島根・広島でミサイル不適切発言続く

自民党の衆院2区選出の竹下亘総務会長が9月3日に、北朝鮮が米領グアム島周辺の海域を狙って弾道ミサイルを撃つ計画を表明し、島根、広島、高知各県の上空を通過すると名指ししたことについて、「我々は『えっ』。広島は人口がいるけど島根に落ちても何の意味もない、という思いを持っていた」と、広島市内で行われた党広島県連の会合で語ったばかりだが、今度は広島県の幹部が、ミサイルをめぐって不適切発言をしたという。


広島県の幹部が9月12日、広島市内で医療行政などについて講演した際に、「北朝鮮のミサイルが広島に落ちない限り、人口構造は変わらない」などと発言していたことが分かり、県では極めて不適切な発言だとしてこの幹部を口頭で厳重に注意したという。県などによると、厚生労働省から派遣されている県の健康福祉局の部長が12日、広島市内のホテルで病院関係者を前に、医療行政などについて講演した際に、「北朝鮮のミサイルが広島に落ちない限り、今の人口構造は変わらない」などと発言したという。

この部長は自らの発言を認め、「少子高齢化に歯止めがかからない中、今の人口構造は変わらないということを前提とした施策を進める必要性を強調したかった」と釈明したという。その上でこの部長は、「結果として被爆地の方々への配慮を欠いた上、北朝鮮情勢が緊迫化し、県としても政府に対応の強化を求めている中、不適切な発言だったと考えており、反省している」と述べた。(NHK広島)


島根は広島の「かさぶた」

竹下衆院議員の発言は、もっと言えば「島根は過疎だから、ミサイルが落ちたとしても死人が少ないからあまり痛くもかゆくもない」という事だと思うが、むしろ島根県は、広島県にとって重要な地理的要因がある。2016年末の島根県の人口は688,750人で全国ワースト2だ。しかし、もし島根にミサイルが堕ちて人口が大幅に減り、地方自治体としての機能が無くなり、広島県と合併なんかしたらどうなるか。

もし広島と、過疎地”島根”が合併した場合、広島の経済的な損失は起こりうるが、それよりも竹島問題を広島県が抱えることになる。戦後、被爆地として平和ボケ行政という”興業”さえしていれば良かったものが一転して、韓国と「竹島問題」で日本政府と一緒に争うハメになってしまう。広島はそんな面倒な冷たい風にさらされたいとは絶対に思わない。今の”ぬくぬく平和ごっこ”がとてもお気に入りだ。だから、広島県にとって島根県は重要な自治体であり、はがしてはならない”かさぶた”なんだ。




広島根

対北朝鮮防衛で広島は邪魔な存在か

広島県の湯崎知事は記者会見で、自民党の石破元幹事長が非核三原則が抑止力として機能するのか議論すべきだと発言したことについて、「非核三原則は、原爆の惨禍を経験した広島としては、絶対守るべきものだと考えている」と述べた。非核三原則をめぐって、自民党の石破・元幹事長は先に、「有事になってとんでもない判断をするよりも、『持ち込ませず』というのが抑止力として機能するのか、いまきちんと議論することが日本のためだ」と述べ、アメリカ軍が、核兵器を日本国内に持ち込むことの是非を議論すべきだという考えを示した。

これについて湯崎知事は、9月12日の会見で、「非核三原則は、人類史上初の原爆の惨禍を経験した広島としては、絶対守るべきものだと考えている。アメリカの核兵器で守ってもらっているから日本に核を持ち込んでもいいということではない」と述べた。その上で、湯崎知事は、「そもそも核兵器で守ってもらう必要があるのか。核による拡大抑止の思考からの脱却を考えないと、核兵器削減や廃絶へ進んでいくことは、永遠にできない」と指摘し、政府に対し、核抑止に頼らない安全保障政策の実現を求めていく姿勢を示した。(NHK広島)

人口最少県の鳥取から石破元防衛相が核武装論!

唯一の被爆国である日本は、核武装すべきか。この究極の防衛システムについて、お隣の鳥取県から、溜まりに溜まった鬱憤と嘆きの声が聞こえてきた。核武装論についてはイラン元大統領のアフマデネジャド氏が以前、テレビ報道番組で「なぜ日本は核爆弾(原爆)を2発も落とされたのに、核武装をしないのか」と話していたことを思い出した。インタビューをしていた日本人記者は、明確には答えられなかった。


9月7日、自民党の岸田文雄政調会長は、米国による核兵器の国内持ち込みについての議論の必要性を唱えた同党の石破茂元防衛相の発言をめぐり「米国の核抑止力について議論するなら、非核三原則はしっかり維持したうえで考えていくべきだ」と否定的な考えを示した。

党本部でハガティ米駐日大使と会談した後、記者団に語った。「基本的に我が国は、米国の核抑止力について信頼を寄せている。現在の核抑止力に不備があるとは考えていない」とも述べ、核の傘を有効に機能させるためには、検討が必要とする石破氏との立場の違いを鮮明にした。また公明党の山口那津男代表も記者会見で「国是は変えてはならない。今後も堅持する」とクギを刺した。

一方、石破氏は7日も自身の派閥会合で「『作る』『持つ』の選択はないだろうが、『持ち込ませず』は本当にそうかと議論しないと抑止力にならない」と改めて主張。「与党がこの話を議論しなくていいとは全く思わない」と強調した。自民党内からは「日本は古い。いい花火を打ち上げてくれた」(参院幹部)と同調する声もあがっている。(朝日)

慎重な答弁、話のつまらない岸田文雄氏とは

核廃絶をステータスとし、憲法9条改正反対を唱える日本のFKこと岸田文雄氏。そんな岸田氏だが、安倍晋三首相の支持率急落で、突如、次期総理候補として脚光を浴びることになったという。以下、週刊文春から引用。


岸田氏は祖父と父も代議士という三世議員。永田町小学校から麹町中学、開成高校というエリートコースを歩んだが、東大合格はならず、一浪した末、早大法学部に進んだ。

1993年、自民党が野党に転落した衆院選で広島1区から初当選。同期当選したのが安倍氏だった。「選挙では、東京育ちということで、苦労したそうです。そのため、自分の3人の息子は地元で育てたとか」(自民党関係者)

政界屈指の酒豪として知られ、党青年局時代に台湾を訪問した際、酒が苦手な安倍氏に代わって台湾要人の乾杯に応じ続けたエピソードは有名だ。宏池会らしくハト派の岸田氏だが、同期の安倍氏からの信頼は厚い“隠れお友達”。第1次政権で、内閣府特命担当大臣として初入閣を果たす。

「とにかく慎重なタイプで、与えられた仕事に集中する。失言は少なく、国会答弁の安定度は閣内随一でしょう」(同前)

第2次政権発足と同時に外相に就くと、安倍首相に言われるがまま閣内にとどまり続けてきた。「側近や周囲は何度も『早く閣外に出て総裁選の準備をすべきだ』と進言してきましたが、聞き入れませんでした」(宏池会若手)

課題は、発信力

「話のつまらなさには定評があり、取材した記者の誰もが音を上げる。派閥パーティーの打ち上げの際、女性秘書たちが『岸田さんと同じテーブルになると会話が続かない』とこぼしていたこともありました」(同前)

一方で、真っ白な歯の手入れを欠かさず、ジムに通って体形維持に努め、カラオケでは「銀座の恋の物語」をそつなくデュエットする一面もあるという。。

「内閣改造を機に、安倍政権と距離を置き、無役となる選択肢もあった。しかし、総理との会食で『政権を支える』と伝えました。安倍首相からの禅譲で次を狙う戦略でしょう」(前出・自民党関係者)

ただ、周囲が危惧するのが宏池会伝統のケンカの弱さ。

「自民党の歴史をひも解けば、禅譲で総理になった例はない」(同前)

“地味男”岸田氏も真価が問われる時期を迎えている。(週刊文春)

岸田外相・防衛相の還暦の誕生日に北朝鮮が祝砲ICBM

7月29日、北朝鮮の朝鮮中央通信は大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」の2度目の発射実験を28日夜に行い、「成功した」と報じた。高度3724.9キロ、飛行時間47分12秒で、ともに過去最高だったという。深夜の発射も初めて。稲田朋美前防衛相の辞任で、防衛省が混乱する中での奇襲作戦。外相との兼職が決まった岸田文雄防衛相は就任早々、慌ただしく対応に追われたという。7月29日は岸田外相・防衛相の還暦の誕生日だった。
 

28日深夜のミサイル発射を受け、岸田氏は29日午前0時半ごろ、宿舎から官邸に到着。国家安全保障会議(NSC)関係閣僚会合に出席後、午前1時すぎには防衛省に移り、ミサイルの情報を分析。その後は外務省で、国際社会との連携に向けた対応に追われた。

外務省到着は午前3時半ごろで、同4時過ぎに帰途に就いた。睡眠もままならない中、夜が明けると、外務省でティラーソン米国務長官、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と電話会談。午後は再び防衛省で、情報収集を続けた。

防衛省は前日28日、大臣、事務方トップの事務次官、陸上自衛隊トップが交代したばかり。混乱を見計らったかのようなタイミングでのミサイル発射だった。岸田氏は防衛相との兼務を「2つの職責の重みを感じながら努力を続け、緊張感を持って対応したい」と述べていたが、兼務早々、緊張状態に突入した。

29日、あらためて兼務について問われると「外務省と防衛省が全力で取り組んでいる。不十分だったことはない」と、理解を求めた。両大臣の兼務は異例だが、稲田氏がトラブル続きで辞めた直後の有事となった。安倍晋三首相は、12年12月の第2次安倍政権発足時から外相を務めて国際的な信頼があり、仕事も堅実な岸田氏に託した形となった。


【合わせて読みたい記事】

平和記念式典で広島市の松井市長に鳩がフンを投下



北朝鮮ICBM

16年度の広島県議の政活費は2億4037万円

7月3日、広島県議会(定数64)は2016年度の政務活動費の収支報告書や支出の領収書を公開した。6会派への支給総額2億6880万円のうち、視察旅行や事務所費などに計2億4037万円を使った。支給総額に占める支出額を示す執行率は89.4%。2842万円が県へ返還された。政務活動費は県が各会派に1人当たり月35万円を支給。各会派は年度内に使わなかった分を返還する。

執行率の最高は、民主県政会(15人)の95.6%で6023万円を支出した。最も低かったのは公明党議員団(6人)の64.4%で、支出は1621万円だった。他会派は、自民議連(30人)が執行率90.6%で1億1410万円、自民党議員会(7人、うち2人は17年度に退会)が同94.9%で2789万円、自民党広志会・つばさ(5人)が同89.8%で1885万円、共産党(1人)が同72.9%で306万円。(中国)

広島県の国会議員の所得(2016年)

去年1年間(16年)の国会議員の所得が7月3日に公開され、広島県関係の議員1人あたりの平均所得は2956万円となっている。所得公開の対象となるのは、去年1年間を通じて国会議員を務めた衆参両院の議員で、広島県関係の15人の議員の平均所得は2956万円だった。

このうち衆議院議員は、

広島1区選出で自民党の岸田文雄氏が2722万円。
広島2区選出で自民党の平口洋氏が2303万円。
広島3区選出で自民党の河井克行氏が2162万円。
広島4区選出で無所属の中川俊直氏が2026万円。
広島5区選出で自民党の寺田稔氏が3700万円。
広島6区選出で無所属の亀井静香氏が5336万円。
広島7区選出で自民党の小林史明氏が2970万円。

比例代表中国ブロック選出では、

自民党の小島敏文氏が1942万円。
自民党の新谷正義氏が8842万円。
公明党の斉藤鉄夫氏が1950万円。
共産党の大平喜信氏が1942万円。

参議院議員では、

自民党の溝手顕正氏が2160万円。
自民党の宮沢洋一氏が2398万円。
民進党の柳田稔氏が1942万円。
民進党の森本真治氏が1942万円。

一方、広島県の湯崎知事や広島市の松井市長の去年1年間の所得も公開され、湯崎知事が2269万円、松井市長が2027万円だった。(NHK広島)

失言の稲田朋美防衛相が呉の居酒屋に登場

稲田朋美防衛相は東京都議選投開票日の7月2日夜、呉市内の居酒屋で、防衛省の村川豊海上幕僚長ら海上自衛隊の関係者と懇談した。滞在先の呉市のホテルに戻った際、都議選の結果について記者団が質問したが、無言で立ち去った。稲田氏は6月27日、都議選の自民党候補の集会で「防衛省・自衛隊、防衛相、自民党としてもお願いしたい」と演説し、自衛隊の政治利用などと批判を浴びた。稲田氏は7月2日午後に広島県入りした。3日午前から海自呉地区などを視察する予定。(中国)



稲田防衛相 呉市


秘書100人超退職!どんな職場?豊田真由子議員Vs河井克行議員

「このハゲー!」「ちーがーうーだろ!?」と、秘書に対してのブチ切れ絶叫暴言の自民党・豊田真由子衆院議員(42)を見ていると、なぜか親しみを感じてしまう。それは、過去に目の前を通り過ぎて行った広島ブチ切れ中年女たちと面影が重なるからである。仕事などで、たまに広島中高年女に遭遇する場面があるが、その振る舞いには、何か悪霊にでも取りつかれたようにまくし立ててしゃべるのだ。いつ脳の血管が切れるのか心配になってしまうが、豊田議員の発狂スタイルは広島と同じだ。


グチをタラタラ不平不満を言うだけの広島女

本当の事が全国にバレた広島セクハラやじ問題「ありのままで逆ギレ」


ところで、豊田真由子衆院議員の秘書が、この4年間で100人以上、辞めていったという。中には頭などを引っ叩かれた人も居るに違いない。このあたりも、あのダミ声の広島中年女とそっくりだ。だから、何も驚くこともなかった。豊田真由子議員は広島DNAを持ち合わせており、広島人民の仲間だと思った。

同じく、100人以上の多くの秘書が辞めていった代議士と言えば、自民党・広島3区の河井克行衆院議員がいる。地元の評判は”天狗”で有名だが、週刊文春に秘書への暴行・傷害をすっぱ抜かれた。地元民によれば、ずいぶんと古いネタを出してきたと言っていた。また、ゲンダイによれば河井議員は運転席の座席を後ろから蹴飛ばすという。ずいぶんと危険な行為をしているようだ。


広島3区河井克行議員が秘書への暴行で刑事告発され、地元での評判も散々?


そもそも代議士は、秘書の能力をどのくらい求めているのだろうか。採用基準はどのようにしているのだろうか。秘書を応募する人たちは、夢と希望を抱いて面接に臨んでいると思うが、その実態はどうなんだろうか。働きやすい職場なんだろうか。もしかしたら、車での送迎やタバコや弁当の買い出しに明け暮れる日々なんだろうか。そんな職場に仕事のやりがい、生きがいはあるのだろうか。仕事が出来る秘書は、どこの代議士のもとで働きたいものなんだろうか。




河井克行衆院議員Vs豊田真由子衆院議員

「宏池会」60周年記念植樹の柱2本がもう抜かれる

5月28日に、広島市の中央公園内にある池田勇人元首相の銅像前で、「宏池会」設立60周年の記念行事を行ったときに建てた記念植樹の柱がもう抜かれていた。せっかく銅像の両サイドにかっこよく建てたのに、何だかもったいない。たぶん、行事が終わったら数日で撤去することになっているのだろうか。問題なのは、この柱がないと、何の木なのか一般の人は分からない。誤って枝を折ったり根こそぎ抜いたりする人も出てくるかも知れない。柱はあったほうがいいと思うが。



宏池会60周年記念植樹柱



宏池会記念植樹の柱

スポンサーリンク

広告