マツダ社員寮で従業員が殺される

9月14日、広島市南区の自動車メーカー「マツダ」の社員寮の非常階段で19歳の男性従業員が血を流して倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認された。14日午後4時すぎ、広島市南区向洋大原町にある自動車メーカー「マツダ」の社員寮の非常階段2階の踊り場で、この寮に住む従業員の菅野恭平さん(19)が血を流して倒れているのを同僚の男性が見つけて119番通報した。菅野さんは病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。

警察が調べたところ、死因は失血死とわかり、頭に殴られたような痕があったことから、殺人事件として捜査を始めた。警察によると菅野さんは14日は夜勤明けで、午前中には勤務が終わり、その後、寮に戻ったとみられるという。現場の社員寮は、マツダの本社工場に隣接している4つの社員寮のうちの1つで、9月1日現在で、415人の社員や従業員が生活していたという。警察は現場の状況を詳しく調べるとともに付近で不審な人物が目撃されていないか捜査を進めている。(NHK広島)



マツダ社員寮

マツダ社員寮3

マツダ社員寮 菅野さん2




数回殴られたか

県警によると、菅野さんは何らかの方法で頭部や顔面を数回殴られたとみられる。現場には、菅野さんのものとみられる手提げかばんが残されていた。着衣に乱れはなく、自室も荒らされた形跡はないという。

マツダによると、菅野さんは昨年4月に高校を卒業し、技能正社員として働いていた。本社工場でプレス金型加工を担当、まじめに勤務していたという。13日は夜勤で14日朝に帰宅し、同日午後8時15分に出勤する予定だった。(産経)


非常階段は立ち入り禁止だった

最初に異変に気付いたのは寮の2階に住む20代の男性だった。午後3時35分ころ、非常階段の方から聞こえたのは「どん」という物音。その後、うめき声が数回聞こえたことから、寮の職員に相談し一緒に非常階段を確認。午後4時15分ころ、2階の踊り場であおむけで頭から血を流している菅野恭平さんを見つけ、通報した。

菅野さんはTシャツに長ズボン、サンダルをはいていて激しく誰かと争ったような跡はなかった。菅野さんの部屋に荒らされたような跡もなかった。

菅野さんが見つかった非常階段は、普段は立ち入り禁止の場所だった。寮の住人は、非常階段は入ろうと思えば入れると思うが、実際は貼り紙がついていて、非常のとき以外は開けてはいけないという。

立ち入りを禁止されている非常階段の2階踊り場で発見された菅野さんは、7階に住んでいたという。(RCC)


ATMから多額の現金が引き出されていた

事件当日、男性が複数のATMを使って多額の現金を引き出していたという。警察のこれまでの調べで、現場の非常階段には菅野さんの手提げバッグや現金の入った財布が残されていたが、携帯電話がなくなっていた。その後の調べで、事件当日に菅野さんが複数のATMを使って現金あわせて百数十万を引き出していたことが分かった。菅野さんは現金を引き出したあと寮に戻り、午後3時半ごろに襲われたとみられる。(NHK広島)

スポンサーリンク

奨励金ほしさに関西マツダが架空請求

自動車販売会社の「関西マツダ」が、取引先の会社に対し架空請求をしていたという。関西マツダのナンバ店は、15年10月の調査で、リース会社2社に対し、約1100万円の架空請求をしていることが発覚。リース会社から整備の依頼を受けた車について、店の統括役の男性の指示で、請求書を作る担当の男性2人が、架空の修理費用などを請求していた。3人は、車の修理台数の目標を達成した場合に支払われる奨励金などが目的だったという。(関西テレビ)



関西マツダ

スポンサーリンク

マツダのアスベスト工場が中央労働基準監督署から指導を受ける

マツダは広島市の本社工場にある組み立て工場など4つの建物について、健康被害を引き起こすおそれのあるアスベストの飛散を防ぐための対策工事を6月から始めるという。対策工事が行われるのは、広島市南区のマツダの本社工場内にある組み立て工場の建物や、完成車を保管する建物など昭和40年代に建てられたあわせて4棟。これらの建物のはりや天井にはアスベストが使われていて、マツダではこれまで目視による点検や濃度測定を定期的に行い、健康に影響がないことを確認していた。

しかし5月、広島中央労働基準監督署から、将来にわたって飛散のリスクがあるとして抜本的な対策を加速させるよう指導を受けたことから、マツダでは対策工事を行うことになった。期間は6月からおよそ1年間で、工事中は付近にアスベストが飛び散っていないか、これまで以上に場所や頻度を増やして濃度を測定するという。マツダ安全健康防災推進部の松原一則部長は、「従業員や近隣住民の健康を最優先に、自動車の生産にもできる限り影響が出ないやり方で工事を進めていきたい」と話した。(NHK広島)



マツダ工場

スポンサーリンク

マツダがコスモスポーツを復元披露

広島市と府中町にまたがる自動車メーカーマツダの本社の施設が地元の住民に公開される初めての催しが行われたという。この催しは、自動車メーカーのマツダが、日ごろの協力に感謝して、広島市南区と府中町にまたがる本社で地元の住民を対象に初めて行った。かつての名車「コスモスポーツ」が、走ることができる状態に復元されて披露された。

「コスモスポーツ」はマツダが49年前に発売したスポーツカーで、世界で初めてのロータリーエンジンを載せた量産車。マツダの若手社員が、会社の歴史や技術を再認識しようと復元を提案。展示用だった車を解体して、部品のサビを落としたり、新しいものに交換したりして作業を進めてきたという。セレモニーには、作業に協力した高校生も招かれた。マツダは3月までに実際に走る姿を公開する予定だという。(RCC)



コスモスポーツ

スポンサーリンク

マツダのディーゼル車も排ガス許容範囲超過か

英紙デイリー・メールによると、BMW、マツダ、メルセデス・ベンツ、フォードのディーゼル車も、排気ガスが許容範囲を超過していると報じた。英国リーズ大学交通研究所は、英国とスコットランドの道路で、新たな「ユーロ6」(排出ガス規制値を定めた欧州連合の規定)レベルのディーゼル車300台を対象に調査を実施した結果、これら4メーカーのディーゼル車が基準値より5~7倍高い窒素酸化物(NOx)を排出することが分かった。それによると、フォードは6.8倍、マツダは6.1倍、BMWは5.6倍、ベンツは5.3倍だった。

スポンサーリンク

マツダの幹部が盗撮目的で黄金山の公衆トイレにカメラを設置

広島市南区の公衆トイレに盗撮目的で侵入したとして、マツダの幹部が建造物侵入の疑いで逮捕された。トイレには小型カメラが設置されていて、警察はカメラの設置に関わっていなかったか調べている。逮捕されたのはマツダのカスタマーサービス本部などの副本部長で、広島市東区中山南の伊藤賢治容疑者(56)。警察によると伊藤副本部長は、5月31日の午後7時半頃、広島市南区の黄金山の山頂にある公衆トイレに盗撮目的で侵入したとして、建造物侵入の疑いが持たれている。警察は不審者がいるとの通報を受け、現場にいた伊藤副本部長から事情を聞いたところ、容疑を認めたことから逮捕したもので、調べに対し「盗撮目的で公衆トイレに入ったことに間違いない」と供述し、容疑を認めているという。

警察によると公衆トイレのうち、多目的トイレの便器には小型カメラが設置されていて、カメラは便座を下ろすと見えないように取りつけられていたほか、入り口の扉には女性専用とうそのシールが貼られていたという。警察は侵入の動機について捜査するとともに、カメラの設置に関わっていなかったか調べている。マツダは「捜査による事実関係の解明を待ち、厳正に対応します」と話している。(NHK広島)


黄金山 盗撮_1


【あわせて読みたい記事】

広島県出身者の上場企業の社長が犯した盗撮事件(2012年・日本IBM)

広島マツダ宇品工場、元派遣社員が車で暴走

広島マツダ社員 自殺していた(2007年)

マツダ工場にマツダ車で突っ込んだ男が起訴される

広島マツダ工場でまた死亡事故

バカなことを言う広島県民の頂点に君臨するマツダ工場暴走男が無期懲役の判決

スポンサーリンク

マツダ爆発事故で工場マネージャーを書類送検

2月27日、広島市のマツダ工場で社員3人がやけどを負った爆破事故で、広島中央労働基準監督署は労働安全衛生法違反の疑いで、マツダ(広島県府中町)と、工場マネージャーの男性社員(51)を書類送検した。同監督署によると、男性社員は事故の起きた工場で労働者を指揮監督し、安全を管理していたが、平成24年10月20日、溶かした鉄(溶湯)を製造し、運搬させる際、工場内の溝などに水がないか確認しなかったため、同日午前1時50分ごろ、傾いた容器からあふれた溶湯が溝に流入。水分と接触して水蒸気爆発を起こし、3人にやけどを負わせた。(産経)

マツダ爆発

マツダ爆発2

スポンサーリンク

マツダ工場暴走男が無期懲役の判決

2010年6月、広島のマツダ工場内でおきた暴走事件の裁判で、殺人の罪などに問われた元期間従業員の引寺利明被告(44)に対し、広島地裁は無期懲役の判決を言い渡した。これまでの裁判で、検察側は、死刑を検討するに値するとしながらも無期懲役を求刑し、一方で弁護側は無罪を主張していた。今日の判決公判で広島地裁の伊名波宏仁裁判長は、争点となっていた責任能力について「妄想性障害が犯行に影響を及ぼしているが著しいものではなく、犯行時、完全責任能力があったとした。その上で「自分本位で身勝手な考えから起こした計画的かつ非情で極めて危険な犯行。社会に与えた衝撃も大きい」とした。さらに「妄想性障害が動機の形成に影響していて、治療の可能性を否定できず、死刑もやむをえないとまでは言えないが、無期を下回る刑を科すべきではない」として、無期懲役の判決を言い渡した。(HOME)

【引寺利明被告バカ語録集】

・「事件の原因はマツダの従業員による集団ストーカー行為」
・「長期間の審理、お疲れ様です」
・「暴走中は工場やガードレールに接触することもなく、その後は一般道も通ったわけで、わしは冷静に車を走らせていた。責任能力は完全にあるといういうわけであります」
・「事件を起こしたことは後悔していない。起こし方に後悔している」
・「つめの甘いことをした。事件の起こし方について後悔している」
・「では、サビに入ります」
・「無期懲役が決まり、いつか仮釈放されれば、もう一度マツダに突っ込みますよ。一度、突っ込んでいるので、次はかならずでかい成果をあげる自信があります」


引寺被告



2010年、マツダ工場で12人が死傷した暴走事件で最高裁は男側の上告を棄却し、無期懲役の判決が確定した。マツダの元期間社員・引寺利明被告(46)は2010年6月、広島市南区のマツダ宇品工場で車を暴走させ1人を死亡、11人に重軽傷を負わせたとして殺人などの罪に問われていた。1審の広島地裁は犯行時に、引寺被告がマツダの同僚からストーカー行為を受けていると思い込んでいた「妄想性障害」を認めたが「責任能力を有していた」として無期懲役を言い渡した。2審もこの判決を支持したため弁護側は「妄想性障害の著しい影響を受けていた」として無期懲役の破棄を求めて上告していたが最高裁は24日までにこれを退ける決定を行った。引寺被告の無期懲役が確定した。(HOME)

スポンサーリンク

広島マツダ工場でまた死亡事故

1月18日午前7時10分頃、広島市南区のマツダ宇品工場の宇品東駐車場内で、歩いていたマツダ社員、光井京治さん(63)=同市佐伯区利松=が、通路を右折してきた同僚のマツダ社員、中島真さん(46)=同市安芸区矢野南=運転の乗用車にはねられた。光井さんは頭を強く打って間もなく死亡、中島さんにけがはなかった。広島南署によると、光井さんと中島さんはともに出勤途中で、光井さんは駐車場に車を止めた後、歩いて職場に向かっていたという。中島さんは「光井さんに気づかなかった」と話していることから、同署は中島さんが前をよく見ていなかったとみている。(産経ニュース)



社員のモラルが低いようだ。


スポンサーリンク

マツダ工場にマツダ車で突っ込んだ男が起訴される

今年6月にマツダの工場で12人の社員を車で次々とはねて死傷させたとして逮捕された元期間従業員、引寺利明被告(43)=広島市安佐南区=について、広島地方検察庁は専門家による精神鑑定の結果、「責任能力に問題はなく刑事責任は問える」と判断し、29日、殺人や殺人未遂などの罪で起訴したという。

広島市南区のマツダの宇品工場と隣接した府中町にある本社工場の敷地内で12人の社員を車で次々とはねて、1人を殺害し、11人に重軽傷を負わせたとして殺人や殺人未遂などの罪に問われていた。これまでの調べに対し引寺被告は容疑を認めた上で、「マツダの社員に嫌がらせを受けて耐えられなくなって退社した。事件を起こせばマツダの評判は地に落ち復讐できると思った」などと供述しているという。

引寺被告について広島地検はマツダの社員らを無差別に狙うなど、残虐で特異な犯行であることなどから、今年7月から約3ヵ月かけて専門家に依頼して精神鑑定を行ってきたが、その結果、「事件前後や、現在も精神的な病気は確認できない」とする鑑定結果が出たほか、犯行が計画的なうえ動機も明らかだとして刑事責任は問えると判断したという。(NHK)


マツダ車

マツダ 引地


「なんじゃあ~! わしがやったんじゃあ~! おりゃ~!」と、叫んでいたような。








【関連記事】
・広島マツダ宇品工場、元派遣社員が車で暴走

スポンサーリンク