の主だった。


海上自衛隊幕僚監部広報室によると、末棟容疑者は2015年3月、山口県下関市の小月(おづき)航空基地から広島県江田島市の第31航空群標的機整備隊に異動。妻と子ども8人は杵築市に住んだまま江田島市に単身赴任しており、捜査関係者によると、週末はしばしば杵築市に車で帰り、月曜朝までに広島に戻る生活を続けていた。

今回も事件発生前の金曜日(3日)に帰宅。その際に「死にたい」「広島に戻りたくない」などと妻に漏らしていたという。火事は日曜日の5日深夜に起きており、家を出る直前だったとみられる。

さらに末棟憲一郎容疑者が「職場で悩みがあった」と供述していた。末棟容疑者は2015年3月、山口県下関市から広島県江田島市の部隊へ異動。職場の変化や単身赴任生活にストレスを抱えていた可能性があった。

大分県警などによると、末棟容疑者の一家は2011年から杵築市で暮らし、容疑者は週末などの休暇だけ単身赴任先から帰省していた。容疑者は「妻にかまってほしかった」と供述していた。5日夜、ささいなことから妻とトラブルになって放火したとみている。一方、出火後は妻とともに子供を助けようとした経緯もあり、ここ数年仕事面や家族と離れた生活に悩んでいたことが事件の背景にあるとみて、精神鑑定の実施も検討していた。


週刊紙の報道によると、

「まさひろぉ! 飛び降りろ! オレが悪かったんだぁあ!! うああああ!!」。燃えさかる自宅の前で、父親がへたり込み、絶叫する。その横で母親は半狂乱になり、頭から水を被って家に入ろうとして消防隊に羽交い締めにされた。

「おねぇちゃんあっついよぉ!! 早くおきてよぉ!!」。3才の娘の叫びが、赤い夜空に響き渡った。

「お父さんは広島基地に単身赴任していてね。週末は軽自動車で5時間かけてこっち帰ってきて、家族で過ごしていたんよ。短髪でガッチリして、寡黙な人だったけど、子供らをかわいがってたよ」。

最近でも、末棟容疑者が自宅の庭にテントを張り、煮炊きをして“プチキャンプ”を楽しむ様子が目撃されていた。だが現実に、彼は自宅に火を放ち、この小さな幸せを自ら終わらせた。彼の抱えた闇の深さは、ごく親しい人間しか知らなかった。

「最近、彼は仕事絡みでうつ病気味だったんだわ。彼の所属する部隊は、航空機の整備を担当していたんだけど、自衛隊特有の厳しい上下関係に加えて、パワハラ上司がいたみたいでよ。その日の気分によって司令がコロコロ変わるもんで、振り回されて毎日深夜まで仕事してたよ。そんで、疲れ果てた体で5時間かけて大分帰って、日曜夜にまた帰るんだから、相当きつかっただろうな。一家を広島に呼び寄せるっちゅう話もあったんだけど、自衛隊員は転勤だらけで、いつまた異動するかわからんから、その話もなくなった。最近じゃあ、“もう仕事辞めちまおうか”なんて話すこともあった」(末棟容疑者の友人)

離職について、彼は妻と再三にわたって話し合ったというが、結論は出なかった。

「そりゃ、子供がおるもん。奥さんと何度話し合っても、最後は必ず、“じゃあ8人の子供をどうやって養うんだ”っちゅう話になるんだわ。彼は40才で、転職先なんかあるかもわからん。実家の両親にも相談していたみたいだけど、答えが出んでな。もうニッチもサッチも行かなくて、最近は夫婦げんかも多くなってたんよ。心配になって奥さんに声かけたんだけど“ちょっと夫の体調が悪いんです。でも、うちは大丈夫ですから…”って気丈に話しとった。全然大丈夫じゃなかったんや」(前出・末棟容疑者の知人)
(女性セブン)

女子大生暴行の元自衛隊員2人に実刑判決

酔った女子大学生に暴行を加えるなどした元陸上自衛隊員の男2人の裁判員裁判で、広島地裁は2人に実刑判決を言い渡した。判決を受けたのは当時、陸上自衛隊第13旅団の隊員だった湯野巧被告(34)と佐藤伸也被告(25)。この裁判は去年2月、湯野被告らが広島市中区のホテルに、酒を飲んで酔っていた女子大学生を連れ込み暴行。ケガをさせたうえ女性の財布から現金1万円を盗んだ、集団準強姦致傷などの罪に問われているもの。1月25日の裁判で広島地裁の伊藤寿裁判長は「犯行は悪質」などとして、湯野被告に懲役6年、佐藤被告に懲役4年6ヵ月の実刑判決を言い渡した。(TSS)


懲戒免職になっていた2人の自衛官

女子大学生を暴行したとして、陸上自衛隊海田市駐屯地に勤務する34歳と25歳の自衛官2人が懲戒免職になった。懲戒免職になったのは、陸上自衛隊海田市駐屯地の第13後方支援隊に所属する湯野巧3等陸曹(34)と佐藤伸也3等陸曹(25)の2人。

2人は去年2月、21歳の女子大学生と一緒に食事をしたあと、広島市内のホテルで暴行し、全治1週間のけがを負わせたほか、湯野3等陸曹は女性の財布の中から現金およそ1万円を盗んだとして逮捕・起訴された。陸上自衛隊は1月22日、2人を懲戒免職にした。2人は事実関係を認めて「深く反省しています」と話しているという。2人が所属していた陸上自衛隊第13後方支援隊の隊長の堤浩一郎1等陸佐は「今後はさらなる服務指導の徹底を図り、再発防止に全力で努めます」とするコメントを出した。(NHK広島)

海上自衛隊の輸送艦と釣り船の衝突事故で遺族が申し立て

2014年、広島県沖の瀬戸内海で海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」と釣り船が衝突し、釣り船の2人が死亡した事故で、業務上過失致死傷などの疑いで書類送検された輸送艦の艦長と航海長を検察が不起訴にしたのは不当だとして、事故から2年となる1月15日、支援者で作るグループが検察審査会への申し立てを行った。

この事故は、広島県の瀬戸内海の沖合で海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」と釣り船が衝突し、釣り船の船長など2人が死亡、1人が大けがをしたもので、広島地方検察庁は去年12月、業務上過失致死傷などの疑いで書類送検された「おおすみ」の艦長と事故が起きた時間帯の責任者だった航海長を嫌疑不十分で不起訴にした。

これについて事故から2年となる15日、支援する弁護士などで作るグループが、不起訴は不当だとして、広島第2検察審査会に申し立てを行った。申し立て書では「衝突の原因は、事故のおよそ1分前に釣り船がおおすみ側に方向を変えたことにあると考えられる。おおすみが避けようとしても衝突を回避することは不可能で、過失責任を問うことはできない」とした不起訴の理由について、「釣り船がおおすみ側に方向を変えた事実はない」と主張している。検察審査会は今後、選ばれた11人の市民が検察から提出された資料をもとに、不起訴の判断が妥当だったかについて審査する。(NHK広島)


海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」と漁船が衝突して転覆

輸送艦「おおすみ」に激突したプレジャーボート「とびうお」に過失

呉の潜水艦内自殺未遂事件で上官の暴力が一因と認定

2013年に呉の潜水艦内で拳銃自殺未遂が起きた問題で、当時の上官による暴力が一因だと認定された。しかし、海上自衛隊は上官らを停職などの懲戒処分にしながら、公表していなかった。国防という職務に携わる組織内で、それも逃げ隠れができない閉ざされた密室で行われる暴力。パワハラやいじめが横行するという異常な世界で身を置いて、国を守るなどという仕事ができるのだろうか。


海自そうりゅう


防衛相・自衛隊は、職務に関する行為で懲戒処分にした場合は、原則公開する指針を決めている。海自では、いじめやパワーハラスメントが原因の自殺などが相次いでおり、海自内からも責任説明化や再発防止のためにも公表すべきだとの意見が多かった。

2013年9月、広島県の海上自衛隊呉基地に停泊していた潜水艦の艦内で、乗組員1人が拳銃で自殺を図り、一時、意識不明となったことについて、海上自衛隊が、上司のパワーハラスメントが原因だとする調査結果をまとめ、幹部3人を懲戒処分としていたことが分かった。

2013年年9月2日午前5時45分ごろ、広島県の呉基地に停泊していた海上自衛隊の潜水艦「そうりゅう」の艦内で、乗組員の当時39歳の2等海尉が、血を流して倒れて倒れているのを、銃声のような音を聞いて駆け付けた別の隊員が発見。口から首にかけて銃弾が貫通したような痕があり、一時、意識不明となったものの、その後、意識を回復した。

これについて海上自衛隊が、上司のパワーハラスメントが原因だとする調査結果をまとめていたことが分かった。それによると、当時の上司の40代の幹部自衛官2人と、元上司の30代の幹部自衛官1人の合わせて3人が、殴るなどの不適切な指導をしたため、2等海尉は精神的に不安定となり自殺を図ったとしている。そのうえで、去年10月、幹部3人を停職などの懲戒処分とした。

防衛省は懲戒処分の場合、公表することにしているが、今回の処分は1月12日まで公表されていなかった。これについて、海上自衛隊は「プライバシーに配慮しながら公表すべきかどうか検討していた」としたうえで、「再発防止策を徹底していきたい」としている。

そうりゅうの艦内では、2012年10月に乗組員の男性3曹(当時20)が航行中に死亡した状態で見つかっている。海自は、いじめなどは確認されなかったとした上で、死亡場所が潜水時に海水が入り込む艦橋セイルだったことから、3曹が自らの意思で艦橋セイルに入り、自殺を図った可能性が極めて高いとした。(中国、NHK広島)


家族が国を提訴

2013年に広島県呉市の海上自衛隊呉基地に停泊中の潜水艦内で自殺未遂をした2等海尉の男性(42)の両親が、2016年1月中にも国を相手取り、3000万円の損害賠償を求める訴訟を山口地裁に起こすという。上官による男性への暴力が自殺未遂の原因と主張している。男性の兄の坂倉孝紀さん(45)と、両親の代理人の田川章次弁護士が明らかにした。

男性は13年9月2日未明、潜水艦「そうりゅう」の寝室で拳銃で自殺を図った。首の骨などを損傷し現在、意識はあるが、寝たきりとなっている。15年8月にうつ病や頸髄損傷などで公務災害の認定を受けた。

坂倉さんによると、調査に当たった防衛省海上幕僚監部から1月までに3回報告を受けた。それによると、男性は13年6~8月、上官の1人から「業務処理が遅い」との理由で殴る蹴るの暴力を複数回受けた。自殺未遂は「潜水艦内における暴力を伴う指導」や「艦長らが(男性の)精神状態を把握していなかった」ことなどによるうつ病が一因との結論だった。

11年7月にも別の上官から暴力を受けていたとして、海自がこの上官2人を含む3人を2日と10日の停職や、戒告の懲戒処分にしたことも報告を受けた。しかし海自は処分を公表していない。

坂倉さんは「自衛隊は指導と言うが、弟が受けていたのは単なる暴力。隊内で対処した形跡もなく上官の処分も軽い。裁判で暴力行為を明らかにしたい」と話している。手続きが整えば上官に対しても提訴する方針。(毎日)



海上自衛隊



「海自・自殺未遂」一度は非公表決定 懲戒処分は原則公表

2016年1月26日、海上自衛隊呉基地(広島県呉市)配備の潜水艦で、上官から暴力を受けていた2等海尉の男性(42)が自殺未遂した問題で、海自が上官ら3人の懲戒処分を昨年10月に非公表と決めていたことが分かった。防衛省は職務に関する懲戒処分を原則公表と定めており、海自トップの武居智久海上幕僚長は1月26日の定例記者会見で「懲戒処分にした日に可能な限り公表すべきだった」と陳謝した。

男性は2013年9月、潜水艦「そうりゅう」内で拳銃で自殺を図り、首の骨などを損傷して寝たきりになった。海自は直後に事故調査委員会を設置し、家族の要望も受け2度の追加調査をし、昨年7月、男性が上官から暴力を伴う指導を受けていたなどとする報告書をまとめた。

海自によると、海自は昨年9月、上官らが懲戒処分の対象であり、そうなれば処分とその理由は原則公表することになっていると男性の家族に説明。男性の家族の一部が公表を望まない意向を示したため、公表基準にある例外事項「被害者や関係者のプライバシー等を侵害するおそれがある」に当たると判断し、10月23日に非公表を決定。同26日に上官ら3人を停職や戒告の懲戒処分にした。

処分を決めたものの、報道機関からの問い合わせもあったため、2016年1月8日に家族に公表について相談。男性の両親が国の責任を問うため損害賠償請求訴訟を起こす動きがあったことから、1月12日に再度家族に聞いたところ、公表に同意したという。海自は問題が報道された後の14日に処分を公表した。海自が懲戒処分を非公表にした後、公表に変えたケースは今回以外にはないという。

武居海上幕僚長は会見で「今回の問題は重大な事案。公表に対する家族の懸念を払拭する努力が足りなかった」と述べた。処分後、家族との面談が約2カ月半ほどなかったことについて「日程が合わなかった。配慮が足りなかった」と述べた。この問題では男性の兄が「家族として非公表を要望したことはない」と話している。(毎日)

海上自衛隊「せとゆき」の乗組員が窃盗で懲戒免職

広島市で、女性2人から現金やバッグなどを盗んだとして逮捕された呉市の21歳の海上自衛官について、海上自衛隊は、11月17日付けで懲戒免職処分とした。懲戒免職となったのは、海上自衛隊呉基地の練習艦「せとゆき」の乗組員、小野純季1等海士(21)。

小野1等海士は、今年6月6日の未明、広島市中区の雑居ビルで20代の女性2人から、現金2万7000円とバッグや財布など15点あわせて11万8300円相当を盗んだとして、警察に逮捕された。その後の海上自衛隊の聴取に対して、小野1等海士は、「自衛官としてのみならず社会人として恥ずべき行為であり、被害者には多大なご迷惑をかけ大変申し訳ない」と話したという。

海上自衛隊では、被害額が大きいことなどから悪質であるとして内部の規定に基づいて17日付けで懲戒免職処分にした。練習艦「せとゆき」の川嶋潤子艦長は、「隊員が規律違反を起こしたことは誠に遺憾です。服務指導を徹底し再発防止に努めます」とコメントした。(NHK広島)

海上自衛隊殉職者の追悼式が行われる

10月30日、任務中や訓練中に殉職した海上自衛隊の隊員を追悼する式典が、呉市の海上自衛隊呉地方総監部で行われた。海上自衛隊呉地方総監部で行われた追悼式では、池田徳宏総監が呉基地や岩国基地などで任務中や訓練中の事故などで殉職した、175人の隊員の名前が記された名簿を慰霊碑の前に納めたあと、参列したおよそ300人が黙とうをささげた。そして池田総監が「変化する情勢に柔軟に対応しつつ、与えられた任務を完遂するよう一層の精進・努力をして参ります」と追悼のことばを述べた。

このあと32人の遺族などが慰霊碑に献花し、静かに手をあわせて隊員たちを悼んだ。昭和58年に哨戒機の墜落事故で夫を亡くし、遺族を代表してあいさつした下川いずみさん(61)は、「何物にも代えがたい大切な肉親を失った悲しみは言葉に尽くせないものがありました。私たち遺族は故人や残された者のためにも、明るく力強く生きていくことを誓います」と話したという。(NHK広島)

海上自衛隊の支援艦「げんかい」の艦長が尾道で死亡

9月2日朝、尾道市で海上自衛隊の48歳の艦長が、自転車と一緒に道路の側溝に転落して死亡しているのが見つかり、警察は艦長が誤って落ちたものとみて詳しい原因を調べている。2日午前4時すぎ、尾道市瀬戸田町沢の県道の側溝に男性が転落していると近所の人から消防に通報があった。

男性は自転車にまたがったまま、深さおよそ1メートルの側溝に頭を下にして倒れていたということで、頭を強く打っていてその場で死亡が確認された。警察によると、亡くなったのは大分県の佐伯基地に所属する海上自衛隊の支援艦「げんかい」の艦長・中智志3等海佐(48)で、2日午前0時ごろから1時ごろの間に亡くなったとみられるという。また、中艦長の血液からはアルコールの反応があったという。警察は、中艦長が自転車の操作を誤って側溝に転落したものとみて詳しい原因を調べている。(NHK広島)


尾道市側溝転落

輸送艦「おおすみ」に激突したプレジャーボート「とびうお」に過失

広島県大竹市沖の瀬戸内海で昨年1月、海上自衛隊の輸送艦とプレジャーボートが衝突し、船長と釣り客の2人が死亡した事故で、運輸安全委員会は2月9日、プレジャーボートが輸送艦の針路を横切ろうとした際に衝突した可能性が高いとする報告書を公表した。報告書は「小型船との接近に対応できる余裕ある航行や、注意喚起信号を活用していれば、事故発生を回避できた可能性がある」と指摘した。

衝突したのは海自輸送艦「おおすみ」(8900トン)とプレジャーボート「とびうお」(5トン未満)。報告書によると、輸送艦が南進していた際、プレジャーボートが左舷前方から右に方向転換し船首近くに接近。輸送艦は減速し、右に回避する操作をしながら警笛を鳴らし、プレジャーボートも直前に減速か停止したとみられるが、輸送艦と衝突し、転覆した。

プレジャーボートは目的地の釣り場に向かうため、輸送艦の針路を横切ろうとした可能性もあるが、報告書は「船長が事故で死亡したため操船の意図は明らかにできなかった」とした。輸送艦の見張りは問題がなかったと分析した。

報告書は再発防止策として、小型船に対し、大型船が減速や停止に時間や距離を要することなどを踏まえ、大型船の動きを適切に監視し、至近距離を通過しないよう求めた。大型船についても、接近する小型船に注意喚起信号を活用するなどして事故防止に努めるよう促した。

衝突事故をめぐっては、第6管区海上保安本部(広島)が昨年6月、両船とも見張りが不十分だったなどとして、業務上過失致死傷などの疑いで、輸送艦の艦長やプレジャーボートの船長ら計3人を書類送検した。(産経)

おおすみ・とびうお 衝突

海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」と漁船が衝突して転覆

海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」と漁船が衝突して転覆

第6管区海上保安本部によると、1月15日午前8時前、広島県大竹市の阿多田島の近くの海上で漁船が転覆し、4人が海に転落したという。4人は近くの船に救助されたが、このうち2人が心肺停止の状態だという。防衛省によると、付近で航行していた海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」と衝突して転覆したという。海上保安本部などが当時の状況を調べている。

防衛省によると、釣り船に乗っていたのは船長と釣り客3人とみられ、全員が海に投げ出され、「おおすみ」により全員が救助されたが、このうち船長と客1人が心肺停止の状態だという。

第6管区海上保安本部によると、4人はいずれも男性で、心肺停止の2人は山口県岩国市内の病院に運ばれたという。15日午前の現場付近の海は、晴れて視界が良く、波も穏やかだったという。現場に近い大竹市の阿多田島漁業協同組合の担当者は「始業時間の午前8時前に、ふだん霧が濃い時にしか聞くことがない大きな汽笛の音が2回聞こえたので、『こんなに晴れているのにおかしいな』と思い海を見ると、大きな自衛艦が見えた。その自衛艦のそばで、小さな船がひっくり返っているように見えた。漁協の別の組合員が船に乗り、現場近くまで様子を見に行ったが、船はこの漁協所属ではなく『転覆した船は釣り用のプレジャーボートに見えた』と話していた」という。(NHK)


阿多田島沖の事故01

おおすみ


瀬戸内海は危険地帯
瀬戸内海は、海上交通の要衝として船の航行が多い一方、釣りなどのマリンレジャーも盛んで、過去にも釣り船と漁船などとの衝突事故がたびたび起きているという。

第6管区海上保安本部のまとめによると、おととし1年間に管内で発生した船舶事故の件数は400件で、このうち、衝突事故が120件と全体の30%を占めて最も多くなっている。また、平成20年以降、おととしまでの5年間でみても、衝突事故の割合は、平均で船舶事故全体のおよそ35%を占めていて、衝突事故の件数の割合は、全国に11ある海上保安本部の中でも2番目に高い。さらに、これらの衝突事故の60%以上が、見張りが不十分なため起きているという。

このため、第6管区海上保安本部では、クルーザーなどのマリンレジャーの利用者に対し、航行中に見張りをたてるなど事故防止を徹底するよう、たびたび呼びかけていた。今回、転覆した釣り船と同じ係留施設に船をとめ、月に6回ほど瀬戸内海に釣りに出かけるという広島市中区の河原さん(61)は、「海釣りをしていて小さな遊漁船や潜水艦を見落として衝突しそうになったことはあります。今回の事故の当時の現場の様子は分かりませんが、前方不注意が原因ではないかと思います」と話している。 (NHK広島)

「おおすみ」事故で海自艦長を書類送検  
6月5日、広島県大竹市の阿多田島沖で1月に海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」と釣り船「とびうお」が衝突し、2人が死亡した事故で、第6管区海上保安本部は、おおすみの田中久行艦長(52)=広島市安芸区=を業務上過失致死と業務上過失往来危険容疑で広島地検に書類送検する。同艦の当直士官だった2等海尉=広島県呉市=と死亡した「とびうお」船長の高森きよしさん(当時67)=広島市中区=も同容疑で送検する。(朝日)

スポンサーリンク

広告