SEALDsの奥田愛基を脅迫した少年(19)が名古屋市長宅の不審火にも関与

安全保障関連法に反対する大学生らのグループ・シールズ「SEALDs」の中心メンバーである奥田愛基(23)への脅迫容疑で神奈川県警が1月5日の逮捕した無職少年(19)が、名古屋市の河村たかし市長宅の不審火や、アイドルグループへの脅迫事件に関与した疑いでも逮捕されていたという。

捜査関係者によると、少年は昨年10月27日、名古屋市東区の河村市長の自宅兼事務所で、敷地内に置かれたプラスシック製バケツにマッチで火を付け、燃やしたとして11月、愛知県警に器物損壊容疑で逮捕された。さらに、東京都渋谷区の芸能事務所に9月下旬、所属するアイドルグループについて「解散しないとひどいことが起きる」という内容の手紙を郵送したとして、警視庁に12月9日、威力業務妨害の疑いで逮捕された。いずれの事件も容疑を認めており、家裁に送致された。(中国)

SEALDs奥田愛基にまた殺害予告か?ストレスのはけ口か?

安保関連法制に反対してデモ活動に余念がないSEALDsの奥田愛基に、またしても殺害予告のような書き込みがあった。恐らく愉快犯的なところもある。しかし、なぜSEALDsのグループ連中のTwitterはよく荒れるのだろうか。すでに数人がアカウントを削除している。この理由についてはこのカテゴリで何度も書いてきたが、もはやSEALDsはネット社会のストレスのはけ口になったようだ。

SEALDsは社会に対してストレスを吐き、またネット社会は、ストレスのはけ口の矛先としてSEALDsを選ぶ、いや、選びやすい。なぜ選びやすいのか?

個人的にはTwitterをやっていないから、いくら奥田愛基のことが心配でも励ましの言葉などを書き込んだことはないが、とにかくSEALDsはそろそろ軌道修正したほうがいいだろう。


AKI.png






アゴヒゲを下から覗いてみよう

奥田愛基011

SEALDsの奥田愛基に殺害予告した少年を逮捕、字が汚く誤字もあった?

日々の行動が心配な奥田愛基に殺害予告をした人間が逮捕された。去年9月、安全保障関連法に反対するSEALDsの中心メンバーの大学生・奥田愛基に対し、「家族とともに殺害する」という内容の脅迫状を送ったとして、愛知県に住む19歳の少年が脅迫の疑いで神奈川県警に逮捕された。

捜査関係者によると、去年9月、奥田に対し「家族とともに殺害する」という内容の脅迫状が大学に送られ、奥田が被害を届け出たことを受けて警察が捜査した結果、愛知県に住む19歳の少年が事件に関わった疑いが強まったとして1月5日、脅迫の疑いで逮捕した。

奥田は、脅迫状が送られたあとツイッターで「僕だけならまだしも、なぜ家族に対してもそうなるのか。何か意見を言うだけで殺されるのは嫌なので身の回りに用心する」などと記していた。(NHK)


さらに奥田本人のTwitterでは、19歳の少年が書いた脅迫状の字が汚くて誤字もあったと酷評?

「19歳。漢字とか微妙に間違ってて、(俺もちゃんと中学行ってないから、よく間違えるけど)脅迫状見たときに、なんか育ちとかあんまり良くないんじゃないかと思った。自分に似て、言っちゃ悪いけど汚い文字だった。僕は自分の汚い文字が本当にコンプレックスで、その手紙見たときも同じ嫌な感じがした」






ちょっと気を抜くと、すぐにひわいなアゴヒゲが・・・

奥田愛基012

SEALDs奥田愛基がTwitterアカウントを削除→再開?

心配していたSEALDsの奥田愛基が、メンバーである"ほなみ"という子とTwitter上で口論になり、最終的に奥田愛基がTwitterのアカウントを消してしまった。原因はよくわからないが、ある芸人について好きだの嫌いだのと、子供や未成年者がLINEでけんかしているような内容だった。今年の秋ごろには"小紅"というメンバーもアカウントを削除してしまった。

そこで考えるのが、「打倒、安倍政権」という大きな目標を掲げ、マスコミにも取り上げられてヨイショされていたのだが、下らない内輪モメでアカウントを消して逃げてしまった。今まで築き上げてきたものが崩れてしまったのではないか。せっかくここまで来たのだから、堂々と発信していればいいと思うが、所詮はそんなものだったのか。

一番はずかしいのは、こんな下らないことで奥田愛基が逃げてしまったというレッテルを貼られたことである。さらに真剣に政治デモを画策する上で、子供のような感覚の人間を仲間にすることへのリスクも考慮する必要があることが分かった。レッテルを貼ったり貼られたりの2015年だった。

奥田愛基アカウント
https://twitter.com/aki21st?lang=ja

ほなみアカウント
https://twitter.com/rock_west_?ref_src=twsrc%5Etfw

1月4日、心配の奥田愛基がいつのまにかTwitterを再開していた。理由については特に書いていないようだ。とにかく、よくわからない集団だ。

SEALDsが刻んだ言葉って何だ?

12月27日、BS-TBSの週刊報道で「SEALDsが刻んだ言葉」が放送された。「民主主義って何だ?」と国会前で訴えるSEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)の前身はSASPL(特定秘密保護法に反対する学生有志の会)として活動していた。

SEALDsを初めて知ったのが7月21日の報道ステーションだったが、その後もマスコミ各社がこの学生団体を取り上げた。9月には心配な奥田愛基への殺害予告もあり、ネットでは心配過剰なサイトも現れていった。

http://lite-ra.com/2015/09/post-1537.html

しかし、3カ月経っても何も起こらなかった。そればかりか奥田愛基は流行語大賞へ出席した。それでも何も起こらなかった。


SEALDs 奥田愛基





SEALDsの奥田がデモのやり方を教わったのが作家で明治学院大学教授の高橋源一郎氏(広島県尾道市出身)で、同大学でゼミ生だった。「奥田君が教員室に来てデモをやるから後で話してくれないかと言われた」と高橋氏が言った。

高橋氏は「1969年11月に400人を前に挨拶したが、全員逮捕された。結局、僕たちはうまくできませんでした。それをもっと別な正確な言葉にする技術がなかった。あの時は個人の言葉がなかった」と言った。

番組で松原キャスターは「2日前にSEALDsのメンバーと会ってきた。最初、デモのやり方が分からなったからネットで『デモ』と検索すると、『在特会』が出てきて、デモとはヘイトスピーチをすることなのか」と言っていた。

SASPLはラップ調のリズムに合わせてスピーチの練習を行いデモ活動を繰り広げたが、2014年12月10日、特定秘密保護法施行されると間もなく解散した。

2015年5月3日、SASPLを解散させたメンバーはSEALDsを立ち上げ、国会前で安保法案の反対を訴えたが、9月19日、安全保障関連法が成立した。彼らの訴えは「選挙に行こうよ」という声に変わった。

番組では、SEALDsは暴力によらない新しいスタイルで好感があり、多くの人が賛同した等とと解説していたが、彼らの生活実態や資金源、政党との関わりや暴言については一切、触れなかった。

SEALDsが刻んだ言葉について考えたとき、一般労働社会ではほとんど意味をなさない。特定秘密保護法については、国家機密情報を安易に公開すべきでないのは当然なことで、これに反対するのはマスコミやジャーナリストだけだ。安保法制についても、日本の防衛のための法律は穴だらけだったから、切れ目ない法整備は必至だった。結局、SEALDsの言動については賛同する人々もいたが、批判的な人々も多く現れた。彼らのやり方は駄目とは言わないが、正しくなかった。



SASPL.jpg


奥田愛基 オークダーキTwitter
https://twitter.com/aki21st

いせとうりTwitter
https://twitter.com/bbbyx8nh

あいねTwitter
https://twitter.com/szk_320

小紅Twitter(アカウント凍結中)
https://twitter.com/HoneyB_Lips

李信恵Twitter
https://twitter.com/rinda0818

SEALDsなどが市民連合結成 デモはどんな太鼓叩く?

12月20日、学生グループ「SEALDs(シールズ)」などの市民団体が来年夏の参院選に向け、安全保障関連法廃止を訴える野党統一候補を支援する「安全保障法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」(長い!)を結成し、都内で記者会見を開いたという。


市民連合は、シールズや安保法制に反対する「ママの会」「学者の会」など5団体の有志が呼びかけて発足した。山口二郎法政大教授(安倍総理をぶった切る!と言った人)は記者会見で「参院選の全ての1人区で野党統一候補を立てるというゴールに向け各党を動かしていく」と強調した。


具体的には、(1)安保関連法廃止、(2)立憲主義の回復、(3)個人の尊厳を擁護する政治の実現、の3項目の「協定」を結ぶことを条件に、共闘で一致した野党か無所属候補を支援する。候補が当選した場合は特定の政党には所属せず、院内会派として活動することに同意を求めるという。


市民連合側から候補は擁立しない方針だが、安保関連法廃止を掲げる統一候補の当選者が改選過半数に達することを目指す。来年4月の衆院北海道5区補選を参院選の前哨戦と位置づけ、今月19日に無所属での出馬を正式に表明した民主党道連役員、池田真紀氏(43)を支援する。


共産党の志位和夫委員長は20日の札幌市内での講演で、補選で擁立する予定の独自候補の取り下げについて「いつでも話し合いに応じる用意がある」と述べ、他の野党や市民連合との共闘に重ねて期待を寄せた。(産経)


これからデモをやる時には、今までのようなチンケな太鼓をテキトーに叩くのではなく、是非、「大太鼓」を車に載せて叩いてほしい。その方がお祭りのように活気が出てイメージも改善される。子供たちも集まってくるだろう。そんな時は、デモ行進している人は子供にジュースやお菓子をあげてほしい。子供たちはSEALDsのファンになる。

そして制服をつくるのもいいだろう。今までのような暗いイメージのバラバラな古着を着るのではなく、もっと明るい色がいい。そうだ、サンフレッチェの紫とカープの赤でつくるのがいい。センスのあるユニフォームが出来そうだ。

報道特集「検証!安保法成立から3カ月」でまたもやSEALDs出現

12月19日の報道特集は、「検証!安保法成立から3ヶ月」という題目で放送され、その中で一番心配な安保法制に反対するSEALDs改めReDEMOSの奥田愛基が出ていた。気になるアゴヒゲもきれいに剃って整えていた。何度もこのブログで問いかけた甲斐があった。とにかく「ヒゲはなるべく毎日剃ろうよ!」。


というよりも、新たに設立された団体「ReDEMOS」というは「市民のためのシンクタンク」として、「SEALDs」のメンバーなどに加え、大学教授や弁護士が理事として加わっている。同団体はホームページなどを通じて、安全保障などの分野で課題を分析するほか、勉強会や意見交換会を開いて議論を交わす場を提供し、こうした議論を基に政策提言などを行うらしい。

ReDEMOSの会見で代表理事の奥田愛基は「『ノー』と言うだけでなく、自分たちでも個別の政策について研究発信し、日本が目指すべき社会を示したい。今後は賛同する研究者を増やして市民や若い人たちにわかりやすく情報を発信したい」としていた。つまり、単なるバカ騒ぎをするデモ集団を扇動するのではなく、ちゃんとお勉強をして、社会問題に取り組むんだと。そして真面目に社会人の仲間入りを果たそうというものだ。それはよかったよかった。


きれいに剃ったね。やれば出来る!

奥田愛基01



しかし、ちょっと気を抜くと、いつものアゴヒゲが!

奥田愛基03




番組では、いつもながら自衛隊員の命の危険性から、兵器が登場する防衛大学の学園祭や軍事・民間産業・大学が一体となった防衛装備庁技術シンポジウムの紹介。そして定期的にコメントを求められる田母神敏雄氏。また、憲法改正を進める「今こそ憲法改正を!1万人大会」の檀上に映し出される安倍総理と櫻井よしこ氏。


その後、安保法制反対のデモの様子と、そこに突っ込んでくる街宣右翼のワンボックスカー。安保法制反対デモは続いた!?


幽霊か!?

安保法案反対デモ


街宣右翼



憲法学者の石川健治氏は「日本国憲法を何とかしたい、その議論が立憲主義を押し流そうとしている」と言い、さらに「明治以来の国のつくり方であったはず」と言った。また、長谷部早大教授は「安部さんも安保法案は違憲だと思っていますよ(笑)」とも皮肉って言った。


石川健治02



憲法の授業にSEALDsメンバー。楽しそうだ。これで食っていけるなら反政府の活動団体の仲間に入って、安倍政権を批判して騒ぐというのも悪くない。この疲弊した格差社会の中においては、そんな人生も悪くない。

やっぱり学生の時がいちばん楽しかった!

憲法勉強会

SEALDsメンバーらが新団体ReDEMOSを設立

安全保障関連法に反対する学生団体「SEALDs(シールズ)」のメンバー奥田愛基さん(23)らが学者や弁護士とともに、政党への政策提言などを行う新団体「ReDEMOS(リデモス)」を設立し、12月14日に参院議員会館で記者会見したという。「国会前抗議を原点に、日本の民主主義を問い直す場をつくる」という。

リデモスは「DEMOS(民衆)への応答」との意味で命名。市民のためのシンクタンクと位置づけ、安保法制など政治課題に関する情報発信や、議論の場の提供、政党や市民への政策提言をメールマガジンやイベントなどを通じて行う。

代表理事に奥田さん、理事には「安全保障関連法に反対する学者の会」でも活動する上智大の中野晃一教授、参院の地方公聴会の公述人を務めた水上貴央弁護士の2人が就任。学生数人が研究員になり、テーマに応じて専門家や弁護士と連携していくという。(朝日)

http://redemos.com/

SEALDsが政治資金規正法違反の疑い?ナゼ?

反政府・反原発団体のSEALDsに政治資金規正法違反の疑いがあるという。この問題を投げかけたのは、政治評論家の渡邉哲也氏だ。SEALDsは、来年の参院選を目途に解散すると言っていたが、彼らはどうやら政治団体として、本格的に活動を始めたようだ。渡邉氏が動画の中で指摘している内容は、以下のようである。ザル法と呼ばれる政治資金規正法だが、果たしてSEALDsはこの問題をどのように考えるのだろうか、そして世論は動くのだろうか。


(以前)SEALDsは任意団体のままカンパを集めていたが、これが政治資金規正法違反に該当するのではないか。任意団体のままだと今後、贈与税等、課税が課せられる可能性がある。

(その後)SEALDsは政治団体の届け出を行ったが、これはホームページによって明らかになった。ホームページから「寄付」というボタンをクリックすると、そこには政治資金規正法による規制団体に該当するためという文言が並ぶようになった。

今までは、単なる「カンパ」としていたが、これで政治資金規正法によって規制される団体になったことを表明した。しかし、ここには大きな過ちがあった。

彼らは「政治資金管理団体の届け出をしたため」と、表示していたが、政治資金管理団体というのは、政党が一つだけ指定できるものであり、SEALDsは政治資金管理団体にはなれない。

また、募金に関しても個人から1000万円までとしていたが、個人1人が1カ所の政治団体に献金できるのは150万円が限度額となる。この表記にも過ちがあった。このような未熟な知識でお金を集めていた、それがSEALDsの実態だったと言える。

政治資金規正法においては、どのような団体が政治団体に該当するのか。SEALDsの場合は、第3条3のイ、政治上の主義若しくは施策を推進し、支持し、又はこれに反対すること。これに明確にかかるものと思われる。

この場合、どのような規制があるのか。届出前の寄付又は支出の禁止があり、これに違反した場合、罰則が付けられている。

彼らは任意団体のままでいれば、この罰則にはかからなかったが、自ら政治団体と届け出たため、違法行為の要件を満たしてしまった。つまり、届け出前の寄付の禁止にあたる第8条に該当してしまったことになる。この場合、当然に罰則がある。

任意団体と政治団体の違いについて、任意団体は寄付金等が課税対象になり、贈与税が課せられる。政治団体になると非課税であるが政治資金報告書等が義務付けられ、制限が課される。政治団体は個人からの寄付は年150万円まで。法人や団体、外国人からは受け取れない。台帳記載義務があり5万円以上寄付した人は氏名・住所・職業が公開される。また、どこにいくら払ったかも公表される。

問題になるのが、これまで受けていた寄付金であるが、これが膨大な額に及んでいるのではないかと言われており、これが全て違法となった場合、どうなるのか。

また、外国人や労働組合等が関与していたとも言われており、もし労働組合や外国人から寄付を受け付けていた場合、これは違法行為に該当する。

また、労働組合から街宣車を無償で借りていたことも分かっている。これも寄付扱いになるため、労働組合から街宣車を借りた、これを金品に換算して違法性に問われる可能性も高いと言える。

この問題、単なる政治資金規正法の届け出前の禁止のみならず、さまざまな規制にかかってくることになるだろう。また、公開されないことを前提に5万円以上のお金を出した人たちは、名前・住所・職業が政治資金報告書によって公開される。この点に関しても拒絶反応を示す方々がたくさん出るのではないか。

そして、SEALDsは朝日新聞に意見広告を出していたことが判明しているが、政治団体の届け出により、支払額が公開される。この金額が著しく安い場合、朝日新聞の場合、全国で約1000万円程度と言われている。これが寄付行為とみなされる。例えば1000万円の広告を300万円で受けていた場合、その差額の700万円が寄付になり、企業による違法な寄付に該当する可能性がある。妥当な金額の場合は、その原資である資金の出所が問題となる。

どちらにしても、政治団体の届け出前に広告を打っている、お金を出している、これ自体が違法になるので資金受け取りそのものは朝日新聞にとっては違法ではないが、違法行為への関与に該当し、コンプライアンス違反に該当するということになる。朝日新聞は非上場企業であるため直接的な問題になる可能性は低いが、上場企業である関連会社のテレビ朝日は東京証券取引所、日本取引所が決めているガバナンス行動に違反が生じる可能性があり、スポンサーが降りてしまう可能性が出てくる。

この問題に関して、学生の政治運動は自由であり、多くの人が政治に関心をもつことは良いことであると思う。しかし、それは同時に法律に則り、秩序を持って行われなくてはいけない。これに反した以上、学生であろうが社会的責任をとらざる得ない。(学生だからといって許されるわけでわない)そして最も悪質なのは、違法行為であることを指摘せず、賛同したり活動を扇動したメディアや有識者、それを利用した政治家の責任は非常に重い。無責任極まりない行為であるといえよう。

政治家は政治資金規正法について熟知していなくてはならない立場にある。彼らをしかりつけ、きちっと法律を守るように是正させることこそが政治家の仕事であって、これをせず、彼らを利用し扇動した政治家たちは絶対に社会的責任をとらなくてはならないと信じている。

この問題は現在、違法状態になっているが、これが東京地検などに告発状が出された場合、SEALDsのメンバー及び、それに関与した人たちは、処罰を受ける可能性が高いと言える。

左翼メンバーが選ぶ「流行語大賞」、SEALDs奥田愛基選手がアゴヒゲ剃る!

バリバリの左翼選考委員メンバーで構成され、選考される「流行語大賞」。産経新聞によると、今年の候補50語のうち、政治関連の言葉が10語以上を占めたという。中には「戦争法案」「自民党、感じ悪いよね」など自民党や安倍晋三政権を批判するフレーズもみられた。ネット上では「政治的に偏りがある」など否定的な声が上がっており、大賞事務局にも「政治関連が多い」などの意見が約10件寄せられたという。


メンバーは、委員長でジャーナリストの鳥越俊太郎氏、委員で東京大学名誉教授の姜尚中氏、歌人の俵万智氏、女優の室井滋氏、漫画家のやくみつる氏、クリエーティブ・ディレクターの箭内道彦氏、清水氏の7人。


2015年の年間大賞には、プロ野球で打率3割、ホームラン30本、そして盗塁30個の達成を指す「トリプルスリー」と、海外からの旅行客が日本で大量に買い物をすることを指す「爆買い」の2つのことばが選ばれた。


このほかトップテンには、以下のことばが選ばれた。

安全保障関連法や安倍政権を批判する人たちがデモの際に掲げたフレーズ「アベ政治を許さない」
お笑い芸人の安村さんが裸に見えるポーズを取ったあとに言う決めぜりふ「安心して下さい、穿(は)いてますよ」
安倍総理大臣が掲げる国民一人一人が活躍する社会「一億総活躍社会」
白紙撤回された2020年の東京オリンピック・パラリンピックの「エンブレム」
ラグビー日本代表の五郎丸歩選手がキックの前にとる独特のポーズから「五郎丸(ポーズ)」
安全保障関連法に反対する若者たちのグループ「SEALDs」
落下などのトラブルも相次いだ小型の無人機の「ドローン」
松岡修造さんの熱いことばで人気となった日めくりカレンダーのタイトル「まいにち、修造!」



そして、アゴヒゲを剃ったSEALDsの奥田愛基選手!

どうしたんだ!??  いったい何があったんだ!?

まともで普通に見えるじゃないか!?

就職でもするのか!? 会社が決まったのか!?

本当に社会人になるのか!?  ちゃんと税金を納めるのか?

近隣住民からウルサイと言われたのか!?  ちゃんと江津には行ったのか?




奥田愛基のことが心配になってきた。



流行語対象 SEALDs 奥田

スポンサーリンク

広告