広島の61歳の高校教師が欲望に負けて女子生徒に10回以上キスしたり胸をさわりまくる

広島県立高校の61歳の男性教諭が同じ学校の女子生徒に対し、キスをしたり、胸を触ったりするわいせつな行為を繰り返していたとして、12月21日に懲戒免職処分になった。懲戒免職処分となったのは、県西部の県立高校に勤める61歳の男性教諭。県教育委員会によると、この男性教諭は今年8月下旬から10月下旬にかけて、校内の1室で授業の準備を手伝っていた女子生徒と2人きりになった際に、抱きしめてキスをしたり、胸を触ったりするわいせつな行為を10回以上繰り返していたという。

11月、女子生徒が学校側に相談したことから問題が発覚し、教育委員会が確認したところ、男性教諭は「人としてやってはならないことを犯してしまいました」と話し、わいせつな行為を行ったことを認めているという。今年4月からこれまでの県教育委員会による懲戒処分の件数は、16年の同じ時期より2件多い10件で、半数の5件がわいせつやセクハラに関わるものだという。

県教育委員会は「こうした事案が続き、大変申し訳ない。教員と生徒が密室で2人きりにならないことなどを改めて徹底したい」と話している。(NHK広島)

スポンサーリンク

「彼氏おるん。エッチしたことあるの」女子中学生に声掛けした男を逮捕

12月20日、佐伯署は広島市佐伯区三宅2丁目、無職西橋秀雄容疑者(66)を県迷惑防止条例違反(卑わいな行為)の疑いで逮捕した。逮捕容疑は10日午前10時20分ごろ.佐伯区の公園で女子中学生3人に「彼氏おるん。エッチしたことあるの」などと話し掛けた疑い。「やったことは間違いないが、悪いことはしていない」と供述しているという。(中国)

スポンサーリンク

88歳の老人がトイレの出入り口で20歳女性に抱き着いて現行犯逮捕

福山北署は11月3日午前10時半、福山市神辺町徳田、無職高木昇八郎容疑者(88)を強制わいせつの疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は、市内の自動車販売店のトイレの出入り口で、会社員女性(20)に後ろから抱きついた疑い。同署によると「わいせつ目的ではない」という趣旨の供述をし、一部否認しているという。(中国)

スポンサーリンク

広島県教委指導主事が女子高生に「風俗店教えてくれたら下半身見せてあげる」公然わいせつの疑いで逮捕

広島県教育委員会の50歳の指導主事が今年7月、東広島市内の路上にとめた車の中で下半身を露出したなどとして公然わいせつなどの疑いで逮捕された。逮捕されたのは広島県教育委員会東部教育事務所の指導主事で、三原市本郷南に住む酒巻宏文容疑者(50)。

警察によると、酒巻指導主事は今年7月、東広島市内の路上にとめた車の中で下半身を露出したほか、通りかかった女子高校生に「この辺に風俗店はないか、お礼に下半身を見せてあげよう」などと声をかけ、下半身を露出しようとしたとして、公然わいせつなどの疑いがもたれている。

目撃者からの通報を受けて警察が捜査を進めた結果、酒巻指導主事が所有する車が現場で目撃された車と一致したことなどから10月4日、逮捕した。調べに対し「女性に風俗店はないかと尋ねたことはあるが、下半身は見せていない」と供述し、容疑を否認しているという。

警察によると、現場周辺ではこの事件の前後に同様の事件が数件、起きているということで、警察は車の特徴が似ていることなどから余罪があるとみて捜査している。

県教育委員会によると、酒巻指導主事は平成2年に採用され、三原市の中学校などに勤めたあと去年4月から東部教育事務所に配属され、技術の教科指導を担当していたという。

県教育委員会の大内貞夫総務課長は「事実であるとすれば、県行政や県職員に対する信頼を著しく損なうものであり、遺憾というほかありません。今後、事実関係を確認した上で適切に対処したい」と話している。(NHK広島)

スポンサーリンク

「パンツを脱がすぞ!」店員女性に言った男を現行犯逮捕

大竹署は9月10日午後6時15分ごろ、大竹市油見3丁目、職業不詳広辻正博容疑者(47)を県迷惑防止条例違反(卑わいな行為)の疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は大竹市新町1丁目の店舗で20代の店員女性に「パンツを脱がすぞ」と言った疑い。大竹署によると広辻容疑者は当時飲酒していたという。(中国)

スポンサーリンク

三原のNPO法人の男が障害のある女子中学生にわいせつ行為

三原市の委託を受けて障害者の支援活動をしていたNPO法人の67歳の男の職員が、障害のある女子中学生に体を触るなどのわいせつな行為を繰り返していたという。この職員は事実関係を認め、すでに退職したということで、市は近く、NPO法人に立ち入り調査を行う方針。

三原市などによると、市内のNPO法人に勤めていた67歳の男の職員が、体に障害のある女子中学生にわいせつな行為をしていたと、今年5月に情報提供があったという。

市がNPO法人と職員に聞き取りを行った結果、この職員は女子生徒の外出時の支援を行っていたが、去年夏から秋にかけて複数回にわたって自分の車に乗せて体を触るなどのわいせつな行為をしていたことがわかったという。

職員は問題が発覚する直前に退職していて、市の聞き取りに対し、事実関係を認め、「自分に好意があると思った」などと話しているという。市によると、この職員は以前、民生委員や児童委員を務めていたほか、子どもの見守り活動にも参加していたという。(NHK広島)




三原市NPO法人

スポンサーリンク

軽自動車のドアを空けたまま全裸で下半身露出した福山の会社員

福山東署は8月27日午前1時45分ごろ、福山市山手町5丁目、自称会社員、森松貴文容疑者(43)を公然わいせつの疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は、福山市西町3丁目の歩道に駐車中の軽乗用車内で、運転席のドアを開けたまま全裸になり、下半身を露出した疑い。同署によると、森松容疑者は当時酒に酔っていたという。(中国)

スポンサーリンク

皆実小学校の臨時教師が女子中学生といかがわしいわいせつ行為をして逮捕される

広島市の小学校の26歳の臨時教諭が、女子中学生にわいせつな行為をしたとして広島県の青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕された。逮捕されたのは広島市立皆実小学校の臨時教諭で坂町に住む山本春日容疑者(26)。

警察の調べによると、山本臨時教諭は5月18日、当時住んでいた広島市安芸区の自宅で市内の中学校に通う15歳の女子生徒に対し、わいせつな行為をしたとして県の青少年健全育成条例違反の疑いが持たれている。2人はインターネットのSNSを通じて知り合い、やりとりの中で女子生徒は自分が15歳であることを話していたということで、女子生徒の学校関係者から警察に相談があり、捜査を進めていた。(NHK広島)

スポンサーリンク

広島がいい?岡山市立中の講師がホテルで女子高生とわいせつ行為

6月8日、岡山中央署は広島県内で女子高校生にみだらな行為をしたとして、広島県青少年健全育成条例違反の疑いで、岡山市中区中井、市立中学校講師の小森徹容疑者(29)を逮捕した。逮捕容疑は4月30日の日中、広島県福山市内のホテルで、岡山県内に住む高校の女子生徒(16)が18歳未満と知りながら、みだらな行為をしたとしている。岡山市教育委員会によると、小森容疑者は数学の講師で、1年生の担任を務めていた。5月中旬に女子生徒の母親が署に相談して発覚した。(産経)

スポンサーリンク

5月15日(月)に広島市内で4件もの下半身露出事案発生

【露出】 2017年5月15日(月) 0時30分ころ 広島市安佐南区安東2丁目

帰宅中の20代女性が、下半身を露出している男に「すいません。すいません。」と声をかけられたもの。


【露出】 2017年5月15日(月) 17時50分ころ 広島市南区松原町

全裸の男が出没したもの。


【露出】 2017年5月15日(月) 20時00分ころ 広島市佐伯区楽々園4丁目

下半身を露出している男が出没したもの。


【露出】 2017年5月15日(月) 21時30分ころ 広島市東区矢賀4丁目

帰宅中の女子中学生らが、自転車に乗った男に「ねえねえ、こういうの興味ない。」と声をかけられ、露出した下半身を見せられたもの。

(広島県警)

スポンサーリンク