学習塾の講師が10代の少女を自宅に呼んでわいせつ行為

4月21日、広島西署は広島市西区南観音町、学習塾講師池田剛容疑者(43)を強制わいせつの疑いで逮捕した。調べでは4月6日午後6時20分ごろ、10代の少女を自宅に呼び、上半身を服の上から触るなどした疑い。(中国)

三原市の会社員が中学生女子と八千代町のホテルでわいせつ行為

4月21日、安佐北署は三原市本町1丁目、会社員木村友紀容疑者(27)を児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕した。調べでは、2月8日正午ごろ、安芸高田市八千代町のホテルで広島市内の当時15歳の中学生女子が18歳未満と知りながら、現金5千円を渡していかがわしい行為をした疑い。同署によると、サイバーパトロールでインターネット上の2人のやりとりを見つけ捜査していた。会員制交流サイトで知り合ったという。(中国)

中国地方整備局職員がムラムラして新幹線内で下半身露出

4月20日夜、通勤中の新幹線の中で下半身を露出した疑いで、国土交通省・中国地方整備局の職員の男が逮捕された。逮捕されたのは中国地方整備局・道路計画課の職員、桑嶋弘志容疑者。桑嶋容疑者は20日午後10時半ごろ、広島市の職場から新幹線で自宅のある岡山市へ帰る途中、車内で下半身を露出した疑いが持たれている。

警察によると、桑嶋容疑者の隣の席には誰も座っていなかったが、通りがかった男性客が気が付いて桑嶋容疑者を取り押さえ、身柄を警察に引き渡したという。調べに対し、桑嶋容疑者は「ムラムラしてやりました」と容疑を認めている。桑嶋容疑者は下半身を露出する前、車内で酒を飲んでいたという。(TSS)

「最近の高校生は3、4万円払えばセックスさせてくれるらしいね」高校生女子に声掛け男を逮捕

4月10日、海田署は広島市安芸区矢野西3丁目、清掃員梶山俊茂容疑者(65)を県迷惑防止条例違反(卑わいな言動)の疑いで逮捕した。調べては2月23日午後5時15分ごろ、坂町の大型スーパーで安芸郡内の高校生女子(17)に「最近の高校生は3万円から4万円払ったらセックスさせてくれるらしいね」などと話し掛けた疑い。同署によると「記憶にない」と供述しているという。(中国)

三原のレイプ理髪店店主が監禁・わいせつ行為で逮捕される

4月2日、三原署は三原市城町1丁目理髪店経営宮崎昭夫容疑者(59)をわいせつ目的誘拐、監禁、準強制わいせつの疑いで逮捕した。調べては3月29日午前8時40分ごろ、三原市内で10代の女性に声を掛け乗用車に乗せてホテルに連れ込み、抵抗できない状態にさせてわいせつな行為をし、午後0時5分ごろに解放するまで監禁した疑い。女性の家族が同署に相談した。宮崎容疑者は「車に乗せ、ホテルに行ったことは事実」と供述しているという。(中国)

福島の非常勤講師が広島の女子高生の裸の画像を送信させ逮捕

福島県の高校に勤める25歳の非常勤講師が、SNSを通じて知り合った広島市の女子高校生に裸の画像を撮影させ送信させたとして児童ポルノ禁止法違反の疑いで警察に逮捕された。逮捕されたのは福島県内の公立高校に勤める福島県いわき市の非常勤講師、佐藤寛記容疑者(25)。

警察の調べによると佐藤非常勤講師は平成28年11月、広島市安佐南区に住む16歳の高校1年生の女子生徒に裸の画像を撮影させ、そのデータを自分の携帯電話に送信させたとして児童ポルノ禁止法違反の疑いが持たれている。女子生徒の母親が携帯電話でのやりとりを見て発覚し、調べに対して「間違いない」と容疑を認めているという。2人は平成27年ごろにSNSを通じて知り合ったということで、警察は事件の詳しいいきさつを調べている。(NHK広島)

2階窓から下半身を露出した男を逮捕

2月22日、安佐南署などは広島市安佐南区緑井7丁目、飲食店店員松尾勇輝容疑者(31)を公然わいせつの疑いで逮捕した。調べては、2月7日午前7時55分ごろ、自宅のアパート2階で、窓から通行人に見えるように下半身を露出した疑い。同署によると、通学中の女子中学生が目撃し、報告を受けた学校が同署に相談した。「見せるつもりはなかった」と供述しているという。(中国)

八丁堀交差点で下半身を露出した30歳会社員男を逮捕

2月20日、広島中央署などは、広島市東区戸坂大上3丁目、会社員松沢友宏容疑者(30)を公然わいせつの疑いで逮捕した。調べでは、2月5日午前2時50分ごろ、中区八丁堀の交差点で下半身を露出した疑い。目撃した20代女性が110番し、防犯カメラの映像などから容疑者を特定した。(中国)

広島市教育委員会主査が列車内で女子高生の体を触って現行犯逮捕

2月9日朝、広島市教育委員会青少年育成部の56歳の主査が、JRの列車内で女子高校生の体を触ったとして、県の迷惑防止条例違反の疑いで逮捕された。逮捕されたのは広島市教育委員会青少年育成部放課後対策課の主査、津山明弘容疑者(56)。

警察によると、津山主査は9日午前7時40分ごろ、JRの天神川駅から広島駅の間を走行中の列車内で18歳の女子高校生の体を触ったとして県の迷惑防止条例違反の疑いが持たれている。被害にあった女子高校生から1月30日に「痴漢の被害にあっている」と警察に相談があったため、私服の警察官が列車内で警戒にあたっていたところ、津山主査が女子高校生の体を触っているのを確認し、その場で逮捕したという。

警察によると津山主査は「間違いありません」と容疑を認めているという。広島市教育委員会によると、津山主査は放課後対策課で児童館の整備や放課後児童クラブの増設などを担当していて、9日は通常通り、出勤する予定だったという。(NHK広島)

高齢者が平和記念公園で「休もうや」と女性に声を掛けてわいせつ行為

12月12日、広島中央署は広島市西区天満町、無職鈴木信行(67)と中区小網町、無職藤村隆(71)の両容疑者を強制わいせつの疑いで逮捕した。調べによると、2人は共謀して7月3日午前0時ごろ、中区の平和記念公園で歩いて帰宅していた派遣社員女性(23)に「休もうや」と声を掛け、ベンチに座らせて下半身などを触った疑い。鈴木容疑者は「わいせつなことはいっさいしていない」と容疑を否認しているという。(中国)

スポンサーリンク

広告