朝日新聞阪神支局襲撃事件から30年 呉の墓に毎年墓参り

兵庫県西宮市の朝日新聞阪神支局に散弾銃を持った男が押し入り、記者2人が死傷した事件から5月3日で30年となり、呉市にある亡くなった記者の墓には朝日新聞社の幹部が訪れ追悼の祈りを捧げた。

昭和62年5月3日の夜、西宮市の朝日新聞阪神支局に散弾銃を持った男が押し入って発砲し、当時29歳だった小尻知博記者が殺害され、もう1人の記者が大けがをした。

「赤報隊」を名乗る犯人は、ほかの支局に爆発物を置くなどの犯行を繰り返したが、一連の事件は未解決のまま時効になった。

朝日新聞社では毎年、事件があった5月3日に幹部が小尻記者の墓参りに訪れている。事件から30年となった3日は渡辺雅隆社長など幹部7人が呉市川尻町にある墓を訪れた。そして、花を供えた後、線香をあげて静かに手を合わせ、追悼の祈りを捧げていた。

墓参りのあと、朝日新聞社の渡辺社長は「30年前、2人の記者に向けられた銃口は自由にものを言う権利をもつ一人一人に向けられたものだ。近年世界では自分たちと違う意見を言う人を排除する風潮が強まっていると感じることもあるが、議論を尽くし一緒に考えるのがメディアの仕事だ。小尻記者とご両親の無念な気持ちを胸に、ジャーナリストとして思いを新たに励んでいきたい」と話していた。(NHK広島)




朝日新聞阪神支局発砲事件


福山で近所トラブル?86歳が67歳を切り付ける

4月5日午後9時半頃、福山市明王台の無職・桑田眞一容疑者(86)が近所に住む67歳の男性を包丁で切りつけ、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された。男性は右ほほに軽傷。桑田容疑者は「殺してやる」などと叫んでいたという。近所トラブルが原因とみられている。(広島テレビ)




福山市明王台殺人未遂

技能実習生が知人の腹を刃物で刺す

3月29日、広島中央署は広島市中区江波南1丁目、ベトナム国籍の技能実習生グエン・ティン・ビエン容疑者(22)を殺人未遂容疑で逮捕した。調べでは、3月28日午後9時ごろ、近くの水産会社の寮で、知人のベトナム人技能実習生男性(24)の腹を刃物で刺して軽傷を負わせた疑い。同署によるとビエン容疑者と男性は別の水産会社で働き、異なる寮に住んでいた。ビエン容疑者が刃物を持って男性の寮を訪れ、犯行後、逃走していたが、29日夜に自宅に戻った。「ナイフで腹を刺したが殺すつもりはなかった」と容疑を否認しているという。(中国)

遺書を書いて自爆ドライバーを決断した三次母親殺害の長男

16年10月、三次市秋町の無職藤田ヒサコさん(当時96)が自宅で胸に包丁が刺さったまま死亡していた事件で、三次署は3月17日、交通事故で死亡した同居の長男藤田伸幸容疑者(当時60)を殺人などの疑いで容疑者死亡のまま書類送検した。三次署の調べでは、伸幸容疑者は16年10月19日午前7時15分ごろから午後0時15分ごろまでの間、自宅にあった包丁をヒサコさんの胸に刺して殺害した疑い。

同署によると、同日午後0時15分ごろ、自宅から南西に約1キロ離れた、安芸高田市甲田町深瀬の国道54合で、伸幸容疑者運転の軽乗用車が大型トラックと正面衝突し、伸幸容疑者は死亡。トラックの運転手は首に軽いけがを負ったという。三次署は、伸幸容疑者が家族に宛てた遺書とみられるメモが自宅から2通、事故の巻き添えになる相手への謝罪を記したメモが軽乗用車から発見されたことから、伸幸容疑者が、母親を殺害後に自殺したとみている。(中国)


96歳の母親を殺害後、交通事故で死亡した60歳長男

知人の女性を殺した元新聞配達員反省せず懲役18年

15年9月、知人の女性の首を絞めて殺害したなどとして、殺人と死体遺棄の罪に問われた広島市の元新聞配達員の男に、広島高等裁判所は「犯行の経緯は強く非難される悪質なもので、真摯な反省もしていない」として、1審に続いて懲役18年を言い渡した。

広島市南区の元新聞配達員北野吉和被告(53)は、15年9月、知人で廿日市市の団体職員青森利香さん(46)の首をひもで絞めて殺害し、遺体を自宅の浴室に遺棄したとして、殺人と死体遺棄の罪に問われた。

被告は「被害者から頼まれて殺害した」として、嘱託殺人罪にあたると主張していたが、1審の裁判では認められず懲役18年の判決が言い渡され、弁護側が控訴していた。

3月9日の2審の判決で広島高等裁判所の多和田隆史裁判長は「被害者は死ぬことを前提にしたような行動は取っておらず、今後も社会生活を続ける意思を持っていたことは明らかだ」と指摘した。

その上で「犯行の経緯は強く非難される悪質なもので、真摯な反省もしておらず懲役18年を言い渡した1審の判決は正当である」として、1審に続いて懲役18年を言い渡した。(NHK広島)

私生活を注意された46歳長男が父親を絞殺

首を絞めて殺害しようとしたとして、46歳の長男が現行犯逮捕された。自称無職・坂本英雄容疑者(46)は、3月1日午後8時35分ごろ、福山市新涯町の実家で父親の坂本宏幸さん(72)の首を絞めつけ、殺害しようとした疑いがもたれている。宏幸さんと同居する孫夫婦からの通報で駆けつけた警察官が現行犯逮捕した。宏幸さんは病院に運ばれたがその後、死亡が確認された。調べに対し坂本容疑者は「首を絞めたことは間違いないが、殺すつもりはなかった」と殺意は否認している。また坂本容疑者は当時、酒を飲んでいて「生活ぶりを注意された」とも話していることから警察は親子げんかのもつれが原因とみて殺人容疑への切り替えも視野に捜査を進める方針。(HOME)




福山市 坂本容疑者 殺人

三原のホテルで元交際相手の女性をハサミで切り付けた男を逮捕

2月5日夜、三原市のホテルで、交際していた女性をハサミで切りつけた殺人未遂の疑いで、27歳の男が逮捕された。造船工の赤城聖容疑者(27)=尾道市向島町=は5日午後11時半ごろ、三原市糸崎のホテルで元交際相手の女性(28)の頭などを、ハサミで数回切りつけた殺人未遂の疑いがもたれている。ホテルの従業員が110番通報し事件が発覚。女性は、命に別状はないという。調べに対し、赤城容疑者は「間違いありません」と容疑を認めている。警察は交際話のもつれが原因とみて調べている。(HOME)



三原市 ラブホテル殺人未遂

三原市 ホテル殺人未遂事件

三原市糸崎 ホテル

「気がついたら夫を刺していた」38歳の女を現行犯逮捕

1月2日午後1時50分ごろ、広島東署は広島市中区富士見町、職業不詳長谷川奈々江容疑者(38)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。調べでは、自宅マンションで夫(33)の腹を包丁で1回刺し、殺害しようとした疑い。「気がついたら刺さっていた」と供述しているという。長谷川容疑者が119番し、夫は市内の病院に運ばれたが意識はあるとう。(中国)

流川傷害事件で定時制高校生ら3人を殺人未遂で逮捕

12月25日未明、広島市中区流川町で男性が男3人組と口論になり、刃物で刺された事件で広島中央署は12月27日、広島市南区宇品海岸1丁目、自称定時制高校生浜本星弥容疑者(20)と南区の自称定時制高校生の男子(19)、西区の自称無職の少年(18)の3人を殺人未遂の疑いで逮捕した。

調べでは3人は共謀して12月25日午前4時25分ごろ、中区流川町の雑居ビル1階通路で市内の無職男性(20)の顔面を殴るなどし、下腹部と右太ももを刃物で突き刺し、殺害しようとした疑い。男性は重傷を負った。

同署によると、3人は27日午後1時ごろ、同署に出頭。男性と面識はないという。浜本容疑者は「殴ったり蹴ったりしたが刺してはいない」。定時制高校生男子は「ナイフで太ももを刺したことに間違いない」。自称無職の少年は「暴力は振るっていない」と供述しているという。(中国)

東区光が丘で72歳の夫の首を絞めて殺害した主婦を逮捕

12月25日未明、広島市東区の住宅で65歳の妻が夫の首を絞めて殺害したとして殺人の疑いで警察に逮捕された。逮捕されたのは、広島市東区光が丘の小橋恵子容疑者(65)。警察によると、小橋容疑者は25日未明、自宅で夫の武司さん(72)の首をロープ状のもので絞めて殺害したとして殺人の疑いが持たれている。小橋容疑者が自分で110番通報し、駆けつけた警察官が殺害された疑いがある武司さんを見つけて事情を聴いたところ、「間違いない」と容疑を認めたことなどから逮捕した。小橋容疑者と武司さんは2人暮らしで警察が詳しいいきさつを調べている。(NHK広島)



東区光が丘 殺人

スポンサーリンク

広告