福山の採石場で作業員2人が土砂に埋まる

10月26日午前、福山市にある建設会社の砕石場で、作業員の男性2人が崩れた土砂などに埋まり、いずれも救助されたが、警察によると1人は心肺停止の状態だという。26日午前9時半すぎ、福山市大門町野々浜にある建設会社の砕石場で、「作業員の男性2人が残土に埋まった」と消防に通報があった。

警察と消防によると、2人のうち40代の男性は事故の30分後に意識がある状態で救助され、病院で手当てを受けている。もう1人の60代の男性は事故から4時間余りたった午後2時過ぎに助け出されたが、男性は心肺停止の状態だという。

警察によると、土砂をためるため周囲に10メートルほどの高さで積み上げていたコンクリートブロックが崩れ、ブロックの上で作業をしていた2人が巻き込まれたとみられる。また、建設会社によると現場では、プラントをつくる工事が行われていて、2人は下請け会社の作業員だという。警察と消防が詳しい状況を調べている。(NHK広島)


2人土砂に埋まり1人死亡

26日午前、福山市にある建設会社の砕石場で作業員の男性2人が崩れた土砂に埋まり、このうち61歳の男性が死亡した。26日午前9時半すぎ、福山市大門町野々浜にある建設会社の砕石場で、崩れた土砂に男性作業員2人が巻き込まれた。警察によると、この事故で岡山県井原市に住む下請け会社の作業員、岡田一郎さん(61)が事故から4時間あまりあとに土砂の中から見つかったが、その後、死亡が確認された。

また、事故のおよそ30分後に救助された49歳の男性は、胸などを打って病院で手当てを受けているが、命に別状はないという。警察や建設会社によると、土砂をためるため、およそ10メートルの高さまで積み上げられていたコンクリートブロックの一部が崩れ、重機などを使って土砂をならす作業をしていた岡田さんなど2人が巻き込まれたという。当時、現場では廃棄物の仮置き場を設ける工事を行っていたという。 (NHK広島)




福山市大門町 採石場

中国道で広島の母子が事故死したのは広島のトラックが落したタイヤだった

岡山県津山市の中国自動車道で10月18日夜、路上に落ちていたタイヤに接触した大型トレーラーが横転し、同じタイヤに軽乗用車で乗り上げて路肩に避難していた親子2人がはねられ死亡した事故で、県警がこのタイヤを落としたとみられるトラックを特定したことが捜査関係者の取材で分かったという。車両からスペアタイヤがなくなっており、男性運転手から任意で事情を聴いている。

関係者によると、運転手の男性は広島県内に本社がある運送会社に勤務。県警は車両整備に不備がなかったか調べている。県警によると、タイヤはトラックなどの大型車両用で、重さ約90キロ、直径約1メートル。現場付近には車体とスペアタイヤをつないでいたとみられるチェーンも落ちていたことから、県警は車底部などに取り付けられていたスペアが外れ、落ちた可能性があるとみていた。

県警は料金所やトンネルのカメラ、事故時に付近を走っていた車のドライブレコーダーなどの映像を回収し、事故当時、現場付近を走っていた車両を特定。スペアタイヤの有無を確認し、スペアがないこのトラックを見つけたという。

亡くなったのは、歯科技工士の中村美香さん(49)=広島市安芸区=と長女で岡山大教育学部4年の亜美さん(21)=岡山市北区。2人は路肩に避難していたが、タイヤに接触して横転したトレーラーがガードレールをなぎ倒しながら2人をはねたとみられるという。(朝日)


トラックは呉の運送会社

親子2人が巻き込まれて死亡した事故は、広島県呉市に本社がある運送会社のトラックがスペアタイヤを落とした可能性が高いことが10月21日分かった。岡山県警は高速道路のカメラ映像などからトラックを特定。同社から車両の任意提出を受け、運転手から任意で事情を聴いている。事故現場でトラックのスペアタイヤ固定用のチェーンが見つかったことも判明。県警は走行中にスペアタイヤが落下したとの見方を強め、運転手が気付いたかどうかや、普段の点検状況について調べている。呉市の運送会社の関係者は取材に「事故後、車を一斉調査し、スペアタイヤがなくなっているトラックがあった」と話した。(毎日)




広島県呉市のトラック

「恋のしずく」クランクイン当日にスタッフ6人が乗る自動車が転落事故

10月20日午前、広島県東広島市の国道で、映画『恋のしずく』の衣装スタッフが乗ったワンボックスカーが道路わきに転落した。車に乗っていた6人全員がケガをした。

広島県警によると、20日午前8時半ごろ、東広島市高屋町の国道375号線で、元AKBの川栄李奈さん主演の映画『恋のしずく』の衣装スタッフを乗せたワンボックスカーが道路を外れ、およそ5、6メートル下の雑木林に転落した。この事故で車に乗っていたスタッフと運転手のあわせて男女6人がケガをして病院に運ばれた。

20日は映画撮影の初日で、スタッフは東広島市内での撮影のため衣装を運ぶ途中だった。6人は全員、意識はあり命に別条はないという。車は国道を北方向に向かっていて、そのままガードレールを突き破り、転落したものとみて警察が詳しい事故の経緯などを調べている。(TSS)





恋のしずく 事故

高速の路肩に避難中の広島の親子が後続のトレーラーにはねられ死亡

10月18日午後8時15分ごろ、岡山県津山市坪井上の中国自動車道上り線で、事故で路肩に避難していた親子2人が、横転事故を起こした後続のトレーラーにはねられ死亡した。県警は、親子2人が乗った軽乗用車が路上に落ちていたタイヤ(直径約1メートル)に乗り上げ、さらにトレーラーもこのタイヤに乗り上げて横転したとみている。

県警によると、亡くなったのは、歯科技工士の中村美香さん(49)=広島市安芸区と、長女で大学生の亜美さん(21)=岡山市北区。また、トレーラーを運転していた男性(47)=岡山県真庭市=が軽傷を負った。

県警によると、午後8時10分ごろ、亜美さんから「タイヤにぶつかって路肩に避難している」と110番通報があったが、通話中に電話が途切れたという。トレーラーの男性は県警の調べに対し、「タイヤをよけようとしたが、制御不能になって横転した」という内容の話をしているという。

県警は、軽乗用車が追い越し車線を走行中、落ちていたタイヤに乗り上げたため停止。2人が車を降りて路肩に避難していたところ、同じタイヤに乗り上げて横転したトレーラーにはねられたとみている。タイヤは大型車両用のものとみて、落下していた経緯などについて調べている。(朝日)




津山 中国自動車道

朝酒しで夜軽トラ運転人をはねて死亡させる

10月17日夜、東広島市の市道で 歩行者の男性が軽トラックにはねられ死亡した。警察は運転していた男を酒気帯びなどの疑いで逮捕した。塚原政幸容疑者(46)は、17日午後8時半ごろ、東広島市黒瀬町の市道で酒を飲んで軽トラックを運転し、道路にいた城林博文さん(73)をははねて死亡させた疑い。塚原容疑者は「飲酒運転で人をはねたことは間違いない」と容疑を認めている。塚原容疑者の呼気からは、基準値と同じ数値の アルコールが検出されていて、「朝、自宅で酒をのんだ」と話しているという。塚原容疑者は「ブレーキをかけたが間に合わなかった」と話していて警察が事故の詳しい状況などを調べている。(HOME)

国道183号で黒のボックスタイプの軽自動車がひき逃げ

10月17日朝、広島市西区で、自転車に乗っていた男性が軽自動車にはねられ重傷を負った。軽自動車は現在も逃走していて、警察はひき逃げ事件として捜査している。警察によると、17日午前5時45分ごろ、広島市西区三篠町の国道183号の交差点で、新聞配達を終え自転車で帰宅中だった男性が横断歩道を渡っていたところ、北から直進してきた軽自動車と衝突した。自転車の男性は左大腿骨を折る重傷を負い、軽自動車はそのまま南方向に逃走した。逃げた軽自動車は黒っぽいボックスタイプだという。警察はひき逃げ事件として、付近の防犯カメラの映像や目撃証言などをもとに捜査するとともに、逃げた車の行方を追っている。(TSS)


北広島町の建設作業員を逮捕

10月17日早朝、広島市で、車で自転車に乗っている男性をはね、逃走していた男が逮捕された。過失運転致傷などの疑いで逮捕されたのは、北広島町の建設作業員平田裕也容疑者(23)。平田容疑者は17日午前6時前、広島市西区の国道交差点で軽ワゴン車を運転中、自転車に乗っていた男性をはね、そのまま逃走した疑いが持たれている。この事故で、自転車の52歳の男性が右足の骨を折る重傷を負っている。警察は、防犯カメラの映像などから平田容疑者の車を割り出した。調べに対し、平田容疑者は「怖くなって逃げた」と容疑を認めているという。(TSS)




西区三篠 ひき逃げ

JR福原線に女性がはねられ死亡

10月16日午後0時50分ごろ、JR福塩線備後本庄ー福山間の能満の2踏切(福山市本庄町中2丁目)で、同市の60代の女性が府中発福山行き列車にはねられ死亡した。JR西日本岡山支社によると、運転士が女性を発見し非常ブレーキをかけたが間に合わなかったという。計6本が運休、最大67分の遅れが出て計約350人に影響した。現場は警報機と遮断機のある踏切。近くの会社員男性(40)は、「見通しがいい踏切。これまで事故は記憶にない」という。福原線では9月にも福山市神辺町の踏切で男性が死亡する事故が起きている。(中国)

車に追突された自転車は何をやっても被害者として許される

10月13日午前、広島市の市道で自転車の男性が後ろを走っていた軽トラックに衝突され、死亡する事故があった。午前10時ごろ安佐南区川内の市道でリサイクル業者の軽トラックが、同じ方向に進んでいた自転車に後ろからぶつかった。この事故で自転車に乗っていた古本秀士さん(88)が頭を強く打ち、病院に搬送されたが、まもなく死亡した。警察によると、軽トラックを運転していた男性(26)は「自転車が急に前にでてきた」などと話しているという。警察は古本さんが道路を横断しようとしてトラックの前に出た可能性があるとみて事故の原因を調べている。(HOME)

国道2号の交差点で車が暴走 1人死亡4人重傷

10月12日午前11時25分ごろ、広島市安芸区中野東7丁目の国道2号の交差点で、職業不詳の古山晴茂さん(73)=広島県東広島市八本松町=の乗用車が、横断中の歩行者と自転車をはねた後、軽乗用車に衝突した。歩行者の広島市安芸区中野の無職、三村佳津子さん(60)が病院に搬送されたが死亡したほか、4人が重傷を負った。重傷者は古山さんと同乗の妻(67)、自転車の男子大学生(22)、軽乗用車の女性(62)。現場は信号機のある見通しの良い交差点。県警は、古山さんの回復を待ち、事故原因などについて事情を聴く方針。(産経)




広島市安芸区中野東2号線 事故2

パトカーから逃げていた軽自動車がデイサービスの送迎車と衝突してまた逃走

10月11日、広島市内の交差点でデイサービスの送迎車がパトカーから逃げていた軽自動車と衝突し、5人が重軽傷を負った。警察は軽自動車に乗っていたとみられる若い男の行方を追っている。11日午前8時50分ごろ、南区楠那町の交差点でデイサービスの送迎車と軽自動車が出合い頭に衝突し、送迎車が横転した。送迎車には5人が乗っていて90代女性が頭を強く打つ重傷、4人が軽いケガをした。軽自動車は現場から逃走していたが、警察は事件から約3時間後に約2km離れた会社の敷地内で車を発見した。軽自動車は直前に交通違反をしてパトカーから逃げていたということで、警察は運転していた男の行方を追っている。(HOME)




広島市南区楠那町 事故

スポンサーリンク

広告