82歳の女性を刺して逃げた福山の21歳男が飛び降り自殺

8月7日午後5時45分ごろ、岡山県高梁市で20代女性から「帰宅したら知り合いの男が出てきて逃げた」との110番があった。警察官が駆け付けると、同居する女性の祖母(82)が脇腹を刺され寝室に倒れていた。病院に運ばれ、重傷という。男はその後、近くの橋から飛び降り、病院に運ばれたが死亡した。

県警高梁署によると、死亡したのは広島県福山市の職業不詳の男(21)で、女性の元交際相手とみられる。女性は「ストーカー行為を受けている」と4年前から同署に複数回相談していた。差し迫った危険性はないと判断し、男に対してストーカー規制法に基づく警告などはしていなかった。

男は祖母が帰宅した7月7日午後2時半~同5時40分ごろの間に女性方に侵入し、祖母の首を刃物で切り付け、「孫娘のために死んでもらう」などと言いながら脇腹を複数回刺したという。

祖母の証言と男の特徴が一致したため、署員が付近を探していたところ、「橋から人が飛び降りた」と110番があり、心肺停止状態の男を発見した。遺書などはなかった。刃物は女性方から橋に行く途中の路上で見つかった。同署は男が女性の祖母を刺した後、自殺を図ったとみている。(時事)

通りすがりの男性を刺した22歳飲食店従業員

7月8月、広島東署は、路上で通りすがりの男性(42)を包丁で刺し重傷を負わせたとして、殺人未遂の疑いで、広島市中区富士見町、飲食店従業員、武永秋紀容疑者(22)を逮捕した。逮捕容疑は8日午前5時40分ごろ、自宅近くの路上で、飲食店従業員の男性の腹部を刺した疑い。「殺すつもりはなかった」と否認している。広島東署によると、武永容疑者は男性と面識がなく、酒に酔って知人ともめていたという。知人が取り押さえており、同署は経緯を詳しく調べる。(産経)



中区富士見町 殺人未遂

女児脳天投げ落としパニック障害の三原14歳少年を家裁送致してもまたやる

6月5日、三原市のスポーツ施設で中学3年生の少年が5歳の女の子を2階から投げ落とした事件で26日、広島地検福山支部は、少年を殺人未遂の疑いで家庭裁判所に送致した。広島家庭裁判所・福山支部に送致されたのは三原市の中学3年生で14歳の少年。少年は6月5日、三原市のスポーツ施設で、たまたま居合わせた5歳の女の子に腹を立て、2階から投げ落として重傷を負わせた疑いが持たれている。調べに対し、少年は容疑を認めている。送致を受けて広島家庭裁判所福山支部は、少年を観護措置とし、身柄を少年鑑別所へと送った。今後、家庭裁判所は、最大で4週間以内に少年の最終的な処分を決定する見込み。(TSS)

知人の顔を包丁で切り付けた80歳の男

6月24日、70歳の知人男性の顔を包丁で切りつけるなどした殺人未遂の疑いで、80歳の男が逮捕された。東区尾長東の無職七種正容疑者(80)は24日午後3時半ごろ、自宅で知人の男性(70)の顔など殺意を持って包丁で数回切り付けた殺人未遂の疑いがもたれている。切りつけられた男性は額に切り傷を負うなどしたが、命に別状はないという。警察によると、2人は知人で七種容疑者は「殺すつもりできりつけた」と容疑を認めているという。 七種容疑者は24日、事件直前に自宅近くの店で包丁を持ち歩いていた銃刀法違反の疑いで逮捕されていて取り調べで犯行がわかったという。警察は2人の間になんらかのトラブルがあったとみて詳しい動機などを調べている。(HOME)

5歳女児を抱えて2階から投げ落とした三原の中学生を逮捕

女児を投げ落とし、けがを負わせたとして、広島県警は6月6日未明、男子中学生(14)を殺人未遂の疑いで逮捕した。女児はあごの骨を折るなどけがを負った。女児に意識はあり、命に別条はないという。男子生徒は「合っている」と話しているという。署が動機や経緯を調べている。

三原署によると、男子生徒は5日午後6時15分ごろ、広島県三原市円一町2丁目のスポーツセンター「三原リージョンプラザ」内で、女児(5)を建物の2階から投げ落とし殺害しようとした疑い。

男子生徒は、女児を抱えて建物内の階段で1階から2階に上がり、1階の床に投げ落としたとみられる。消防からの通報を受けて駆けつけた警察官が、現場にいた生徒を発見したという。男子生徒と女児は施設の利用者とみられるが、署は、2人は面識はないとみているという。(朝日)


意識を失っていた女児

三原リージョンプラザの伊達護館長によると、5日午後6時15分すぎ、「子どもが階段から落ちて大変だ」と利用者が事務所へ駆け込んできた。1階の事務所にいた施設の職員にも「ドン」という音が聞こえた。

女児は直前まで友だちと一緒に1階のロビー付近で遊んでいたという。三原署の調べでは、男子生徒は女児を抱えて1階から階段を上がり、女児を階段の踊り場付近から落としたとみられる。伊達館長によると、女児は階段の踊り場付近から落とされた後、1階のげた箱にぶつかり、床に落ちたとみられる。職員が抱え上げた際には、意識を失っており、口から血がこぼれた。駆けつけた救急隊員が心肺蘇生をして、意識を取り戻したという。(朝日)


女の子が抱きついてきたら投げ飛ばす三原市民

6月5日、三原市のスポーツセンターで、5歳の女の子が2階の踊り場から投げ落とされ、けがをした事件で殺人未遂の疑いで逮捕された中学3年の男子生徒は「女の子に抱きつかれて腹が立った」などと供述しているという。

5日午後6時すぎ、三原市の中心部にあるスポーツセンターで、5歳の女の子を高さおよそ6メートルの2階の踊り場から1階に投げ落としたとして14歳の中学3年の男子生徒が殺人未遂の疑いで逮捕された。

女の子はあごの骨を折るなどのけがをして病院で手当てを受けているが、命に別状はないという。警察によると男子生徒は女の子と面識はなく、調べに対し、「女の子に抱きつかれて腹が立った」などと供述しているという。三原市教育委員会によると男子生徒は特別支援学級に通っているという。(NHK広島)




三原市体育館殺人未遂事件

福山の風俗店元店長による知人女性絞殺事件は無期懲役の判決

現金250万円あまりの返済を免れる目的で、知人の女性を殺害し、雑木林に遺体を遺棄したなどとして、強盗殺人などの罪に問われた福山市の風俗店の元店長の裁判員裁判で、広島地方裁判所は「強固な殺意に基づく悪質な犯行で、動機も身勝手だ」などとして無期懲役を言い渡した。

福山市に住む風俗店の元店長、廣保雄一被告(39)は16年1月、現金250万円あまりの返済を免れる目的で、知人の大橋愛姫さん(当時39)の首をロープで絞めて殺害し、尾道市の雑木林に遺棄したなどとして、強盗殺人や死体遺棄などの罪に問われた。

これまでの裁判で、検察は計画的な犯行だと指摘し、無期懲役を求刑したのに対し、被告側は起訴内容を認める一方、計画性については否定していた。

5月26日の判決で、広島地方裁判所の小川賢司裁判長は「ロープを購入した時期や、引くだけで確実に締まるよう輪っかを作って準備していることなどを考慮すると、一定の準備をして犯行に及んだと考えられ、突発的な犯行だったとは言えない」と指摘した。その上で「強固な殺意に基づく悪質な犯行で、動機も身勝手だ」などとして、検察の求刑どおり無期懲役を言い渡した。(NHK広島)


福山の風俗店店長が女性死体を雑木林に遺棄

中国人が刺されて路上に倒れているのが見つかる

5月24日午後9時半ごろ、広島県福山市霞町の路上で中国人留学生の男性(22)が倒れているのを通行人が見つけ、110番した。胸に傷があり、病院に運ばれたが軽傷だという。男性は「20歳ぐらいの男に刃物のようなもので刺された、男は走って逃げた」と説明しており、福山東署は殺人未遂事件として捜査している。同署によると、男は交通トラブルから口論になったという。逃げた男は身長175センチぐらいで瘦せ型、黒い服を着ていたという。(産経)




福山市霞町 中国人

広島市安佐南区マンションの中核派アジトの場所

1971年に東京・渋谷区で起きた暴動事件で、警察官を殺害した疑いで指名手配されている過激派『中核派』のメンバーとみられる男(大坂正明容疑者・67)が、5月18日、大阪府警によって広島市安佐南区東原にある『中核派』のアジトとみられるマンションで、公務執行妨害などの疑いで男2人を逮捕した。2人は黙秘しているという。(TSS)


逮捕の男は外出時は帽子とマスク姿

公務執行妨害の疑いで大阪府警に逮捕された過激派「中核派」のメンバーと見られる男は、広島市の拠点のマンションからほとんど外出せず、外出の場合も帽子とマスク姿だったという。警察は組織的な支援を受けながら潜伏していたと見て調べている。

大阪府警は、5月18日に過激派「中核派」の関係先として広島市安佐南区のマンションを捜索し、室内にいた鈴木哲也容疑者(52)を有印私文書偽造などの疑いで、また別の男を公務執行妨害の疑いでそれぞれ逮捕した。

警察によると、このうち、公務執行妨害の疑いで逮捕された男が、顔や体の特徴などから昭和46年11月、仲間らと東京・渋谷区の派出所などを襲い、新潟県警から応援に来ていた当時21歳の警察官を鉄パイプで殴ったり、火炎瓶を投げつけたりして殺害したなどとして、警視庁に殺人などの疑いで指名手配されている大坂正明容疑者(67)と見られるという。男は、黙秘しているという。

その後の調べで、男は拠点のこのマンションからほとんど外出せず、週に1度程度外出する際にはメガネをかけ、帽子とマスク姿だったことが分かった。外出しても近くを散歩するとすぐ戻っていたという。


男が逮捕された広島のマンション

男が逮捕された現場のマンションの向かいの住宅に住む67歳の男性は「5月18日の朝、『騒ぐな!』という大きな怒鳴り声が聞こえたので、外を見ると、10人くらいの警察官がマンションの3階の部屋の前で男ともめていた。そして、警察官が『あなたを逮捕する!』と言って、手錠をかけて階段を降りていくのが見えた。その後、午後6時ごろまで警察官が部屋に出入りし、たくさんの段ボール箱を持って出て行った」と話した。

同じマンションの1階に住む28歳の男性は「5月18日の午前8時半ごろ、出勤する際にアパートの外に2人ぐらいの警察官がいて、上の階から『動くな!』という大きな声が聞こえた。そして午前9時前に警察の車が到着して、30人ほどの警察官が集まっていた」と話した。

男が逮捕されたマンションは、JR広島駅からおよそ5キロ北の広島市安佐南区の住宅街にある。警察によると、男は5階建ての賃貸マンションの3階の角部屋にいたという。マンションの管理会社によると、この部屋を借りていたのは広島県以外の中国地方に住む60代の男性で、去年7月「近くの親類の家を訪ねるときに宿泊に使う」と言って契約をしたという。契約した男性は逮捕された2人とは別の名前だという。

マンションの住人や管理会社のホームページによると、25あるこのマンションの部屋はいずれも2LDKで、およそ50平方メートルの広さがあり、家賃は7万円だという。(NHK)




広島市安佐南区東原マンション3F アジト


広島市安佐南区東原 マンション3F


大坂容疑者アジト 安佐南区東原


大坂正明容疑者 逮捕


広島県内で過激派「中核派」の関係先が見つかり、指名手配中の大坂容疑者を逮捕

大阪府警が先週、広島県内で過激派「中核派」の関係先を捜索して男2人を公務執行妨害などの疑いで逮捕した。警察はこのうちの1人が、顔や体の特徴などから昭和46年に東京・渋谷で、警察官を殺害したとして指名手配されている男と見て、確認を進めている。

捜査関係者によると、大阪府警は5月18日に過激派「中核派」の広島県内の関係先を捜索し、部屋にいた男2人を公務執行妨害などの疑いで逮捕した。

警察は、このうちの1人が顔や体の特徴などから、昭和46年11月、暴徒化した仲間らと東京・渋谷区の派出所などを襲い新潟県警から応援に来ていた当時21歳の警察官を鉄パイプで殴ったり、火炎瓶を投げつけたりして殺害したなどとして、警視庁に殺人などの疑いで指名手配されている大坂正明容疑者(67)と見ているという。

警視庁は、大坂容疑者が組織的な支援を受けながら逃亡を続けていると見て全国に指名手配するとともに、最高で300万円の懸賞金をかけるなどして行方を捜査していた。捜査関係者によると、男は黙秘しているということで、警察はDNA鑑定を行って最終的な身元の確認を進め、身元が確認できれば、警視庁は殺人などの疑いで逮捕する方針。 (NHK)


渋谷暴動事件~1971年11月14日、米軍駐留を認めた沖縄返還協定の調印に反対する学生らのデモ隊が暴徒化し、東京・渋谷で機動隊や派出所を火炎瓶や鉄パイプで襲撃した。警備に派遣されていた新潟県警の巡査(当時21)が大やけどを負い死亡、同県警の警察官3人も重傷を負った。警視庁は中核派幹部らの犯行と断定。当時、千葉工業大の学生だった大坂正明容疑者(67)は逃走し、72年に指名手配された。


澁谷暴動・大坂容疑者



広島市安佐南区のマンションに潜伏

5月23日、警察官が殉職した昭和46年の渋谷暴動事件で、殺人容疑などで指名手配されている過激派「中核派」の大坂正明容疑者(67)とみられる男が大阪府警に逮捕された事件で、男は中核派の非公然アジトとみられる広島市内のマンションに潜伏していたとみられることが捜査関係者により分かった。府警や指名手配している警視庁公安部は、男が中核派の組織的な支援を受けて潜伏していたとみて、詳しい足取りを調べている。

府警警備部によると、中核派関係者が1月下旬、兵庫県相生市のビジネスホテルに偽名を使って宿泊した疑いが強まったとして、5月18日に広島市安佐南区のマンションの一室を捜索。有印私文書偽造・同行使などの疑いで、この部屋にいた非公然活動家、鈴木哲也容疑者(52)を逮捕した。

さらに、室内に一緒にいた男が捜査員に体当たりするなどしたため、公務執行妨害容疑で現行犯逮捕した。2人とも黙秘しているが、府警は中核派が部屋を非公然アジトとして組織的に使っていたとみている。府警と警視庁公安部は、逮捕された男が身体的特徴などから大坂容疑者とみているが、DNA型鑑定などで本人かどうか慎重に確認を進めている。本人と確認されれば警視庁に身柄を移送し、渋谷暴動事件について殺人容疑などで本格的に取り調べる方針。(産経)

殺された男性の"おい"を全国に指名手配 → 6日後逮捕

5月13日、広島市の住宅で67歳の男性が殺害され、自宅から車が奪われているのが見つかった事件で、警察は男性の"おい"で、30代の男が事件に関わった疑いがあるとして強盗殺人の疑いで逮捕状を取り、全国に指名手配した。事件は滋賀県で別の窃盗事件で逮捕された男の話で発覚し、警察は捜査を進めた結果、笹井さんのおいで、30代の男が事件に関わった疑いがあるとしている。

笹井さんの車は富山市内のショッピングセンターの駐車場に放置されているのが見つかり、警察は男が乗り捨てたとみて、広島市内の警察署に車を移し、17日朝から車内に遺留品などがないか詳しく調べている。警察によると、笹井さんは最後に姿が確認された5月9日から車が発見された5月11日ごろまでの間に殺害されたとみている。警察は富山市内に捜査員を派遣し聞き込みを行うなどして男の行方を捜査している。(NHK広島)



安佐北区落合南 笹井 マツダ


手配の36歳おい逮捕

安佐北区の住宅で、住人の笹井徹さん(67)が刺殺されているのが見つかった事件で、広島県警は5月19日、指名手配していた笹井さんのおいで住所不定、無職、笹井政輝容疑者(36)を強盗殺人容疑で大津市内で逮捕した。事件は滋賀県警に窃盗容疑で逮捕された30代の男の話から発覚しており、広島県警はこの男も事件に関与したとみて事情を聴く。

逮捕容疑は共謀し、笹井さん方で5月9日ごろ、笹井さんの頭や胸を刃物で刺すなどして殺害し、ガレージにあった笹井さん名義の乗用車を奪ったとされる。県警は15日に政輝容疑者の逮捕状を取り、全国に指名手配。19日に大津市内の知人宅で身柄が確保された。調べに対し、「言うことはありません」と話しているという。

事件は13日に30代の男の話から笹井さんの遺体が発見されて発覚し、笹井さんの車が15日に富山市内のショッピングセンター駐車場で見つかった。笹井さん方近くでは4月、滋賀ナンバーの車に乗った2人の男が目撃され、警察官が職務質問。うち1人が政輝容疑者だったという。(毎日)



笹井政輝容疑者


強盗殺人容疑で新たに35歳の男を逮捕

広島市の住宅で67歳の男性を殺害し、車を奪ったとして36歳のおいが逮捕された事件で、警察は滋賀県で別の窃盗事件で逮捕された35歳の男も事件に関わったとして強盗殺人の疑いで逮捕した。男は「一緒に現場に行ったが、殺害には関与していない」と供述しているという。

新たに逮捕されたのは住所不定、無職の藤本康弘容疑者(35)。5月20日午後、別の窃盗事件で逮捕され勾留されていた滋賀県大津市の警察署から広島市の警察署に移された。警察によると藤本容疑者は、5月19日に逮捕された笹井政輝容疑者(36)とともに5月9日ごろ、広島市安佐北区の住宅で、1人で暮らしていた笹井容疑者のおじの笹井徹さん(67)の頭や胸を刃物で刺して殺害した上、車を奪ったとして強盗殺人の疑いが持たれている。

奪われた車は富山市内で乗り捨てられ、車内から笹井さんのものとみられる財布と携帯電話が見つかったが、財布に現金は残されていなかったという。警察は現金などを奪う目的だったとみて詳しいいきさつを調べることにしている。(NHK広島)


藤本康弘容疑者(35)

スポンサーリンク

広告