山本モナ(旧姓)がひさびさに登場「オバマ大統領は謝罪するべき」

「なぜ、アメリカの大統領は来ないんだろう」。夏休み中の登校日だった8月6日(広島原爆の日)。小学校のテレビで平和記念式典を見ていて、いつもそう思っていました。米国は原爆を落とした国なのに。各国の首脳が参列し、花を捧げているのに。

私は広島県尾道市で生まれました。祖父は山陽新聞(岡山市)の尾道支局の記者。原爆投下された翌日、応援要請を受けて広島市に入って被爆しました。その7年後、被爆のことを何も語らないまま亡くなりました。でも、私にとって原爆は「歴史の出来事」ではなく、自分とつながっていると感じて育ちました。

民放のテレビ局で記者をしていたとき、太平洋戦争で戦闘機に乗った人を取材しました。戦争に加担したという悔いからか、なかなか話さない。そんな中で開いた口から出た言葉はとても重かった。「二度と繰り返してはいけない」という強い信念を感じました。

日本も含めて、自分の国が戦争をした事実を歴史の中に吸収していく必要があります。そのためには、知ることが大切。オバマ大統領はそのことが分かっているから、広島に行くことにしたんでしょう。

だからこそ、言いたい。7年余り前、チェコのプラハで「核兵器のない世界をめざす」と訴えましたね。私はすばらしいと思いました。「あれは、どうなったんですか」と聞きたい。

ドイツは国を挙げてナチスの犯罪とユダヤ人迫害への補償に取り組みました。米国は一発の原子爆弾で多くの市民を殺傷した歴史の事実を検証する作業をきちんとしたでしょうか。無差別虐殺をした国のトップとして謝罪するべきです。そして「冷戦の遺物」として核兵器が拡散した現状をどうしたらいいのか、少なくとも自分の国のあり方を示してほしいですね。(朝日)


山本モナ食欲旺盛、細野豪志議員と、二岡智宏選手と(2006年、2008年)


山本モナ

平岡敬元広島市長が「オバマ!何をしに来たのか?」と不満爆発

オバマ大統領は再び「核兵器のない世界」に言及したが、手放しで喜んではいけない。米国が「原爆投下は正しかった」という姿勢を崩していないからだ。原爆投下を正当化する限り、「核兵器をまた使ってもいい」となりかねない。私たちは広島の原爆慰霊碑の前で「過ちは繰り返しませぬ」と誓ってきた。原爆を使った過ちを認めないのなら、何をしに広島に来たのかと言いたい。

日米両政府が言う「未来志向」は、過去に目をつぶるという意味に感じる。これを認めてしまうと、広島が米国を許したことになってしまう。広島は日本政府の方針とは違い、「原爆投下の責任を問う」という立場を堅持してきた。今、世界の潮流は「核兵器は非人道的で残虐な大量破壊兵器」という認識だ。それはヒロシマ・ナガサキの経験から来ている。覆すようなことはしてはいけない。

「謝罪を求めない」というのも、無残に殺された死者に失礼だ。本当に悔しくつらい思いで死んでいった者を冒とくする言葉を使うべきではない。広島市長と広島県知事も謝罪不要と表明したのは、残念でならない。米国に「二度と使わない」と誓わせ、核兵器廃絶が実現して初めて、死者は安らかに眠れる。

オバマ大統領は2009年にプラハで演説した後、核関連予算を増額した。核兵器の近代化、つまり新しい兵器の開発に予算をつぎ込んでいる。CTBT(核実験全面禁止条約)の批准もせず、言葉だけに終わった印象がある。だからこそ、今回の発言の後、どのような行動をするか見極めないといけない。

広島は大統領の花道を飾る「貸座敷」ではない。核兵器廃絶を誓う場所だ。大統領のレガシー(遺産)作りや中国を意識した日米同盟強化を誇示するパフォーマンスの場に利用されたらかなわない。(毎日)



平岡敬

広島平和記念公園に持ち込まれていた核爆弾機密装置

来日したオバマ米大統領が帯同した軍人が、ずっと持ち歩いていた「黒い革かばん」があるという。オバマ氏が5月27日に訪れた広島の原爆死没者慰霊碑前でも、軍人の足元に置かれていた。かばんは、「核のフットボール」と呼ばれる機密装置。大統領が米軍最高司令官として核攻撃をいつでもどこでも承認できるようになっているという。

「スミソニアン・マガジン」によると、機密装置はアルミニウムのフレームと黒い革でできており、重さは約45ポンド(約20キロ)。一般に信じられているような大きな赤いボタンはない。軍事顧問が寄り添い、大統領が持つ認証コードで身元を確認する。国防総省の軍事指揮センターと連絡が取れ、「一撃で米国の全ての敵を破壊する」「特定の都市を消失させる」といった攻撃手法を選べるという。(読売)



核爆弾機密装置

「オバマ米大統領広島本問」地元中国新聞が超大々的に報道

米国のオバマ大統領が5月27日、広島を訪問し、翌日の中国新聞が大々的に報道した。1面の大見出しでは「オバマ大統領 広島訪問」「核なき世界 追求する勇気を」「現職で初 慰霊碑前で訴え」だった。

2面、3面では、「核廃絶 具体策欠く 謝罪避け『未来演出』」「被爆71年 体面重視」「日米 薄氷の駆け引き」「決意に物足りなさ」だった。

4面では「惨禍に重いはせ 希望語る」だった。

5面では「オバマ米大統領 所感全文」だった。

6面では「核廃絶 安保の現実が壁」「露と対立 機運しぼむ」「米、核弾頭近代化に巨費」だった。

32面、33面では「被爆者『痛み』伝えた『ノーモア』決意刻む」「平和公園滞在52分」「折り鶴用意 記帳台に」「手握ったまま懇談 被団協坪井さん笑顔も」「71年 感無量の抱擁」「廃絶 道筋見えぬ 被爆者、落胆や違和感も」「新たな一歩 象徴的内容 遺族ら感慨や批判」だった。



オバマ大統領 中国新聞01

被爆者と握手を交わしたオバマ大統領

アメリカのバラク・オバマ大統領は5月27日午後、同国現職の大統領では初めて日本の広島を訪問し、70年前に原子爆弾で犠牲になった14万人に敬意を表した。

平和公園の原爆慰霊碑で献花を終えたオバマ大統領は被爆者らを前に演説を行い、「71年前、晴れた雲のない朝に、死が空から落ちてきた。そして世界が変わった。閃光と火の壁は都市を破壊し、人類が自滅する手段を備えていることを証明した。

なぜ、我々はこの場所に来たのか。広島に。我々は10万人以上の日本の男性や女性、子供たち、何千もの韓国人、捕虜になっていたアメリカ人を含む全ての死者を追悼するために来た。彼らの魂は我々に語りかける。我々が何者なのか、そして我々がどのようになろうとしているのか」

「科学を人生の発展のために使用してほしい。今、広島の子どもたちは幸せに暮らしている。それを世界のすべての子どもたちに。広島、長崎が核戦争の夜明けとして知られる未来ではなく、私たち自身の道義的な目覚めとなる未来」と述べた。オバマ大統領は演説後、被爆者2人のもとへ向かい握手し、会話を交わした。(AP)




オバマ大統領 献花 2


CjeE-YWVEAAIBEQ.jpg


オバマ・坪井

「オバマ広島訪問反対!賛成!」原爆ドーム前デモで騒然

5月27日、原爆ドーム前でオバマ大統領の広島訪問反対を拡声器でキチガイのように叫ぶ集団が発見された。横断幕には「改憲と戦争の安倍を倒せ」などと書いてあった。さらに何と、その隣で拡声器で「オバマ大統領広島訪問賛成!」などと叫ぶ集団があった。いったいどうなっているのだろうか。以下、産経から引用。


オバマ大統領の広島訪問を数時間後に控えた5月27日午後、広島市中区の原爆ドーム前でオバマ大統領の広島訪問を反対するデモ隊と「在日特権を許さない市民の会」(在特会)のメンバーらが“衝突”した。「オバマは来るな!」と語気を強めるデモ隊に、在特会が「頭のおかしい人たち」「エセ平和団体」と批判するなど、一時緊迫した状態になった。20~30人の警察官が取り囲む中、攻撃的な言い合いが約30分間続いた。

「目の前の頭のおかしい人たちにだまされないでください。オバマ大統領を歓迎しないなんて、日本人とは思えない」。デモ隊が集まる原爆ドーム前の歩道に立った女性(40)が、マイクごしに叫んだ。

デモ隊へ抗議していたのは、在特会のメンバーらでつくる市民団体「行動する保守運動」。オバマ大統領に歓迎の気持ちを示したいと、広島を訪れたという。活動に参加した広島市の男性(35)は被爆2世といい、「今日という日が、これから先の平和を見据えた第一歩になってほしい」と強調した。

一方、デモは「被爆71周年8.6ヒロシマ大行動実行委員会」が主催。26日夕に続き、2度目の集会を原爆ドーム前で開いた。「オバマ来広反対」「全ての米軍基地を撤去せよ」などと書かれたのぼりやプラカードを持った男女30~40人が集合。メンバーの男性が「謝罪なしにオバマが来ることは絶対反対。再び核兵器を使うに違いない」と語気を強めた。

その後、デモ隊は「広島を戦争に利用するな」などと拡声器で呼びかけながら、市中心部を行進した。

デモ行進を見ていた広島市中区の女性(83)は12歳のときに被爆したといい、「オバマ大統領が来るのを皆心待ちにしとるのに、あんなこと言うなんて、日本人として恥ずかしい」と顔をしかめた。


yre479.jpg

全学連

核弾頭250発を持つ中国が「南京を忘れるな!」

5月27日、中国の王毅(ワンイー)外相は記者団に対し、「広島は注目を払うに値するが、南京は更に忘れるべきではない」と述べた。旧日本軍によるいわゆる「南京事件」を指す発言とみられ、日本が「戦争加害者」であることを改めて印象づける狙いがあるようだ。王氏は「被害者は同情に値するが、加害者は永遠に自分の責任を回避することはできない」とも述べた。

中国は、今回の訪問によって日米同盟が一層強まることへの警戒感も抱いている。北京大学国際戦略研究院の于鉄軍准教授は「中国には、安保関連法の整備や日米防衛協力の指針の改定などが中国を狙ったものではないかとの懸念がある。今回の訪問はこうした日米同盟強化の過程における重要なポイントになるだろう」と指摘した。(読売)



王 外相

「オバマ大統領は謝罪しろ!賠償せよ!」韓国人被爆者が平和記念公園でシュプレヒコール

5月27日、オバマ米大統領の広島訪問に先立ち、韓国の被爆者らが広島市の平和記念公園の韓国人原爆犠牲者慰霊碑を訪れて献花した。オバマ大統領に謝罪と賠償などを求める手紙を読み上げ、最後は日本語と韓国語で「オバマ大統領は謝罪しろ! 賠償せよ!」と拳を突き上げ、シュプレヒコールをあげた。

訪日したのは韓国の被爆者5人と被爆2世の計6人。慰霊碑前では6人と支援者らが手を合わせ、犠牲者に黙祷。陜川支部長を務める沈鎮泰(シム・ジンテ)さん(73)が手紙を読み上げ、「オバマ大統領は韓国人原爆被害者の慰霊碑を訪れることを要求する」と主張した。

手紙では「日本の侵略戦争と植民地支配への責任を回避しようとする安倍政権の意図に利用されないことを望む」などと持論を展開。「韓国人原爆被害者への謝罪と賠償は当然な責務」と言及した。

沈さんは本来は26日午後に献花する予定だったが、関西空港での入国手続きで“妨害”にあい、かなわなかったと主張。別室で聴取されたことや荷物検査を実施されたとした上で、「植民地支配下で与えられた、大変な侮辱を感じた」と憤っていた。沈さんらはオバマ大統領に手紙を「平和的に渡したい」と話しているが、警備上の理由から直接接触することは出来なかった。、(産経)



韓国人被爆者

韓国人被爆者10人が広島に乗り込む

広島には韓国人の被爆者らも到着し、平和公園にある韓国人被爆者の慰霊碑にもオバマ大統領が立ち寄るよう訴えた。「オバマ大統領には、同じく苦しみ亡くなった韓国人の慰霊碑にも足を運び、一緒に黙とうを捧げて謝罪することを強く求めます」(韓国人被爆者)

広島の原爆では朝鮮半島出身者も犠牲になっていて、オバマ大統領の広島訪問に合わせて韓国の被爆者ら約10人が来日した。被爆者らは27日朝、慰霊碑に献花した。韓国など外国人の被爆者に対して責任を求めるオバマ大統領への手紙を持参し、謝罪と賠償を求めたいとしている。(HOME)

少女を丸裸にして写真を撮ったABCCは県迷惑防止条例違反(わいせつ行為)か

段原国民学校(現、段原小)3年のとき、爆心地から約1.6キロの土手町(現、南区)の自宅で被爆した早志百合子さん(79)は、1951年に出版された手記集「原爆の子」に自らの体験談を寄せた。執筆者の親睦団体「原爆の子きょう竹会」の会長を務める。

手記は幟町中2年のとき、国語の宿題で嫌々書いた。当時は他人が読むのを全く想像していなかった。だから飾らない言葉で、淡々と残酷な体験をつづれたのだと思う。「死人がごろごろしていた」と。ただ、数年前まで自分の手記を読み返せなかった。あの日を思い出すのがつらかった。

今は世界中で翻訳されており、オバマ大統領にもぜひ読んでもらいたい。米国では、いまだに原爆投下を正当化する声があると聞く。手記を読めばそんな気持ちになれないはずた。私も米国が憎い時期があった。原爆が生んだ「地獄」は戦後も続いたから。

(米国が設けた)ABCC(原爆傷害調査委員会)の依頼で、高校生まで検査に通った。10代の少女が裸にふんどし姿で写真を撮られたり血液を抜かれたり。まるで実験のモルモットだった。悔しくて、家でわんわん泣いていた。(中国)