サンフレのサッカースタジアム建設協議は茶番か?

広島市中心部へサッカースタジアム建設をめぐる動きについて、サンフレッチェ広島と広島行政との間で食い違いがあったことを中国新聞が伝えた。サンフレッチェ広島の久保会長が、「広島みなと公園」に決まればサンフレの本拠地として使わない」との強気の方針に、県と市は「前提に誤解がある」とした。

久保会長は3月3日の記者会見で、建設地を「みなと公園優位」とする県や市に対して、「われわれの意見を聞いてもらえない。純粋に理解に苦しむ」と不快感を示した。この発言については、サンフレのサポーターに対してのパフォーマンスなんだろう。たぶん分かっていながらの発言だろう。


事の経緯をみると、2015年1月、県と市、広島商工会議所、県サッカー協会の4者が15年度中に結論を出すことで合意して以降、「スタジアムの主な利用者となるサンフレにはヒアリングが全くなかった」という。

一方、湯崎知事も2月の会見で、久保会長の独自案発表の動きを「理解に苦しむ」と表明した。そもそもサンフレの要望でスタジアム建設の検討を始めたとの思いがある上、「サンフレも加盟する県サッカー協会から、候補地の決定まで検討に参加しない意向が示された」と、手続きには問題がないとしている。

久保会長は会見後には「意見を伺っておけばよかった気もする」とも述べた。


旧市民球場跡地は、国が広島市に都市公園として貸し出している。利用方法を変更する場合は、市から財務局に申請する必要があり、スポーツ施設を造る場合には財務局の承認が必要になる。行政の理解と協力なしで建設はできない。完成イメージ図によると、現在は別の施設や公園がある隣接エリアもスタジアムの敷地に含まれるように見え、実現には調整が必要となる。



サカスタ広島

サンフレッチェ広島の久保允誉会長「広島みなと公園」ならいらん!!

広島市での新しいサッカースタジアムをめぐってサンフレッチェ広島の久保允誉会長が記者会見を開き、旧広島市民球場跡地に新スタジアムを建設する独自案を発表したうえで、もう一つの候補地となっている「広島みなと公園」に建設された場合は「本拠地として使用するつもりはない」と表明したという。

広島市での新しいサッカースタジアムの建設をめぐっては、中心部にある「旧広島市民球場跡地」と、海沿いの「広島みなと公園」の2カ所が候補地となっていて、湯崎知事は先月、みなと公園の優位が強まっているという考えを示している。

これについてサンフレッチェ広島の久保允誉会長は2月3日、広島市内で記者会見を開き、球場跡地に2万5000人規模の新スタジアムを建設するとした独自案を発表した。

新スタジアムは平和公園に隣接することから「ヒロシマ・ピース・メモリアル・スタジアム」とし、平和に関する情報発信の施設も付設するほか、音楽イベントなどにも活用できる施設だという。

整備費は140億円と試算していて久保会長自身と、自らが社長を務める大手家電量販店の「エディオン」とでこのうち30億円程度を拠出するとしている。

久保会長は記者会見で、「みなと公園に建設された場合サンフレッチェが本拠地として使用しても、我々の試算では収支の面でクラブ運営が非常に困難になる。みなと公園に建設されても使用するつもりはない」と表明したうえで、「今回、このような提案をしたことは進退を視野に臨んでいる」と述べ、球場跡地への建設にサンフレッチェの会長としての進退をかける考えを明らかにした。(NHK広島)

サンフレッチェ広島勝ってもサッカースタジアム建設は宇品へと向かう

2月20日、富士ゼロックススーパー杯2016が日産スタジアムで行われた。昨季のJリーグ王者のサンフレッチェ広島と天皇杯覇者のガンバ大阪の間で戦われ、サンフレッチェ広島がガンバ大阪を3-1で下した。広島は2014年大会以来、2年ぶり4度目の制覇になった。

今季についても広島の強さが示せれば、サッカーファンが希望するサッカースタジアムの建設地について、旧市民球場跡地になる可能性もあると思っていたが、すでに南区宇品の「広島みなと公園」で話が進んでいる模様。


サッカースタジアムの建設予定地については、広島県、市、広島商工会議所の作業部会が、事業の実現可能性について調査している。


建設費は「広島みなと公園」が80億円安い

建設整備費についてはスタンドを3万人規模とした場合、旧市民球場跡地が260億円みなと公園が180億円で、みなと公園の方が球場跡地よりも整備費が80億円下回るという。

その理由について作業部会では、球場跡地は原爆ドームが近いことから高さ制限があり、7.3メートルの地下に掘り込むのに100億円近い費用がかかるとしている。

年間の集客数は、旧市民球場跡地が45万6000人みなと公園が41万1000人で、アクセスのよい球場跡地の方が多くの観客が訪れるとしている。


「広島みなと公園」でも渋滞しない

みなと公園にした場合は渋滞対策が課題になると指摘されていた。作業部会が行った解析結果によると、シャトルバスの運行に加えて路面電車の輸送能力を今のおよそ3倍に増強するなど、公共交通機関で1時間に1万7000人を運べると仮定して、来場者が3万人と1万8000人の場合に分けて計算したという。

それによると、一度に訪れる自動車の台数は3万人の場合が3000台、1万8000人の場合は1000台となるが、ハード面の対策や信号の調整を行えば、公園北側の国道2号線については円滑な交通処理が可能になり、渋滞はしないという。

一方で、「霞庚午線」については一部で渋滞が発生するため、広島高速道路の活用を呼びかけたり、退場経路を誘導したりするなど、対策が必要だとしている。

県と広島市、広島商工会議所の3者は、サッカースタジアムの建設候補地として挙げている2カ所のうち、南区の宇品地区にある「広島みなと公園」を、広島市中心部の「旧広島市民球場跡地」よりも優位と位置づけている。


今回発表された広島行政による調査・見積もり額や数字についての信憑性については別にして、マツダスタジアムを広島駅南側の徒歩圏に建設したのだから、サッカースタジアムは広島駅北側の開発地に建設するのがベストだと思っていたが、その頃はサンフレッチェ広島もどうなるのか分からない状況でもあり、今となっては時すでに遅し。


広島市の都市計画やり直し!

そもそも論であるが、旧市民球場跡地の活用問題で、あらためて都市計画図を見ることにした。すると旧市民球場跡地は「第二種住居地域」で容積率200%の地域だ。都市計画法でいうと主に住居の環境を保護するために定める地域となっている。なぜこんな場所が住居系に指定されているのか、なぜ容積率がたったの200%なのか疑問だ。こんなことで市の発展による税収の確保など妄想に過ぎない。

この無駄に川が多いデルタ地形の広島市は、交通アクセスを不便にしている。日本の主要な都市と比べると、その差は明らか。土地が無いなら川を2、3本埋め立てるぐらいの発想が必要だ。広島市は都市計画を根本的にやり直しをすべきだろう。



旧市民球場跡地

松井市長サッカースタジアム建設は採算性が重要

昨年12月29日の天皇杯で、サンフレッチェ広島がガンバ大阪に0-3と惨敗した。サンフレッチェ広島はクラブW杯の疲れもあったのかもしれないが、この試合でサンフレッチェ広島が日本国内で1強ではないことが分かった。今度は2月20日、富士ゼロックス・スーパーカップで再度、ガンバ大阪と対戦する。

サンフレッチェ広島の強さと人気が本物なのか、観客の動員は大丈夫なのか。この試合の結果によっては、広島市で建設が検討されているサッカースタジアムの場所が何処になるのが、決断される要因になるのかもしれない。


広島市の松井市長は定例会見で、サッカースタジアムの建設についてカープを引合いに出し、採算性が重要だと強調した。さらに「建設するためにどんな仕掛けがいるのかという視点で検討している。カープの場合はうまく観客が来ているので7億円ベースで返済している」と話した。

サッカースタジアムについて松井市長はマツダスタジアムの建設を例に出し、カープは年間200万人の観客動員があるため、建設のための借入金に対する返済が十分にできていると話した。それに比べサッカーは試合数や観客の数が少ないため複合的な施設にするなど、採算性を高めるための事業手法の検討が重要になるとした。広島市などは建設の是非も含め3月末までに計画の方向性を示すとしている。(HOME)


サンフレッチェ広島 年別観客数

年度   観客数    収容率
2015   278,499    32.8%
2014   254,951    30%
2013   275,556    32.4%
2012   301,249    35.4%
2011   224,447    27.6%
2010   247,550    29.1%
 

ドウグラスがJ1サンフレッチェ広島を退団

1月12日、J1サンフレッチェ広島は昨季リーグ2位の21点を挙げてJ1制覇に貢献したFWドウグラス(28)が、徳島からの期限付き移籍期間満了により退団すると発表した。関係者によると、クラブは完全移籍や移籍期間延長など残留交渉に努めたが、金銭面で折り合わなかったとしている。アラブ首長国連邦のクラブへの移籍が有力視されるという。

京都でもプレーしたブラジル人は昨季加入した広島で能力が開花し、リーグのベストイレブンに選出。クラブワールドカップ(W杯)ではチームを3位に導く活躍を見せた。広島の関係者は「新しい選手も来るし、また新しいスタイルをつくればいい」と悲観していないという。(デイリースポーツ)


ブラジル出身のドウグラスは10年にJ2徳島に加入。14年に京都、15年には広島に期限付き移籍し、昨季は33試合に出場して得点ランク2位の21得点をマーク。浦和とのチャンピオンシップ決勝第1戦でも先制ゴールを決めるなど、広島の年間王者獲得に貢献し、初のベストイレブンにも選ばれた。通算ではJ1が46試合21得点、J2が109試合29得点。


ドウグラス

森保一監督が連呼する「ヒロシマと平和」

1月11日、サンフレッチェ広島の森保一監督が語る2016年シーズンへの決意!ということで、夕方のニュースに生出演していた。番組の中で、広島カープOBの北別府学さんが、「交通アクセスの良い市民球場があったことで野球の試合をやって多くの人が集まった。交通機関がたくさんあることが宇品より旧市民球場跡地の方が混雑が避けられる。旧市民球場跡地に大きな可能性があるのではないか」と言った。


その考え方は理解できるとして、番組の司会者が新しくサッカースタジアムを建設したときに、他の用途への可能性について質問を森保監督に振ったとき、「原爆ドームも近いし・・・平和集会に使ってもらうこともできる・・・」などと言っていた。司会者連中はノーコメントだった。


森保監督は、昨年12月20日に横浜国際総合競技場で行われたクラブワールドカップで、広州恒大(中国)に2―1で 勝ち、日本勢としては2008年のG大阪以来7大会ぶりに、3位に輝いた。 そのときの勝利者インタビューで森保監督は「Jリーグ、日本の代表として戦おうと、選手たちが意地を見せてくれた。そして、全世界に中継がある中、平和都市・広島を勝利をもって、世界3位を持って、発信できたと思います」と言っていた。


スポーツは平和の祭典とも言われるが、森保監督が頻繁に使う「ヒロシマ」と「平和」については、どうしても引っ掛かる。そこで森保監督の中高校生時代を調べてみると、なるほど!と、うなずける。森保監督は原爆兄弟である長崎で育ち、長崎日大高校で平和教育を学んだのだ。そうだったのか。もしかしたら広島のAKBとツーカーで、広島のレフト団体やサンフレッチェの株主から、圧力でもあるのかと思っていたが、どうやら気のせいのようだ。



森保監督

ドゥグラス2発で世界3位 クラブW杯3位決定戦 広島2―1広州恒大

12月20日、日本で開催されているサッカーのクラブワールドカップ(W杯)が、横浜国際総合競技場(日産スタジアム)で3位決定戦が行われた。Jリーグ王者のサンフレッチェ広島はアジア王者の広州恒大(中国)に2対1で勝った。後半から途中出場したドウグラス選手が2ゴールを決めて冴えをみせた。


佐藤選手は今大会ゴールはなかったが、高さのあるドウグラス選手を後半13分に投入した森保監督の采配が当たったようだ。特にドウグラスの2点目の高いヘディングシュートは、解説者も関心を示していた。広州恒大は年間予算500億円とも言われ、中国スーパーリーグを5年連続で制した壁を、年間予算約30億円の広島がついに打ち破った。



ドウグラス

クラブW杯準決勝 サンフレッチェ広島0対1リバープレート

12月16日、クラブW杯準決勝(ヤンマースタジアム長居)でサンフレッチェ広島と南米王者のリバープレート(アルゼンチン)が対戦したが、後半27分に決勝点を奪われ、準決勝で敗退した。広島も果敢に攻めていたが、全体的に浮き足立っていた感じだ。これもリバープレートが強いからだろうか。

気になったのが、後半にドゥグラス選手が右サイドに蹴りだされた早いボールを追っていたが、ラインぎりぎりでズッコケたり、ゴール前にボールを上手く上げられず、まるでホームランボールみたいだった。見るからに相当へばっていたようだ。こんな時でも、森保監督はドゥグラス選手を交代させなかった。

そして間もなくして、広島のゴールが割られた。解説者によると、ゴール前に飛んできたボールに対して広島のゴールキーパーは「つかみにいった!パンチングで良かったのではないか?」と言っていた。

その後の広島の攻撃はメロメロで錯乱状態だった。相手のゴール前までボールを運んでシュートをしても、あさっての方向に蹴ったりで選手に焦りが見えた。試合はリバープレートの守りと攻撃に阻まれた。しかし解説者は「日本のサッカーが世界で十分通用することを見せた!」などと話していた。

J1リーグ 広島1-1G大阪で広島が年間優勝を果たすが

12月5日、2015年のJリーグチャンピオンシップ決勝第2戦、サンフレッチェ広島対ガンバ大阪(エディオンスタジアム広島)が対戦し、1対1で引き分け、サンフレッチェ広島がJ1リーグ年間優勝を果たした。不思議なのは、終始、ガンバ大阪が試合を優位に進めていたが、なぜか1対1の同点になった。

決勝第1戦でもG大阪が試合を優位に進めていたが、G大阪は負けてしまった。

サンフレッチェ広島の決勝第2戦では、守備に硬さがみられ、味方のゴール前で守りにミスが出て1点を失った。その後もG大阪が試合を優位に押していたため、これはG大阪が逆転優勝をするかもしれないと思った。しかし、サンフレッチェ広島が、なぜかうまくゴールを決めて1対1にした。なぜ試合を押されていた広島が、同点に追いつき、J1リーグ優勝したのか、不思議でならない。
 

ガンバ大阪2-3サンフレッチェ広島  なぜ広島が勝ったのか?

12月2日、Jリーグチャンピオンシップの決勝第1戦で、ガンバ大阪とサンフレッチェ広島の対戦が、万博記念競技場で行われた。度胆を抜かれたのが、君が代を斉唱したソプラニスタの岡本知高氏のメイクだった。テレビでは、斉唱する前の表情を一瞬だけとらえたが、それ以降は映すことはなかった。

試合の主導権はG大阪が握り、広島は守りでいっぱいのように見えた。広島の最初の失点は、バックパスのミスだったが、こんなことでは広島は負けると思った。

しかしその後、点を取ったり取られたりで、2-2の同点になった。G大阪は1人退場選手が出た。

これで終わるのかと思ったら、後半のアディショナルタイムに広島がドサクサに紛れて1点追加して2-3で広島が勝った。相手ゴールの前にサッカーボールが落ちてくると、選手が蹴飛ばすボールが、まるでパチンコ玉のように、あっちこっちに跳ね返る。

それで、ボールがゴールに入ったのか出たのかよく見えないが、ゴールネットがボールで大きく揺れたとき、初めて点が入ったことが分かる。

しかし、よく分からないが、最初からG大阪が試合の主導権を握っていたのに、なぜ大阪が負けて、広島が勝ったのだろうか。

スポンサーリンク

広告