日教組研修会「15年戦争」広島の小学校教師が児童に刷り込む

静岡県で開催中の日教組教研集会は、2月3日も各分野で教員による授業実践報告や意見交換が行われた。偏向的な授業などで問題視されることが多い社会科教育では、戦前の日本軍の加害性をことさら強調する「15年戦争」史観による授業報告があったほか、郷土への誇りや愛情を育むことを疑問視したり、明治150年の祝賀ムードを批判的にとらえたりする声も上がった。

広島県の小学校男性教員は、先の大戦を通じた平和教育などに関する授業実践を報告。中国側の資料に基づいて日本軍による中国での爆撃や被害の様子を説明したり、現在の小学校の教科書には出てこない15年戦争という用語を使って、昭和6年の満州事変から20年の大戦終結までを一連の戦争としてとらえ、15年も続いた理由などを考えさせたりする授業を実施していた。

15年戦争という用語は、満州事変から大戦終結まで戦闘行為の継続性が認められないため一般的ではなく、児童にも誤解を与えかねない。

また、この教員は領土教育関連で、中国公船による日本の領海や接続水域への侵入が常態化している尖閣諸島(沖縄県石垣市)について「(帰属の)正当性を主張するよりも、互いに手を出せない状況を作り出すことが大事だ」などと指摘した。

郷土愛を育む授業への批判も相次いだ。千葉県の小学校男性教員は地元のインフラ整備などに尽力した偉人を取り上げ、児童の郷土への誇りと愛情をはぐくんだ授業実践を報告したが、複数の教員から「突き詰めていくと現状を肯定する危険性がある」「社会の矛盾や格差、搾取、支配者の狙いなども気づかせるべきだ」といった授業手法への否定的な声が相次いだ。

幕末に関する授業を報告した佐賀県の中学校男性教員は、明治150年の祝賀ムードについて「『明治維新は素晴らしかった』と刷り込まれてしまう」と苦言を呈した。幕末の対米条約交渉で幕府側がみせたとされるしたたかな態度に絡め、「現政権にも見習ってほしい」と安倍政権の対米外交を揶揄する一幕もあった。(産経)

体育の授業「馬跳び」で首付近を強打して「うつ病」になった女性が学校法人を提訴

広島市内の私立校の元生徒女性(19)が2013年10月、体育の授業中にけがをして登校がままならなくなり、うつ病を発症したのは、学校側が事故調査や支援を怠ったためとして、女性と両親が近く、学校を運営する学校法人などに計約4100万円の損害賠償を求めて広島地裁に提訴するという。

代理人弁護士によると、女性は授業中に馬跳びの馬役をしていたところ、同級生の脚が首付近を強打。激しい頭痛のため欠席や遅刻が続くようになった。怠けていると受け止められ校内で孤立。15年2月にうつ病などと診断されたという。

原告側は、同校が法が規定する健康相談や保健指導を怠ったと指摘。「教員らの心ない言動で精神的に追い込まれた」としている。女性は「毎日学校に行き、授業を受け、友達と遊ぶ。当たり前の学校生活が奪われた」と訴えた。(中国)

広島県立大が教員免許取得で誤った説明

県立広島大学は養護教諭の免許を得るのに必要な科目について、これまで7年間、学生に誤った説明をしていたと発表した。県立広島大学によると、平成22年度から昨年度まで7年間にわたって、三原市にある看護学科で、養護教諭二種免許を取得するには「日本国憲法」と「体育」の2科目の履修が必要だったにもかかわらずガイダンスで学生に伝えていなかった。

去年6月に卒業生の指摘でわかり、これまでに指摘した卒業生を含む2人から連絡があったという。こうした事態が起きたのは、平成22年12月に法律の運用が変わったことで、看護学科の学生のほとんどが取得する保健師免許に加え「日本国憲法」と「体育」を履修する必要があることを大学側が十分に認識せず、学生に説明していなかったためだとしている。

会見を行った県立広島大学保健福祉学部の小野武也学部長は「大学としてきちんとした対応ができていなかった。大変なご迷惑をおかけしたことを深くおわび申し上げます」と話している。大学では今後、免許取得を希望する卒業生には追加の講義を行うなど必要な対応を取るとしている。(NHK広島)

広島県内の臨時教諭や非常勤が免許失効したまま授業

広島県内の別々の公立学校の非常勤講師、臨時教諭計3人か、教員免許が失効した状態で授業をしていた事が27日分かったという。県教委は校長や採用担当職員を厳重注意とした。県教委によると、指導内容は適切と各校校長が判断し、授業を受けた子どもの単位は認められるという。

県教委によると、公立学校の非常勤講師は免許の有効期限切れで失効した昨年5月23日以降、8こま分(1こま50分)の授業をした。校長が更新手続きの必要書類を渡すのを怠っていたという。

別の県立学校では、免許を失効した人が今年4月1日付で臨時教諭として採用され、61こま分(1こま50分)の授業をした。別の公立学校でも免許を失効した人が昨年12月5日付で臨時教諭として採用され、授業をした。県立学校は校長、公立学校は県教委担当者の確認不足が原因という。

また、県教委は8月、保護者からの提出書類を適切に事務処理せず、その事実を隠そうとした県立学校の事務主任を訓告にした。(中国)

大竹市立玖波中学校の教師が駅の階段でしゃがんでスカートの中を覗いて逮捕される

大竹市の中学校に勤める23歳の教諭が、11月5日朝、広島市南区にある駅の階段で女子高校生のスカートの中をのぞき見たとして、県の迷惑防止条例違反の疑いで逮捕された。逮捕されたのは、大竹市立玖波中学校の教諭で、府中町に住む大年令央斗容疑者(23)。

警察によると、大年教諭は5日午前6時半ごろ、広島市南区にあるJR天神川駅で階段を上っていた18歳の女子高校生のスカートの中を後ろからしゃがんでのぞき見たとして、県の迷惑防止条例違反の疑いがもたれている。目撃した人が駅員に知らせて大年教諭を事務所に連れて行き、駆けつけた警察官が逮捕した。

警察によると、「制服を着た女の子のスカートの中をのぞき見たことに間違いありません」と容疑を認めているという。大年教諭は中学校に通勤する途中だったということで、警察が詳しい状況を調べている。(NHK広島)




大年容疑者 天神川駅 のぞき

広島商船高専の教員が学生に暴言を吐いて懲戒処分

12月4日、広島県大崎上島町の広島商船高専は、学生に暴言を吐いたなどとして、40代の男性教員を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。同校事務部によると、教員は2015年10月から17年3月までの間、自らの研究室に所属する学生に「(希望する職種の)適正に欠けている」などと暴言を吐いた。研究室内で学生と飲酒もしていたという。暴言を吐かれた学生が5月、同校と国立高等専門学校機構(東京)に相談して発覚した。他にも被害を受けた学生がいるという。(中国)

広島の公立小の教師が女性職員にわいせつ行為で懲戒処分

同僚の女性職員にわいせつな行為をしたとして、県内の公立小学校の男性教諭が停職6カ月の懲戒処分を受けた。懲戒処分を受けたのは、県内の公立小学校で主幹を務める54歳の男性教諭。県教育委員会によると、男性教諭は9月、学校の職員が集まった懇親会の帰りに、車で自宅まで送ってくれていた同僚の女性職員に対して複数回キスをし、胸を触るなどわいせつな行為をしたという。県教委は、11月29日付けで男性教諭を停職6カ月の懲戒処分とした。 男性教諭は、教育委員会の聞き取りに対し「女性職員に特別な感情を寄せていて、抵抗されるまでは合意の上だと思っていた。深く反省している」と説明したという。男性教諭は退職した。(RCC)

2016年度の広島県内の小学校でのいじめ件数が1509件

広島県内の小学校で昨年度に確認されたいじめの件数は1509件で、前の年度に比べて2倍近くに増えたことが分かった。県教育委員会によると、昨年度(16年度)、県内の小学校で確認されたいじめの件数は国公立と私立あわせて1509件で、前の年度の796件の1.9倍に増えた。

これについて県教育委員会は「文部科学省の方針に沿って、これまで件数に入れていなかった口げんかや遊びに誘われないなどといったトラブルも加えたため」と説明している。

一方、小学生1000人あたりのいじめの件数は、全国の都道府県の平均が36.6件だったのに対し、広島県は9.9件と4分の1にとどまっている。

県の下崎邦明教育長は「いじめをしっかり認知できるよう、アンケートの方法などを検討していきたい。学校や先生に言えば解決してもらえると信頼してもらうことが基本で、学校に相談できる体制を整えたい」と話している。(NHK広島)

「組み体操で死亡」中3遺族が広島大学に損害賠償を求めて提訴

2016年、広島県三原市にある広島大学付属三原中学校の3年だった男子生徒が死亡したのは、運動会での組み体操が原因だったとして、遺族が学校を運営する広島大学を相手取って、損害賠償を求める訴えを起こした。

訴えによると、広島大学付属三原中学校の3年だった男子生徒は16年6月、学校の運動会で組み体操に参加。2日後に「頭が痛い」などと訴えて病院に運ばれ、脳内出血で死亡した。男子生徒は、3段の移動ピラミッドの2段目にいて、遺族は「その際に後頭部に衝撃が加わった。そのまま退場したのち、移動ピラミッドが崩れた」と主張。事故を未然に防ぐ安全対策を講じていなかったとして、学校を運営する広島大学に、およそ9600万円の損害賠償を求めている。

男子生徒の父親は「学校側は事故はなかったとする姿勢を変えなかった。真実を明らかにするため訴訟に踏み切った」と答えている。(JNN)




広大付属三原中学校

世羅高校で生徒27人が食中毒

広島県立世羅高校で、複数の生徒が下痢などの症状を訴えたという。保健所は高校の食堂で出された食事が原因の食中毒と断定し、食事を提供した業者にこの食堂での営業を禁止する処分を行った。県食品生活衛生課によると10月13日、世羅町の世羅高校から県東部保健所に「生徒が下痢などの体調不良を訴えている」と連絡があった。保健所が調べたところ、高校1年から3年までの男女あわせて27人が下痢や発熱などの症状を訴えていたという。入院した生徒はおらず、全員快方に向かっているという。

県によると症状を訴えた生徒は、いずれも10月11日に学校内の食堂「和食亭 三波羅」で提供された昼の定食を食べていて、このうち、一部の生徒と店の従業員からサルモネラ菌が検出されたという。このため保健所はサルモネラ菌が原因の食中毒と断定し、食事を提供していた業者に対し、この食堂での営業を禁止する処分を行った。県では食中毒を防ぐため手洗いを徹底するとともに、食品は十分加熱し、調理器具などは殺菌消毒するなどの対策をとるよう呼びかけている。(NHK広島)