広島に転居した被災住民50%以上が地元に帰りたくない

東日本大震災から3月11日で7年。被災地などから広島県に避難した人を対象にした調査では、半数の人が地元に戻らず、広島に定住することを決めたと回答したという。この調査は、福島県や岩手県などの被災地や関東から避難した人で作るグループが4年前から広島県に避難した世帯を対象に行っていて、今回は113世帯のうち43%が回答した。

調査で今後の生活拠点について尋ねたところ、「広島県内に定住する」が53%に上り、震災から7年が経過する中で半数以上の人が地元に戻らないと答えている。今回、地元に戻らないという回答が初めて50%を超えたということで、理由として、仕事の都合や、地元に帰っても家がないこと、それに精神的な負担が大きいとしている。

一方で30%が「決めていない」と答え、去年より少し増えた。理由としては、子どもが学校を卒業するまでは広島にいたいが、その後は決めていないとか、原発事故の影響が不安だなどとしている。

調査を行ったグループでは、「避難者の生活再建への歩みはそれぞれだと感じている。今後は各世帯としっかり向き合い、支援を続けたい」としている。(NHK広島)

広島女の健康寿命が全国最短!なぜ?

広島女の健康寿命が全国で46位と最短だったという。原因というか、思い当たることを真面目に考えてみた。まず体力面から推測すると、中山間地に位置する広島は狭く、いびつな道路事情が多い。そのため、車社会が常態化している。さらに解放感がないから歩いたり走ったりしない。すぐに車に乗る。これが年をとったときに足にきて歩けなくなる。

性格面では何度か書いてきたが、それは短絡的で身勝手、短気・ブチギレ思想。この沸騰型性格が心臓を圧迫して血流が濁り、老化を早める。広島で性格の良い「美人」を見つけることは宝くじの1等賞に当たることよりも難しい。その反面、石を投げれば高確率で短気なアザラシ型の女に命中する。


それでも、そんな広島であっても生き続ける。

広島とはいったい何だろう。



介護の必要なく、健康的に生活できる期間を示す「健康寿命」について厚生労働省が推計したところ、広島県はおととし、男性が71.97歳、女性が73.62歳といずれも全国平均を下回り、女性は全国で最も短くなっている。これは3月9日に開かれた厚生労働省の専門家会議で報告された。

「健康寿命」は介護の必要がなく、寝たきりの状態などにならずに健康的に生活できる期間で、厚生労働省は3年ごとに全国の一部の世帯について健康状態などを調査し、推計している。

広島県のおととしの健康寿命は男性が71.97歳、女性が73.62歳と、いずれも前回の調査より延びたものの、全国平均と比べると、男性が0.17歳、女性が1.17歳短くなっている。

また、全国の順位を見ると、男性が6つ上げて27位とした一方、女性は前回に続き46位で、地震のため今回調査が行われなかった熊本県を除いて、全国で最も短くなった。

これについて、広島県地域包括ケア・高齢者支援課では「一部で改善傾向はみられるが、女性が実質最下位という結果は重く受け止める。引き続き、県民の健康への意識を高める取り組みに力を入れていきたい」と話している。 (NHK広島)


【合わせて読みたい記事】

グチをタラタラ不平不満を言うだけの広島女

広島県で自殺相談が増加(2010年)

本当の事が全国にバレた広島セクハラやじ問題「ありのままで逆ギレ」

広島県民は悩みやストレスが多く、困っている人を手助けする?「びっくり都道府県ランキング」

クロ現+妻が夫にキレる?広島ブチギレ主婦は他人にもキレる

広島の4割の企業が女性管理職ゼロ「知識・経験・判断力」なし!

広島県民は"ガン"全国1位

沸騰型の60代主婦おばさんは疲れる

無許可で電柱に電線を設置した中国電力に2700万円請求

島根県は3月8日、中国電力が3578カ所の公道にある電柱に無許可で電線を設置したとして、占有料など約2700万円を請求すると明らかにした。県議会常任委員会で報告した。県によると、平成18年4月~29年5月の占用料相当額と利息を請求、中国電は3月末に支払う見通し。中国電は昨年5月、他社の電柱を利用する形で架けた電線について、自治体に占有許可を申請していなかったことを発表。中国地方と兵庫、香川、愛媛各県で約7万5千カ所あるとの推計を公表した。(産経)

ナマコ密漁の疑いで呉の男3人組を逮捕

江田島市の沖合でおよそ120キロのナマコを密漁したとして、呉市に住む20代から30代の男3人が漁業法違反の疑いで逮捕された。逮捕されたのは、いずれも呉市の漁業者で、吉本宗太郎容疑者(32)と島本皓太容疑者(25)、それに清原悠矢容疑者(22)の3人。

呉海上保安部によると、3人は3月7日午後2時すぎ、江田島市大柿町の沖合で、漁業権などがないにもかかわらず、およそ120キロのナマコを密漁したとして漁業法違反の疑いがもたれている。

海上保安部はパトロール中に不審な3人を見つけ、立ち入り検査をしようとしたところ、船は逃走したという。海上保安部は船の特徴などから3人を割り出し、8日逮捕したが、3人の認否について明らかにしていない。海上保安部は流通ルートなどについて調べを進めることにしている。

地元の漁協に所属し、この沖合の漁業権を持つ漁業者によると、この海域では数年前から不審な漁船が出没し、ナマコを密漁しているという。密漁を行う漁船は複数あり、漁業者が撮影した写真には、通常は船体に書かれている「漁船登録番号」が表示されていない漁船がナマコ漁をしている様子が写されている。

今年も本格的にナマコ漁が始まった1月以降、こうした漁船が江田島市沖に頻繁に出没して密漁を行い、地元では大きな被害が出ているという。ナマコ漁は今が最盛期で、江田島市でとれたナマコは1キロおよそ500円で売れるという。漁業者は「自分の生活もかかっていて真剣に漁をしているに、ルールを守らない一部の漁業者がいることが悔しい。3人が逮捕されとりあえずほっとしている」と話していた。(NHK広島)



ナマコ密漁

中国電力が契約者情報7659件を誤送信

中国電力(広島市)は3月5日、太陽光発電の売買契約をしている中国地方の法人や個人など7659件分の契約者名などの情報を、同発電の関連メーカー4社にメールで誤送信したと発表した。4社にデータの削除を求めており、転送などは確認されていないという。中国電によると、2月14~23日、4社に太陽光発電の契約件数を伝えようとした担当者が誤って契約者の名前や住所、契約番号などを記したファイルを添付し送信。26日に上司が気付いた。中国電は「心からおわびし、再発防止を徹底していく」とコメントした。(産経)

広島の貧困の子供の居場所がバレる

湯崎知事は2月28日、NPO法人「食べて語ろう会」が運営する広島市中区基町の「基町の家」を訪れ、30年以上、貧困家庭の子供らに無償で手料理を振る舞ってきた理事長の中本忠子ちかこさん(83)らから、取り組みなどについて聞いた。

中本さんは1982年から自宅などで子供たちに食事を無償で提供し、2016年からは「基町の家」を拠点に活動を続ける。湯崎知事は様々な家庭環境で育った子供たちの現状を知ることで、今後の貧困対策などの参考にしようと訪問した。

この日は、中本さんや通っていた子供らと一緒にクリームシチューやから揚げなどが並ぶ食卓を囲んで話を聞いた。子供の一人は「家族も頼れず、ばっちゃん(中本さん)しか頼れなかった」などと話した。

県では新年度、子供に朝食を提供する事業を始める計画で、中本さんは「心が通じないと子供が集まらない。寄り添う気持ちを持ってほしい」と話した。(読売)

広島風俗店の客引き・九州や関西から出稼ぎ

風俗店などに勤務する違法な客引き行為が横行する中四国最大の歓楽街、広島市中区の流川・薬研堀地区で、九州や関西から出稼ぎに来るケースが目立つという。現地では取り締まりが厳しいためだという。

他県から流れ来る状況は広島県警も把握。「街のイメージダウンにつながる」と住民から退去を求める声も上がり、2月26日夜には住民と警戒に当たるなど取り締まりを強めている。

「キャバクラどうですか」。

流川通りにいた20代の男性は、昨年末ごろまで福岡市中洲地区で客引きをしていたという。福岡県警による暴力団の締め付けが強まり、取り締まりも厳しくなったことから、知人のつてを頼って広島に来たと説明。

広島では3、4人のグループに所属し、キャバクラなど約10店の中から案内。1人連れて行くたびに1、2千円の報酬があるという。

男は「広島に来てからの稼ぎは約40万円。他の仕事よりもうかる。取り締まりが比較的緩やかなので大阪や福岡から来ている客引きは多い」と話す。

5年ほど前に大阪から来たという別の男は以前に摘発された経験もあるが、続けているという。「罰金は軽いからね」。悪びれる様子もなく語った。

風俗店などへの客引き行為は2006年の県迷惑防止条例改正で全面的に禁止された。ある無料案内所の関係者は「改正直後は激減したが、今は100人以上はいる」。

地元住民によると、通行人を4、5人で囲んだり、断られてもつきまとったりする悪質なケースもあるという。

流川・薬研堀地区にあるビルのオーナーは「客引きが多いと街のイメージが悪くなる。取り締まりを厳しくしてほしい」と訴える。

管轄する広島中央署には既に住民から対処を求める声が複数寄せられ、県警は2月に入り私服警察官を増員。ほぼ連日、同地区で取り締まりに当たっている。

2月26日夜には、薬研堀町内会など地元の3町内会のメンバーや署員約10人が、薬研堀通りや仏壇通りをパトロールし、違法な客引きがないかを警戒。無料風俗案内所の立ち入り調査もした。

県警は、同日までに大学生や無職の男ら6人を条例違反(客引き)容疑で現行犯逮捕。昨年1年間の8人に迫る。県警は「安心して楽しめる歓楽街に向け、違法な客引き行為を一掃したい」としている。(中国)

広島空港の上海ー成都便が搭乗者数低迷で運休

中国東方航空は、広島空港(三原市)の中国・上海経由の成都線(1日1往復)で上海ー成都間の往復を3月25日から運休する。同社のダイヤ改正で接続が困難になったことや、搭乗者数の低迷が原因だという。現在は上海で乗り換えているが、25日以降は広島ー上海間の1日1往復となる。

成都線は2011年7月に就航し、上海ー成都間の運休は初めて。運行再開のめどは立っていないという。県によると、広島ー成都間の搭乗者数は本年度、1便当たり平均3人程度と低迷していた。(中国)

広島市内の火災報知設備が誤作動多発・原因不明

広島市消防局管内で、マンションなどの建物の自動火災報知設備が、火災以外の原因で誤作動し消防車が出動するケースが後を絶たないという。2017年は409件で、前年より59件増えた。作動するたびに現場で火災の有無を確認せざるを得ず、平均で約47分間かかる。

市消防局によると、409件の誤作動のうち、雨漏りで感知器に水が入るなどの漏水の影響が26件、水蒸気などに反応9件、発信機を押した8件、感知器への接触5件、故障3件、残る358件は原因不明。(中国)


スノーボード赤コース有利?青コース荒れていた

平昌オリンピック、スノーボード女子パラレル大回転に出場した竹内選手(広島ガス)は5位に終わったが、競技中に解説者が「予選で勝った選手は赤コースを選びます」というような事を言っていた。青コースと赤コースで優劣があるなら、両方滑って合計タイムで競うべきだと思うが、なぜ赤コースが有利なんだろうか。

たぶん、コースによって凹凸や傾斜が微妙に違うのかと思っていたが、翌日の新聞に「青コースはすごく荒れている場所があった」と竹内選手がコメントしていた。

竹内選手は、予選では赤コースで勝ち上がって6位につけたが、予選3位と対戦した順々決勝では青コースを走ることになった。「いちかばちか」で攻めたが、中盤で狙った滑走ラインを外れて敗れた。結局、コースの選択権が勝負に影響したという。

冷めていた広島

記事には「平昌にも広島ガスの社員たち6人が駆け付けた・・・」とか、「本社で応援した松藤社長は『彼女が次(の五輪)に向かうのなら、いろんな面でサポートしていきたい』と力を込めた・・・」と書かれていたが、広島の実態は違っていた。

気が付いている人もいると思うが、広島ガスは竹内選手の「応援横断幕」を本社ビルに掲げていないのだ。普通ならビルに「頑張れ・・・」とか「応援します・・・」とか横断幕を作ってビルに掲げるものだが、競技の数日前に確認しても横断幕は無かった。広島ガスは本当に竹内選手を応援する気があるのだろうか。

寂しい広島では、「そんなの下らない」と冷めていたのだ。





平昌オリンピック スノーボード