大竹市議が有権者へ贈り物して辞職 群馬の小渕優子議員との違いは?

大竹市の市議会議員が中元や歳暮などの名目で複数の有権者に菓子などを贈っていたとして警察は近く、公職選挙法違反の疑いで書類送検する方針。議員は10月20日にも辞職願いを提出するとしている。

公職選挙法違反の疑いが持たれているのは、大竹市議会の民進党に所属する原田博議員(69)。警察によると、原田議員は市内の複数の有権者に中元や歳暮などの名目で菓子などを贈った疑いが持たれているという。警察は近く、書類送検する方針。

原田議員は贈り物をしたことを認め「投票の呼びかけなどはしていないので問題ないと思っていたが、弁解の余地はない」と話し、10月20日にも辞職願いを提出するとしている。

原田議員は平成11年に初当選し、去年8月の選挙ではトップ当選を果たし、現在5期目を務めている。(NHK広島)


公職選挙法では、政治家が選挙区内の人に寄付をすることを禁止していて、原田市議は警察に任意で事情を聴かれているという。その原田市議は10月20日朝、議長に辞職願いを提出した。(RCC)


大竹市議会 原田氏


広島6区が崇拝する亀井道路センセイが死刑制度廃止に持論

10月7日、日本弁護士連合会(日弁連)が「死刑廃止」を打ち出す方針であることを受けて、死刑廃止を推進する議員連盟の会長をつとめる亀井静香衆議院議員は10月6日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見を開き、日弁連の方針について、「死刑廃止に向けた一つの大きな流れをつくると確信している」と高く評価した。

亀井氏は「日本では、残念なことに目を覆うような凶悪犯罪が発生している。国民のなかに報復感情があるのは事実だ」と指摘。一方で、「日本人は相手を許して、ともに幸せになっていこうという感情の強い」「人間同士が死を与えなくても、あの世にいけばエンマ大王がさばく」と持論を展開した。

かつて亀井氏は、警察官僚として捜査を指揮する立場だった。亀井氏によると、容疑者だけでなく、事件の目撃者などが簡単に誘導されて、取調官に同調する供述をすることがあったそうだ。そうした経験を踏まえて、亀井氏は「冤罪はかならず起きる」「罪を犯していない人が、理不尽に無抵抗な状態で命を奪われる。国家による殺人はあってはならない」と訴えた。

さらに、「多数のために、少数者が犠牲になることは絶対にあってはならない。そういう犠牲者をうまない努力をしていかないと、荒んだ社会になっていく」と付け加えた。厳罰をのぞむ遺族感情に理解を示しながらも、別のかたちで罪をつぐなう方法を考えていくべきだと述べた。

蓮舫氏を支持する理由→女性だから・・・(広島)

民進党代表選(9月15日投開票)をめぐり、同党の都道府県連の幹部(地方議員)を対象にアンケートを行ったところ、蓮舫代表代行(48)を支持する声が最も多く、前原誠司元外相(54)、玉木雄一郎国対副委員長(47)を大きく引き離しているという。

調査は9月2~9日に実施。都道府県連の幹事長ら幹部のうち国会議員を除外し、各1人ずつ計47人に支持候補や理由を尋ねた。結果は蓮舫氏支持がトップの20人で、前原氏7人、玉木氏3人と続いた。

地域別にみると、蓮舫氏を支持するのは地元の東京、岡田克也代表の地元の三重のほか、岩手、宮城、千葉、新潟、長野、静岡、広島、福岡など。前原氏を支持するのは地元の京都に加え、山梨、滋賀、兵庫、島根、徳島など。玉木氏は和歌山、愛媛、鹿児島だけだった。

蓮舫氏支持の理由としては、「発信力に期待」(石川)、「女性だから」(新潟、広島)など。

前原氏は「経験、安定感」(滋賀)、「明確な国家ビジョン」(京都)のほか、「反省に立った政権奪還」(山梨)を挙げる幹部もいた。玉木氏へは「国会での論戦」(愛媛)を評価する声があった。

党運営に対しては、「与党との対抗軸を示すことが大事」(北海道)、「民主党政権時の幹部は一線を引いてほしい」(岩手)、「野党共闘への対応を明確に」(愛知)などの意見があった。 (時事)

元慰安婦に1000万円支払う?岸田外相の平和思想外交失敗か

8月24日、外務省は旧日本軍の従軍慰安婦とされた女性を支援するために韓国政府が設立した財団の具体的な事業内容について発表した。元慰安婦のうち生存者には1000万円程度、死亡者には200万円程度を現金で支払うという。金額は一律ではなく、医療や介護など個別の需要に応じて決める。財源となる10億円は8月中に財団に拠出する。同日開いた日韓外相会談で韓国側に伝えた。財団は現金支払い以外の事業も、日韓両政府の合意に基づいて実施するという。

元慰安婦支援は昨年末の日韓合意に基づくもので、日本はソウルの日本大使館前にある少女像の移転を求めており、合意には問題解決に向けた韓国政府の努力も盛り込んだ。日本政府関係者によると24日の外相会談で岸田文雄外相は韓国側も合意を履行するよう求め、尹炳世(ユン・ビョンセ)外相は「誠実に実施する」と応じた。

ただ、韓国では一部の元慰安婦や市民団体、革新系野党などが日韓合意を批判しており、少女像の移転実行は簡単でない。韓国政府は財団の活動をまず軌道に乗せて元慰安婦らの支持を得たうえで少女像問題に取り組む考え。(日経)



岸田外務大臣

岸田外相が中国大使へ"じらし作戦"で抗議

8月9日、日本政府は再三の抗議を無視する形で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で領海侵入を繰り返す中国側に対し、抗議のレベルを上げるとともに、“非礼”で遇することで無言の怒りをぶつけたという。9日午前、外務省の一室に通された中国の程永華駐日大使は、報道陣の目にさらされたまま、8分間も待たされたという。

 「おはようございます」

岸田文雄外相は、立って迎えた程氏に遅参をわびることなく、目も合わさずに着席を促した。外務省の杉山晋輔事務次官らの度重なる抗議にもかかわらず、あからさまな主権侵害を続ける中国への不満を最大限伝えるため、わざと“外交非礼”を演じたと思われる。

岸田氏は抗議後、記者団に「われわれの意思、考え方をしっかり伝えるため程氏を招致して直接伝えた」と述べ、閣僚が直接抗議した事実と重大性を中国が認識するように迫った。(産経)




岸田外相

年をとると波風立たせず安住のポストにどっしり小池都知事

横柄な都議会並びに老害都職員(特に3階)の改革をやってくれると期待していたが、小池百合子都知事が、日本テレビのインタビューに応じ、選挙戦で意欲を見せていた「都議会議員の利権」の追及について、チェック方法は都議会に委ねる方針を明らかにしたという。小池百合子都知事は「都議会におけるチェックというのは、むしろ都議会の方でお決め頂くという形になると思います」と述べたという。


という事は、単に都知事に当選するだけのパフォーマンスだったことが確定した。今回も有権者は騙された格好だ。都知事選で落選した候補者の中で、小池百合子氏では絶対に改革など出来ないと言っていた人がいたが、それは本当だったようだ。




小池 森
 

鳥越氏の「病み上りは差別だ!」発言は部落解放同盟の「差別だ!」と同じ

伝家の宝刀「差別」。いい響きだ。反論に困ったときには、この「差別だ!」と叫ぶことで相手を自分のペースに引き込むことが出来る。それは部落解放同盟による弾圧と同じ手法だ。東京都知事選の最中、テレビの生放送で立候補者の鳥越俊太郎氏が小池百合子氏に対して「病み上がり」発言は「差別だ!」「ガン・サバイバーに対して差別だ!」と言ったという。


鳥越氏は福岡の出身。部落問題の中心地のひとつだ。そして、この手法は十分熟知している様相だ。小池氏は芦屋の育ちらしいから、この問題を経験していなかったのだろうか。


しかし、部落問題とそれを取り巻く弾圧問題は、福岡~広島~神戸~大阪で特化していたのだ。いわゆる「瀬戸内犯罪ベルト地帯」とも呼べる。過去に何が起きたのか理解しておくことは大事だ。


近年の事例では、行政が朝鮮学校の授業料の無償化を取り止めた時、朝鮮学校の関係者らは「差別するな!」と叫んでいた。何かに付けて「差別だ!」と叫ぶ手法は一瞬、相手を怯ませることが出来るが、中長期で見たときに、このような発言を簡単にするような遺伝子を持つ人間と共感して一緒に仕事をしたいだろうか。世論の共感を得られるのだろうか。非常に疑問だと思う。

横柄な東京都職員・都議の改革ができるのは小池百合子氏だけか

東京都知事選が始まり、7月31日の投開票を前に、広島県と約12キロメートルしか接していない鳥取県選出の自民党・石破茂地方創生担当相の腰が重い。2012年9月の自民党総裁選で石破氏を支援していた小池百合子氏が先陣を切って都知事選に立候補したが、肝心の石破氏が出て来ない。小池氏の応援に出て来ない。それとも出て来れない理由でもあるのだろうか。それとも太りすぎで身動きがとれないのだろうか。こんな態度では、鳥取の大山が爆発してしまう。


以前の話だが、友だち言葉で応対する東京都庁職員の横柄な態度に苛立ちを覚えていたが、この腐った職員や引退して再雇用した横柄な老害どもを窓口対応させた都職員と都議会を改革してくれるのは、小池百合子氏しかいない。


小池氏が言った「都知事に選ばれたら、まず冒頭解散」を行い、「ブラックボックス」と化した都議会の改革、そして「利権」の都議会の追及、さらにその筋と関係があると囁かれる都議会のドンと呼ばれる吉田氏どもを一掃させることが出来れば、健全な都政をつくれるかもしれない。

広島選挙区で大阪で維新を起こすと言われても おおさか維新の会が党名変更

7月12日、おおさか維新の会は大阪市内の党本部で常任役員会を開き、党名を変更する方針を決定した。ただし、この日は党名は決めず、8月23日に開く臨時党大会で決定することにしたという。松井一郎代表(大阪府知事)は参院選投開票日の10日夜、党名変更を検討する考えを示した。

12日の常任役員会では「全国の地方議員の意見も聞いて決めるべきだ」という意見が出たため、東京、兵庫、奈良、沖縄などにある支部から党名を募集し、臨時党大会で決定する手順を確認した。

おおさか維新は参院選の大阪、兵庫の両選挙区で3議席を獲得し強さを見せたが、全国的な広がりには欠けた。松井氏は12日、記者団に「これ以上やると、大阪という地名にこだわっていると全国でとらえられる。懐が狭いと思われる」と釈明。「おおさか」という地名を外す考えを示すと同時に「『維新の会』のところを変えたい人はいない」と述べた。

党幹部の間では、橋下徹前代表が2012年に結党した「日本維新の会」の名を使う案が有力という。

一方、今回の参院選比例区で当選した元みんなの党代表の渡辺喜美氏は、12日付でおおさか維新の副代表に就任した。松井氏は「代表の自分が国会議員ではないので、サポートしてもらいたい」と説明した。(朝日)

広島市区町選管で集計ミス!200票水浸し、不在者投票31人無視など

参院選の投開票で集計などのミスが広島の市区町選管で相次いだ。このため県選管による開票結果の確定が大幅に遅れるなどしたという。

福山市選管では広島選挙区の開票作業で1人の候補者の得票数を実際より200票多くした。票を束ねる際の集計作業に問題があったとみられる。投票者総数と開票総数が合わなかったため気づいたという。

北広島町選管では、選挙区と比例代表で投票者数に不在者投票の31人を含めるのを忘れていた。

江田島選管は比例代表2票の分類を一時誤っていた。

呉市選管は、候補者1人の総数を間違えたほか、送信ミスなどにより、30分ごとに必要な広島選管への中間報告をしていなかった。(中国)