裁量労働制が出来る職種は個人事業主だけ

政府与党が「働き方改革」として「裁量労働制」を推し進めていたが、厚労省から出された「2013年度労働時間等総合実態調査」のデータが杜撰だったため、改革がストップ。旧民主党時代に厚労大臣だった長妻議員が更迭されたが、その逆襲が始まったと思っていた。

その矢先に裁量労働制を違法に適用し、昨年末に厚生労働省東京労働局から特別指導を受けた不動産大手、野村不動産の50代の男性社員が過労で自殺し、労災を認定されていたことがわかった。違法に適用とは、本来の企画業務とは別に、営業の仕事もさせられていたというものだった。


労働実態調査について、普通は最新の調査をしてデータを作ると思っていたが、何で2013年という古いデータを引っ張りだしたのか、不思議でならない。自民党は面倒だったのだろうか。

ところで、会社というのは勝手なものだと考えた方がいい。雇用条件で思い出すのが、ある会社では、朝礼で支店長から「ここに居るみんなは仕事の能力が熟しているから、来月から基本給を下げて歩合率を高くする。その方が稼げていいだろう」などと言っていた。夜8時に退社しようとすると、嫌味を言われた。

結局のところ、会社で働く従業員が自由に自分の勤務時間を決められるわけがない。例えば、一つの部署に5人が配属されている場合、1人が午後3時に退社してしまうと、その後の業務を残った4人で対応しないといけない。さらに忙しいのに自分だけ「お先に上がりマース!」なんて言って退社なんか出来る訳がない。シワ寄せは必ず出てくる。こんなシステムなら「ノー残業DAY」でも設けたほうがいい。

似たようなものに「年棒制」というのがある。裁量労働制とは異なる雇用形態だ。一般的な雇用形態は固定給プラス賞与だが、年収を12カ月で割ったものを毎月支給するというものだ。例えば年棒600万円なら月々50万円が支給される。この雇用条件である会社で働いたことがあるが、基本的に長くは続かなかった。

その最大の要因は、会社の売上が減少してくると、会社はこの年棒を維持出来なくなる。その当時、年棒制で雇用契約したが、思うように売上が伸びなかったため、6カ月程度でほとんどの社員が年棒制度から手取りの低い固定給制度にさせられた。

結局、裁量労働制が出来る人というのは、つまり「個人事業主」ぐらいだろう。これならいつ出社しようが退社しようが周りに迷惑がかからない。すべて自分の裁量で働ける。出来ない仕事なら請負わない。忙しいとか難しい仕事なら断る事も自分の裁量で出来る。

スポンサーリンク

アスベスト被害遺族訴訟、国側「裁判を起こしてください」

広島県内などのアスベストを扱う工場で働き、肺がんなどを発症して死亡した男女3人の遺族が、国に対してそれぞれ、およそ1400万円の賠償を求める訴えを3月2日、広島地方裁判所に起こした。訴えを起こしたのは、広島県内や近畿地方のアスベストを扱う工場で働き、肺がんなどを発症して死亡し、労働基準監督署から労災認定を受けていた男女3人の遺族、あわせて9人。

訴えの中で遺族は、亡くなった3人が働いていた工場には、アスベストの粉じんの排気装置が設置されていなかったなどとして国に対して3人それぞれ、およそ1400万円を賠償するよう求めている。

アスベストによる健康被害をめぐっては、4年前に最高裁判所が、国の責任を認めた判決を受けて、国は裁判で、健康被害との関係が認められた被害者や遺族に賠償金を支払う方針を示し、去年10月以降、対象となる人に通知して裁判を起こすよう促している。

9人の遺族は、この通知を受けて3月2日、広島地方裁判所に訴えを起こしたもので、遺族側の弁護士によると、通知をきっかけにした提訴は、広島県内では今回が初めてだという。(NHK広島)

スポンサーリンク

駐禁身代わり出頭でシモハナ物流浦和営業所の幹部3人が逮捕される

広島県坂町の運送会社「シモハナ物流」の浦和営業所(さいたま市緑区)で、業務中に駐車違反をした運転手の代わりに別の社員を警察に出頭させたとして、埼玉県警は2月26日、犯人隠避の疑いで同営業所統括井窪智康容疑者(40)=同市大宮区北袋町、副所長代理香取健吾容疑者(39)=同県狭山市水野=ら幹部3人を逮捕した。

同県は車両の使用制限を免れるため、組織的に身代わりに出頭させていたとみて、同営業所を家宅捜索するなど調べていた。シモハナ物流は「捜査に協力し再発防止を徹底する。身代わり出頭について本社からの指示はない」としている。

逮捕容疑は2016年2月に同県所沢市の路上で駐車違反をした男性運転手の身代わりに、同年3月、大宮東署に香取容疑者を出頭させた疑い。

運送会社の身代わり出頭を巡っては、警視庁が17年3月までに、犯人隠避などの疑いで、佐川急便の東京都内にある営業所の社員ら計106人を逮捕、書類送検している。(中国)

スポンサーリンク

「サニックススピリッツ」過酷研修で体重101キロの男性に障害

20キロ以上歩くなど過酷な社員研修で足に障害が残ったとして、太陽光発電設備などを手掛ける「サニックス」(福岡市)に元社員の男性(52)=広島県福山市=が約2200万円の損害賠償を求めた訴訟で、広島地裁福山支部は2月22日、サニックスに1592万円の支払いを命じた。金光秀明裁判官は「年齢や運動経験を全く配慮せず、研修内容に無理がある」と述べた。

判決によると、男性は2013年に入社し、福岡県宗像市の同社施設で13日間の研修に参加した。当時48歳で体重が101キロあったが、10人の班で繰り返し歩かされ、終盤には「サニックススピリッツ」と称して24キロを5時間以内で歩く訓練を課された。

会社側には「一人でも離脱したら班全体が失格」「正社員になれない」などと言われ、男性は鎮痛薬を飲んで完歩。しかし、右足の膝が動きにくくなる障害などが残り、男性は14年に退社して労災認定も受けた。

同社は「症状の原因は痛風」などと主張したが、金光裁判官は無理な歩行が原因と判断。その上で「研修参加者の外出を禁じ、病院を受診する機会を奪っている。『スピリッツ』は個人差や運動経験の有無に全く配慮していない無理があるプログラム」などとし、後遺症による逸失利益や慰謝料などを支払うよう同社に命じた。同社は「安全配慮をしていたという認識に変わりはない」と述べた。(毎日)

スポンサーリンク

オンフックでスピーカーを鳴らして電話掛けするマナー知らずの迷惑怠慢社員

会社の固定電話から相手先に電話を掛ける時、受話器を置いたままオンフック(スピーカーをオン)状態にして、番号をプッシュし、その後、コール音がして、相手が出てから受話器を上げる、といった怠慢動作を行っている社員が居ると思うが、これはいったいどこのバカがやり始めたのだろうか。はっきり言って、迷惑行為そのものだが、頭の悪い社員は気にもせず怠慢な電話掛けを行う。

一般良識があり、社内マナーを理解している人はやらないと思うが、この「ふざけた電話掛け」の問題について考えてみたい。

この動作をした時に問題になるのが、電話を受けた側の印象だ。受話器を取って「もしもし」と返事をしたときに、掛けた側が遅れて受話器を取って電話に出るので、若干のタイムラグ出る。電話を受けたのにすぐに電話に出ないから、不謹慎さが残る。こんな時には即、電話を切ってやろう。

もう一つの問題点は、電話掛けをした人間の隣に居る人に迷惑だからだ。オンフック(スピーカー)状態で電話掛けすると、まず「プー」と鳴り、プッシュ音が両隣りの人に鳴り響く。隣の席で集中して仕事をしているのに、不謹慎な音を鳴らすのだ。もう、はっきり言って大迷惑。イライラが募るばかりだ。

とにかく、仕事をしている回りの人間に迷惑をかけるような怠惰な電話の仕方は辞めてほしい。

スポンサーリンク

手首に数珠をつける男は気持ち悪い!仕事が出来ないダメ社員の証

いったい何を気取っているのだろうか。手首に数珠を付けている社員がいる。いつもはスーツの袖に隠れて(隠して)いるから分からなかったが、社内の事務作用中に見えたのだ。一般常識から考えて、社員が手首に数珠を付けることなど考えられないが、何でそんなものを付けているのだろうか。

まさか、ニュースで人が死ぬ度、会社のトイレに隠れてお祈りでもしているのだろうか。まったく気持ちの悪い奴だが、何でそんなものを手首につけているのかそいつ(広島のまことちゃん)にちょっと聞いてみたことがある。

そいつの返事は「前から付けてますよ・・・」

相変わらずコミュニケーション能力ゼロの返事だ。


こんなバカで気持ち悪い奴と仕事をするのは本当に苦痛だが、しかし考えてみると、これは単なる「ファッション」なのか、「運気」を気にして身に付けてるのか、それとも「一家が宗教かぶれ」なのか。

もし「ファッション」だとすると、いや、とても似合わない。「広島のまことちゃん」の容姿からして、それは違和感全開であり、気持ちわるくて「へんてこりん」の一言だ。こんな気持ち悪いことを、いったいどこで覚えてきたのだろうか。

もし「運気を上げるため」だとすると、ちょっと待てよ。今までの奴の仕事の失態は数知れず、そして自閉症。こっちの仕事の足を引っ張ってばかりだから、全く効果がないことが判明している。レベルの低い人間に限って数珠に頼るのかも知れない。

もし「一家が宗教かぶれ」だとすると、これは要注意だ。20代のころ、嫌な出来事があった。当時住んでいたマンションの隣の部屋で、夜中になると「何妙法蓮華経・何妙法蓮華経・・・」と大声で独り言を叫んでいた奴がいた。夜中の12時ごろまでブツブツと聞こえていたため、我慢できなくなり、何度かクレームを言いに行った。

しかし止めることをしなかったため、これはもう全面戦争しかないと思った。そして、取った行動は「ドアを何度も叩き、何十回もインターホンを鳴らし続けた」のだ。宗教かぶれの迷惑行為野郎との一騎打ちだった。そして数カ月にわたる戦いの後、隣からお経をあげる声がしなくなった。気になって外の窓(1階だった)から部屋の中を覗いたら、引っ越していた。この時、晴れて宗教かぶれ野郎との戦いに勝利した瞬間だった。怒りは大切だと痛感したのだ。

従って「宗教かぶれ」人間は他人に迷惑をかける。まさに社内でも同じ事が起きているのだ。

いずれにしても、数珠を手首に付けている人間は「気持ち悪い」に尽きるのだが、要するに自分でまともに仕事が出来ないから、数珠などに頼るのだろう。そんな下らない事を考える前に、もっと早く出社して仕事に取り組むとか、周りに気を配った仕事をするとか、もっと男としてハキハキするとか、やることがいっぱいあるはずだ。

結論として、「数珠を手首に付けている人はダメ人間」だ。


スポンサーリンク

始業時間ぎりぎりに出社する人は仕事が出来ない

出社時間は普通、遅くとも始業時間の10分から15分前には出社すべきだと思うが、なぜ今さらこんな当たり前な事を言うのかというと、今まで見たこともない我が社の「広島のまことちゃん」が、いつも始業時間ぎりぎりに出社してくるのだ。一応、就業規則に従っているようだが、これはちょっと問題があると思う。


いつも始業時間ぎりぎりに出社してくる社員は、始業時間が午前9時と聞いて入社したから9時に出社すればいいと考える。では、このような考え方をする社員は、果たして仕事が出来るのだろうか。一番問題なのは「何かに付け、何をするにもぎりぎりで、仕事が遅く手いっぱいな社員」と見られてしまい、こんな仕事に余裕のない人間に仕事を任せたくないし、一緒に仕事をしたいとは思わないだろう。


それに経験上、今まで一緒に仕事をしてきた中で、良い成績を上げて昇格していった連中(管理部も同じ)は、始業時間ぎりぎりに出社はしてこなかった。そこには、人より少しでも努力して良い仕事をしたい、成果を上げたいという向上心、というか、”こころざし”が高いのだろう。


そう思いながら「広島のまことちゃん」を見続けてきたが、いつも机の上がちらかっているので、ちょっと机の引き出しの中を覗いて見ることにした。すると案の定、引き出しの中は「ぐちゃぐちゃ」だった。やっぱりぎりぎりに出社する人間は「だめ子ちゃん」なんだと確信したのだ。


始業時間ぎりぎりに出社していた「広島のまことちゃん」だが、ついには遅刻も何度かしてきた。それでも「広島のまことちゃん」は何事もない様子でダマーったままだ。たぶん、遅刻をしたことの重大性が理解できないのだろう。自閉症男と仕事をするのはとても疲れる。


「広島のまことちゃん」はこんな調子で向上心が無いから、エクセルで表を作らせてもへたくそで、ゴミ箱の中身も片付けない。そして、極め付けは、おそらく100万人、もしかしたら1000万人に1人と思われる奇妙な「クセ」を持っている。この「クセ」については「ある場面」が起きると高確率で奇妙な動作をするのだが、その内容について書くと本人が分かってしまうから、まだ内緒にしておこう。たぶん広島県内では彼一人だろう。

スポンサーリンク

なぜ人事部は嘘つきで採用に失敗するのか

誰しも会社で経験する「何でこんな人を雇ったのか?」という疑問。後から入社してきた「こんな人」は、一般企業の社会レベルで言えば、明らかに平均以下で出来が悪いのだが、そんな時、現場の人間は「もっといい人いるだろう、人事は何をやっているんだ・・・」と嘆く。

結局「こんな人」は、会社が成長するに従い、ついて行けずに辞めてしまう。いろいろと仕事を教えてきた時間と労力が無駄だったと痛感させられる。

10年以上前に20代の男が部下に配属された。特徴は、まだ若いのに声がしゃがれていて、少し重苦しい発声をしていた。この男はちょっと無理じゃあないだろうかと思いつつ、会社の指示通りに仕事を教えたのだが、約1年後に案の定、そいつは営業成績が上がらず、ついでに社内の女と不倫したりして辞めて行った。そんな時「なぜ、こんなのと出会わなければならないのか、出会いたくもなかった」と落胆する。


また、転職時の面接で、人事担当者の無知、無能ぶりによって、落胆させられることもある。いわゆる「現場を知らない」というやつだ。

人事の無知・無能について言えば、現在、広島市内で某家電量販店のビルが建て替え中だが、以前、ここのロートル人事部長との話の中で、扱いたい商品の価格帯を提案をしたことがあるが、その時のロートル人事部長の受け応えが「そんなのしませんよ?そんな事やる予定ありません!」と、薄ら笑いを浮かべて言っていた。ところが数年後、何と、その価格帯の商品がホームページに出ていたのだ。まったく、家電量販店の人事なんていうのはいい加減で嘘つきだと確信した時だった。

人事部は、社長、もしくは役員の指示によって希望する人材を伝えられていると思うが、面接には必ず現場の人間を同席すべきだ。一緒に仕事が出来るかどうかは、現場の人間が一番よく分かる。そして、若いからまだ将来性があると思って、若い人を優先的に採用してしまうと「こんな人」を雇ってしまう事になる。その結果、組織内がぎくしゃくして暗くなり、従業員たちが不毛なストレスを抱えてしまうのだ。


社員教育ができない広島労働社会~広島の「まことちゃん」その髪型でいいのか


スポンサーリンク

良い会社に転職したくて会社辞めたいのに辞めさせてもらえない

中国5県の労働局に寄せられる労使間トラブルで、労働者の自己都合退職に関する相談が増加傾向にあるという。2016年度は解雇・雇い止めに伴う相談件数を始めて上回った。「辞めたくても辞めさせてもらえない」との内容が目立つ。人手不足を背景に、不当な圧力で労働者を引き留めるケースもあるという。広島労働局によると、17年度も同傾向で推移しているという。

5県の各労働局によると、16年度の自己都合退職に関する相談は計2588件。今の形式で統計を取り始めた09年度の1008件の2.6倍に上る。一方、解雇・雇い止めに関する相談は、16年度が2479件で、リーマン・ショックの翌年である09年度の4733件から半減している。

広島労働局管内では、09年度に2795件あった解雇・雇い止めの相談が16年度は918件と3分の1に減ったのに対し、自己都合退職の相談は16年度が934件で、09年度の526件の1.8倍となった。

「次の勤務先が決まっているのに退職日を延ばされる」「代わりを見つけないと退職が認められない」といった内容が目立つという。

同局雇用環境・均等室の梅田典幸室長補佐は「有効求人倍率は17年度もバブル期並みの高水準。賃金や環境のいい職場を求める労働者と、人材を離したくない使用者との摩擦が強まっている」とみる。

広島県労連の労働相談センター(広島市東区)には、過去の仕事上のミスを持ち出して「損害賠償しないと退職させない」と金銭を求めるなど悪質なケースの相談も。飲食や小売り、介護など零細規模の業者や、労働法制の知識が乏しい学生アルバイトが当事者になる例が多いという。

【自己都合退職に関する主な相談】

残業が多いので体調不良を理由に辞めたいが、医師の診断書の提出を求められた。

退職は認められたものの、残った有給休暇の取得を拒まれた。

試験が近く、学業優先を理由に辞めたいが「代わりのアルバイトを連れてこい」と迫られた。

求人票の内容と実際の仕事内容、賃金体系が異なるので退職したい。

退職申し出時期を定めた就業規則の規定が「6カ月前」。長過ぎないか。

※広島労働局、広島県労連調べ

(中国)

スポンサーリンク

社員教育ができない広島労働社会~広島の「まことちゃん」その髪型でいいのか

日馬富士が貴の岩に説教中、貴の岩がスマホを操作して、日馬富士が逆ギレ暴行。日馬富士は何と勇敢なんだろう。貴の岩のような今時の社員は広島に限らず、たくさんいる。そんな礼儀知らずで出来損ないの社員には、頭をひっぱたく位は必要だ。つまり「言っても分からなければ態度で示せ」という昔からの教訓だ。そして「広島のまことちゃん」もその一人なのだ。


ちなみに「まことちゃん」とは、転職してきた男で、楳図かずお氏のギャグ漫画に出てくる「まことちゃん」によく似ているから、“心の中”でそのように呼んでいる。なぜか”おかっぱ頭”という風貌で、もう30歳になる男だが・・・。



まことちゃん



「広島のまことちゃん」は、いくつかの特徴があるが、なぜこの話をするのかと言うと、過去にいくつかの会社で何百人という社員と仕事をしてきたが、今まで出会ったことが無いタイプの男だからだ。その風貌や言動は、とても奇妙で特徴的。社長が採用してしまったから仕方がないが、なぜ、こんな男と仕事をしなければならないのか日々悩まされている。


これは、子どものような大人を生み出した地方都市広島の社会問題につながると思う。こんな男を採用する位なら25~26歳のテキパキした女性を採用してほしかったが、そのような女性を広島で探すこと自体が宝くじに当たるようなものだ。憂鬱な気分に浸りながら、とりあえず「広島のまことちゃん」の事を少し紹介したい。


なぜ“まことちゃんヘアスイル”?

今時の20代の流行りを引きずっているのだろうか。大の大人が「まことちゃんのおかっぱ頭」というヘアスタイルだ。小学生がおかっぱ頭なら理解できるが、30歳にもなる男がおかっぱ頭とは・・・。


今まで何百人という人たちと仕事をしてきたが、おかっぱ頭の男はいなかった。髪型と額の出し方は、「自信とプライドの現れ」というが、すると、おかっぱ頭の成人男は仕事に自信が無く、むしろ自閉症の兆候があると考えられる。「まことちゃん」の動作を見ていると、つくづくそう感じる。


「まことちゃん」ヘアスタイルは他にもいるのか

実際に、広島市の中心街の人通りの多い場所で「まことちゃん」スタイルの「おかっぱ頭」の成人男を捜してみよう。すると、それ風の男をたまに見かけることがある。やっぱりいるんだ。同類項なんだろうか。


「まことちゃん」は声が小さく返事をしない

とにかく、朝の挨拶の声が小さい。蚊の鳴くようなボソボソとした声だ。そして、指示をしても返事をしない。ダマーッている。社会性がない。コミュニケーション能力がない。

ごく普通の社会人ならば、社員同士や上司、部下との会話で、例えば「あ、そうですよね・・」「そうなんですか、私はこう思うんです・・」「それもそうですよね・・」「でも、こんなこともありましたよ・・・」といったような明るく前向きな言葉のキャッチボールをするのだが、「まことちゃん」はこれが出来ない。何かを聞いたり指示したりしてもダマーッている。明らかな自閉症か。これが今の広島社会の現実なのか。


「まことちゃん」の咳払いがでかい

挨拶の声は小さくても、なぜか“咳払い”の時は声がでかいのだ。その発声は、てんかん持ちの子どもが大声で“あ゛―!!”とか“い゛-!!”とか叫んでいるのとよく似ている。とにかく、とても気になってうるさいのだ。まるで、“ヒス”を起こしている子どものようだ。そして、電話を取る前に必ず「うんうん」と小声で咳払いをする。これが非常に耳障りでイライラする。


「まことちゃん」は社内資料を自分のスマホで撮影して使う

通常、会社の資料を仕事で持ち出して使う時、コピーしたものを使用する。しかし「まことちゃん」は、自分のスマホで会社にある資料を手当たり次第バシャバシャ撮り、持ち歩く。スマホの中には社内の情報がいっぱい保存されているとう状態だから、非常に危険な行為を平気でやっているのだ。さらに顧客との会話も勝手に録音もする。これは、広島社会で培った方法なんだろうか。どこの会社で教わったのだろうか。とても気味が悪くて仕方がない。


「まことちゃん」をじっと見つめると“犬”の仕草をする

しょちゅう変な行動をしているから、見るに見かねて「まことちゃん」をじっと見つめてやった事があるが、そうすると、ちゃんと反応してくれてこっちを向いて顏を頻繁に前後に突出し、まるで「犬」がエサを求めるような仕草をするのだ。とても奇妙で気持ち悪い男だ。広島社会はいったい何を教育して来たのだろうか。


【総評】社員教育ができない広島社会

ほかにもいろいろと問題行動や失敗は数多いが、結局「まことちゃん」は広島で何をしてきたのだろうか。広島の労働社会はいったいどんな社員教育をしているのだろうか。広島では確かに「根暗ら」の人間は多いが、これが広島社会の現実だと思うとゾッとする。明らかに東京の労働社会との落差を感じる。地方都市だから人材難だ言われればそれまでだが、とにかく広島にある会社は、社会人になった人間に対して、しっかりと教育をして社会性のある人材をつくり出してほしい。

スポンサーリンク