福山市鞆町の「仙酔島の公園」の遊具で4歳児が転落し後遺症が残るけが

17年1月、福山市の公園で、鎖でつないだ丸太の上を渡る遊具で遊んでいた4歳の男の子が足を踏み外して転落し、頭を打つけがをしていたという。事故当時、丸太の1つが鎖から外れていたということで、遊具を設置した広島県は使用を禁止するとともに男の子や保護者に謝罪した。

事故があったのは景勝地として知られる福山市鞆町の仙酔島の公園に広島県が設置した遊具。遊具は鎖でつないだ木製の丸太を渡るもので、県によると1月3日、遊んでいた広島県尾道市の4歳の男の子が足を踏み外して地上およそ50センチの高さから転落したという。

男の子は頭を打つけがをし、今後も薬の服用が必要となる後遺症が残る可能性があるという。県によると事故当時、丸太の1つが鎖から外れていて、男の子が渡る際に足を踏み外したとみられるという。このため県では遊具を使用禁止にするとともに男の子と保護者に謝罪したという。

県によると、この公園では年2回の定期点検のほか、月1回をめどに目視などによる点検をしていて最後に点検した16年10には異常は見られなかったという。広島県の梅村幸平環境部長は「事故が起きたことを深くおわび申し上げたい。壊れた遊具を発見できず放置していたことは県に責任があると考えている。今後は点検のあり方についても検討していきたい」と話した。

また、県は、廿日市市の「県立もみのき森林公園」にある雪遊び用の広場で1月29日、6歳の男の子がそり遊び中に柵を超えて隣接する駐車場に飛び込み、止めてあった車と接触して右手首を骨折するなどの大けがをしたことも明らかにした。県では現在この広場の立ち入りを禁止しているという。(NHK広島)




公園事故2

宮島を結ぶフェリーがエンジントラブルで動けなくなる

1月30日夕方、世界遺産の厳島神社がある廿日市市の宮島と陸側の宮島口を結ぶ旅客フェリーが、エンジントラブルで動けなくなった。フェリーには乗客89人が乗っていたが、およそ1時間半後に別の船に移され、乗客にけがはないという。30日午後4時10分ごろ、廿日市市の宮島を出て陸側の宮島口に向かっていた旅客フェリー「ななうら丸」が、エンジントラブルで動けなくなったと運航するJR西日本宮島フェリーから海上保安部に連絡があった。

海上保安部によると、「ななうら丸」には乗員4人、乗客89人のあわせて93人が乗っていて、潮に流されたあと宮島の北東1600メートルの広島湾にいかりを下ろして停泊したが、乗客89人ついては1時間40分後の午後5時50分すぎまでに別の船に移され、宮島口に輸送されたという。乗客にけがはないという。

ななうら丸は、16年11月、それまで29年にわたって運航されていた船に代わって就航したフェリーで、総トン数は275トン、定員は800人と、外国人観光客など利用客が増えていることから従来の船より125人多くなっている。海上保安部では船長から話しを聴くなどしてトラブルの原因を調べている。(NHK広島)



宮島 ななうら丸1


宮島 ななうら丸

広島高速1号線のトンネルで事故後自殺した30代男性

1月24日、安芸区の広島高速1号線のトンネルで、壁に衝突した乗用車から下りた男性が500メートルほど離れた歩道橋から転落して死亡し、一時通行止めになった。24日午後8時ごろ、安芸区の広島高速1号線上りの福木トンネルで追い越し車線を走っていた乗用車が壁に衝突し停止した。車を運転していた30代の男性はトンネルから約500メートル離れた歩道橋まで歩き、高速1号線の下り車線に転落し死亡した。この影響で広島高速1号線下りの広島東と温品の間が約2時間半通行止めになった。防犯カメラの映像を確認したところ、第三者の介入がないため、警察は男性が自殺した可能性が高いとみて捜査している。(HOME)

神石高原町で大型ミキサー車が崖下に転落

1月23日午前、神石高原町の山あいの道路で、大型ミキサー車がおよそ10メートル下の崖下に転落し、運転手など乗っていた2人がけがをした。現場の道路には一部、雪が残っていて、警察は凍結した路面でスリップしたとみて事故の状況を詳しく調べている。

23日午前10時半ごろ、神石高原町の山あいの道路で大型ミキサー車がおよそ10メートル下の崖下に転落したと通りかかった車のドライバーから消防に通報があった。消防によると、大型ミキサー車は斜面の底で上下逆さまの状態となり、運転席と助手席にいた2人が一時、車内に閉じ込めらたが、消防の救急隊がおよそ2時間後に運転手の51歳の男性を救助し、さらにその1時間後に、助手席にいた75歳の男性を救助した。

2人はけがをして病院に搬送されたが、いずれも意識はあるという。警察によると、大型ミキサー車は岡山県倉敷市からおよそ13トンのセメントを神石高原町の会社まで運ぶ途中だったという。現場は下りのゆるやかな右カーブで、道路には一部、雪が残っていたということで、警察は凍結した路面でスリップしたとみて事故の状況を詳しく調べている。(NHK広島)



神石高原町 ミキサー車転落

三滝の太田川放水路で70代男性の死体が見つかる

1月22日午前、広島市内の川で高齢男性の遺体が浮かんでいるのが見つかった。22日午前10時半ごろ、広島市西区三滝町の太田川放水路で、通行人から「人のようなものが浮かんでいる」と警察に通報があった。消防が川から男性を引き上げたが、すでに死亡していた。警察によると、遺体には目立った外傷がなく、所持品などから近くに住む70代の男性と確認されした。警察は死因などを詳しく調べている。(TSS)

JR西広島駅で人身事故 男性がはねられ死亡

1月20日未明、JR西広島駅で線路内に立ち入った男性が貨物列車にはねられ、死亡する事故があった。山陽線は始発から運転を見合わせ、通勤や通学の客などに影響が出た。警察とJRによると、20日午前1時50分ころ、JR山陽線西広島駅で、改札付近のホームから線路内に立ち入った男性が、貨物列車にはねられ死亡した。この事故で山陽線の横川駅と岩国駅の間の上下線で、始発からおよそ2時間にわたり運転を見合わせ、1万1500人に影響が出た。警察が事故の原因や死亡した男性の身元を調べている。(RCC)



JR西広島駅 人身事故

「ハピアス海田」で車がまわりの車両5台に次々と衝突

1月19日夜、海田町の商業施設の駐車場で、車がまわりの車両5台と次々に衝突する事故があり、このうち1台が店舗に突っ込んだ。警察によると、この事故で1人が軽いけがをしたという。19日午後6時半ごろ、海田町畝の商業施設「ハピアス海田」の駐車場で車がまわりの車両5台に次々に衝突し、1台が店舗の入り口に突っ込んだ。この事故で1人が軽いけがをしたという。警察は衝突した車を運転していた人に話を聞くなどして事故の詳しい状況を調べている。車が突っ込んだ店舗の店員は、「店の入り口の方から女性の悲鳴が聞こえたのでかけつけると車が突っ込んで割れたガラスが散乱していてびっくりした。店内にいた人にけがはなかった」と話したという。(NHK広島)



海田町 ひまわり事故

呉でトラックが対向車に次々と衝突5人けが

1月17日午後、呉市の国道でトラックが対向車線を走っていた車4台に次々に衝突する事故があり、あわせて5人がけがをした。17日午後3時前、呉市吉浦宮花町の国道31号線で、呉方面に向かって走っていた2トントラックが対向車線を走っていた軽乗用車と衝突し、さらに軽乗用車の後ろを走っていた3台の車に次々に衝突した。

警察や消防によると、この事故でトラックを運転していた55歳の男性が顔や足を打つけがをするなど、あわせて5人がけがをした。いずれも命に別状はないという。現場はJR呉線の吉浦駅近くの見通しのよい片側1車線の国道。警察は現場の状況などからトラックが何らかの原因で対向車線にはみ出したのが原因とみて事故の状況を詳しく調べている。(NHK広島)



呉トラック事故

南蟹屋の交差点で大型トラックが歩行者を巻き込む

1月17日朝、広島市南区で交差点を左折した大型トラックが歩いていた女性を巻き込む事故があり、女性は骨盤を折り重傷。事故があったのは広島市南区南蟹屋の交差点。警察によると午前8時35分ころ、交差点を左折した大型トラックが、歩いて横断歩道を渡っていた50代の女性を巻き込んだ。この事故で女性は骨盤を折り重傷だという。現場は信号機や横断歩道のある交差点で、事故を目撃した人は「事故当時の歩行者信号は青の点滅だった」と話しているということで、警察が事故の原因を詳しく調べている。(RCC)



南蟹屋 事故


安佐南の中国自動車道「広島西風新都」で18台が絡む事故発生

1月15日夜、広島市安佐南区の高速道路で、車18台が絡む事故が起きた。事故があったのは広島自動車道下りの広島西風新都ICから約2キロ進んだ場所。警察によると、15日午後7時半ごろ、車18台が絡む多重事故が発生した。この事故で6人が軽傷を負ったという。事故当時、現場では雪のため冬用タイヤ規制が敷かれ、路面は凍結していたものとみられる。 また、山陽自動車道でも事故が起きるなど高速道路で事故が相次いだ。広島県内は16日夕方まで北部を中心に雪が降り続く予報で、引き続き路面の凍結に注意が必要。(広島テレビ)



広島高速 西風新都 事故