もうひとつの差別トランプ

「トランプ」と言えば「差別トランプ」を思い出す。現在、米大統領選で共和党の指名獲得を確実にしている実業家ドナルド・トランプ氏(69)の事ではなく、学校内で問題となった「差別トランプ」という遊びだ。詳しくは知らないが、ある書籍からその事実を知った。


ドナルド・トランプ氏についてはオバマ大統領の広島訪問に関連し、ツイッターに「大統領は日本にいる間に真珠湾奇襲について議論したのか。何千人もの米国人の命が失われた」と投稿したという。トランプ氏は5月27日の演説で、原爆投下について謝罪しない限り、広島訪問は問題ないとの立場を示していたが、米国内の世論向けに批判的に発信したようだ。


では本題の「差別トランプ事件」について少しだけ色づけして引用してみたい。

19××年、生徒たちが差別用語を用いてトランプ遊びをしていた。教師はこの対応に追われていた。これは学校の教師・生徒が人権感覚に薄いことの表れだ。体育祭の練習では上級生の体罰的な指導を容認するなどの"ゆがみ"があった。

差別トランプ以降、何度か差別事件が起こった。原因は教師からの不適切な言動から生徒が誤って発言していた。また、差別をなくすための行動を起こせば、さらに新たな問題を生じるという悪循環が生じた。

学校では同和教育の推進を教育目標に掲げていたが、教職員の認識はバラバラだった。

19××年、生徒の中で特定の生徒を対象にいじめがあった。明らかに部落差別を根底としたものだった。教職員の意識の不徹底により、新たな問題が生じ、解決の糸口が見えなかった。

その一方で、連夜の研修や会議に疲弊した教師の一部は無力感が広がり、問題解決の姿勢を巡って互いに非難するようになった。


19××年、君が代を歌うことに反対したチラシが生徒によって配られ、卒業式・入学式のあり方を見直すことになった。

19××年から君が代斉唱は中止となった。順位をつけない「徒競争」も周辺の公立学校で行われ、リレー競争も問題視された。また、進学校へ進学させる指導も差別であるという意見が強まった。

広島県内の高等学校全体においても進学指導を堂々と言えないという状況であった。

19××年、学校で何が起こっているのか、というビラが配布された。

「砂の女」不適切な出題

19××年、「橋のない川」という映画上映後、2度の差別発言事件が起こった。



以上、このような学校教育現場はもう無いと思うが、今の時代に考えてみると、まるでどこかの国のようだ。それでも当時の生徒たちは大人になり、家庭を持ったのだろう。彼らの高校時代の良き思い出など何ひとつ無いのだろう。

教頭の自宅から女子生徒の画像が見つかる

呉市内のホテルで当時16歳の女子高校生にいかがわしい行為をしたとして県立高校の教頭が起訴された。教頭の自宅からはこの女子生徒の画像が見つかっていて警察は近く教頭を児童ポルノ法違反の疑いで再逮捕する方針。

県立広島井口高校の教頭小桝雅典容疑者は別の県立高校の定時制課程の教頭だった今年2月、呉市内のホテルで当時16歳の女子高校生にいかがわしい行為をしたとして児童福祉法違反の罪で起訴された。広島地検は捜査の結果、小桝被告が教師という自らの立場を利用して犯行に及んだと判断した。

捜査関係者によると小桝被告は否認を続けているという。一方、警察が小桝被告の自宅を捜索した際、この女子生徒の画像が見つかっていたことも分かった。警察は小桝被告が女子生徒の画像を撮影し所持していた疑いが強まったとして容疑が固まり次第児童ポルノ法違反の疑いで近く再逮捕する方針。(RCC)


県立広島井口高校の教頭が女子高生にわいせつ行為で逮捕

【2015年度】広島県内の教師による「わいせつ・セクハラ事案」不祥事列伝

広島県内で教職員による「わいせつ・セクハラ」などの不祥事が後を絶たないという。広島県教委が2015年度に懲戒処分した18人のうち、「わいせつ・セクハラ」関連は6人と理由別で最多。県教委による研修などの防止策は効果を上げていないという。

5月10日、県立校の教頭逮捕の直後にあった県議会少子化・人材育成対策特別委員会では「処分が甘いのではないか」「しっかりとした教職員の人材育成をする必要がある」と、委員から厳しい指摘が出たという。

県教委は09年度、不祥事根絶のため外部委員による専門家会議を設置。提言を受け、加害者と被害者を参加者が演じる「体験型」の研修などを導入した。しかし、わいせつ・セクハラ行為で懲戒処分した教職員は12年度5人、13年度7人、14年度4人、15年度6人、と減っていない。

懲戒処分を受けた教職員は「自分は不祥事は起こさないと思って研修に参加していた」などと話すケースが多いという。同課は「どうすれば『自分ごと』として受け止めてもらえるか」と頭を悩ませる。下崎教育長は、教職員の「わいせつ・セクハラ」事案が続くことを「教育への信頼を損なう事態だ」と陳謝した。(中国)



広島県内で2015年度以降に「わいせつ・セクハラ」事案で懲戒処分になるなどした事例(年齢は当時)
処分日事案の概要処分対象処分内容
2015年8月17日勤務校の女子生徒に、校内や自家用車内でわいせつ・セクハラ行為を繰り返した県立高教諭(33)懲戒免職
2015年10月9日中学女子生徒に2万円を渡す約束をし、ホテルでいかがわしい行為をするなどした。児童買春・ポルノ禁止法違反(児童買春)罪などで罰金刑が確定公立中教諭(28)懲戒免職
2015年12月22日顧問を務める運動部の女子部員5人に、膝の上に座らせるなどのセクハラ行為を繰り返した県立高教諭(41)停職6カ月
2016年2月12日勤務校の女子生徒に自宅でわいせつ行為を繰り返した県立高教諭(30)懲戒免職
2016年3月14日同僚の女性臨時教諭に、カラオケ店を訪れた際に無理やり抱きつくなどのセクハラ行為をした公立小教諭(48)減給10分の1(1カ月)
2016年3月14日同僚の女性教諭をドライブに誘い、社内で不信感を与える言動をするなどのセクハラ行為をした県立高教諭(58)戒告
2016年5月1日
(逮捕日)
元交際相手の女性方に押しかけたなどとして、ストーカー規制法違反の疑いで逮捕県立学校臨時教諭(29)未定
2016年5月10日(逮捕日)高校女子生徒に、ホテルでいかがわしい行為をさせたとして、児童福祉法違反(淫行させる行為)の疑いで逮捕。本人は否認県立高教頭(51)未定



【あわせて読みたい記事】

逮捕者46人!広島市職員の不祥事列伝(2004年~2013年)

県立広島井口高校の教頭が女子高生にわいせつ行為で逮捕

女子高校生にわいせつな行為をさせたとして、広島県警は5月10日、県立広島井口(いのくち)高校教頭、小桝(こます)雅典容疑者(51)=広島市西区井口1丁目=を児童福祉法違反(淫行させる行為)容疑で逮捕した。小桝容疑者は「淫行などはしていない」と容疑を否認しているという。



海田署によると、小桝容疑者は16年2月21日、広島県呉市のホテルで女子生徒が18歳未満と知りながら、わいせつな行為をさせた疑いがある。海田署は3月、生徒の家族から相談を受け、捜査していた。

広島県教委によると、小桝容疑者は当時呉市内の高校に勤務。4月に広島井口高校へ赴任した。下崎邦明教育長は「教頭が逮捕され、誠に遺憾。県教委として詳細を確認し、対処したい」とのコメントを出した。(朝日)

県教育委員会によると小桝容疑者は、県教委での生徒指導係の係長としての勤務を経て、2014年4月から今年3月まで、県立呉三津田高校定時制課程の教頭を務めていた。呉三津田高校の校長は、「小桝容疑者は仕事に熱心で、事件前後も変わったそぶりは感じられなかった」と話していた。(RCC)


教頭「困らせてやる」

児童福祉法違反の疑いで逮捕された事件で小枡容疑者が女子高生に対し、金銭面で生活を困らせてやるとの趣旨の話を告げた上で、行為をさせた疑いがあるという。捜査関係者によると、女子高生は困惑して行為をさせられたという。(中国)


怖いぞ~!!

井口高校高市校長


こます教頭離任式
教頭r離任式


小枡容疑者


東広島市立小谷小学校の臨時教師が酒気帯び運転で逮捕

5月3日未明、東広島市の県道で小学校の臨時教師が酒気帯び運転をし、現行犯逮捕された。逮捕されたのは東広島市立小谷小学校の臨時教師、黒川聖二容疑者(24)。警察によると、黒川容疑者は3日午前1時過ぎ、東広島市西条中央の県道交差点で軽自動車を運転中、警ら中の警察官が停止や発進を繰り返す容疑者の車を見つけ職務質問をした際に呼気から基準値の2倍のアルコールが検出され、その場で現行犯逮捕された。

調べに対し、黒川容疑者は「飲酒運転したことに間違いない」と容疑を認めている。東広島市教育委員会は、臨時教師の逮捕を受け、「誠に遺憾であり、改めて全職員の指導を徹底し再発防止に取り組む」とコメントしている。(TSS、HOME)

広島中3自殺 女性担任は病欠不登校 号泣き校長は定年退職

週刊文春によると、広島県府中町立府中緑ヶ丘中学校で15歳の生徒が自殺した問題で、担任は未だに学校に来ていないという。理由は病欠だという。以下、記事から引用。


Aくんの両親の代理人を務める武井直宏弁護士が改めて強調する。「家族や友人との関係はとても良好でした。自殺の理由は、やはり誤った進路指導以外に見当たりません」。

昨年11月から行われていた進路に関する個人面談で、Aくんはベテラン女性担任のX教諭から、志望する私立校への専願ができないと告げられていた。判断材料となったのは、Aくんが中一の時に万引き行為をしたという、全く濡れ衣誤記録。

X教諭は曖昧なやりとりから、Aくんが過去の非行を認めている前提で進路指導を続けてた。

Aくんの第一志望は公立校で、私立校はいわば滑り止めだったが、本番を前に思わぬ形で受け皿を奪われた動揺は想像に難しくない。

「Aくんが公立校を志望していることは周囲もみな知っていました。彼の成績や日頃の態度からしても、私立校の専願を蹴られるのはあり得ないことでしたし、人知れず苦しんでいたのかも知れません。同級生によれば、進路の悩みは基本的にも相談しづらいそうです。亡くなる当日、Aくんは学校で友人と写真を撮っていますが、その表情からも自殺の前兆や兆候は感じられなかったといいます」。(同前)

学校や生徒によれば、Aくんの学年は、一年時に問題行動が多発したという。同級生の一人が語る。

「最終的にはよくなったんですけど、僕たちは学校から”問題の多い学年”扱いされてきました。修学旅行でも、何を起こすか分からないからと、旅行プランに座禅が組み込まれました」。

無論、Aくん自身に非行歴はなかったが、学校に対しては「どうせ先生に言っても聞いてくれない」と諦観をもっていたことが分かっている。自宅で命を絶ったのは、進路を巡る三者面談の当日だった。

「進路を妨げる処分をしていながら、学校には進路指導や面談の客観的な記録が残されていません。これでは指導の適切性もチェックできない。15歳にとって高校受験が持つ重みに対して、学校側の対応があまりにも軽すぎます」(前出・武井弁護士)

地元メディアの記者もこう指摘する。

「そもそも、万引き事件は別の生徒が起こしたものでしたが、伝達過程で誤ってAくんの名前がパソコンに入力された。さらに2日後の職員会議で、その誤りが指摘されたにもかかわらず、元データは未修整のまま残され、進路指導の材料にされています。学校全体の杜撰な管理体制が積み重なった悲劇です」。

だが、メディアの前で「全責任は私にある」と涙ながらに謝罪していた同校の坂元弘校長は、発覚から1カ月足らずで定年退職。すでに同校を去っている。

一方、担任のX教諭は真実が公表された3月8日から学校に来ておらず、Aくんを含む教え子らの卒業式も欠席した。

町教委によれば、新年度が始まった現在も病欠中で、復帰の予定は見えていないという。
(5月5日・12日号 週刊文春)

2015年度の広島県の「わいせつ・セクハラ」教職員懲戒処分は6人

広島県教委が2015年度に懲戒処分にした公立学校の教職員は18人(昨年度比6人増)で、理由別では「わいせつ・セクハラ行為」が6人(同2人増)だったという。県教委はわいせつ・セクハラ行為の防止に向けて教職員の研修に力を入れているが、根絶できていない。

わいせつ・セクハラ行為で処分された6人のうち、懲戒免職は3人。うち県立校教諭2人は、校内や自宅で勤務先の学校の生徒にわいせつな行為を繰り返していた。もう1人の中学校教諭は中学生に現金を渡す約束をして、いかがわしい行為をし、児童買春・ポルノ禁止法違反(児童買春)などの罪で罰金刑を受けた。

文部科学省のまとめでは、わいせつ・セクハラ行為で懲戒処分された広島県の教職員は12年度5人、13年度7人、14年度4人で、いずれも中国地方5県で最も多かった。

わいせつ・セクハラ行為以外の理由別では、酒気帯び運転・交通事故5人、公金の窃盗・不正受給2人、その他5人。

18人の処分の内訳は、懲戒免職6人、停職2人、減給4人、戒告6人だった。

広島県教委の懲戒処分は、記録が残る05年度以降では09年度の70人(うち免職5人)が最多だった。(中国)

広島県教委による教職員の懲戒処分数
2011年度:18人
2012年度:20人
2013年度:39人
2014年度12人
2015年度:18人

男子生徒自殺の府中緑ヶ丘中学校教員大幅入れ替え

誤った万引記録に基づく進路指導後に3年男子生徒が自殺した広島県府中町立府中緑ヶ丘中は、教員34人のうち、定年退職する坂元弘校長をはじめ、教頭、主幹教諭を含む11人が移動する。校長の後任は、自殺問題の公表後、学校に助言などをしてきた広島県教委西部教育事務所教育指導課の谷川清二課長が就く。

下崎邦明教育長は、大幅な入れ替えについて「課題は組織の建て直し。体制を一新し、生徒、保護者との信頼関係の構築を支援する狙いがある」と説明する。

広島大大学院社会科学研究科の吉中信人教授(少年法)は「組織に新しい風を入れることは必要」とする一方、「原因究明には学校側の第三者委員会への協力が不可欠。異動が支障とならないよう十分な協力体制を築いてほしい」としている。(中国)


日本一の教育県を目指す?

2月12日、広島県の発表によると、県は今後、概ね5年間の教育施策の方向性を示す「教育に関する大綱」を発表していた。内容は、生涯にわたる主体的な学びを目標に掲げ、オール広島で取り組み「日本一の教育県」実現を目指すというものだった。

これは、2015年4月に改正された地方教育行政法で、自治体の首長に策定が義務づけられた。県では、昨年改定した総合戦略「ひろしま未来チャレンジビジョン」に基づき、教育委員会と知事部局の施策を整理して提示した。

テーマは「1人1人が生涯にわたって主体的に学び続け、多様な人々と協働して新たな価値を創造する人づくり」とした。

同日会見した湯崎英彦知事は「県として目指す人材育成方針を明確にした。県民のみなさんにご理解いただき、目標に向けて取り組みたい」と話した。

しかし、わずか24日後の3月7日、府中町教委が問題を恐れたのか、町立府中緑ケ丘中3年の男子生徒(当時15歳)が昨年12月、自宅で自殺したと発表に踏み切った。

問題の教師は、これから同中学校で対応に追われることになると思われるが、生徒が教師から”万引き”という言い掛かりを付けられたとき、どのような言い方で言われたのかが気になるところだ。学校内部では絶対権力者である教師の指摘に対して、ヘタに拒否したり、生意気に意見や主張をしていると、卒業時に書かれる内申書などに、「問題がある」などと平気で書かれてしまう。実際にそのような腹の立つ経験をしたから良く分かる。

広島中3自殺、2度目の説明会で担任はまたも欠席

昨年12月、3年の男子生徒(当時15)が誤った万引記録による進路指導を受けた後に自殺した広島県府中町の町立中で3月18日夜、問題発覚後2回目となる保護者説明会が開かれ、出席した保護者からは学校への不満や全容解明を求める声が相次いだという。

午後6時半から始まった説明会は、予定より1時間遅れの同9時ごろに終了。出席者は生徒の遺族も含め初回の半数ほどの約240人だった。出席者によると、校長らは「生徒の命を無駄にしないことを約束します」などと話したという。

学校側が進路指導の不手際を保護者に明らかにして以降、学校の調査報告書や説明会の開催時期などをめぐり、遺族が不信感を募らせる実情が浮き彫りになっている。同校では新年度から、定年退職する校長を含め全教員の約3分の1にあたる11人が異動。この日も学校運営の改善策を説明したという。

ただ、自殺した生徒の担任は初回に続いて欠席し、不満の声も漏れたという。3年生の父親は「当事者が直接話さなければ信頼回復につながらない」と話した。(産経)

検定途中の教科書閲覧問題で広島県内の教育長など50人が金品を受け取っていた

教科書会社が教員などに検定途中の教科書を閲覧させたり、金品を渡したりしていた問題で、広島県内では教育長や校長など50人が金品を受け取っていたという。この問題は、小中学校の教科書を作る12の会社が、外部に見せることを禁じられている検定途中の教科書を、教員などに閲覧させたうえで、金品を渡すなどしていたもので、文部科学省は全国の都道府県に調査をするよう求めていた。県教育委員会は3月15日、記者会見を開いて調査結果を公表した。

それによると、今年度までの6年間に、検定途中の教科書を閲覧していた教育長や校長、それに教頭や教員はあわせて114人いて、このうち50人が金品を受け取っていたという。

金品は、現金や図書カード、それに教科書の現物で、最高で現金2万5000円が謝礼として渡されていた。中には、教科書会社の担当者が、ある自治体の教育長の自宅を訪れて金品を渡していたケースもあったという。

また、研究会という名目で、検定途中の教科書を教科書会社が閲覧させた時の交通費や宿泊費として現金を受け取っていた教員は39人いて、その際に弁当などの飲食の提供を受けたのは21人だったという。

また、当時、教科書の採択に関わる立場だった教員が30人含まれていて、金品や飲食の提供を受けた会社の教科書を採択したケースが6例あり、そのうちの3例ではそれまで使っていた教科書から変更されていたという。

県教育委員会では複数の教員で作業を分担しているので、採択の判断には影響していないとしている。一連の調査はこれで終わり、今後は県教育委員会などが処分の検討をはじめるとしている。(NHK広島)