志和町でトレーラーから出火

8月25日正午ごろ、東広島市で走行中の車を運ぶトレーラーから火が出て、積んでいた車4台が燃える火事があった。25日正午ごろ、東広島市志和町七条椛坂で「トレーラーから火が出ている」と、このトレーラーの運転手から消防に通報があった。

警察と消防によると、火はおよそ1時間後に消し止められたが、車を運ぶトレーラーの一部が燃えたほか、積んでいた乗用車4台が全焼したが、この火事によるけが人はいなかった。現場は山陽自動車道の志和インターチェンジに接続する道路で、警察はトレーラーの後ろのタイヤ付近から火が出たとみて、出火の原因などを調べることにしている。(NHK広島)



志和町 トラック火災2

八本松の山陽道でトラックが炎上

8月24日午後、山陽自動車道・下りで、可燃性の塗料を積んだ大型トラックが炎上し、全焼した。この火災で、現場付近の上下線が一時、通行止めとなった。24日午後6時ごろ、東広島市八本松町の山陽道下りで、大型トラックの運転手から「タイヤ付近から煙が出ている」と消防に通報があった。大型トラックは可燃性の塗料を積んでいて、路肩に停車した後に炎上、火はおよそ4時間後に消し止められたが、車両を全焼した。火災によるケガ人はいなかった。この火災の影響で、山陽道の西条インターと志和インター間が上りはおよそ3時間、下りはおよそ7時間半にわたって通行止めとなった。警察と消防は近く実況見分をして、詳しい火災の原因を調べる方針。(TSS)

廿日市市の国道2号線で車同士が正面衝突事故1人死亡5人けが

8月21日午後、廿日市市の国道で軽自動車と乗用車が正面衝突する事故があり、軽自動車に乗っていた94歳の女性が死亡したほか、子ども2人を含むあわせて5人がけがをした。21日午後2時すぎ、廿日市市阿品の国道2号線で、軽自動車と反対車線を走っていた乗用車が正面衝突した。この事故で、軽自動車に乗っていた広島市佐伯区の花岡タカエさん(94)が心肺停止の状態で病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。

また、花岡さんを乗せて軽自動車を運転していた60代の女性のほか、乗用車に乗っていた9歳の女の子と11歳の男の子のあわせて5人がけがをしたが、いずれも命に別状はないという。現場は、JR山陽線の阿品駅から南西におよそ200メートルの片側1車線の見通しの良い道路で、警察が事故の詳しい原因を調べている。 (NHK広島)




廿日市市 自動車事故

チョコレートを食べながら1週間過ごした広島の登山遭難男性

8月20日、富山県警は富山・長野県堺の北アルプスで1週間前に滑落し、連絡が取れなくなっていた広島市安佐南区、アルバイト筒井清之さん(74)を発見、救助した。衰弱しているが命に別条はない。

県警によると、筒井さんは8月13日午後4時ごろ、富山県黒部市の標高約千メートルの登山道で足を滑らせ、約10メートル下の沢に滑落。急斜面を登れなかったため、沢の水を飲み、チョコレートを小分けにして食べ、救助を待っていた。テントや寝袋は用意していなかったが、雨がっぱで寒さをしのいだ。

筒井さんは8月10日に1人で新潟県から白馬岳に入山。長野、富山県にまたがる唐松岳を通り、黒部市へ向かった。下山予定の8月14日を過ぎても帰宅しないため、親族が8月18日に広島県警に行方不明届けを出し、富山県警山岳警備隊などが8月20日朝から捜索を開始。直後に県警ヘリコプターに向ってタオルを振る筒井さんを発見、午前9時ごろ救助した。

富山県警は筒井さんが登山届けを出していたことに加え、滑落場所から動かなかったことが体力の温存や早期の発見につながったとしている。(中国)




北アルプス2

日東電工尾道事業所の社員だった男性がバイク事故で身障者1級 復職求めて提訴

交通事故で障害を負った後に復職を認めなかったのは不当だとして、神戸市の男性(43)が電子部品大手の日東電工(大阪市)に雇用の継続などを求める訴訟を8月17日、大阪地裁に起こした。16年4月に施行された改正障害者雇用促進法は、企業に障害に応じて職場環境を整備する合理的配慮を求めており、代理人弁護士は「企業がどこまで配慮を尽くすべきか、裁判で明らかにしたい」としている。

訴状によると、男性は1999年に入社。広島県尾道市の事業所で主任研究員として生産設備の研究開発をしていたが、2014年5月に勤務時間外のバイク事故で首の骨や頸髄を損傷、胸から下のまひなどで身体障害者1級の認定を受けた。

男性は車いす生活になったが腕や手を動かすことは可能で、16年8月に会社に復職を希望した。勤務形態についての相談も申し出たが、会社は在宅勤務を認めず、代理人弁護士による交渉も拒否。17年2月に休職期間満了による退職扱いとし、事実上の解雇となった。

男性側は「担当業務はパソコンを使う頭脳労働で、車いすでも仕事に支障はない」と主張。合理的配慮については職場内の移動の負担を軽くし、訪問看護のために週1日の早退を認める程度で過度な負担には当たらないとし、退職扱いとしたのは解雇権の乱用だと訴えている。

男性は提訴後の記者会見で「同じような目に遭っている可能性がある他の障害者の方のためにも訴訟を闘いたい」と話した。日東電工の担当者は「個人情報に関わるので、コメントは控える」としている。(産経)

坂町の水尻踏切で中年女性が列車にはねられ死亡

8月16日午後3時50分ごろ、広島県坂町水尻のJR呉線水尻駅構内の水尻踏切で、広島発広行きの上り快速安芸路ライナーに女性がはねられ死亡した。海田署によると、女性は中年とみられ、同署は確認を急いでいる。JR西日本広島支社によると、運転士が踏切に入る人影に気づき、非常ブレーキをかけたが間に合わなかったという。同区間の上下14本が運休、同11本が最大約1時間20分の遅れ、約7100に影響が出た。(中国)

恐羅漢山で80代の高齢者が滑落重傷

8月12日昼ごろ、安芸太田町にある恐羅漢山の中腹で高齢の男性が滑落し、足の骨を折る重傷を負い、ヘリコプターで救助された。12日午後0時過ぎ、安芸太田町にある恐羅漢山で登山客から「山頂付近で高齢の男性が滑落した」と119番通報があった。広島市消防局がヘリコプターや消防車で付近を捜索し、落ちた谷から男性を救助しようとしたが谷が深く途中で霧も出たため作業は難航。およそ3時間後にヘリコプターに救助された。救助された男性は80代で意識はあるものの足の骨を折る重傷だという。現場は恐羅漢スノーパークの北側の山林で、知人と登山に来ていたとみられ、警察は事故の原因を調べている。(TSS)

JR備後赤坂駅近くで70代女性が軽自動車にはねられ死亡

8月8日夜、福山市で道路を横断していた70代の女性が軽自動車にはねられ、死亡する事故があった。8日午後7時30分ごろ、福山市赤坂町のJR備後赤坂駅近くで県道を横断していた高橋ツヤ子さん(72)が軽自動車にはねられた。高橋さんは全身を強く打ち病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。現場は片側1車線の直線道路で、信号機や横断歩道のない場所だった。警察は軽自動車を運転していた福山市のアルバイトの男性(65)が前をよく見ていなかったことが原因とみて調べている。(HOME)

【オリックス】奥浪選手と契約解除「地元広島で早く次の準備をしたい」

8月3日、オリックスは奥浪鏡内野手(21)に対し、契約を解除する旨を通達したと発表した。運転免許停止処分中だった5月に接触事故を起こし、球団から無期限謹慎処分を受けていた。

シーズン終了後に戦力外通告する方針だったが、長村裕之球団本部長は「本人から申し訳ありません、という言葉もあった。シーズン中ということだが、本人も地元の広島の方で早く次の準備をしたいという意向があった。次の人生に向けて取り返せるように頑張れと本人に伝えた。今後野球を続けるかどうかなどは、こちらから言うことではないので差し控えたい」と述べた。

奥浪は5月22日午後7時30分ごろ、大阪市内で車を運転中に2人乗りのバイクと接触。奥浪が同17日にスピード違反で30日間の運転免許停止処分を受けており、処分期間中の事故であることを重く見て、球団は無期限謹慎処分を通告したことを5月23日に発表していた。

高卒4年目で昨年は15試合に出場。今季ここまで1軍出場はなかったが、右の長距離打者として期待を集めていた。

◆奥浪鏡(おくなみ・きょう)1995年8月29日、広島県生まれの21歳。創志学園では1年夏からベンチ入りも甲子園出場なし。13年ドラフト6位でオリックス入団。14年のフレッシュ球宴で本塁打を放ち優秀選手に輝いた。16年6月14日の阪神戦(甲子園)でプロ初出場初安打。1メートル76、100キロ。右投げ右打ち。


免停中のオリックス奥浪選手が人身事故!無期限謹慎処分


新東名高速で広島のトラックが脇見運転で6台玉突き事故

8月3日午前、静岡県島田市の新東名高速上り線で大型トラックなど6台が関連する事故があり、5人が死傷した。警察などによると、3日午前10時10分ごろ、島田市大草の新東名上り大草トンネルで、大型トラックが前を走っていたオートバイに追突し、計6台が関連する玉突き事故となった。

この事故でオートバイに乗っていた愛知県豊川市の富永すみ子さん(51)が搬送先の病院で死亡し、4人が軽傷を負った。警察は、最初に追突事故を起こした広島県府中町の大保雄容疑者(52)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕し、今後は容疑を過失運転致死に切り替えて捜査する方針。

大保容疑者は仕事で広島市から静岡県焼津市に向かう途中で、警察の調べに対し「携帯電話に脇見をしてしまった」と話しているという。(NNN)




東名高速道路 玉突きトラック事故

スポンサーリンク

広告